« 大判撮影、ドジッた! | トップページ | 自然災害の怖さ »

2016年10月23日 (日)

厩橋を大判で見る

F250_01

昨日は大失敗の写真を披露しましたが、モノクロフィルムを詰めたホルダーを一枚(フィルムは表裏二枚)だけ持参していましたので、昨日の撮影をした後にそのモノクロフィルムで撮影していました。

万が一、多重露光していたら・・・という思いも実は若干あったので、保険の意味もあって同じ場所でモノクロを二枚撮影しておきました。

そのうちの一枚が今日の写真です。厩橋を逆光で捉えています。レンズは中望遠のフジノンを使っています。

現在、冷蔵庫に残っている大判フィルムはネガカラーが16枚、モノクロが10枚です。これを使い切ったら大判撮影は終わりにするつもりです。フィルム代、現像代の異常な値上がりで、もう青息吐息。(笑)

何よりアナログプリントが気軽に出来なくなった現状では、大きなシートフィルムを使う意味を感じなくなっています。カラープリントをお願いすると、スキャナーでデジタル化してのプリントですから、自宅でやってもあまり変わりません。(^^;

Tachihara 4x5
FUJIFILM CM FUJINON・W 250mm F6.3
FUJIFILM NEOPAN ACROS 100

« 大判撮影、ドジッた! | トップページ | 自然災害の怖さ »

コメント

おはようございます。
保険にモノクロを撮っておいてよかったですね。(^^)
昨日のお写真を見ているせいもあり、
青空と厩橋の水色・・・美しいカラーを想像することができます。
大判での撮影をお止めになるのですね。
時代の流れがあるのですね。
残り少ないフィルムを思う存分楽しんでください。

Maruさん、こんばんは。
何となく嫌な予感がしていたので・・・(笑)
どうせならカラーフィルムもまだ持っていたので、カラーも撮っておけば良かったと、後悔先に立たずですね。(^^;
大判撮影を止めると申しましたが、そもそも私が手を出したのはまだ数年前の事。撮影枚数自体も大した枚数ではないのです。ブログにも大判で撮影した写真なんて滅多に登場していない事が、いつもご覧頂いているMaruさんならお分かりになるかと思います。
残り枚数、楽しむ事に致します。今回のような失敗に気をつけて。(笑)

こんにちは。
モノクロだとクラシックな雰囲気になりますね。
フィルム撮影は高価な趣味になりました。無くなることはなさそうですが、入手性と価格は悪くはるばかりですね。

ビワさん、
フィルム撮影は或る意味、贅沢な作業になってしまいました。
フィルムの値上げと現像料の高騰ぶりはかなりなものになっています。
この先、どうなりますかねぇ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大判撮影、ドジッた! | トップページ | 自然災害の怖さ »