« 映える東京ゲートブリッジ | トップページ | 江の島スナップ »

2016年2月17日 (水)

ライカ テレエルマーで・・・

L130906
江の島サムエル・コッキング苑にて

昨年9月6日の記事で往年のライカレンズ、エルマー 135mm F4を1万円台で購入した記事を掲載していますが、同じ焦点距離のレンズをまた購入してしまいました。(^^;

それはテレエルマー 135mm F4というレンズで、焦点距離も開放値も同じ。エルマー 135mmの後継ですね。しかし、同じようなレンズを何故購入したか。

L130911

それは状態(外装、レンズ)がとても良いのに激安だった事と、更には純正のフードまで付いていたからです。ライカの場合、純正フードだけ購入しても結構お高いですからね。

購入価格をここで申したら、ライカマニアの人に怒られるので秘密にします。まぁ、前回と大差ない金額とだけ申しておきます。(^^;

で、レンズを持って江の島に行って来ました。チューリップはさすがにピークを過ぎていて、綺麗なものがほとんどありません。そういう中、まぁまぁの花を選んで撮影してみました。

L130976

お主は何者? という感じで私の方をワンちゃんが見ていたので、咄嗟に撮影させて頂きました。(^^)

L130996

江の島といえば猫ちゃんですね。(^^)

ウトウトしていたこの猫ちゃん、パッと顔を上げたかと思いきや何かをずっと見続けています。

L131020

日向ぼっこするには格好の場所にこちらの猫ちゃんが。135mmという焦点距離がほど良い距離感を与えているように思います。

L135mm

今日のレンズ、開放でもピントの山が切れ味鋭く立ち上がるので、マニュアルフォーカスが実に楽でした。シリアル番号は265万台なので、1973年製造でした。昨年購入のエルマーは190万台なので1961年製造。

今年初の中古品購入です。もう今年は買いません。^_^;

SONY α7 II
Leitz Tele-Elmar-M 135mm F4
VM-E Close Focus Adapter

« 映える東京ゲートブリッジ | トップページ | 江の島スナップ »

コメント

おはようございます。
このチューリップ、最近撮られたのですか!
急に暖かい日があったから咲いてしまったのかしら^^
屋根の上の猫ちゃん、眠そうですね^^
江の島散歩、これからよい季節になりますね。
それにしても外観のきれいな中古品ですね。
それがそんなにお安い価格とは。
それでもレンズはまだしも、フィルムカメラのボディーなど
惨憺たることになっていますね。。。

おはようございます。
サムエル・コッキング苑に行ってらっしゃったのですね。(^^)
日差しを浴びたチューリップと玉ボケが綺麗ですね~♪
今年は、夕暮れ時から、チューリップを撮りに出かけたのですが、やはり、植物は、自然光を浴びている姿が、一番生き生きとして、美しいですね。
来年からは、昼間のチューリップを撮ることにいたします~。^^;
ワンちゃんもネコちゃんも、よい出逢いがあって、とってもいい表情で、撮られましたね。(^^)v
135mmって、ホント、ほど良い距離感なのですね~。
背景のボケ具合がとても美しい良いレンズ、さすがライカ様です。(^^)

135mmはMヘクトールを所有してますが、レンズ構成、また製造年代も異なり、また違った味わいになるのでしょうか。しかも10,000円台とは...^^;私も飛びついてたと思います。

ライカのオールド135mm、α7やM240で見事に復活ですね。
さすがのライカレンズの描写。
ライカ中古市場もいろりろと様変わり、なかなかに眼の毒です。(笑)

