« 京都 浄住寺 | トップページ | 蒲田の路地にて »

2015年12月 8日 (火)

串カツ? いや串飛行機!

S150018
ANA B777-300ER(JA784A)

日曜日、久しぶりに重い機材を持って羽田空港で飛行機撮影をして来ました。最近、極めて軽い「なんちゃって超望遠」を使ったマイクロフォーサーズ機ばかり使ってましたからねぇ。

で、今回は東京スカイツリーに串刺しされる飛行機を撮影しています。もちろんご覧頂いたように、東京スカイツリーの先っぽと飛行機とが重なる瞬間ですが。

S150114
JAL B737-800(JA330J)

以前も同じ写真を掲載していますが、その時はBコースにアプローチ中の飛行機を狙っておりましたから、飛行機が小さく写っていたわけです。

しかし今回は、第2ターミナル前のCコースを飛び立つ飛行機で狙ってみました。

S150101
ANA B787-9(JA836A)

ところがですねぇ・・・、これがなかなかタイミング良く重なってくれないのです。2時間粘ってようやく3枚です。その3枚を今日は掲載しています。

テイクオフ位置は同じでも、飛行機の大きさ、乗客の数によって離陸距離がそれぞれ違います。もちろん積んでいる燃料の量にも左右されます。

スカイツリーの遥か手前で離陸する飛行機もあれば、スカイツリーを通り過ぎてから離陸する飛行機もあります。まぁ、今回は根気が必要となる撮影でした。(笑)

Canon EOS 7D
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

« 京都 浄住寺 | トップページ | 蒲田の路地にて »

コメント

こんばんは。
わ~、面白い。(^^)
2時間で、3枚ですか?
努力の甲斐があって、見事に刺さりましたね。(^_-)
夕暮れ時の少し赤く染まり始めた空の色が綺麗ですね。
重い機材を持って、お疲れになりませんでしたか?
楽しい写真をありがとうございます。
いい夢を見れそうです。(-.-)zzz

すごく痛そうですね(笑)
機種、燃料積載量とかで離陸位置は変わるんですね。知りませんでした。確かに今はなき747と最新の777では滑走距離の違いは乗っててわかりますね。

こんにちは。
♪~《*≧∀≦》~♪『えっ!?(笑)えっ!?(笑)何これ(笑)』
パソコン画面を見るなり目に飛び込んで来た合成写真の様なお写真、しかも京都 浄住寺からの
串飛行機です(*≧∀≦*) 思わぬ展開、最高です!

本当に上手い具合に刺さっていますね!
東京スカイツリーや羽田空港のお土産店に売っていそうです(笑)こういう置物が(笑)
しかしこの絶妙なタイミング!!難しいでしょうね・・・KONDOHさんが2時間粘って3枚ですか( ゜o゜)
色々な状況がピッタリ合わないと撮れないって事ですものね!お見事です!しっかり串飛行機です!『ブレません!』(笑)
KONDOHさんの粘りとテクニックの勝利ですね~ユニークな演出のお写真ありがとうございます♪m(__)m

Maruさん、こんばんは。
3枚、これはタイミング良く撮れたのが3枚という事で、離陸が途絶えた時は他にも撮影しております。
ただ、Cコースでの離陸がある時は画角を決めてタイミングを待っておりました。
暑い時は重い機材を持って歩く気がおきませんですからねぇ・・・(笑)
ですが、さすがに肌寒くなった今は多少重い機材も持って行く事が出来ます。これからは鳥さんの撮影もまた機会を見てやりたいと思っています。
しかし、今日は珍しく深夜にコメントを頂いていたのですね。
ありがとうございます。m(_ _)m

YOUさん、こんばんは。
あはははは・・・・、見事ぐさりです。(笑)
同じところから離陸しましても、やはり大きな機体は浮くまでに時間が掛かりますね。
エアバス A380なんて、なかなか機首が浮きませんですよ。

寅さん(^^)、こんばんは。
大阪に行きますと串カツが或る意味名物のひとつですが、羽田にはでっかい串カツ・・・あ、串飛行機があるのですよ。(笑)
しかし・・・・本文にあるように、なかなかこちらの思う通りのコースに飛んでくれないので、本当に根気が必要です。
まぁ、自分で言うのも何ですが・・・、こういう面白写真を撮る人はあまりいらっしゃらないのではないかと思います。
まぁ、自分自身も遊んでいるという事です。(^^)
それにしては苦労しますが。(笑)

こんにちは。
これは大変な力作ですね。プラモデルみたいです。もっとも、634mのタワーの先端に乗っかっているとしたら、超巨大な飛行機ということになりますね。

ビワさん、
この撮影は根気が要りました。
まぁ、そうは申しましても半分遊びみたいなものですから、のんびりやっておりました。
面白いですね。実際にこのような物を造るとしたら、大変大きな飛行機になりますね。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都 浄住寺 | トップページ | 蒲田の路地にて »