« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

道頓堀川クルーズ

Dscf0479
大阪・道頓堀

大阪の道頓堀、一番大阪らしい街、というイメージを自分は持っているのですが・・・。

道頓堀川を往復するクルーズ船、実は今回初めて乗ってみました。最初、自分はまったく気が乗らなかったのですが・・・(^^;

Dscf0506

流暢に喋る女性ガイドさんの説明を聞きながらのクルーズです。乗船しているお客さん、やはり中華系の方が多いですね。

Dscf0503

道頓堀川を文字通り流れるように進んで行きます。

Dscf0508

日本橋の下でUターン。

ちなみに東京の日本橋は「にほんばし」、大阪の日本橋は「にっぽんばし」と呼びます。

Dscf0520

エフエム大阪です。

嫌々乗る事になった道頓堀川クルーズですが、いざ乗ってみて流れる景色を見ていたら、結構楽しんでいる自分がいます。(笑)

Dscf0527

川の上からグリコの看板を見るのはもちろんこれが初めて。

Dscf0532

何とクルーズ船はグリコの看板の前で停止してくれるのです。さすがのサービスですねぇ。

乗客は皆さんパチリパチリと写真撮影。もちろん自分も。(^^;

Dscf0543

この橋の上でグリコの看板をバックに記念撮影する観光客、多いですよね。

さて、この橋の欄干のデザインは「或るモノ」を模して作られています。その「或るモノ」って、何だかお分かりでしょうか?(^^)

正解しても景品は出ませんので悪しからず。(^^;

この橋をくぐり抜けると道頓堀川クルーズは終了です。

川風が気持ち良かったですよ。あ、最初は乗る事を拒んでいたのですが。(笑)

FUJIFILM X-T1
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2016年11月29日 (火)

京都・貴船神社の紅葉

Dscx0612
貴船神社にて(京都市左京区)

今回の京都紅葉の旅、一番の目的は貴船神社の紅葉を見る事でした。

ところが・・・一番期待していた貴船神社の紅葉はすでに終わっておりました。

Dscx0581

ガッカリ・・・!!!!!

あ〜ん・・・・。゚(゚´ω`゚)゚。

Dscx0585

何を隠そう、強烈な暑さの中、夏に訪れたのはこの日のためのロケハンだったのです、実は。

Dscx0594

夏の時期、川床(今はシーズンオフ)で集客していた或るお店に入り、豆腐料理に舌鼓を打ちながらお店のご主人に貴船の紅葉についてお尋ねしたら、

「今年は13、14日で終わりましたね。強い雨に祟られてダメでした」

との事。私が訪れた一週間も前に終わっていたのです。(;_;)

Dscx0634

悔しいので、歩きながら↑こんな紅葉写真を撮っていました。(^^;

Dscx0628

もちろん狛犬も。

この顔は、ガッカリして苛立った私の顔と同じ。(笑)

Dscx0587

少しは冷静になってこういうカットも。

Dscx0637

傘の下から、またお出でなさいね・・・と、言われているような感じだなぁ。

FUJIFILM X-E2
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2016年11月28日 (月)

京都・圓光寺の紅葉(2)

Dscx0786
圓光寺にて

今日も圓光寺です。こちらの石庭、芸術ですね。

Dscx0715

お庭は昨日ご覧頂いたようにかなり散ってしまっておりましたが、竹林横はまだご覧の通り。

Dscx0659

庭内にある小さな池もご覧の通り散ったモミジで埋め尽くされています。ここ、池なんですよ。

Dscx0754

黄色もまた目を惹きますね。

Dscx0740

モミジの舞。

近くの詩仙堂にも寄りたかったのですが、すでに午後4時を回っており、諦めました。

FUJIFILM X-E2
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2016年11月27日 (日)

京都・圓光寺の紅葉

Dscx0685
圓光寺にて(京都市左京区)

昨日のたぬきさんの二番煎じかな?(笑)

今日は宮本武蔵が吉岡一門との果し合いの場となった「一乗寺下り松」に近い、圓光寺です。

Dscx0672

昨年、新緑の頃に訪れたら、お庭の木の剪定中でシートが被せてある木などがあって、がっかりしたものです。

Dscx0695

今回訪れてみたら、まったくの散り紅葉を楽しむような雰囲気。

これだけお庭が落葉したモミジに埋まっている光景は都内や横浜辺りでは見られませんね。これはこれで、まさに圧巻!