こんにちは。
サムエル・コッキング苑のチューリップですね♪ こちらのチューリップはお正月元旦から見る事ができるので有名ですよね(*^。^*)冷蔵に保存してある球根を植えると『春が来た♪』と勘違いして・・・芽を出して花を咲かせるのだと聞き『なるほどね!』と思いました(^.^)
チューリップのお写真、背景のボケがとても自然で良いですね(*^^*)
江ノ島の猫ちゃん♪いつ訪れても、あちらこちらで(=^ェ^=)のんびり日向ぼっこしてますよね(=^ェ^=)
KONDOHさんの『135㎜という焦点距離がほど良い距離感を・・』とありました。焦点距離が大きいほど遠くのものを大きく映すことができるという事でしょうか?望遠のように・・・。お写真も背景が綺麗にボケていて、遠近感がわかりにくくなっています♪・・・と、カメラやレンズの事も知らない私が、お馬鹿な質問をしてしまいました( ̄▽ ̄;)

koukoさん、こんばんは。
はい、今月の撮影です。
実はこちらのチューリップ、球根を冷蔵保存させているのです。で、温暖な江の島の土に植えると球根は「春が来た!」と勘違いして成長し、花を咲かせるのです。(笑)
見頃は毎年一月中旬頃です。ですから私が行った時はすでにチューリップはほとんど終わりでした。
来年、是非koukoさんも行ってみてください。
ライカレンズ、安いから私でも買えたのです。(笑)
135mmって、一番人気のない焦点距離なのです、実は。

Maruさん、こんばんは。
はい、Maruさんが行かれた後、直ぐにでも出掛けたかったのですが、今月になってしまい、チューリップは終わりでした。やはり毎年一月中旬頃に行くべきですね。
夕暮れ時からライトアップも良いと思いますよ。私も一度だけですが、その時間帯に訪れておりますから。ですが、おっしゃるように花は日の光を浴びている時が一番生き生きとしているように思います。
135mmはそこそこ望遠なので、猫ちゃんとも距離が取れて撮影しやすかったです。
正真正銘のおライカ様です。(笑)

YOUさん、こんばんは。
同じ135mmでも、時代によってレンズ構成やコーティングが変わっていたりしますので、発色やコントラストも微妙に違うのかもしれません。
もう・・・私は激安でないとライカレンズなんて買えません。(^^;

kurakameさん、こんばんは。
135mm、レンジファインダーではぎりぎりM3くらいでしょうね。
他のM型では大変使いづらい画角だと思います。ですから人気がないのでしょう。
しかし、現在のミラーレスカメラですとEVFとはいえ、大きなファインダーで撮影出来ますから便利ですよね。

寅さん(^^)、こんばんは。
サムエル・コッキング苑のチューリップ。さすがにご存知ですね。(^^)
見頃は一月中旬くらいですから、今月訪れた私は終わっているチューリップを見る事に。(笑)
猫ちゃんですが、以前よりは減っているように思います。もっともっといたような気がするのですが・・・。
お尋ねの焦点距離の事ですが、おっしゃる通り焦点距離が大きい(長い)ほど遠くのものを大きく写す事が出来ます(画角が狭くなります)。
数字が小さくなるほど画角が広く(広角レンズ)なりますが、目指す被写体を大きく写すにはその被写体にググッと寄らなければなりません。
ですからこうした猫ちゃんを撮影する際、望遠レンズ(数字が大きい)ですと猫ちゃんとは少し距離を置く事が出来るので、相手に警戒されなくて済むわけです。もっとも江の島の猫ちゃんは人慣れしていますけど。(笑)

こんにちは。
135mmもレンジファインダーカメラだとなかなか使うのが難しいですが、α7IIなら一眼レフ感覚で使えそうですね。
もうチューリップの見ごろは過ぎていますか。さすが江の島、早いですね。

ビワさん、
そうなんです。レンジファインダーで135mmはとても使いづらいと思います。
ですから市場でも人気がないのでしょう。しかし、α7 IIなら大きなファインダーで撮影出来ますので、人気がなく市場価格の安いのは願ったり叶ったりです。
江の島のチューリップは一月に咲かせるようにしておりますので、今は終わっているんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映える東京ゲートブリッジ | トップページ | 江の島スナップ »