« オオハクチョウ | トップページ | 美瑛雪景色(2) »

2016年3月21日 (月)

美瑛雪景色

Z140083
美瑛川

カタカナのタイトルが続きましたので、今日は漢字にしました。(^^;

雪に染まる美瑛は久しぶりでしたが、初日は結構な雪に降られました。

Z140087

美瑛川の撮影、ここで撮る人はあまりいないかもしれません。左手は美瑛の町です。

Z140072

親子の木ですが、この時は吹雪のような状態。もっとも地元の方にしてみればこの程度では吹雪とは言わないのかもしれませんが、横浜の住人である私にしてみればほとんど吹雪です。(笑)

Z140081

マイルドセブンの丘、正面から入る道は除雪していないので車は入れません。で、この写真は通常とは真反対、裏から見ています。

Z140098

とにかくころころと天候が変わる美瑛の丘。雪が止むと、薄っすらと青い空が。

ちなみにこの日、美瑛の丘で撮影している人は皆無でした。(^^;

今日は初日に訪れた美瑛の丘をご覧頂きました。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

« オオハクチョウ | トップページ | 美瑛雪景色(2) »

コメント

おはようございます。
吹雪(?)の美瑛ですか♪ 寒そうですね~。
美瑛というと快晴や夕焼けの風景が思い出されますが、
これこそ北海道という感じもしますね。
一枚目、二枚目は雪の降る美瑛の雰囲気が伝わってくるようです。

おはようございます。
1枚目と2枚目、雪が降っているのが分かります。
深々とした眺めですね。(^^)
3,4,5枚目、白一色の雪景色の中に、アクセントがあって、雄大さを感じます。
北海道でなければ、撮れない景色ですね。(^^)
雪は、周りの景色を美しく変えてくれるのですね。
どのお写真もモノトーンがとても美しいです。(^^)

こんにちは。
美瑛雪景色ですね(*´∀`)
1,2枚目のお写真、雪が降る雪景色、川が流れ、
北海道美瑛の水のある風景ですね。
木々達が静かに春を待っているようです。
3枚目のお写真の親子の木。
厳しい冬に吹雪に耐え真っ白の積雪に覆われた中、葉を落とし立つ姿。力強さを感じます。
そして新緑の季節には、色鮮やかな緑色の葉をつけるのですね(*´∀`)
北海道の大自然は厳しい冬があるからこそ
成り立っているのだなと。
4,5枚目のお写真、静寂の世界ですね(*´∀`)
真っ白い静かな大地が何かを語りかけているようです。
大地の声に耳を傾けてみたくなりました。

夏の美瑛は自身の目で見たことがありますが、冬の厳しさが伝わりますね。
ここにはクルマで移動されたのでしょうか?KONDOHさんの行動力に敬服です^^;

koukoさん、こんばんは。
少し大袈裟ですが・・・・(笑)
それでも横殴りの雪でして、視界は結構悪くなったのですよ。まぁ、そう長い時間ではなかったですが。
快晴の美瑛も、夕焼けの美瑛も素晴らしいですよね。
でも、こうした冬の美瑛もなかなかです。(^^)

Maruさん、こんばんは。
美瑛川を撮影している時から少しずつ雪がひどくなりまして、親子の木を撮影中が一番天候的には良くなかったです。
それでも撮影するという・・・・(笑)
もちろん危険な天候だったら引き返しておりますけどね。(^^;
こういう美瑛もなかなか良いものでしょう?

寅さん(^^)、こんばんは。
水のある風景、私が好きな被写体なんです。
ここでは過去、晴天の時に撮影した事もあるのですが、今回偶然雪が降っていましたので、チャンス!と思いました。(笑)
積雪の中の美瑛は実に静かでした。車もほとんど通りませんし・・・。
何より大陸からの観光団が皆無だった事が私的には幸いでした。夏の美瑛、今はすっかり大陸でも有名になったようで、物凄い数の観光団がやって来るのです。
言わばシーズンオフの時期でしたから、本当に静かに撮影出来ました。

YOUさん、こんばんは。
夏の美瑛も良いですよね。
私、地下鉄で移動出来る札幌以外はすべて車での移動です。
北の大地は車が一番動きやすいです。以前、二日半で830kmほど走行した事もあります。(^^;

こんにちは。
この季節は白一色ですね。カラフルに彩られるのは、まだまだ先のことでしょうか。

ビワさん、こんばんは。
まだまだ北海道は冬ですね。
狭い日本、寒暖差はかなりあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オオハクチョウ | トップページ | 美瑛雪景色(2) »