« 波・波・波 | トップページ | 初秋の御苑 »

2016年9月21日 (水)

横浜・海岸通界隈

L1000265

カメラのフィルムモードを「ハイコントラストモノクロ」にしてのスナップです。

L1000308

もう何度も歩いている地域(地元)なので見慣れた風景とはいえ、何度歩いても見飽きない地域。(笑)

L1000310

写真に撮ってはいても、この辺りのお店には未だ入った事がないという・・・(^^;

L1000277

客船が大さん橋に入っています。

L1000302

この日の撮影の後、このカメラは手放す事に。理由はご想像にお任せ。(^^;

LEICA X / Summilux 23mm F1.7 ASPH.

Gfx50s
FUJIFILM GFX 50S(富士フィルム News用画像データからDL)

ところで、発表されましたね・・・(^^)
ミラーレスカメラでフォーカルプレーンシャッター。中判レンズ用マウントアダプターがいろいろ出そうです。ハッセルVレンズもアダプター経由で・・・(^^)

« 波・波・波 | トップページ | 初秋の御苑 »

コメント

おはようございます。
先日横浜をお散歩した時に、私も2・3枚目のところを撮っていました。
この辺りは、印象的なお店が多く、撮りたくなる被写体で溢れていますね。
撮りたいお店が、入ってみたいお店とは、限らないのが不思議です。^^;
3枚目の影のお写真は、モノクロームが活きていますね。(^^)

ということは富士の中判の原資?

FUJIFILM GFX 50Sは35mmフルサイズの約1.7倍となる43.8×32.9mmのセンサーを搭載する。画素数は有効5,140万画素。ピクセルサイズは5.3μmとのことですが、魅力はありますが、私には重装備すぎて使いこなせないようです。
35㎜フイルム全盛時代を100年経過してDSLRはドッグイヤーで使い捨てになりつつありますね。どこまで進むのでしょうか?
ですが機械カメラを愛用した者として写真の面白さや味わいがなくなりつつあるような感を持ってしまいますが、それなりに使いこしていますと新しいカメラを望んでんでしまいますね。私もそろそろ買い換えを検討しています。

こんにちは。

手放す=別の機材を入手する・・・

のでしょうか?
ソニー用のレンズに化けちゃうとか。

ちょっと楽しみ。

 こんばんは。

 ブログを見たとき、FUJIFILMのX70かと思いましたが、違いました。

  GFX 50Sですが、価格が発表の50-60パーセントだと、購入の可能性が残りますが、違うので関係がなくなりました。
 FUJIFILMのレンズは評判もよく、マウントアダプターも使えると魅力的ですね。

こんにちは。
黒が引き締まっていて良いですね。普通のモノクロモードだとボンヤリしがちで、ガッカリすることがあります。
フジの新機種は35ミリ版っぽい外観で悪くないですが、どうも、あのロゴがしっくりこないです。

Maruさん、こんばんは。
Maruさんもお撮りになったところ、多分・・・いろいろな人が撮影していると思います。
そういう自分も、今までにいったい何度撮影しているか、まったく分かりません。その度、カメラが違っているかもしれません。(笑)
撮りたいお店と入ってみたいお店、おっしゃる通り、必ずしも一致しないですよね。(^^)
3枚目、ありがとうございます。m(_ _)m

roxanne6さん、こんばんは。
いえいえ、大きな誤解です。(^^;
今日の写真、撮影そのものは先月なんです。
実は、昨年暮れに続いて、断捨離を始めたのです・・・が、今回はなかなか思い切れなくて・・・(笑)

tokiwaiさん、こんばんは。
GFX 50Sに使われるセンサーは、いろいろな中判メーカーが採用しているソニー製センサーですね。
ただ、富士フィルムさんで少しカスタマイズしているようですが・・・。
しかし、何と申しましても高額商品ですから、はいそうですか・・・と言って手を出せないのが歯痒いです。
デジタルカメラは大分進歩して来ましたが、進歩すればするほど電化製品的なものを感じます。
やはり機械式カメラのような存在感は希薄ですね。

ろだごんさん、こんばんは。
手放す=別の機材を入手
これは長年、自分のモットーとして来ました。ですから、機種が変われど台数はほとんど変化がないのが自分の愛用機材でした。
ところが・・・このところ買い増しが多くなり、どうしても機材が増えがちです。で、昨年暮に続いて整理を考えた結果、ライカ Xは手元を離れました。
でも、レンズが一本来てしまいました。(^^;

pyosidaさん、こんばんは。
おっしゃる通り、私も予想価格の50-60%くらいなら、もう少し機材を整理して即買いしているかもしれません。
しかし、現実は・・・「欲しい・・・イコール・・・買う」という方程式にならないのです。(^^;
一般庶民には高嶺の花です。
ハッセルレンズが使える・・・なんていうのは想像しているだけで・・・(笑)

ビワさん、こんばんは。
このカメラのハイコントラストモノクロはご覧のように黒が引き締まっってなかなか良いですね。私自身も好きな描写です。
富士のロゴはあまりバランスが良いとは言えないですね。

最近α7RIIをゲットし、もうこれ以上の画質なんて意味あるの?・・と思っていたら、フジのGFX 50S・・。
ボディやレンズを大きくしてまでも撮像素子の大きさがいまだに必要なのでしょうか・・。と偉そうなこと
を言ってみたくなりますが、使ったことがないからこんなことを言っているだけで、使ってみたら違いは
歴然とあるのでしょうね。興味津々です。

うっちーさん、こんばんは。
α7RIIをご入手されましたか。羨ましいですぅ・・・。
α7シリーズ最高の機能と画質を持ったカメラだと思います。私も使ってみたいとずっと思って来ましたが、α7IIでじっと我慢しております。(笑)
一応・・・中判デジタルの範疇になる今回の中判ミラーレスカメラですが、画質自体は35ミリフルサイズカメラと思ったほどの違いはないと自分は思っています。
昨年暮れに売却しましたが、ペンタックス 645Dで風景写真を撮っておりました。センサーサイズは44x33mmで、サイズだけならGFX 50Sと同じです。
私の考える写真はプリントして見るもの、と思っております。家庭用として最大サイズのプリントは普通A3ノビです。このくらいのサイズですと35ミリフルサイズ3600万画素で撮影した写真と比べてもそう違いは感じられませんでした。それで私は645Dを売却する気になったわけです。
ただ、最近多いパソコンモニターでしか見ない「等倍マニア」の方々からしたら、違いを感じるのかもしれません。
なら、何故またGFX 50Sに興味を持つのか。645Dはスナップに使うには大きく重過ぎました。私はハッセルでスナップ写真を撮ったりしますので、ミラーレスカメラならプリズムとミラーボックスが無いだけカメラ本体は軽くなるな、と。で、ハッセルレンズでスナップに使える・・・と思ったわけです。
しかし、現実は価格を考えると手が出ません。お恥ずかしいです。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 波・波・波 | トップページ | 初秋の御苑 »