Dscx0716

圓光寺といえば、縁側から見るお庭の紅葉というシーンが有名ですが、今回は午後遅い時間帯という事もあって座敷は観光客で埋まっており、とてもそういうシーンは撮れませんでした。

過去二度、撮影出来ているので今回は諦めました。

Enkouji
2010年11月撮影

最初に撮影した時の写真がこれ↑です。

※ 2013年と2010年の写真を入れ替えました。(PM 12:15)

Dscx0771

↑こちらは今回の撮影。う〜ん・・・・参りました。意味不明。(笑)

FUJIFILM X-E2
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2016年11月26日 (土)

京都・毘沙門堂の紅葉

Dscx0523
毘沙門堂(京都市山科区)

今日は毘沙門堂です。ここも大分散っていました。

Dscx0515

お馴染みの急階段を上がる手前の様子です。こちらも散り紅葉を。

Dscx0517

上から少し綺麗なところを俯瞰撮影。

Dscx0528

やはり朱色は紅葉と一緒になって映えますね。

Dscx0532

醍醐寺も毘沙門堂も、最寄駅から少し歩くせいか、他の有名どころより訪れる人が若干少ないのが良いですね。実はそういうところを選んで訪れているのですが。(笑)

Dscx0540

紅葉には和服姿がお似合い。(^^)

Dscx0550

威勢の良い、太鼓が披露されました。

この日は醍醐寺、毘沙門堂を見学してから大阪に戻りました。で、夜にまたちょこっとお出掛けです。

尚、京都の写真はすべてJPEG撮って出しであります。

FUJIFILM X-E2
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2016年11月25日 (金)

京都・醍醐寺の紅葉(2)

Dscx0376
醍醐寺にて

今日も醍醐寺からです。
到着して拝観料をお支払いして入った途端、雨が降って来ました。上の写真、少し雨が写っているのがお分かりでしょうか?

Dscx0448

少しの間、雨に濡れながらの見学、撮影でしたが、程なく雨は止みました。

Dscx0486

しかし、撮影には恵みの雨です。ご覧のように散っていたモミジが生気を取り戻したかのようにしっとりとしています。

Dscx0455

鐘楼を見ると撮影したくなるのですが、今回は背景に紅葉を入れる事が出来ました。

鐘楼周りに紅いモミジが反射していますね。私の後ろにも色付いたモミジが沢山。

Dscx0507

今回の京都紅葉見物、醍醐寺が一番良かったです。この後は・・・(^^;

ちなみに昨年訪れた時の弁天堂付近を再掲載してみます。

Daigoji
2015年11月29日撮影

今年の撮影とはえらい違いですね。(^^)

FUJIFILM X-E2
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS
(2015年撮影分は除く)

2016年11月24日 (木)

京都・醍醐寺の紅葉

Dscx0470
醍醐寺弁天堂(京都市伏見区)

京都の紅葉、例年より早めの日程を組んだのですが、それでも今年は遅かったです。大分早く紅葉が進んだようです。

一番の目的場所はすでに(一週間も前に)終わっておりました。

Dscx0400

今日ご覧頂くのは醍醐寺です。こちらは五重塔横の紅葉。

昨年も訪れたのですが、見事なくらい・・・終わっておりました。(笑)

Dscx0424

なので、今年はリベンジ・・・と。

Dscx0484

醍醐寺もピークは過ぎていましたが、それでも昨年に比べたら充分満足。弁天堂周辺は結構楽しめました。

Dscx0461

大分散ってはいましたが、こうした散り紅葉も見事でしょう?

