« エゾモモンガの交尾 | トップページ | エゾフクロウと・・・ »

2016年3月18日 (金)

エゾリスと再会

Img_2400
エゾリス(ネズミ目リス科)

今回もエゾリスに出会いました。

撮影中、前方に何やら動くものがあり、見てみるとそれはエゾリスちゃんでした。(^^)

Img_2412

君のつぶらな瞳。

ピョコピョコ動く姿に見とれてしまいます。

Img_2425

以前、NHKのドキュメンタリー番組を見て知ったのですが、エゾリスは冬の訪れが近くなる晩秋、自分の食事となる木の実などを地中のあちこちに埋めておくようです。

エゾリスは冬眠しないそうで、雪が積もってからでも自分が秋に埋めておいた餌の場所を匂いで嗅ぎ分け、雪の中に顔を突っ込んで埋めた餌を掻き出す能力があるとの事です。

Img_2486

食事をしている姿、可愛いですよねぇ・・・(^^)

Img_2494

目やにかな? と思ったら雪が付いていました。(笑)

真っ白な世界にエゾリスは絵になりますよね・・・と、自画自賛。(^^;

Canon EOS 7D
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

« エゾモモンガの交尾 | トップページ | エゾフクロウと・・・ »

コメント

おはようございます。
ホント絵になります^^
あの広い真っ白な雪の中から、
自分が埋めた小さい木の実を探すなんてすごいですね。
動物の世界は不思議なことがいっぱいですね。
それにしてもこうした小さい動物たちを見つけるのって
大変ではないのですか。

おはようございます。
北海道では、可愛い動物たちとの出逢いが、たくさんあったのですね。
エゾリスちゃんもエゾモモンガちゃんに負けず劣らずキュートです。(^^)
一生懸命埋めた餌を探している様子、
両手でご飯を抱えて、お食事している様子、
可愛くて可愛くてず~っと見ていたくなりますね。(^^)
寒さを忘れて・・・。(^_-)

普段は動物園でしか見れない動物の自然な行動がとても新鮮ですね。それにしてもエゾリス...こんなに可愛かったんですね^^;

北海道その他の可愛い動物たち、素敵なシーンの連発ですね。
KONDOHさんのSIGMA150-600、重くて老人の小生には手に負えないのは分かっているのですが、
何時もなんか気になっていて、先日Yカメラで触ってきました。(笑)
ちょっと手を伸ばした位置にあって、片腕では持ち上がりませんでした。(嗚呼)
これ、手持ちシャッターなのですね。

koukoさん、こんばんは。
ありがとうございます。
可愛いですよねぇ・・・。まるで無邪気な子どもみたいです。
しかし、自分が埋めた木の実がどこにあるのか分かるなんて、動物たちの鼻の良さですね。
エゾモモンガは結構大変でしたが、エゾリスは向こうから現れてくれましたので。(^^)
明日は・・・(^^)

Maruさん、こんばんは。
北海道、やはりまだまだ自然が沢山残っていますね・・・。
こちらにいると動物園でしか見られない動物が自然界の中で見られるのです。
エゾリスは本当に愛嬌があって可愛いですよね。
つい、撮影に夢中になってしまいます。(^^)

YOUさん、こんばんは。
エゾリス、可愛いでしょう・・・(^^)
北海道はまだまだ自然が沢山残っています。
そうしたところで様々な動物、野鳥が見られますね。

kurakameさん、こんばんは。
北海道で出会う動物たち、本当に夢中になってシャッターを押してしまいます。
150-600はホントに大きく重たいです。(^^;
カメラ店で手にされましたか。あれをずっと持って撮影しております。
エゾモモンガもエゾリスも、明日の写真もすべて手持ちで撮影しています。体力、腕力勝負です。(笑)
でも、パナソニックさんから発売された100-400をいずれ入手したいと思っております。これなら少しは楽が出来るかな・・・と。(^^;

 すごくかわいい写真ですね。

 こんな時にピッタリのレンズですが、ボディも合わせると重いでしょうね。
 これは大きくして飾っておきたい写真ですね。

pyosidaさん、こんばんは。
ありがとうございます。
自然界の中で見る野生動物は何とも言えず良いですね。
ボディはともかくとして、レンズの大きさ重さは・・・(笑)
でも、少しでも綺麗な写真を撮りたいので我慢です。

こんにちは。
鼻がいいんですね。雪の中から餌を見つけるなんて。
人間なんて、自分で仕舞った場所を忘れることなんてよくあること。

ビワさん、
動物は皆臭覚が発達していますね。
一番ダメなのは人間です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エゾモモンガの交尾 | トップページ | エゾフクロウと・・・ »