« マヒワ | トップページ | 天王洲アイルにて »

2016年5月27日 (金)

ヘッドフォン音楽

Dd

DAY BY NIGHT/ドリス・デイ

ソニーミュージック XQAM-1077(国内盤 CD)

今年、最初に購入したCDです。昨年夏、中古レコード購入後、すっかりお気に入り歌手となったドリス・デイの有名盤(らしい)です。二曲目に歌われている「Close Your Eyes」がもう最高!

先日、BS放送で音楽CDが昨今売れなくなっている事を一時間番組で採り上げられていまして、私は番組の途中から見ました。もちろん iTunes Store その他による音楽配信の影響もCDが売れなくなっている原因のひとつではあるのですが・・・、

一番の原因はジャンル問わず「音楽」そのものに関心がない人が増えたからだそうです。特に十代、二十代に多く、街でマイクを向けてインタビューをしてみると、「はい、音楽はまったく聴かないです」「関心がないです」という人が実に多かったです。

音楽とは絶対離れられない私にしてみたら、そういう人たちの答弁は晴天の霹靂と言っても良いくらい、信じられない言葉なわけです。まぁ、現代は余暇の楽しみもいろいろありますからね。

そういう人々が今日の話題では実はないのです。音楽を愛好している人たちに今、一番広まっている、或いは関心があるのがウォークマンなどの携帯音楽プレイヤーを聴くためのイヤフォン、ヘッドフォンではないかと思います。イヤフォン、ヘッドフォンの専門雑誌も今は定期刊行されているくらい、音楽好きにとっては大切な機器だと思います。

U05_01
Pioneer U-05(上)

私も夜遅く、じっくりと好きな音楽を聴く時にはヘッドフォンを使って聴く事が多いです。愛用のオーディオ装置を置いてある部屋は完全防音ではないですから、深夜に大きな音は出せません。しかし、ヘッドフォンで聴くステレオイメージは二本のスピーカーで聴くものとはまた違った良さがあります。

で、ヘッドフォンが持っている性能を出来るだけ発揮させるためにはヘッドフォンアンプを使う方が良いわけです。特にハイインピーダンスのヘッドフォンはヘッドフォンアンプが必需品。私が愛用しているのが上記写真のパイオニア製のU-05という製品です。これはUSB-DAC兼ヘッドフォンアンプという組み合わせで、私の正月お年玉として導入されました。(^^)

ラックに入れるスペースがないので仕方なくネットワーク・オーディオプレイヤーの上に置いていますが、ヘッドフォンで聴くわけですからスピーカーからの振動がないので良いか、と。(^^;

U05_02

ヘッドフォン用としての入力端子が三種類設けられています。通常の標準プラグによる入力(右端)の他、4ピンと3ピンのバランス入力にも対応しているので、実に様々なヘッドフォンを使える事が大きいです。

Ma900
SONY MDR-MA900(12Ω)

三年前から愛用しているソニー製のヘッドフォンです。高級品ではありませんが、クラシック音楽を聴くのにピッタリの音質を持っており、弦楽器の音色に艶があります。低音もしまりがあり、ガツンとくる音調ではありません。その代わり、ジャズなどは綺麗に聴かせるようなところがあります。

街中や電車の中でイヤフォンではなく、密閉型のヘッドフォンで音楽を聴いている人を結構見掛けますけど、あれは私には出来ない。何より外ではオーバー型は危ないです。

Dt990
独beyerdynamic DT 990 PRO LIMITED EDITION(250Ω)

このヘッドフォンは先月末、東京中野のサンプラザ中野で開催された「春のヘッドフォン祭り」というイベントに出掛けた際、会場だけの限定個数特別価格を見て購入したものです。

ドイツ、オーストリアではベイヤー、ゼンハイザー、AKGが三大メーカーです。世界市場でもやはりこの三社が人気ですね。私が購入したベイヤーは比較的安価な製品ですが、音はなかなか個性的です。三年間愛用して来たMA900とは対照的で、ガツンと来る低音に、やや華やかな高音を持っています。ジャズを聴く時はもっぱらこちらを愛用するようになりました。

ところでU-05はバランス入力(詳しい説明は省略します)に対応しているわけですから、当然バランス出力で使えるヘッドフォンが欲しくなっております。愛用のヘッドフォンをリケーブルでバランス出力に改造する手もありますが、

私が使ってみたいなぁ・・・と思っているヘッドフォンがあるのです。それは、

独ベイヤー T1 2nd Generation(量販店価格 135,680円)
独ゼンハイザー HD 800S(量販店価格 216,000円)

この二本であります。ヘッドフォンを愛用している音楽ファンなら知らない人はまずいないだろう、というほどの逸品。ただし、価格が・・・(^^;

でも、高級カメラに比べれば・・・・安いものですよね?
上記金額ではライカだとレンズすら買えませんから。(笑)

さて、皆さんはどういう形で音楽をお聴きになっていらっしゃるのでしょうか?