Dscx0496

今年はもう一週間早く訪れた方が良かったのかも。しかし、京都に住んでいるならともかく、仕方ないですね、自然相手ですから。

FUJIFILM X-E2
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS
XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

2016年11月23日 (水)

B787から富士を俯瞰

Dscx0320
羽田空港D滑走路から

早朝、羽田空港D滑走路からのテイクオフ。飛行機は大好きなボーイング B787です。離陸中、ガタガタ揺れる中での撮影のため、ややブレております。

夜半に降った雨のお陰で窓が少し曇っていたのが残念。

Dscx0326

離陸後、右へ急旋回。

D滑走路からのテイクオフは久しぶりでした。実に嬉しい!(笑)

Dscx0344

眼下にベイブリッジを見たかと思えば、あっという間に富士山が見えて来ます。先月、初雪があった富士山も、今はここまで白い帽子を被っています。

Dscx0358

セントレア(中部国際空港)を眼下に見ると、間もなく大阪上空。

徐々に高度が下がり、飛行機写真のメッカとも言うべき「千里川の土手」の上を降下し、一気に大阪伊丹空港へランディング。

Dscx0362

ランディング直後、逆噴射音のけたたましい音が聞こえて来ます。

急ブレーキが掛かったような心持ちで、体が前に持っていかれそうになる。これがまた飛行機好きにはたまらない。(笑)

いったい何度降りたか自分でも分からなくなっている伊丹空港へ今回も無事着陸です。

FUJIFILM X-E2
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2016年11月19日 (土)

神田明神

Dscx0297
神田明神にて

「神田明神下の平次と申しやす」

クラシック音楽に造詣の深い野村胡堂原作「銭形平次 捕物控」はご存じだと思います。過去、いろいろな俳優さんで映画、テレビ化されておりますので。

岡っ引き、平次の住まいが神田明神下にあるところから「神田明神下の平次」と名乗っていたわけですね。

Dscx0290

その神田明神、初めて入ってみました。今まで何度も近くを通り、神田明神への案内標識を見る度、「神田明神ってこの近くか・・・」なんて思っていたのですが。

Dscx0284

また、これ(狛犬)か・・・・(^^;

Dscx0292

しかし、実に広い敷地でした。

Dscx0283

直ぐ目の前は秋葉原と御茶ノ水です。御茶ノ水から秋葉原へと歩く際、いつも横の道を通っていたわけですが、ようやく神田明神を訪れてみました。

残念ながら銭形平次とは出会いませんでしたが。(笑)

※ 明日20日から22日まで、ブログをお休みさせて頂きます。

FUJIFILM X-E2
XF 10-24mm F4 R OIS

2016年11月18日 (金)

神保町散策

Dscx0238
神田神保町にて

今日は神田神保町を歩いた時のお気軽スナップ。

Dscx0241

Dscx0243

Dscx0240

Dscx0250

Dscx0246

Dscx0251

ぶらぶら散歩が楽しい街です。

FUJIFILM X-E2
XF 10-24mm F4 R OIS

2016年11月17日 (木)

秋、フィルムライカで

Me0005
新宿御苑にて

秋も深まって、菊花展の季節でしたね。しかし、菊の花って・・・正直申しますと好みの花ではないのです。

Me0028
ストレリチア ユンケア

今回はフィルムライカでの撮影。

Me0021
オオベニウチワ

久し振りに温室に入ってみたのですが、外とはやはり花の種類がガラッと変わりますね。

Me0026

さすがに外と温室内との温度差が開く季節になりました。

Me0009

絵を描いている人が・・・。

Me0037

モミジも少しずつ色づく季節ですねぇ・・・。

LEICA R9
Macro-Elmarit-R 60mm F2.8
Kodak SUPER GOLD 400

2016年11月16日 (水)

金沢八景

Cf50_008
瀬戸神社(横浜市金沢区)

金沢八景、多分・・・京急線シリーズで訪れて以来ではないかと思います。

駅前の瀬戸神社では七五三のお参りで訪れるご家族がさすがに多いです。

Cf50_009

私にとって定番の被写体。(^^;

Cf50_014

前は国道16号線、交通量が多く、年中渋滞する道路で有名です。

Cf50_013

奥に小さく祀ってありました。

Cf50_012

影の形の面白さに惹かれて。

Cf50_011

目の前は海。左手後方は八景島シーパラダイス。

私は未だに八景島の水族館に入った事がありません。(^^;

ちなみに昨日ご紹介した称名寺は瀬戸神社の後に訪れているので、順番で言えば八景が先。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Distagon T* CF 50mm F4 FLE
FUJIFILM PRO 160NS

2016年11月15日 (火)

称名寺

Cf50_001
称名寺(横浜市金沢区)

