« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

大阪・天王寺動物園

Dsc02559
天王寺動物園にて

水族館が登場したなら、次は動物園ですね。(笑)

↑動物も暑さに負けてこの通り。それとも、ただ寝ているだけかな?

Dsc02566

い・い・湯だなぁ〜・・・♪

ちなみに天王寺動物園は1915年1月1日開園で、日本で三番目に長い歴史を持っているそうです。

Dsc02609

「お手!」と言いたくなりました。(^^)

Dsc02633

驚いたのがこのサイです。

地元の方だと思いますが、私の隣でこのサイの名前を大きな声で数回呼んだのです。

そうしたら・・・、

Dsc02639

何とサイはこちらに歩いて来たのですよ! (◎_◎;)

Dsc02655

アフリカの大草原をイメージしてのフレーミングです。

あ、少し無理があるでしょうか?(笑)

SONY α7 II
TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD(Canon EF)
SIGMA MC-11

2016年8月30日 (火)

大阪・海遊館

Dsc03104

今日は少し涼し気な、水族館での写真を。

大阪港の海遊館に入りまして、初めて自分の肉眼でジンベエザメを見ました。魚類の中で最大の魚ですね。

Dsc03046

サメとは申してもホオジロザメのような肉食とは違い、プランクトンを主食とする大変おとなしいサメです。

悠然と泳いでいる姿は何か神々しいです。
オスが「海くん」で、メスが「遊ちゃん」です。海くんは7月に海遊館にやって来たばかりなのですよ。

Dsc03062

こちらもサメ。海で遭遇したら、パクリとやられそうですね。(^^;

Dsc02863

巨大なエイも海遊館では見る事が出来ます。

Dsc02793

イルカは愛嬌がありました。飼育員さんが中に入って来たら、フィン(足ヒレ)を噛んで「遊んでよぉ〜」という感じで戯れていました。(^^)

Dsc03147

大きなウミガメがこちらに泳いで来た時にパチリと。

Dsc03215

シーラカンスが展示してありました。びっくりです!

ジンベエザメを中心にした動画をYouTubeにアップしましたので、よろしければご覧になってみてください。10数分ほど撮影したものを編集して短くしたのですが、それでも6分以上になってしまいました。(^^;

オリジナルは1080/60Pで撮影していますが、720/60Pでアップしています。

場所はこちらです。

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
SIGMA A 35mm F1.4 DG HSM(イルカのみ)
SIGMA MC-11

2016年8月29日 (月)

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

Saradakinen

松竹映画「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」1988年12月公開

出演 : 渥美清、三田佳子、倍賞千恵子、下條正巳、三崎千恵子、前田吟、三田寛子、吉岡秀隆、すまけい、尾美としのり、鈴木光枝、佐藤蛾次郎、笠智衆 他
脚本 : 山田洋次、朝間義隆
音楽 : 山本直純
監督 : 山田洋次

小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ(島崎藤村)

今年8月4日は、渥美清さんがお亡くなりになって20年になるそうです。NHK-BSでは特集番組が組まれ、寅さん映画も何本かまとめて放映されましたね。

そこで私も久し振りにディスクを取り出し、今日ご紹介の作品を見ました。もう何回か見ているのですが、シリーズの中でも叙情的で好きな作品です。

舞台は信州小諸。一人暮らしの老婆(鈴木光枝さん)と小諸駅前で知り合った寅さん。老婆のご好意で一晩泊めてもらうと、小諸病院の女医である真知子(三田佳子さん)が翌朝、入院させるため迎えに来ます。しかし老婆は「病院は嫌だ、家で死にたい」と言うも、寅さんのひと言で入院する事に。

病室で老婆が寅さんに、「寅さん、あの先生もな・・・旦那さんと死に別れて寂しく暮らしてるだ。あんた慰めてあげてくれや。おらにしてくれたようにな」と。

それを聞いた寅さん、途端に元気に・・・(^^)

この作品、抱腹絶倒、爆笑の合間合間に、命の尊厳、そして誰しもが年老いてから向き合わなければならない「死」という問題に対し、山田洋次監督が映画を見ている我々に問い掛けをしているように思います。

