« 流し撮り | トップページ | 皇居二の丸庭園 »

2016年6月29日 (水)

長谷寺「あじさい路」

Me6035
鎌倉・長谷寺にて

長谷寺「あじさい路」、ここではフィルム撮影をしながら歩きました。

しながら・・・とは申せ、実際は大混雑でして、狭い路で立ち止まりながら撮影していると後続の人に迷惑を掛けるという状況。

Me6019

したがって撮影はサッ!と・・・シャッターを切って流れに入っていました。ところが大陸の方々は気にせず流れを遮断して家族、カップルで記念撮影をしていました。(^^;

Me6020

しかし、こうしたところはゆっくり、時間を掛けて歩きたいものですね。

Me6028

ひと口に紫陽花と申しますが、種類が実に多いです。

Me6031

初めて歩いた「あじさい路」、フィルム撮影というのが何か記念になりました。もう、二度と紫陽花の季節に訪れる気はないので。(^^;

LEICA R9
Summicron-R 35mm F2(type II)
Kodak SUPER GOLD 400

« 流し撮り | トップページ | 皇居二の丸庭園 »

コメント

おはようございます。
今日も朝から梅雨空です・・・
ですが、綺麗な紫陽花を拝見でき
ラッキーな朝を迎える事が出来ました(*´∇`*)
紫陽花、種類がとても多いのですか~なるほど。興味が湧いてきました(*^^*)
ゆっくりと時間を掛けて歩きたくとも、大混乱なのですね(^_^;)
それプラス・・・自分勝手な行動を目にすると
二度と行きたくないなと思ってしまいますね(T_T)

おはようございます。
あじさい路に30分待って、入られたのですね。
>狭い路で立ち止まりながら撮影していると後続の人に迷惑を掛けるという状況。
私もピークの時にここを歩いた、忘れかけていた記憶を思い出しました。^^;
1枚目、シルエットが素敵ですね。
3枚目、斜面一面の美しいブルーが、美しいです。
4枚目、立体感と奥行き感が絶妙ですね。(^^)(どこかで聞いたセリフ・・・^^;)
5枚目、お地蔵様との組み合わせが、よいです。
苦労をして入られた価値のあるお写真だと思いますよ。(^^)v

KONDOHさん、
まぁ、今日はフィルムで♪
梅雨時のしっとりとした感じがわかるような気がします^^
この「あじさい路」ですが、とにかく流れに流されながら
先へ進むという状況と聞きました。
サッと撮られたと書かれていますが、
お写真ではまったくそんな感じがわかりません^^

寅さん(^^)、こんばんは。
スッキリした青空が続くのはまだもう少し先になりますね。
でも、そうなると私には地獄の日々が続く事に・・・・(^^;
紫陽花の種類ですが、先日見たテレビによると百種類もあるそうですよ。正直「ええ〜・・・!」と思いました。そんなにあるのですねぇ・・・。
長谷寺の「あじさい路」は狭いので、二人くらいが立ち止まるともうそこで後続の動きが止まります。(笑)
途中、分かれ道になっているようなところがありまして、私は人の少ないその分かれ道に入って撮影して来ました。
しかし、もう・・・行く気が失せました。(^^;

Maruさん、こんばんは。
30分、私にはとても長い時間でした。(^^;
ところが・・・大分前になりますが、或る外来オーケストラの日本公演のチケットを購入するために4時間並んだ事があります。(笑)
Maruさんが撮影された昨年の記事を改めて拝見したら、2枚目のところを撮影されていらっしゃいましたね。
やはり撮られるところが似ています。(^^)
最後のところ、お地蔵様にピントを置いたものと、紫陽花に置いたもので撮影しました。迷いがあったのですね。(^^;

koukoさん、こんばんは。
はい、「あじさい路」の写真が遅くなったのはフィルムで撮影していたからです。
現像上がりを早く取りに行っていればもう少し早く掲載出来たのですが・・・。
「あじさい路」はkoukoさんがおっしゃる通りでして、流れに任せて歩く必要があります。
そういうところは私がもっとも嫌う場所です。(笑)
歩きながら前に見える様子を見て「こういうフレーミングにしよう」と咄嗟に決めまして、パチッと撮影しました。ですからワンシーンワンカットです。(^^;
お地蔵様のところは出口付近で少し空間があるのですが、誰もここには寄りませんのでじっくり撮影出来ました。じっくり撮れたのはここだけ。(笑)

こんにちは。
あそこはすごい行列になりますから、自分のペースで撮影というわけにはいかなそうですね。

ビワさん、
私は初めてだったのですが、凄い混みようですね。
一度経験したので、もう・・・いいや・・・という気持ちです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 流し撮り | トップページ | 皇居二の丸庭園 »