« ライカ、小諸を行く | トップページ | ライカ、小諸を行く(3) »

2016年9月 9日 (金)

ライカ、小諸を行く(2)

S5031

映画のメインタイトルでは、ここで寅さんがスニーカーの露店販売をしています。寅さんが売(ばい)をしている後ろの看板にはこういう文句が。

◎ソウルオリンピック公認

フローレンス・ジョイナー
カール・ルイス ご愛用
一足 九八〇円

ですって。(笑)

ここで笹野高史さん扮するお金の無さそうな風体のおじさんが、スニーカーを両足に履き、寅さんが目を離した隙に走って逃げて行くという笑えるシーンが・・・(^^)

映画では背景に信州のお山が綺麗に見えるのですが、私が訪れた時は雨のせいか、ガスってまったく見えませんでした。(;_;)

S5027

真知子先生が間借りしている家に寅さんが訪れると、窓から信州のお山が綺麗に見え、真知子先生が寅さんに信州の四季が如何に素晴らしいかを伝えるシーンがあります。前述の通り、この日はまったくお山は見えません。

S5026

歩いていたら、こんなポスターが。8月13日に「寅次郎サラダ記念日」が上映されていたのですね。

S5014

更にはこんなお店を見つけました。(^^)

小諸の町が寅さんを愛している事が分かり、山田洋次ファンの私としてはとても嬉しいです。

S5032

町には「寅さん記念館」も在るのですが、現在は一般公開が中止されています。やはり年々、観光客が少なくなって存続が難しくなっているのでしょうね。

S5015

この赤いポストに惹かれての一枚です。

映画のロケ隊が来た時の小諸の町は大変な賑わいだったのでしょうね。

LEICA R6
Summicron-R 50mm F2
Kodak SUPER GOLD 400

« ライカ、小諸を行く | トップページ | ライカ、小諸を行く(3) »

コメント

おはようございます。
最後の赤いポストお写真は、小諸らしい感じが(私のイメージですが^^)でていますね♪
上映会をされたり、町の方たちは本当に寅さんを愛していらっしゃるのですね。
何だか素敵な町ですね^^
LEICA R6でのお散歩というのも、やっぱりいいですね~^^

また寅さん映画(DVD)を見たくなってきました^^; 昭和のあの頃にタイムスリップできる、私にとって癒しの時間ですから。
葛飾にある寅さん記念館は行かれたことありますか?日頃、記念館近くまで行く機会があるにも関わらず行けてませんので、この秋には是非行こうと思います。

こんばんは。
赤いポストがある景色、昭和の趣に溢れていて、素敵です。
雨もまたしっとりとよい雰囲気だと思うのですが・・・
お山が見えなかったのは、残念だったのですね。
小諸の人たちにとって、寅さんは、いつまでも、この街で、愛されているのですね。
小諸を訪れて、嬉しい発見でしたね。(^^)

こんにちは。
風情のある街ですが、観光客は減ってますかねぇ。
天候のせいでしょうか、しっとりとした雰囲気が写真からは伝わってきます。

koukoさん、こんばんは。
赤いポスト、良いですよねぇ・・・。
小諸の町は城下町らしい町並みが結構見られるのですよ。
寅さん、小諸の人たちに愛されているのが訪れてみると分かりますねぇ・・・。
カメラは機械式のR6、こういう撮影に良いでしょう?(笑)

YOUさん、こんばんは。
寅さん映画を見たくなりましたですか?
嬉しいですねぇ・・・・(^^)
私は寅さんシリーズも大好きですが、元々は山田洋次ファンなので、入手出来るものはすべて入手しております。(^^;
柴又の寅さん記念館、実は一度も入っておりません。柴又は数え切れないほど訪れているのですが・・・(^^;

Maruさん、こんばんは。
こうした赤いポスト、見つけられたら撮影しちゃいますでしょう・・・?(^^)
こちらは背景の建物も雰囲気があって、とても惹かれました。
雨、時々雨が降るから出掛ける事もあります。雨も良いですよね。
小諸へ出掛ける時も雨になるなぁ・・・と思い、傘を持参しておりました。(^^)
ですから雨は想定内でした。(笑)

ビワさん、こんばんは。
多分、観光客は減っていると思います。
駅前のタクシーもなかなか流れないようでしたし。
小諸の町と雨、良く似合っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ライカ、小諸を行く | トップページ | ライカ、小諸を行く(3) »