真知子が運転する車に乗り込むシーン、老婆はじっと我が家を見つめ、「これが家、見納めだ・・・」と、涙ぐむ。老婆は死ぬなら家で死にたいと言っていたのです。

老婆の処遇に悩んでいた真知子が病院長(すまけいさん)に自分の気持ちを吐露した言葉に重みがあります。

「人生の最後をどう迎えるかを選ぶのは、その人の権利じゃないでしょうか?」

このシーンは胸にジーンと来ました。私の父は生前、自分で自分の事を出来なくなったら、自分で自分の命を絶つものだ、と言ってました。或る意味、昔の武士道精神でしょうか。
結局、父は自宅ではなく、病室で最後を迎えてしまいましたが、私は未だに家で最後を迎えさせてあげたかったという思いが残っています。

閑話休題 作品のタイトルはベストセラーになった俵万智さんの歌集「サラダ記念日」から来ているわけですが、ストーリーの途中途中に俵万智さんがこの映画のために書いた短歌が字幕で出て来ます。

ひょんな事から早稲田大学の教室に紛れ込んでしまったシーン、ここはもう大爆笑です。三國一郎さん演じる大学教授がまた良い味を出しています。

寅さんが早稲田の杜にあらわれて
やさしくなった午後の教室

小諸病院(実在します)の女医さんを演じている三田佳子さんも素敵ですね。映画の最後、おいちゃんやおばちゃんたちはまた寅さんがふられたと思うわけですが、実際は三田佳子さん演じる真知子の方が寅さんに想いを寄せていたのではないか、私はそう思いました。(^^)

寅さんが老婆の葬儀を終えて真知子が留守にしている間に家を去る時、真知子の姪の由紀に残す言葉、「いいか由紀ちゃん(三田寛子さん)、叔母様は女だ。悲しい事や辛い事があった時に、ちゃあ〜んと筋道を立てて、どうしたらいいかな?と考えてくれる男(ひと)が必要なんだよ。由紀ちゃん、そういう人探してやんな」と。すると由紀が、

「でも・・・その人が寅さんじゃいけないの?」との言葉に、寅さんは由紀がこしらえたサラダをひと口食べて真知子宅を去ります。

寅さんが「この味いいね」と言ったから
師走六日は「サラダ記念日」

旅立ってゆくのはいつも男にて
カッコよすぎる背中見ている

劇中、大学受験で悩んでいる満男(吉岡秀隆さん)が寅さんに、「大学に行くのは何のためかな〜?」と問い掛けるところがあるのですが、ここで山田洋次監督はとても良い事を言ってますね。もちろんその問い掛けに対する答えを寅さんが言うわけですが、さすが山田洋次監督! という思いです。

この事が、由紀とのやり取りの伏線になっているわけですが。

そこで名言を残した寅さんが、「久し振りにきちんとした事考えたら、頭痛くなっちゃった・・・」と。笑いました。(^^)
でも、山田洋次監督の言葉に相応しい大学生、今・・・どのくらい居るのでしょうか?

爆笑の連続の中に重い問題を問い掛けた本作品、是非ご覧になって頂きたいです。ひなびた小諸の町も素敵です。山本直純さんの音楽がまた各シーンにピッタリで。

文中の短歌はもちろん映画に合わせて俵万智さんが詠まれたものです。

2016年8月28日 (日)

貴船川の川床風景

Dscf0283

貴船神社は水の神様だそうです。

その貴船神社の前を貴船川が流れておりまして、こうした風景が見られました。

Dscf0279

鴨川と同じく川床で、涼みながら川床料理を味わう事が出来ます。

Dscf0282

冷たい清流の音を聞きながら川床料理に舌鼓。

実に風流ですね。(^^)

Dscf0289

そうそう、「流しそうめんのお店」では大行列が出来ておりまして、メガホンでしきりに「只今、1時間半待ちになります!」と、お店の人が繰り返し叫んでおりました。

にも関わらず、その行列は崩れません。私には信じられない光景です。例え10分でも私は並ぶのが嫌いですから。おまけに猛暑の中です。(^^;

FUJIFILM X70
FUJINON 18.5mm F2.8 ASPH.

