« 富士山二景 | トップページ | 私の愛聴盤 第20回 »

2016年3月11日 (金)

東日本大震災から五年

Dsc01713
2011年7月25日、宮城県で撮影

Dsc03250
2011年9月26日、宮城県で撮影

Dsc01013_2
2012年3月11日、福島県いわき市久ノ浜で撮影

節目と言って良いのか分かりませんが、今日はあの東日本大震災の悲劇から丁度五年が経ちました。

拙ブログでは以来3月11日は通常の記事はお休み頂いております。

五年という事で、今年はもう一度自分の目で現在の被災地の様子を見に行きたいと思っております。

先日、山田洋次さんが「NHKクローズアップ現代」で福島の事に触れておりましたね。

「私たちはどう寄り添えるのか?」という国谷さんの問い掛けに対し、
「(浪江町の人たちに対して)寄り添えるようなもんじゃないと、僕は思いますけど」と話されていた事が耳に残っています。

もう原発は要りません!

亡くなられた方々に対し、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

« 富士山二景 | トップページ | 私の愛聴盤 第20回 »

コメント

おはようございます。
KONDOHさんはもう何度も足を運ばれているのですよね。
こうして実際にKONDOHさんの目でご覧になった写真を毎年見せていただくのは、
TVなどで目にするより、強く感じるものがあります。
震災直後に思ったことを忘れないでいたいと思います。

おはようございます。
もう5年になるのですね。
まだまだ避難生活をしていらっしゃる方々もいるそうです。
震災のことを忘れないで、今以上に、早い復興を願っていきたいと思います。

5年目の今日は、5年前と同じ「金曜日」なんです。当時の情景がまだ脳裏に焼き付いており、例年とは大分感じ捉え方が違うような気がしてます。私も都内で高層ビル内に5時間程閉じ込められ、テレビの生放送で津波の第一波を目にしました。それがあれ程の甚大な被害に拡がるとは....

意識が薄れつつある防災ですが、いつかまた来る「その日」に向けて再度考えたいですね。

こんにちは。
東日本大震災。決して他人事ではありません。明日は我が身です。
亡くなられた方々に対しご冥福をお祈り申し上げます。
そして1日も早い復興を願っていきたいと思います。

仙台市青葉区に居住しております。楽しく拝見させていただいております。
記事の二番目の写真は気仙沼市鹿折地区です。岩手県ではありません。
第十八共徳丸の舳先は私の友人の敷地にありました。震災遺構の候補とされましたが、大多数の市民が保存を望まなかったこともあり、所有する船会社が解体したものです。
KONDOH様がブログに掲載され、東日本大震災の惨状を紹介していただくのはよろしかったのですが、岩手県という表示はご訂正いただきますようお願いいたします。
友人一家は皆さん無事でしたが、しばらく避難先でばらばらに過ごし、現在は市内に移転しています。
その友人は私のブログの2011年3月19日 (土)に登場しています。
初めてのコメントで長々と失礼をいたしました。
東日本大震災より5年を迎え昂ぶってしまいました。

こんにちは。

あの日は寒かったなあ。吹雪でしたから。
仙台新港では、津波が押し寄せた頃に雪が降り始めました。

翌日、避難所の外で見上げた月が、今も忘れられません。

今日は親友が「復興協力隊」の一人として、大槌町の慰霊式典に出ました。

頭とココロは、一日中何かを考え、感じ続けています。
うまく言葉にはなりませんが。

世界中が安穏でありますように。

koukoさん、こんばんは。
現地を訪れたものの、今まで何も出来ておりませんので・・・。
ただ、我々もいつこうした事に直面するのか分かりません。
忘れないようにしたいですね。

Maruさん、こんばんは。
早いもので、5年経ってしまいましたね。
今日もテレビでは現在の様子を放送しておりますが、私たちも忘れてはいけませんね。

YOUさん、こんばんは。
5年経っても、あの当時の事は忘れませんね。
私も自宅まで2時間半掛かって帰って来ました。道は真っ暗でした。
YOUさんは高層ビルで5時間閉じ込められましたか。それも恐怖ですね。
いつまたやって来るか分かりません。忘れないようにしましょう。

寅さん(^^)、こんばんは。
都内や横浜もかなりの揺れでした。
年々風化されてしまうような気も致しますが、明日は我が身・・・という事を忘れてはいけませんね。

Charlie Blackさん、こんばんは。
拙ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
痛恨のイージーミスをしておりました。お詫び申し上げます。
この時は前日から岩手県に入っており、二日間岩手県各地を周って参りました。最後にもう一度気仙沼(7月に訪れております)に寄ろうという事で宮城県に入りました。
記事を作成中、その時の事を思い出しながらキーボードを打っていたのですが、無意識のうちに「岩手県で撮影」とやってしまったようです。
念のため過去の記事を再確認してみましたが、正しく「宮城県気仙沼市」と打ってありました。
第十八共徳丸については解体のニュースが伝わった時にも拙ブログ(2013/11/12)で採り上げさせて頂いております。
いずれにしましても、被災地の皆様には大変失礼な間違いをしておりました。ご容赦くださいませ。
ご友人の皆様がご無事との事で、とても嬉しいです。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

ろだごんさん、こんばんは。
当日は吹雪でしたか・・・。今日も寒いですよねぇ・・・。横浜も真冬並みで、箱根は積雪があったようです。
何も出来ない自分ですが、撮影当時の自分の気持ちはいつまでも忘れないでいると思います。
もう、あんな震災が来ない事を祈るばかりです。

おはようございます。

KONDOHさま、いつも東北を気にかけていただきありがとうございます。
様々な問題に直面しながらも、智慧と対話で解決できればなと思います。
各自治体とも、様々な意見、様々な立場があり、難しい舵取りを迫られていますが、安全な街作りが必須条件なので変化、変化の連続です。

石巻の看板も、私が行った日の夜の会合で「やはり看板は残そう」と意見が変わったり、JRの駅が大きく動いたり。様々です。
全員が満足する結果には行かないかも知れませんが・・・最大多数の最大幸福という民主主義の基本がうまく生かされるように願ってます。

チャンスがあれば、三陸のカキ小屋で蒸したてのカキをごちそういたします!


ろだごんさん、こんばんは。
このところ、テレビでは特集番組が組まれていましたので、幾つか見ました。
その中の被災者インタビューで、オリンピックのために人手が取られているのが困る、という方が。
本来ならオリンピックに掛かる経費を復興に使うべきだと思います。安倍さんの宣言も建前にしか聞こえませんでした。
三陸のカキ、美味しそうですね。テレビでアナウンサーが嬉しそうに食べていましたので。(^○^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山二景 | トップページ | 私の愛聴盤 第20回 »