« マヒワ | トップページ | 天王洲アイルにて »

コメント

 ヘッドホン、大変参考になります。
 でもいい物は、どの分野のものも同じですが、高いですね。

 今はヘッドホンは使っていません。気に入っていたのは、学生の頃、かなり悩んで買ったYAMAHA HP-1です。
 当時・・・正確には今も、お金がなく、スピーカーもパイオニヤのを3万ほどで買いましたが、そのスピーカーで聞くより、HP-1で聞いたほうが、迫力がありました。

 音楽は、高校生の頃電気屋で聞いたYAMAHA NS690で聞くのが一番合っています。でも、1本は要修理状態です。
 手作りスピーカー(私ではありませんが)、バックホーンタイプのをパソコンにつないでいます。アンプは、中国製の安いデジタルアンプです。

 本当は、社会人になった時に聞いたTannoyのもので聞きたいのですが、叶わぬ夢の様なものです。
 でも、今のパソコンですが、音楽を聞くときも便利になりました。

おはようございます。
のんびりと音楽を観賞するゆとりのある生活、素敵ですね。
私は、もっぱら、音楽は、BGMとして聴いています。
音質には、あまり拘っていません。
録音状況があまり良くなかった頃のジャズばかりですし・・・^^;
クラッシックを聴かれる方は、音質重視なのかもしれませんね。
KONDOHさんが使ってみたいヘッドフォン、高価ですね。(*_*)ビックリ!
私は、今、使っているオーディオが、壊れたら、
次は、BOSEのミニコンポが欲しいなぁ~と思っています。(^^)

pyosidaさん、こんばんは。
そうですね・・・、やはり良い工業製品はそれなりの価格になりますね。
YAMAHA製品を愛用されていらしたのですか。
特徴的な素晴らしいデザインの製品でした。
しかし、近年またピュアオーディオに熱心になっておりまして、CDプレイヤーやアンプなどを発売しておりますね。
今でもオシャレなYAMAHAデザインは継承されていて、良い製品を発売してます。
NSシリーズのスピーカーは名器でした。まだまだ愛用されていらっしゃる方も多いと思います。
pyosidaさんのNS690は要修理ですか。修理したいですね。
PCオーディオで音楽を楽しむ方も増えておりますが、まさかパソコンで・・・という感じですね。どんどん進歩しています。

Maruさん、こんばんは。
音楽はゆとりがないとなかなか聴く気にならないと思います。
ただ、私の場合は仕事だけで一日を終える事に反発を感じているおかしな人間なのです。(笑)
どんなに遅く帰宅しても、例え5分でも10分でも、自分のしたい事をしてから睡眠を取るようにずっと以前からしておりました。
CDで一曲だけでも聴くとか、本や雑誌を数ページだけでも読むとか・・・、必ず何かします。(^^;
それが翌日へのモチベーションになるからです。
ブログ記事を作っている時に音楽をBGMとして流す事もありますが、私は元来BGMとして聞けない性格のようで、ついついキーボードの手が止まってスピーカーに対峙しちゃうのです。(笑)
そうすると、なかなか終わらなくなります。(^^;
BOSEの製品、良いですよね。私は映画視聴時のサラウンドスピーカーにBOSEを使っています。単体でも良い音を出しますね。

KONDOHさん、こんばんは。

KONDOHさんのブログの影響でネットワーク・オーディオに興味があるのですが、「今ある機器で十分」と言い聞かせています。(笑)
地方に住んでいるので、夜でもスピーカーを鳴らしています。
就寝前にちょっと聴く場合は、PCM-D50にMDR-EX1000かHA-FX1100を繋いで聴いています。

CDが売れなくなった一番の原因が、「音楽そのものに関心がない人が増えた」というのはびっくりです!
KONDOHさんの仰るとおり、余暇の楽しみ方は人それぞれですね。

ななさん、こんばんは。
ネットワーク・オーディオは、ハイレゾ音源にお好きなジャンルが有るようでしたらお考えになっても良いかもしれませんが、もしそうでなかったらあまりお薦めは致しません。
CDでお聴きになるだけで充分だと思います。
PCMレコーダーをお持ちなんですね。イヤフォン、どちらも人気の良い製品です。私のはFX750ですから、ワンランク下になります。(^^;
ところで音楽に関心を持たない人が増えている事実、驚かれましたでしょう?
私も番組を見ていて、「ええ〜・・・・!」と思いました。(^^;

ご無沙汰しています。今夜もとても濃い話題でありますね^^/
私のヘッドフォンは、AKG K712、接続コードはVOVOX SONORUS(付属の純正品とは比較になりません^^;)、ヘッドフォンアンプはJIRAUD HPM(本来は楽器の練習用なのですが、高インピーダンスを低インピーダンスに変換する回路が入っています。とても良い製品なのに残念ながら製造終了)。大きな箱のスピーカーで鳴らす音楽は実在感が豊かで良いと思いますが、ヘッドフォンの音の良さは格別ですよね。
最近、Macintosh MC30のハンダ劣化が原因で一悶着あったのですが、無事に解決し、同時に1947年頃の真空管を手に入れ、たまたま部屋に転がっていた、これまた楽器用のスピーカー(25cm2発)を冗談で繋いで(WEのとても古いエナメル線を使用)みたところ、中低域に少し癖があるものの古典音楽がとても心地よく鳴るため、SMETANA QUARTETなんかを聴きまくっています。

スカルピアさん、こんばんは。
愛用されていらっしゃるのはAKGでしたか。K712も人気がありますよね。(^-^)
ヘッドフォンはリケーブルでかなり音が変わるそうで、ユーザー自ら交換したり、或いは販売店で改造してもらったりと、ネットにいろいろな例がありますね。
オーディオも上を見るとキリがないですが、ヘッドフォンはかなり高音質の音が聴けますよね。私もヘッドフォンでもう少し上を見たいです。(^-^)
MC30、羨ましいですぅ・・・。
スメタナ四重奏団、ベートーヴェンが好きです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マヒワ | トップページ | 天王洲アイルにて »