2016年8月27日 (土)

京都・貴船神社

Dsc02482
貴船神社(京都市左京区)

大阪から当初の目的のひとつ、京都・貴船神社に行ってみました。大阪のうだるような暑さから逃れて、貴船神社辺りなら少しは涼しいかな?・・・と。

Dsc02490

旧暦で開かれているのでしょうか、丁度七夕祭りの最中でした。

Dsc02505

ちょっとラッキーな心持ちです。

Dsc02506

境内は夏祭りという様相です。

Dsc02511

俯瞰するこの光景に惹かれて・・・一枚。

で、少しは涼しかったのか・・・。全然!(笑)

歩いている最中、汗が止めどもなく流れて来て参りました。やはり京都の夏は暑いです。ハス撮影で京都を訪れた時よりさらに暑かったです。

Dsc02525

暑さとは関係なく・・・こちらの様子に魅せられました。

Dsc02537

もう新緑とは言わないでしょうが、なかなか綺麗でした。

この後、暑さに耐え切れないため他のお寺さんを周る事はせず、直接大阪に帰る事に。(^^;

今、エアコンの効いた部屋の中で思い出すと、京都の夏もなかなか良いものだったと・・・。

ホントかいなぁ〜・・・・(笑)

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2016年8月26日 (金)

台風が去って・・・

Dsc_1121

大阪での写真は今日はお休みしまして・・・、

千葉県に上陸した台風9号が去った後、実にドラマティックな夕焼けが見られました。

帰宅すると、「あらあら・・・・(笑)」という、まさに目を奪われる光景が眼前に。富士山を取り巻くこの雲よ〜・・・(^^)

慌てて家に入り、直ぐに持ち出せたカメラで撮影しました。

被害についてはともかく、一期一会の風景を今日は掲載しました。

Nikon D7200
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD

2016年8月25日 (木)

大阪ナイトスナップ

Dsc02474

梅田スカイビルから降りて来て、駅前でのスナップです。

写真はリサイズしているのでレンズの良さが十二分には伝わりませんが、オリジナルの高精細さには驚かされます。久しぶりに使ったレンズですが、下世話な言い方をさせて頂くと、「神レンズ」と言っても良いでしょう。

撮影時、肉眼では分からなかった正面のお店の「KIRIN ICHIBAN GARDEN」という非常に小さな文字がオリジナルではキレッキレで読めます。(^^)

中心部だけでなく、周辺も実にシャープに解像しています。

Dsc02478

しかし、いつ訪れても大阪の街は人が多いですね。横浜など比較出来ません。新宿より人が多いかも。

Dsc02476

地上150mの屋上にいる時は暑さも多少和らいだ感じでしたが、さすがに地上にいると蒸し暑さを感じますね。

この後は必然的に涼しい場所へ。(笑)

SONY α7 II
SIGMA A 35mm F1.4 DG HSM
SIGMA MC-11

2016年8月24日 (水)

大阪夜景を俯瞰

Dsc02450
梅田スカイビル展望台にて

日も暮れ、次のお目当は大阪市内の夜景です。ISO値を抑えるため、明るい大口径レンズに交換しての撮影。

期待した通りの綺麗な夜景が見られましたよ。(^^)

Dsc02444

もちろん手持ちでの撮影です。

Dsc02445

カメラのパノラマ機能を使ってパノラマ撮影してみました。

Dsc02457

手持ちでこうしたパノラマ撮影が出来るのですから、デジタルはこういう時に便利ですねぇ。

SONY α7 II
SIGMA A 35mm F1.4 DG HSM
SIGMA MC-11

2016年8月23日 (火)

梅田スカイビル空中庭園

Dsc02323
大阪・梅田スカイビル屋上展望台にて

昨日は台風が千葉県に上陸し、関東は少なからず被害を被りました。皆様に被害はなかったでしょうか?
東北、北海道にお住まいの方々、どうぞお気をつけください。

さて、「なにわの凱旋門」とも地元で呼ばれている梅田スカイビル。

その梅田スカイビルの吹きっ晒しの屋上、「空中庭園展望台」を久し振りに訪れました。地上140mまでエレベーターで一気に上がり、そこから今度は空中エスカレーターで展望台へ。

そこでは360度のパノラマを楽しむ事が出来ます。屋外ですから、ガラス越しの風景ではありません。伊丹空港も遠くに見え、最終アプローチの旅客機が次々と降りて来ますよ。写真の大きな川は淀川です。

Dsc02376

日が落ち始めると、空中庭園を楽しみに来た人々が途端一箇所に集まり始めました。もちろん綺麗な夕陽を見るためです。

この日、気象庁が発表した大阪の気温は36度でした。しかし、地上150mを超える空中庭園は大阪湾からの海風がとても気持ち良く、しばし暑さを忘れさせてくれました。

帰り、エレベーターで降り、建物から地上へ出るとやはり強烈に蒸し暑かったです。(笑)

※ 昨日、アクセスカウンターが350万アクセスを超えておりました。いつもご覧頂いている皆様に感謝申し上げます。m(_ _)m

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

2016年8月22日 (月)

ほんまに暑いでぇ〜・・・

Dscf0290

夏休み、しばし大阪に滞在しました。

気温36度とか37度とか、横浜とは比べられないほど暑いですねぇ・・・。ここ数年、こちらの暑さは経験して来てはいますが・・・やはり暑い!(;_;)

Dscf0294

冷コーもあるでぇ・・・(^^)

Dscf0295

暑い時はこれ!

暑気払いに一杯!(^^)

Dscf0312

ビリケンさん、暑くないですか?

Dscf0302

盛夏の新世界。私が口に入れたのは、かき氷だけ。(笑)

そうそう、使っているコンパクトカメラ、購入当初にフル充電したバッテリーで300枚以上撮れました。意外とバッテリー持ちますね。

FUJIFILM X70
FUJINON 18.5mm F2.8 ASPH.

2016年8月10日 (水)

夏の雲に

T700824
羽田空港にて

自宅を出る時は青空が見えていたのですが、羽田空港に到着してみるとモクモクと雲が湧いておりました。

台風の影響でしょうね。

T700818

なので、今日は飛行機と雲。

その切っても切れない関係の風景写真を今日は。

T700794

JALの白い機体は青空の方が映えるのでしょうが・・・。

T700718

イテッ!(笑)

T70736

幕張新都心がしっかり見えていました。思ったより視程の良かったこの日。

さて・・・、

※ 明日、11日より21日まで、ブログをお休みさせて頂きます。22日よりまた再開致しますので、よろしくお願い申し上げます。ブログも夏休みという事で。(^^;

Nikon D7200
TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di USD

2016年8月 9日 (火)

京都スナップ

Z122693
鴨川

四条河原町から祇園・花見小路、八坂神社、円山公園と、お散歩した時の写真です。

鴨川では夏の風物詩、川床も見られました。

Z122699

花見小路では日本人より外国人の方が多い印象です。

Z122700

店構えが如何にも古き良き時代・・・を思わせてくれますね。

Z122701

おライカ様の聖地が祇園にも進出。入り口は祇園に溶け込んでいます。

使ってみたいと思いながらも買えない私には、やはりおライカ様と呼ぶしかありません。;^_^A

Z122702

寅さんシリーズにこういう場所が登場した事がありましたね。

Z122712
八坂神社にて

昨年、嵐山で祭礼に遭遇し、今年は祇園祭。祇園祭は出掛ける前から知っていましたが。

テレビの天気予報を見ると、京都は私が訪れた時より暑さが厳しくなっているようですね。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

2016年8月 8日 (月)

iMacの4Kモデルがキター・・・(^^)

P1000438

5年振りにMacを買い換えました!

Apple Storeで少しカスタマイズしましたので、発注から丁度一週間で拙宅に届きました。で、今日の記事はその21.5インチ iMac 4K(4096x2304)モデル、開封の儀を。(^^;

P1000440
モニター部分が薄い!

新しいMacの箱を開ける時って、どうしていつもワクワクするのでしょうかねぇ?

小さな子どもが欲しい物を親からプレゼントされた時と同じ気分かも。(^^)

P1000447

5年間、この Mac mini を使っていました。その前は27インチの iMac だったのですが、27インチはデスクの上で使うには大きかったです。

で、5年前に三菱製の23インチモニターと一緒に Mac mini に買い換えたのでした。

P1000445

Mac mini と一緒に使っていたApple Wireless KeyboardとMagic Trackpadです。AppleのTrackpadを使い慣れてしまうと、マウスが不便に感じて使えなくなりました。(^^)

P1000448

さて、ダンボール箱、元箱の二つを開梱してようやく iMac を出しました。ディスプレイ部分は薄い不織布に包まれていましたのでそれを取ってみたら、更にこのように透明セロハンに包まれています。

P1000450

iMacの背面です。りんごマークが良い感じ!(^^)

P1000452

これが同梱されていた新しい Magic KeyboardとMagic Mouse 2です。

P1000454_2

キーボードとマウスが入っていた箱ですが、Macユーザーにはお馴染みのりんごシールも。それとLightningケーブルも入っていました。

「新しい」と申しましたが、Magic Keyboard、Magic Mouse 2になって電池が内蔵になったのです。要するに充電式。今までは乾電池を入れていたのですが、充電式になったのは良いですね。なので、Lightningケーブルが同梱されていたわけです。

P1000459

上が今まで使っていたApple Wireless Keyboard、下が iMac に同梱されていたMagic Keyboardですが、更に薄く軽くなりました。(^^)

P1000456

取り敢えず起動させてみたのがこの画面。購入した iMac は4Kモデルなので、拙宅初の4Kモニターとなりました。

Macmini

これが5年使って来た Mac mini の仕様です。CPUはデュアルコアです。フルHDモニターのスクリーンショット切り出しですが、きめが粗いですね。下のRetinaモニターからの切り出しと比べると歴然!

Mac mini ..... デュアルコア 2.3GHz Intel Core i5
iMac ............ クアッドコア 3.1GHz Intel Core i5

CPUの違いです。Core i7も選べるのですが、4K動画を凝った編集でもしない限り、i5でも充分ではないかと。何より今まではデュアルコアでしたが、今度はクアッドコアになっていますし。

P1000462

で、早速「移行アシスタント」を使って今まで使っていた Mac mini の環境を iMac へ。設定データ、書類、アプリケーションetc.を転送。

事前に Mac mini をダイエット(写真データ等)しておきましたので、転送データは約350GBです。転送に掛かった時間は3時間半程でした。Wi-Fiを使って3時間半ですから、Thunderboltケーブルを繋いでやっていれば時間はもっと短縮出来たでしょう。

何故Wi-Fiで転送したか。それはただ単にThunderboltケーブルを持っていなかったからです。(^^;

Imac4k
Apple Storeより写真を借用

さて、全データを転送し終わってから iMac を使ってみると・・・何もかもがメッチャ速い!

気になるストレージ、デフォルトは1TBシリアルATAドライヴですが、それを1TB Fusion Driveに変更しています。

Fusion Draiveに変更したお陰で、OSの起動時間の速さに感動しました。(笑)

しかし、ひとつ失敗を。メインメモリはオンボード8GBなのですが、増設スロットが当然有ると思ってデフォルトのままにしました。購入後、自分でメモリを増設するつもりだったからです。

ところが・・・、27インチモデルはメインメモリを増設出来るのですが、何と21.5インチモデルはオンボードメモリだけで、増設スロットが用意されていないのです!

この点は下調べが万全でなかったのが悔やまれます。従ってメインメモリは今後もデフォルトの8GBで使って行かなければなりません。

ですが、ひと通り自分が使っているアプリケーションを立ち上げてみたら、不満のない処理速度でした。何より今までも8GBで使っていましたしね。その他のハード面がアップグレードしていますから、予想以上に満足しております。

Mla02
Apple Storeより写真を借用

ところでMagic Mouse 2を使ってみましたが、やはり私はMagic Trackpadの方が使いやすいです。これだけ今までのものを使います。

Retina 4Kディスプレイ、実に美しいです!

一般的なsRGBディスプレイよりも色域が25%も広いそうです。Retina液晶を見た後に、今まで使っていたフルHDディスプレイを見ると違いに愕然!(笑)

液晶画面、Retinaを見ると他の液晶モニターが使えなくなるのではと、個人的に思っています。ノートパソコンもMacBookやMacBook ProのRetina液晶を見慣れると、Windowsノートの液晶は申し訳ないですが物足りなさを感じます。解像度が違い過ぎますから比べるのは失礼かも。

P1000443

これが「裸族のお立ち台」という、私のバックアップHDD(写真、動画データ)です。HDDを裸のまま差し込みますので、HDDの保管がしやすいです。MacとはUSB 3.0で繋げられるのですが、今まで使っていた Mac mini はUSB 2.0の端子しかありませんでした。

iMacはすべてのUSB端子が3.0なので、ようやくこのアクセサリー本来のスピードで使う事が出来るようになりました。良かった!(笑)

今日はMacユーザー(私)独断と偏見の記事となりました。

ご容赦くださいませ。m(_ _)m

2016年8月 7日 (日)

鎌倉散歩・材木座海岸

Dscf0243
材木座海岸

海水浴には絶好の天候だったこの日、光明寺を後にして砂浜に出てみました。

まさに夏の眩い光が溢れておりましたよ。こうしたところでの撮影は誤解され兼ねないので普段はしませんが、コンパクトカメラという事と、ここで撮影していた女性の方に混ぜてもらいまして。(笑)

Dscf0245
50mmクロップモード

使っているカメラ、レンズはフルサイズ換算で28mmの広角レンズですが、35mmと50mmの画角にクロップさせて撮影する機能がありますので、50mmで撮ってみました。

ところで、何かお気付きになりますでしょうか? (^^)

Dscf0252

こちらは左手、逗子マリーナ方向を見ての撮影。

Dscf0253

マリンスポーツ専門のお店が在るのはさすがに場所柄ですね。

FUJIFILM X70
FUJINON 18.5mm F2.8 ASPH.

2016年8月 6日 (土)

鎌倉散歩・光明寺

Dscf0237
鎌倉・光明寺

材木座海岸を前にする光明寺、前を車で何度か通過した事はありましたが、お寺さんに入るのは今回が初めてです。

Dscf0238

鐘楼を見るとついつい撮影したくなるのですねぇ・・・。

ところで富士フイルムさんのカメラ、逆光気味に撮影すると空が黄緑色に転ぶようです。

Dscf0233

Dscf0213

偶然、この日は光明寺の観蓮会が開催されている日でした。庭園左手には説明を受けながら蓮を鑑賞している方々がいらっしゃいました。

Dscf0221

しかし、肝心の蓮は・・・・(^^;

FUJIFILM X70
FUJINON 18.5mm F2.8 ASPH.

2016年8月 5日 (金)

鎌倉散歩・妙本寺

Dscf0168
鎌倉・妙本寺

本覚寺の後に訪れたのは妙本寺。

上の写真、二天門と呼ぶこちらをくぐると、祖師堂(前方)が在ります。

Dscf0185

Dscf0172

Dscf0175

カメラの測距点を手前に置いて撮影したのですが、何故かピントが後ろへ抜けてしまいます。三回目の撮影でようやく手前にピントが来ました。(^^;

富士フイルムさんのAF、まだまだこれから頑張って頂かないと。

Dscf0179

ノウゼンカズラ、残念・・・遅かったです。

残っていたのはこれだけ。ガックリ。(^^;

FUJIFILM X70
FUJINON 18.5mm F2.8 ASPH.

2016年8月 4日 (木)

鎌倉散歩・本覚寺

Dscf0149
鎌倉・本覚寺

紫陽花の時期に長谷寺を訪れましたが、また鎌倉を訪れました。私にとってはまた・・・ですね。

Dscf0199

短期間に鎌倉を繰り返し訪れるのは私にしては大変珍しい出来事なので。

なまじ近いから、「いつでも鎌倉には行ける」と思ってしまうからですね。

Dscf0160

京都に次いで、またまた蓮の撮影となってしまいました。あ、蓮を目当てに出掛けたわけではありません。

そもそもこちらのお寺さんに蓮があるという事をこの日初めて知ったくらいで。(^^;

Dscf0164

カメラは富士X-E1をメイン、サブにX70という事だったのですが、X-E1は僅か6枚撮影したところでバッテリーが無くなりました。自宅で確認した時はバッテリーマーク、一目盛り減っていただけだったにも関わらず。

カメラのバッテリー管理機能、全然当てになりませんね。スペアを持参したので交換したところ、スペアもバッテリー切れでした。(笑)

先月、撮影(昨日の記事)に使った後、充電するのを忘れていたのでした。(^^;

Dscf0138

富士フイルムさんのホワイトバランス、空が時に黄緑色に転ぶ時があるのですよねぇ・・・?

