« ハマ歩き | トップページ | コサギのバトル »

2016年12月 4日 (日)

銀座裏通り

Cf50_108

ハッセルブラッドを持って、銀座通りを歩いてみました。フィルムはモノクロフィルムを詰めて。

Cf50_107

銀座通りですが、華やかな表通りより、裏通りを主に歩いています。

Cf50_104

銀座周辺も、少し裏を歩いてみると横浜辺りの繁華街裏とあまり違いを感じませんですね。

Cf50_109

一枚だけ表通りでの撮影分を。日差しが建物に差し込んでいる様子に惹かれました。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Distagon T* CF 50mm F4 FLE
Kodak 400TX

« ハマ歩き | トップページ | コサギのバトル »

コメント

昼間でも夕方の様な低い位置の陽射しがとても美しい時期ですね。しかもクリスマスが近くなり、彩りも加わり、私もこの時期の銀座が好きです。

YOUさん、こんにちは。
クリスマスが近づいて、銀座のイルミネーションも華やかになって来ました。
私は撮影するだけで、買い物は全く・・・(笑)

モノクロは昔し懐かしい銀座の風景を思いださせてくれるようです。少し前モノクロフィルムを買い求めたのですが発注するとのことであきらめました。
機械式カメラはもう使用出来なくなるのですね。哀しいかなこれも時代の推移なのだと考えさせられました。
優雅な優しさのある画像はこれから写真集の画像のみでしか見られなくなるのですね。

tokiwaiさん、こんばんは。
モノクロフィルム、お店は発注しないとならないわけですか。
今の時代、わざわざモノクロフィルムを使って写真撮影などする物好きは極めて少なくなっているのでしょうね、残念ながら。
正直、私も冷蔵庫のフィルムが無くなったら、どうしようか思案中です。

こんにちは。
ハッセルにモノクロフィルムの組み合わせも珍しい存在になったように思います。デジタルでも似たような写真は撮れるでしょうが、撮っている時の気分は全然違うでしょうね。
一枚目の写真、大きな影がいいですね。

ビワさん、こんばんは。
ハッセルブラッドを使っている事自体もう珍しいのに、フィルムがモノクロですからねぇ・・・。
フィルム撮影はやはりデジタルの時とは気持ちの持ちようが違います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハマ歩き | トップページ | コサギのバトル »