実は先月から今月にかけて、フィルム撮影を結構やっておりまして、現像が次々と上がって来ています。今までも順にご紹介させて頂いておりますが、今日は称名(しょうみょう)寺で撮影したものを。

Cf50_007

正面が本堂。橋の赤色は大分色褪せて来ています。以前、訪れた時には赤色が目立っていたのですが。

Cf50_006

鐘楼を見ると撮影したくなるという・・・(^^;

しかし、もう大晦日もすぐそこに来ていますね。(笑)

Cf50_004

池を前にして本堂を。紅葉シーズンには訪れる人も多くなります。

歴史のある称名寺ですが、北条実時が開基(創立)したそうですよ。隣は金沢文庫です。

Cf50_003

ここに住み着いている猫ちゃんのようです。またまた猫写真です。(笑)

Cf50_005

最後のカット。これはトリミングしたわけではありません。これを撮影した後、フィルムを最後まで巻き上げる事を忘れて取り出してしまったのです。

「あ!! しまった!」と思っても後の祭り。フィルムが露出している部分だけ感光しました。止む無く、無事の部分だけを切り取っています。デジタル写真には絶対無いドジです。

たま〜にこれをやってしまうのですよねぇ・・・(;_;)

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Distagon T* CF 50mm F4 FLE
FUJIFILM PRO 160NS

2016年11月14日 (月)

メジロのご馳走

Img_0089
メジロ(スズメ目メジロ科)

久しぶりに出会ったメジロです。春以来でしょうか。

Img_0095

お、何かに惹かれたのでしょうか?

Img_9730

帽子を被って登場かい?・・・オシャレ♪

Img_9736

君にとってのご馳走は、その赤い実のようで。

Img_9744

おっと・・・、せっかくのご馳走を落としたりしちゃダメだよ。(^^)

Img_0078

じゃぁ、バイバイ〜・・・・(^^)v

Canon EOS 7D
EF 400mm F5.6L USM

2016年11月13日 (日)

ジョビタン再会

Img_0029
ジョウビタキ♀(スズメ目ヒタキ科)

昨日はようやく寒気も北上し、こちらは気温も上がって晴天になったので、野鳥撮影に出掛けて来ました。

ウォッチ出来たのはノスリ、メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキ♀、カワセミ、ヒヨドリ、オナガ、オオバン、ハクセキレイ、キセキレイ、アマサギ、コサギ、アオサギ、シギ類、カモ類多数。

Img_0060

で、今日はジョウビタキの♀です。

タイトルで「ジョビタン」と呼んでいますが、たまたま日が落ち始めた時にジョウビタキを撮影していたら、可愛らしい女性がリーダーのバードウォッチンググループが来まして、その女性リーダーがジョウビタキを見付けると、「あ!ジョビタンだ!皆さん、ジョビタンがいますよ!」と叫んだのです。(笑)

というわけで、私もジョビタンとタイトルに使わせて頂きました。(^^;

Img_0171

これが日が落ち始めた時に撮影したジョウビタキ。西日を浴びるジョビタン。(笑)

1、2枚目とは時間差がかなりあります。

Canon EOS 7D
EF 400mm F5.6L USM

2016年11月12日 (土)

新宿中央公園

Dscx0208
新宿中央公園にて

新宿御苑は普通に訪れていますが、新宿西口方面の公園を歩く事は自分にとって稀有な事。

Dscx0210

以前はあまり良い環境ではなかったですから、それが敬遠していた原因かもしれません。

Dscx0215

久しぶりに歩いてみれば、随分雰囲気が変わりましたね。(^^)

Dscx0219

花壇での撮影。

Dscx0226

お天気が良くなく、今にも雨が降って来そうな雲行きで、肌寒かったです。

Dscx0232

そういう時、このような灯りは何となく温かみを感じるものです。

FUJIFILM X-E2
XF 23mm F2 R WR

2016年11月11日 (金)

馬車道を久々のライカで

L1002623
横浜・馬車道にて

しばらくフィルム写真が続きましたが、今日はデジタル写真です。

とは申せ、すでに旧世代も旧世代、ライカ Rに専用デジタルバックを装着したR9DMRでの撮影です。

L1002620

今年、何回持ち出したか調べてみたら、今回が僅か三回目。

ダメですねぇ・・・。自分のメイン機のライカ Rなんですから、もっともっと使ってあげなければ。

L1002627

で、久しぶりにバッテリーを満充電し、ボディに装着したらバッテリーを認識しません。元々半分以上残っていたバッテリーを本体から外して充電したのですから、バッテリーが空という事はないのです。