撮影はすべてJPEGで、フィルムシミュレーションはデフォルトのPROVIAです。

Dscf0135

しかし、どピーカンのこの日、もちろん汗びっしょりになりながらのお散歩でした。(笑)

FUJIFILM X70
FUJINON 18.5mm F2.8 ASPH.

2016年8月 3日 (水)

東京駅丸の内口の今

Dscf0156
東京駅丸の内口構内にて

京都の蓮が続きましたので、今日は都心へ。(^^;

お馴染みのところをパチリと。

安価なプラマウントのレンズ、絞りを開放にして撮影していますが、なかなかの写りですね。

Dscf0167

丸の内口のロータリーを外から見ると塀があってどういう工事が行われているのか分かりませんが、KITTEの屋上ガーデンから見るとご覧の通り。

まだまだ工事は時間が掛かりそうです。

Dscf0171

KITTE屋上ガーデン、相変わらず人気がありますね。久し振りに上がってみましたら、結構な人がおりましたので。

FUJIFILM X-E1
XC 16-50mm F3.5-5.6 OIS

2016年8月 2日 (火)

京都・黄檗山萬福寺の蓮(ハッセル版)

Img1432
黄檗山萬福寺にて(京都府宇治市)

宇治では三室戸寺、平等院、そして今日の黄檗山萬福寺の順に訪れました。こちらのお寺さんも静かで良かったです。

撮影中、虫(蜂?)が飛んで来ました。(^^)

Img1431

萬福寺の蓮もほとんどが傷んでいたのですが、そこそこ綺麗な個体が残っていて良かったです。

Img1434

1661年、徳川四代将軍家綱の時代に開創された寺院で、日本三禅宗(臨濟・曹洞宗・黄檗)の一つ、黄檗宗の大本山と、栞に書いてあります。

前回萬福寺を訪れたのはいつだったか調べてみたら、9年も前でした。ちなみに黄檗山は「おうばくさん」と読みます。

Img1430

境内でアブラゼミを見付けました。(^^)

京都ではあちこちでクマゼミの大合唱が聞こえて来ましたが、こちらはアブラゼミ。そういえば大分前、アブラゼミの羽化を撮影して掲載した事がありましたね。

羽化の記事はこちらに。

ハッセルブラッドで撮影した蓮の花を三日間通しでご覧頂きました。カラーネガフィルムでの写真はデジタルより優しい写りに感じましたが、如何でしょうか?

さて、富士フイルムさんから残念なお知らせがあります。カラーネガフィルム一部製品販売終了のお知らせがありました。

HASSELBLAD 500C
Zeiss Makro-Planar T* 120mm F4 ZV Classic
Fuji PRO 160NS

2016年8月 1日 (月)

京都・三室戸寺の蓮(ハッセル版)

Img1421
三室戸寺にて(京都府宇治市)

三年連続で訪れている三室戸寺、一昨年、昨年とも五月の訪問でしたが、今年は七月。

通算4回目ですが、いつ行ってもこちらは静かで良いです。

Img1423

やはりお寺さんでは静かに鑑賞、撮影したいです。京都市内、良く知られたお寺さんへ行くと、必ず喧騒に巻き込まれますので。

Img1422

新緑、ツツジ、蓮を見ている三室戸寺ですが、まだ紫陽花の頃に来ていないのです。あ、今回枯れた紫陽花は一部に残っていましたが。(笑)

来年は是非、紫陽花の頃に訪れてみたいです。

HASSELBLAD 500C
Zeiss Makro-Planar T* 120mm F4 ZV Classic
Fuji PRO 160NS

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »