« 横浜駅 | トップページ | 鳥なんか撮って・・・ »

2017年2月24日 (金)

マスコットカメラ

Dscx0880
Panasonic DMC-GM1S & LEICA T

昨日、拙ブログにコメントを寄せて頂いているMaruさんから、私のマスコットカメラについてお言葉を頂きましたので、思い切ってそのマスコットカメラを今日は記事にしちゃいました。(笑)

私は使いもしないカメラを大事にコレクションする趣味は持ち合わせておりませんので、手元に置いてあるカメラはすべて実用に使うものばかりです。

もっともコレクターになりたくても、お金も場所もありませんが。(^^;

Dscx0881

ところが、滅多に使いはしませんが、デザインが超お気に入りでマスコット代わりに手元に置いてあるカメラが2台あります。それが冒頭写真でご紹介したカメラです。

一台はLEICA Tです。ライカ社初のレンズ交換式ミラーレスカメラで、発売は2014年5月。発表があった時、そのシンプルなデザインに一目惚れ。SONY NEXシリーズに似たデザインではありますが、Tはアルミブロックからの削り出しで、何と削り出したそのままの姿で発売。

E2800039
LEICA T + Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH.

写りなんてどうでも良い。何とかして手に入れたいと。発売直後の六月、上高地を訪れたのですが、そこでTを使っている人に遭遇。当時びっくりしたものです。と同時に、羨ましく感じました。

Dscx0883

で、何とか入手したものの、純正レンズまで手が回りません。純正のマウントアダプターを介してM型レンズで使って来ました。しかし、慣れないせいもありますが、操作性の悪いカメラです。でも良いのです、マスコットカメラですから。(笑)

ちなみに純正レンズは「MADE IN JAPAN」です。レンズデザインを見ればおよそ何処の会社が手掛けているかお分かりになると思います。もちろんボディの中身も日本製でしょう。(^^;

外装のアルミブロックからの削り出しボディはポルトガルで生産されています。それでもボディには「MADE IN GERMANY」と表記。最後のビス一本をドイツで締めればドイツ製ですから。レンズも同じ。(^^;

Dscx0886

センサーはAPS-Cサイズの約1,600万画素。その後、フルサイズセンサーを採用したSLが発売されていますが、マウントは共通。現在LEICA TはTLと名称を変えておりまして、TL(T)レンズ、SLレンズ、双方で互換性があります。同一マウントですから当たり前の事ですが。

ちなみにSL用の標準ズーム、望遠ズームも事実上日本製ですね。ただ、T用のレンズで日本製を謳ってしまったせいか、Tはまったく人気が出なかったのです。それに懲りたか、SL用ではドイツ製表記です。

手ぶれ補正内蔵のレンズですが、その手ぶれ補正の登録商標がまんま日本の某メーカーの表記です。ライカ社はフィルム時代からズームレンズについては日本メーカーに全面委託して来ていますからね。でも、SLユーザーもTL(T)ユーザーも、そこのところは百も承知で使っているのだと思います。

Dscx0889

もう一台がこのマイクロフォーサーズのPanasonic GM1Sです。レンズキットでの購入ですが、このブルーが発売された時、またも一目惚れ。(笑)

ただ、マイクロフォーサーズ機はすでに他機種を持っていたので発売時からずっと購入を躊躇っていたのです。そうしたら生産が完了したのでしょう、或る時、某量販店が捨て値のような超激安価格で放出しているところに遭遇し、「お、この金額なら」という事で手元に来ました。ちなみに、中古品より遥かに安い価格でした。(^^)

入手依頼、傷を付けたくないので滅多に持ち出す事がありません。(笑)
たまに新宿御苑で大事に使ったり、ブログ用のブツ撮りに使う程度。

P1000647
Panasonic GM1S + 12-32mm F3.5-5.6

これら2台のカメラは防湿庫の最前列に鎮座させております。(^^)

そうそう、Tに装着している外付けEVFですが、これがまた困りもの。MF時に拡大しても、ピン山が浮き上がって来ないという、実に使い勝手の悪い(見辛い)EVFです。確かこのEVFは最近発売されたM10用アクセサリーでもあるのですよね。名前は「ビゾフレックス」であります。

