« 残していた七福神巡り | トップページ | オオルリ »

2016年5月 9日 (月)

梅と桜が満開

Img_4668

このゴールデンウィーク休みに訪れた札幌の公園、梅と桜が満開でした。

Img_3311

公園の梅林も訪れた人の目を楽しませてくれます。

Img_3325

八重咲きの紅梅、都内や横浜では見られない品種のような気もしますが、自信はありません。(^^;

Img_1068

ちなみにソメイヨシノは札幌が北限だそうです。ただ、桜のメインは「エゾヤマザクラ」という品種。ソメイヨシノよりピンク色が濃く、遠目には実に鮮やかです。

Img_1069

煙があちこちで出ていますが、お花見のグループによるバーベキューの煙です。私、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。「公共の公園内で火を使うバーベキュー?」と。

安心してください。行政がゴールデンウィーク中のみ認めているのです。同行者から「長く厳しい冬の後です、許してあげてください」と言われました。確かにそうですね!(^^)

しかし、お花見がまた出来るとは思いませんでした。何より梅の満開をこの時期に見られた事に、驚愕しました。

« 残していた七福神巡り | トップページ | オオルリ »

コメント

おはようございます。
お休みは、ゆっくりできましたか?
北海道にお出かけになったのですね。
梅や桜を一度に見られたなんて、羨ましいです。(^^)
「エドヤマザクラ」、初めて見ます。
満開ですね~♪
>「長く厳しい冬の後です、許してあげてください。」
北海道の人たちは、冬が長い分、「春を待つ気持ち」や「春が来た喜び」は、
私達よりも大きいのかもしれませんね。
北海道では、可愛い鳥さんや動物さんたちに出逢われたのでしょうね。(^^)
お写真が楽しみです。(^^)

おはようござます

桜と梅、堪能させていただきました。北海道、私も何度か訪問していますが、花の感覚については本州とかなりズレますね。8月終わりに函館で紫陽花とひまわりとコスモスが同時に見ごろだったの見て驚いたことを思い出しました。

こんにちは。
GWのお休み、北海道へお出かけになられたのですね(^o^)
梅と桜が満開♪同時に満開を見られるのですね!
色彩豊かで美しく、楽しいお花見が出来るのですね(*´∇`*)
北海道は植物も動物も《エゾ》が付く名前が多いのですね!
北海道の梅・桜は、本州で見るより“色鮮やか”という印象があります(^^)厳しい冬の寒さが関係しているのでしょうか?
人も動植物も、一年の大半を雪と共に過ごす・・長く厳しい冬の終わりと春の訪れを喜ぶ姿がお写真から伝わってきます\(^o^)/
この後のお写真も楽しみにしています(*^^*)

Maruさん、こんばんは。
ゆっくりというより、遊び過ぎました。(笑)
相も変わらず北の大地を訪問。北海道病を患っていると言われております。(^^;
桜は出掛ける前にこちらの天気予報で、札幌が例年よりかなり早く満開を迎えている事を伝えていたので知っていましたが、梅の満開には驚かされました。北の大地では梅と桜がほぼ同時期に咲くようです。
厳しい寒さが続く北海道、ようやく春を迎えた喜びを皆さん享受しているという事なのですね。気候に恵まれた地域に住んでいる私のような者が、あれこれ言える立場ではない事を実感しました。
今回、初めて遭遇した鳥さん、動物さんがいます。順次ご紹介致しますね。

ななまるさん、こんばんは。
狭い日本と言われておりますが、実際のところは関東と比べてもかなりの違いを感じました。
花々の咲く時期でその差を感じます。
今回は図らずも梅と桜の満開を今一度見る機会が出来てラッキーでした。

寅さん(^^)、こんばんは。
北海道病を患った男と言われております。(笑)
思えば四季折々、随分と出掛けておりますから、そう言われても仕方ありません。(^^;
春を迎えた北の大地、いろいろなお花を見て参りました。
それでも朝晩の気温は3度、4度という低さですから、横浜の春とはかなり気候が違います。
今回、アドバイスを無視して都内や横浜を闊歩している服装で出掛けたものですから、ぎゃふんと言わされました。(笑)
でも、楽しんで参りました。明日以降、撮影写真をご紹介させて頂きますので、楽しんで頂けると嬉しいです。

こんにちは。
梅と桜が同時に楽しめるのは、冬が長い地域の特権みたいなものですね。公園でバーベキューをやりたくもなるでしょう。日本列島は狭いけど多様ですねえ。

ビワさん、こんばんは。
そうなのかもしれませんですね。
梅などは雪を被って、春はまだか・・・春はまだか・・・という状況なのかもしれません。で、雪融けの後に桜と一緒になるという・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 残していた七福神巡り | トップページ | オオルリ »