バッテリーを二回外して再装着してもダメ。三回目に「バシン!」と強く入れたら動き出しました。

動かない車のエンジンを蹴飛ばしてみたら、ブルルン!と動き出したみたい。(笑)

L1002636

こういった事は今まで一度もなかったのですが、やはりフィルムでもデジタルでも、カメラはしょっちゅう使ってやらなければいけないという事ですね。

L1002634

ちなみにこのデジタルバックは2GBまでのSDカードしか認識しません。

今時2GBまでですよ。(^^;

でも、手放せない。(^^)

LEICA R9 + DMR
Summilux-R 35mm F1.4

2016年11月10日 (木)

大判風景写真

Fuji250_02
松川渓谷・高井橋(長野県上高井郡)

今日は信州で撮影した大判写真です。

こちらもようやく色づき始めた・・・という頃合いでした。

カメラをセッティングしていると、「すいませ〜ん、シャッター押してくれませんか!」と。こちらはまだ一枚も撮影していないのに・・・(笑)

私は良く頼まれるのですよねぇ・・・。

Fuji250_04_2
八滝(長野県上高井郡)

こちらは以前、デジタルで撮影した写真を掲載しておりますが、大判でも撮影していました。

大判の中望遠レンズでの撮影。

Tachihara 4x5
FUJIFILM CM FUJINON・W 250mm F6.3
FUJIFILM PRO 160NS

2016年11月 9日 (水)

北品川お散歩写真

Cfe80_123

今時珍しい、畳屋さんです。最近の日本家屋、畳の部屋が減りつつありますので、畳屋さんの仕事も年々少なくなっているのではないでしょうか?

Cfe80_121

第二京浜国道沿いに在る品川神社、鳥居の下です。

狛犬を見ると撮影したくなるという・・・。
そういえば、先週土曜日も去る神社で撮影しています。(笑)

Cfe80_122

ハッセルブラッドを持って撮影していると、時々ビデオカメラと間違えられます。

「何かのテレビ撮影ですか?」と、問われた事が今回で三回目。(^^;

Cfe80_117

北品川から天王洲アイル方面へ。

Cfe80_118

ここは以前ご紹介した事がありますので、お分かりかと。
それにしてもこの大きな絵は目立ちますねぇ・・・。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8
Kodak 400TX

2016年11月 8日 (火)

猫ブーム

Cfe80_116
北品川・旧東海道付近にて

今、空前の猫ブームだそうで・・・。

テレビを見ていても、猫番組が多いですよねぇ・・・。究極は岩合光昭さんの番組ですね、写真好きには。

私、猫ちゃんを撮影するのが下手で、いつも逃げられてしまいます。(笑)

今日はハッセルブラッドを持っていた時の猫ちゃんスナップです。撮影は先月。

Cfe80_119

ご覧の通り、やはり去られてしまいました。(^^;

岩合さんの撮影方法を見て、もっと研究しないといけませんね。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8
Kodak 400TX

2016年11月 7日 (月)

真四角のお台場

Cfe80_114

お台場のお散歩にハッセルブラッドを持参。暖かな日で、ご覧の通り雲ひとつないお天気でした。

Cfe80_111

人工の砂浜で子供たちが楽しそうに水と戯れております。

Cfe80_113

個人的感想ですが、やはりハッセルブラッドによる真四角写真は良いなぁ・・・。

はい、ハッセルブラッドに思い入れが強いだけですが。(^^;

フィルム(ブローニー)の在庫がカラー、モノクロ共、残りニ箱になりました。
どうしますかねぇ・・・。フィルム代、現像代、現像日数を考えると、そろそろ終わりにする時期に来たのかも。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8
FUJIFILM PRO 400H

2016年11月 6日 (日)

自由の女神

Cfe80_120

撮影していた事を忘れていました。(^^;

三週間ほど前の撮影です。ニューヨークは実に良い天気でした!(笑)

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8
FUJIFILM PRO 400H

2016年11月 5日 (土)

永代橋は工事中

Dsc03471
永代橋(隅田川)

永代橋は現在工事中で、お馴染み夜のライトアップが工事期間は中止されています。

Dsc03481

ご覧のようにアーチリブの補強工事がされていて、見た目は残念な姿に。

一応、年内いっぱい掛かるようですが、こういう工事って本当に期間内にきっちり終わりますよね。本当はもっと早く完成出来るはずでも。(^^;

Dsc03480

ジョギングしているこちらの女性、実はこの後、勝鬨橋でまたお会いしたのです。いやいやビックリです。多分、隅田川テラスをずっとジョギングして行ったのでしょうね。

Dsc03475

こういう風景を見ると、一年前にテラスを勝鬨橋から吾妻橋まで歩いた事を思い出します。

Dsc03489

工事といえば、私の住まい周辺でも暮れの恒例行事となっている道路工事が幾つか始まっています。(^^;

SONY α7 II
SIGMA A 35mm F1.4 DG HSM(Canon EF)
SIGMA MC-11

2016年11月 4日 (金)

浅草にて

Dsc03420
浅草にて

信州の写真が続きましたが、今日は浅草から。

以前もここからの写真を掲載していますが、お天気が良いと少し高い位置から東京スカイツリーを撮影したくなります。

Dsc03421

同じく、仲見世通りを俯瞰してみました。相変わらず観光客の多さは日本一ですね。

Dsc03431

お馴染みの雷門。

Dsc03433

仲見世通りは真っ直ぐ歩けないですよね。

そうそう、先日テレビで仲見世通り周辺の食べ歩きが禁止になった事を採り上げておりました。観光客が汚れた手でいろいろな商品を弄って汚すからだそうです。

さて、このまま仲見世通りを歩いたと思われるかもしれませんが、ここまでで引き返しました。(^^;

SONY α7 II
LEICA Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH.

2016年11月 3日 (木)

ダケカンバ

Dscf0407
志賀高原・平床(長野県下高井郡)

こちらの近くで日本最高所に生息するゲンジボタルが見られるそうです。案内板も有りました。

また、温泉の大噴水が見られる地域です。

Dscf0409

とにかくダケカンバがご覧のように見事に密集しています。

ちなみにダケカンバとシラカバの区別、ご存じですか?

Dscf0410

ざっくり申しますと、標高1500m以上の高地に自生しているのがダケカンバで、1500m以下に自生しているのがシラカバのようです。もちろん混在している場所もあるのですが、樹皮が白いのがシラカバ(白樺)で、赤茶色っぽい樹皮の方がダケカンバ(岳樺)と言われています。

いずれも森林が破壊された後、真っ先に生えるらしいですよ。

FUJIFILM X-T1
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2016年11月 2日 (水)

信州・八滝の紅葉

Dscf0331
八滝(長野県上高井郡)

約180mの落差があり、八つの滝壺を作りながら流れ落ちる滝から、八滝(やたき)と名付けられたようです。

Dscf0335

昨日の雷滝のように、間近で見る滝はそれなりに迫力を感じますが、こうして遠目に見る滝もなかなか乙なものです。(^^)

Dscf0334

錦秋・・・と言うにはまだ少し早かったようですが、遠くの自然を相手に見頃の写真を撮るのは難しいですね。ネット等でそれなりに調べても、実際に行ってみないと実際のところは分かりません。

二年前もほぼ同時期に訪れておりますが、その時は紅葉もすでにピークは過ぎておりましたから。

FUJIFILM X-T1
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2016年11月 1日 (火)

信州・雷滝の紅葉

Dscf0357
雷滝(長野県上高井郡)

こちらの滝は滝壺近くに歩いて行けるようになっています。落差30mで、とても水量が多く、なかなかの迫力ですよ。

Dscf0385

滝の裏側を通れるので、飛沫を浴びながら裏から撮影しています。

Dscf0388

Dscf0389

滝の周りでは黄葉が見られました。

Dscf0395

松川渓谷(千曲川の支流、松川)から流れて来た豊富な水が滝となって落ち、この下を小さな川になって更に流れて行きます。

Dscf0398

ここでも黄色、緑色、赤色のグラデーションを見る事が出来ました。
横浜では見られない景色です。(^^)

FUJIFILM X-T1
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »