« 新型ジャンボ・インターコンチネンタル | トップページ | 富士 XF 35mm F1.4 R »

2016年9月13日 (火)

愛機を語る(ハッセルブラッド)

Img_1214

今日はカメラ機材の私的雑談です。(^^;

ハッセルブラッドは写真を始めてからしばらく経って、「いつかはハッセル」と憧れていた中判カメラでした。そう言えばライカも「いつかはライカ」と思っていたものでした。どちらを先に入手したかと申せば、ライカでした。M6が最初のライカです。

で、今日はハッセルブラッドの事です。何故ハッセルブラッドに惹かれたかと申しますと、偏に真四角の写真が撮れる事。35ミリカメラは3 : 2ですし、最初に入手した中判カメラはペンタックス 645で、これはほぼ4 : 3の画角。自分にとって真四角写真はとても興味を惹かれたわけで、「いつか使ってみたい」と、ずっと思っていました。

Img461
京成線・柴又駅前にて

或る年の或る日(笑)、中野のカメラ店で503CXiとCF 80mmに、フィルムバックが装着された程度Aランクのセットに遭遇しまして、これが自分にとって初めてのハッセルブラッドとなったわけです。確か15万円くらいだったと思います。懐かしい!

使い方など店員さんに何も尋ねる(恥ずかしいので)事もせずに、フィルムを装填して撮影。それまでペンタックス 645を使っていたので、何とかフィルムを装填出来たものの、後から一部ミスをしていた事に気付きます。

現像上がりをライトボックスで見た時のあの感動!
真四角に写し止められたツァイスのプラナー 80mmの描写は感涙ものでした。(笑)

その後、ハッセルブラッドは手放してはまた入手、という事を繰り返し、いよいよ新品のセットを購入するチャンスがやって来ました。

Img1039
東京・富岡八幡宮にて

在庫限りの新品セット(正規品)が298,000円で出ていたのです。当時、この価格は銀座の並行輸入店より安かったので、何とかして手に入れたい・・・と。(^^)
ちなみに、503CW + CFE 80mm + A12というセットです。

で、手持ちの機材をかき集め、それを下取りに入れて追い金を少し払って購入しました!
何たってあのハッセルブラッドを新品で入手出来たのですから、それはもう心臓はバクバク。(笑)

その新品セットが冒頭の写真に写っているハッセルブラッドであります。その後数年で、ハッセルブラッドの価格は急騰し、ヨドバシカメラさんでの上記組み合わせは90万円近くにまでなりました。ビックリですよねぇ・・・。それに比べると自分の入手価格の安さと言ったら!(ハッセルとしてはですが)

持ち出し機会が少なくなった時に一度ボディが故障し、代理店で修理をお願いした事があります。やはり機械式カメラは年中使ってやる事が一番ですね。

ハッセルブラッドと手持ちの交換レンズ10本は、絶対手放せません。(^^)

« 新型ジャンボ・インターコンチネンタル | トップページ | 富士 XF 35mm F1.4 R »

コメント

おはようございます。
一生を通して、大切に使いたいカメラをお持ちで、羨ましいです。(^^)
デジタルカメラは、どうしても、次から次へと新しいものを求めてしまいます。
フィルムで撮られたお写真は、カラーとモノクロ、どちらも柔らかいトーンが、いいですね。
フィルム経験がないことをとても残念に思います。
大切に使ってくださいね。(^^)

おはようございます。
こちらのページを開いた途端に、拍手したい気分に^^
KONDOHさんのハッセルは新品を入手されたのですね。素敵♪
お気に入りのハッセルで、寅さんの像を撮影されているのですね^^
ハッセルは使っているときが何しろ楽しいので、
私もハッセルだけは使い続けると思います^^

こんにちは。KONDOHさんのハッセルの話に思わず反応してしまいました!KONDOHさんほどカメラの経験はありませんが、自分にとっても初めての海外製カメラはライカM6にズミクロン35mmこれは銀座の平行輸入新品でした。その後暫くして、ハッセルブラッド501Cセットを新品で確か198000円(棚ずれ品特価)で購入。フィルムフォーマットの大きさとレンズ性能の良さでハッセルがメインカメラとなり現在でもフィルムで撮影しています。フィルム環境が厳しくなる中でだんだんデジタル撮影が増えていますが・・・・。なんとかハッセルを使い続けたいと・・・。

Maruさん、こんばんは。
写真を始めてからしばらくしてハッセルブラッドによる写真を見まして、真四角写真に憧れました。
ローライフレックスも真四角写真が撮れるのですが、私にはクラシック過ぎて・・・。その点、ハッセルブラッドは現行品でしたからね。
でも、フィルムが無くなると使えなくなるのですが・・・・(^^;

koukoさん、こんばんは。
そうなんです、503CWは新品購入なんですよ。(^^)
でも、使った感じの感触は500Cや500C/Mの方が実は良いです。使われているギアなどが古い製品の方がより精密だったのではないかと・・・。
しかし、ハッセルは使っている時が楽しいですよね。(^^)
まだまだ自分一番の愛機です。

harasawaさん、こんばんは。
初めての海外製カメラはライカM6でしたか・・・。私も同じです。違いは私のM6は中古だった事。(^^;
しかし、35ミリのライカと、6x6のハッセルブラッドを比べれば、画質に関してはフィルムフォーマットの違いがありますね。
フィルム環境、本当に厳しくなりました。価格も上がりましたし、何より現像日数が掛かるようになったのが・・・今のフィルム現状を如実に表しています。

こんばんは、

ハッセル、いいですね。私も独身生活に別れを告げる前年に、買うなら今しかない!とばかりに、501C/M + CFE80/2.8 + マガジンの新品セットを正規品でなく、並行輸入品でKONDOHさんよりちょっと高く、銀座の酸っぱいお店で買った口です。^^;

しかし、コシナツァイスのハッセル用クラシックレンズの時といい、ビートルズのLPレコードセットの時といい、好機を逃さずよいお買い物をされてますね。うらやましい限りです。本当に求める人のところに品が流れる、ということなのでしょうけれど・・・。

柴又駅前のお写真、懐かしいです。昔出張で東上した折、数時間の空き時間にそこに行って、駅から矢切の渡しまで散歩をして仕事に戻ったことを思い出します。奥に写っている「酒場 春」の隣の隣くらいに昔ながらの?カメラ屋さんがあった記憶がありますが、まだ営業されてるんですかね?^^

こんにちは。
自分にとっては未だに「いつかはハッセル」です。たぶん、永遠にそうでしょう(^。^;)
あるいは、いつかは手に入るかもしれませが、その時にまともなフィルムも手に入るのかが、問題ですね。

ななまるさん、こんばんは。
501C/Mのセットを新品でご入手されておりましたですか。
ハッセル、唯一無二の中判カメラだと思っております。ローライも同じフォーマットですが、自分の場合はやはりハッセルに思い入れが強いです。
安く良いものを入手する・・・ボンビー人間はいつもアンテナを張っております。(笑)
柴又駅前のカメラ屋さんですか?
すいません、まったく気にしておりませんでした。m(_ _)m
今度訪れたら確認して来ます。(^^)

ビワさん、こんばんは。
「いつかはハッセル」
こう思っていた写真愛好家は多かったと思います。
やはり憧れのカメラでしたよねぇ・・・。

僕は、200シリーズでしたが、新品は買えませんでした。
今は、時たまデジバック付けて楽しんでいます。
レンズは本数ありませんが、手放せません。
今後とも、宜しくお願いします。

saruyamaさん、こんばんは。
実は私も203FEミレニアムモデルと50/2.8、110/2、150/2.8を使っていました。
ところが203FEのシャッターが壊れまして、FEレンズも処分しています。以前、記事にもしているのですが。
デジバックはまったく雲の上の世界で・・・(^^;
こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型ジャンボ・インターコンチネンタル | トップページ | 富士 XF 35mm F1.4 R »