« 雑司が谷七福神巡り(2) | トップページ | 夕陽に東京ゲートブリッジ »

2016年2月14日 (日)

雑司が谷スナップ

E280011
威光稲荷神社にて

雑司が谷七福神巡りの途中でスナップした写真を今日は。と申しましても、スナップ写真的なものは二枚だけですが。(^^;

歩いている途中、「お参りの方以外はご遠慮ください」という札を見て、「?」となったのですが、中へ入ってみて納得です。民家の間の細い道を通るからなのです。

猫ちゃんが真ん中に来るのを待ってシャッターを切っています。

E280012

恵比壽神が祀られている大鳥神社で撮影。神社の前を都電荒川線が走っているのです。

E280013

夏目漱石のお墓です。

毘沙門天を後にして訪れたのは雑司が谷霊園です。「坊ちゃん」や「吾輩は猫である」の著者、夏目漱石のお墓があるというので霊園に入ってみたのです。

写真では分かりづらいと思いますが、びっくりするくらい墓石が大きいのです。周りの墓石を見下ろすような感じで堂々たるものでした。

E280014

こちらは俳優、大川橋蔵さんのお墓。泉鏡花のお墓を探している時に偶然見つけました。テレビドラマの銭形平次役で人気を博した俳優さんで、最近夕方の時間に再放送されていましたね。

E280015

永井荷風のお墓です。雑司が谷霊園は著名人が数多く眠っている霊園という事をこの日、知りました。その著名人のお墓を見学に来る人が多い事もこの時知りました。

LEICA R9
Elmarit-R 28mm F2.8(type I)
Kodak SUPER GOLD 400

« 雑司が谷七福神巡り(2) | トップページ | 夕陽に東京ゲートブリッジ »

コメント

おはようございます。
1枚め、猫が入ることで随分雰囲気が変わっていると思います。
ナイス、タイミング♪
夏目漱石に永井荷風、大川橋蔵さんまで、すごい霊園ですね。
夏目漱石と永井荷風の墓石の違いに、なぜか、へぇ~と感心しております^^

おはようございます。
わ~、よいタイミングで、猫さんが通過しましたね。
おコンさま2匹も並んでおりますし、光と影もいい感じ。
猫を撮るのが好きな私としましては、羨ましい傑作でございます~♪
岩合さんに近づきましたね。(=^・^=)
2枚目の荒川線もナイスタイミング。
意外なところで、荒川線の素敵なシャッターチャンスがありましたね。(^^)
私の母が、お墓巡りが大好きで、きっと、ここには、訪れているのだろうなぁ~と、思いました。
今度、聞いてみよ~っと。(^^)

こんにちは。
威光稲荷神社ですか。お写真を拝見すると4体のお狐さんが写っていますね(^.^)このお狐さん、スラリとしたカッコイイお狐さんです♪ 朱塗りの鳥居の中央をネコちゃんが通り、心和むお写真ですね(*^。^*)木々の影が写り、都会の中にあるのですよね~不思議な感覚です!
笑顔の素敵な恵比寿様が祀られていた大鳥神社ですね♪鳥居の前を都電荒川線が走り、地元の氏神様として信仰されている事が伝わってきますね(*^.^*)
雑司ヶ谷霊園は、そうそうたる著名人が一同に眠っているという事ですね・・・知りませんでした(゜o゜) 夏目漱石のお墓、確かに大きくて立派ですね~!小説家や文学者が座るような、肘掛け付きの一人用のソファーのようですね(^o^)
著名人のお墓巡りをされる方が居るのも理解できますね。
それにしても、池袋に隣接する場所だとは思えないほど、静かで落ち着いた佇まいを感じます・・・霊園ですものね、当たり前ですね(^_^ゞ

koukoさん、こんばんは。
1枚目の猫ちゃん、最初左側に佇んでいたのです。
そこで私がカメラを構えながら「右へ歩け!右へ歩け!」と、心の中で念じていたら、ホントに歩き出したのです。(笑)
雑司が谷霊園は錚々たる人物が眠っているのですねぇ・・・。七福神巡りから霊園に入り、吉祥天に行く時間がなくなりました。(^^;

Maruさん、こんばんは。
はい、左に佇んでいた猫ちゃんに歩け、歩けと念じたら通じたのか、歩いてくれました。(笑)
七福神とは関係ない神社でのひとコマです。
猫撮影、私は比較的苦手なんですが、今回は上手くいきました。(^^)
岩合さんなんてとてもとても・・・。遥か遠くの方であります。
2枚目の荒川線ですが、撮影した左側裏手からここへ入りましたので、最初は都電の線路の前という事に気が付いていませんでした。で、音が聞こえて来たので「え!?」という感じで振り向いて撮影したわけです。
お母様、お墓巡りがお好きなのですか?では、こちらの霊園の事をお訊きになってみてください。(^^)

寅さん(^^)、こんばんは。
威光稲荷神社の狐さんはスリムですね。あ、太った狐っていないですね。(^^;
しかし、この写真だけ見て頂くと、とても大都会の中の神社には見えないと思います。
「お参りの方以外はご遠慮ください」という文言に最初は躊躇したのですが、入ってみればなかなか雰囲気の良い神社でした。
恵比壽様の前を都電荒川線が走っていたなんて、思わぬ拾い物・・・って、今まで知らずに都電に乗って前を通り過ぎていたわけですが。(^^;
漱石のお墓、豪華ですよねぇ・・・。なるほど、肘掛け椅子にも見えますね。文豪夏目漱石らしいお墓の作りです。その他、歌舞伎役者など錚々たる方たちが眠っています。
池袋・・・そうなんですよ・・・、布袋様が祀られていたところなんてほんの少し歩くともう池袋駅なんです。案内地図を見て知りました。(^^)

こんにちは。
雑司が谷霊園は行ったことがあります。僕も漱石のお墓にお参りしました。とにかく広い墓地ですよね。迷子になりそうです。
神社と猫、良いですね!

ビワさん、こんばんは。
雑司が谷霊園、訪れた事がございましたか。
漱石のお墓には驚かされました。霊園も広いですよね・・・。
神社の猫はこちらが願う通りに歩き出してくれましたので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑司が谷七福神巡り(2) | トップページ | 夕陽に東京ゲートブリッジ »