« この春は新製品ラッシュ! | トップページ | ノスリ »

2016年2月 7日 (日)

トラフズク(フクロウ)に遭遇!

S151368
トラフズク(フクロウ目フクロウ科)

自分としては衝撃的でした。

まさか都会の公園でフクロウ類に遭遇するとは!(◎_◎;)

S151430

首を後ろに。何か気になるものがあるのかな?

この鳥さんはトラフズクでして、見た目ミミズクに似ていますね。耳のように立っている羽毛は耳ではありません。

S151481

おやおや・・・大あくびをしました。(^^)v

通り掛かりのご婦人から、「何を撮影しているのですか?」と問われ、
私「フクロウです」
ご婦人「え!?こんなところにフクロウなんているのですか!?
私「はい、この指の先です」
ご婦人「え、どこどこ・・・?」
私「カメラのファインダーを見てみますか?」
ご婦人「本当ですか!・・・あ! いるいる!」

で、レンズの先を見つめると、「分かりました、分かりました!」と。(^^)

S151501

あ〜・・・首が痒い!

という感じで右足で首筋を掻き始めました。(笑)

S151531

今度は左足で。(^^)

S151620

目を開くとさすがに猛禽類らしく眼光鋭いですよ。目の部分をトリミングすると、

1620

この通りです。でも、眠っている姿は本当に可愛いですよねぇ・・・(^^)

別の鳥さんを狙って撮影に出掛けたら、まさかこんな遭遇をするとは。昨年3月、初めて北海道でエゾフクロウに遭遇した時と同じくらい感動しました!

Canon EOS 7D
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

« この春は新製品ラッシュ! | トップページ | ノスリ »

コメント

おはようございます。
都会の公園にフクロウがいるのですか!
それは驚きですね~。でも可愛い♪
頭の上のあの部分は耳ではないのですか、それも驚きです!
フクロウって可愛いですよね^^ それにしてもよく見つけられましたね。
大きなレンズを上に向けて探すのでしょうか。首が痛くなりそう^^
しっかり600mmで出かけられ、いったい何を撮りに行かれたのでしょう。
本命も撮影できましたか^^

おはようございます。
わ~、また、フクロウさんと出逢われたのですね。(^^)
都会の公園にいるなんて、驚きです。
東京も環境がいいんだなぁ~って、嬉しくなりました。(^^)
耳のように見える飾り羽が、お洒落で、風格がありますね。
眠そうな顔、大きなあくび、ポリポリしているところ、ウィンク・・・
どの表情も愛嬌があって、とっても可愛いです。(^^)v

こんにちは。
トラフズクに遭遇!のタイトルを見て驚きました!!まさかの都会の公園でw(゜o゜)w
遭遇とはいえ、良くぞお気づきになられましたねw(゜o゜)w 私は、そちらの方がビックリです!!何か気配を感じたのですか?(゜o゜)
松の枝にとまってますよね・・・トラの様な褐色.黒褐色の模様で・・・ジッとしているトラフズクさんを本当に良く見つけましたよねw(゜o゜)w 普通の人なら、このご婦人の方と同じ『え、どこどこ?』となりますよね~(^_^ゞ
別の鳥さんを狙って撮影に来たといえ、やはりKONDOHさんは常にアンテナを張っているので感知出来るのでしょうねm(__)m♪
このトラフズクさん、丸いお顔に暗い褐色の羽で縁取りされているのですね~(*^。^*)黒い瞳の周りはオレンジ色で(*^。^*)耳の様な羽毛がとても可愛らしくて特徴的ですね♪
今回のフクロウさんとの遭遇は感動でしたね!
フクロウ→不苦労=苦労しない
フクロウ→福来郎=福が来る
幸運をもたらすパワーがあるとされているフクロウさん♪
KONDOHさんにとってラッキーな遭遇である事は間違いないですね\(^o^)/

koukoさん、こんばんは。
びっくりしましたよ〜・・・(^^)
しかし、鎌倉の山中にもフクロウが生息しているようですから、都心に生息しても不思議はないわけですね。
問題は何処で見られるか・・・だと思います。
大きなレンズは見つけてから向けます。(笑)
鳥さん撮影時、木々(上)を凝視しながら歩いています。
本命ですか・・・。実は今回も見る事が出来ませんでした。(;_;)

Maruさん、こんばんは。
思わぬ遭遇でしたので、本当にびっくりでした。
調べてみたらトラフズクは多摩川にも表れているようです。ただ、多摩川とは申しても、広範囲に渡っていて漠然としていますよね。(^^;
今回のトラフズク、次回また同じところに行っても見られるか分かりませんし・・・。
しかし、フクロウは本当に愛らしいですね。(^^)

寅さん(^^)、こんばんは。
そうなんですよ〜・・・都会の公園ですよ・・・(^^)
鳥さん撮影ですが、歩いている時は私、ずっと上を見ながら木々を探しています。鳴き声にも耳を澄ましています。まさに猛禽類のように獲物を探しています。(笑)
しかし、上ばかり見ていますから、時々足元から鳥さんがバタバタと飛び去って行く事がありまして、しまった!・・・と地団太踏む事もしばしばです。(^^;
後は大砲レンズを三脚に据えている人たちのところへ一応行ってみる事もします。ただ、大砲を構えている人たちは何故か意地悪い人が多く、こちらの質問にあまり親切に答えてくれる人が少ないのです。ですから、結局は自分の足で稼ぐほかありません。
そうそう、日本野鳥の会の会員になっていらっしゃる大先輩がいつも親切に情報をお教えくださるので、大変感謝しております。さすがに今回のトラフズクまではご存知なかったので、逆に私の方がお教えしました。ですが、また同じところで見られるかどうか分かりませんが・・・。
フクロウは苦労しない・・・福が来るのですか?
信じる事に致します。(^^)

こんにちは。
そうなんですか、街中にもフクロウがいるのですか。フクロウというのは逞しい鳥なんですね。
トラフズクの顔の凛々しいこと。時代劇とかに出てきそうな顔ですね。

ビワさん、こんばんは。
どこからか迷い込んで来たのかもしれませんが、驚きました。
耳のような羽毛があるだけで、普通のフクロウとは印象が違いますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この春は新製品ラッシュ! | トップページ | ノスリ »