コレクションカメラを持たない主義の私ですが、例外的カメラの2台を今日はご紹介させて頂きました。

« 横浜駅 | トップページ | 鳥なんか撮って・・・ »

コメント

おはようございます。
マスコットカメラを見せてくださって、ありがとうございます。
どちらもコンパクトで、可愛らしいですね。
パナソニックは、綺麗なブルーの革張りが、素敵。
ライカは、やはり、赤いおライカ様のマークが、かっこよく利いていますね。(^^)
う~ん、私は、経済的な理由から、実用性重視しています。(;_:)
手に持って幸せなカメラって、いいですよね。(^^)
私がかつて使用していたNEX-C3(ピンクのカメラ)とNEX-7は、そんなカメラだったような気がします・・・
OM-D E-M5(シルバー、今も持っています)は、フィルムライクな感じが好きで買ったのを思い出しました。
最近、あまり使っていませんが、パンケーキレンズを買ってあげて、大切にしてあげたくなりました。^^;
ところで、ライカとパナの発色ですが、ブルーが全然違いますね。
パナの発色は、私の見慣れている綺麗な色、ライカの発色は、味わい深い上品な色です。

マスコットなんて、勿体無いですよね〜(^^)
ライカTは最近チタングレーが出ましたけど、やっぱりカッコいいです。街中でさり気なく持つカメラとしては最高だと思います。

Maruさん、こんばんは。
今日はMaruさんのツッコミが切っ掛けの記事となりました。(笑)
おっしゃるようにどちらもコンパクトで可愛いカメラです。
GM1Sはこのブルーの革張りに惹かれてしまいました。綺麗な青空を思わせるこのブルーに完全にノックアウトです。(^^;
カメラは私も実用性重視ですが、この2台だけ例外であります。
ホントはもっと使ってあげた方が良いのですが・・・・。
お使いだったNEX-C3はピンク色を選ばれましたか。NEX-7は私も使いましたが、対照的にブラックオンリーでしたからね。
OMシリーズは私も好きなデザインで、パナさんより好みです。いずれ余裕が出来たら(出来るかな?)OMにも復帰したいと思っています。
ライカとパナの発色。全然違いますでしょう?
わざとどちらも空が写っている写真を選びました。パナさんの発色は如何にも日本メーカーらしい発色だと思います。
対してライカは渋いですよね。どちらもJPEGでの写真を掲載していますが、ライカもRAWをLRでストレート現像してみると、JPEGとは発色が違うのです。多分、LRの個性が出るのだと思います。その時の発色はパナさんと大同小異。実は横浜駅の写真はRAWからのストレート現像です。

YOUさん、こんばんは。
あははは・・・・お恥ずかしいです。(^^;
そうですね、もっともっと使ってあげないといけませんね。

KONDOHさん、こんばんは。
マスコットカメラの2台、防湿庫の最前列に鎮座する程のお気に入りなのですね。
GM1は私も欲しかったのですが、GF1があるので我慢しました。
私の一目惚れカメラは、Nikon28Tiです。
クルクル針にやられてしまいました(笑)。
平井製作所さんのケースに入れて、時々お散歩に連れて行きます。
KONDOHさんもお散歩に連れて行きましょう♪

ななさん、こんばんは。
防湿庫の最前列に鎮座なんて、お恥ずかしい限りです。(^^;
おっしゃる通り、もっとお散歩に連れて行かないといけませんね。
ななさんの一目惚れカメラはNikon 28Tiですか!
あのアナログ針はカメラとは思わせないユニークなデザインでなかなか秀逸です。
それと、平井製作所さんって、良いケースを出していますよね。
ケースに入った28Ti、愛着を感じていらっしゃると思います。

こんばんは。
使わないカメラを大量に所蔵していましたが、引っ越しを機に大半を売却してしまいました。それでも、レンズはいくつか残しています。
ブルーのGM1S、いいですね。僕も独身時代なら飛びついていたかもしれません。今は同じマイクロフォーサーズのG8だけで我慢しています。

ビワさん、
ビワさんも沢山のカメラをお持ちでしたよね。
そうでしたか、引越しを機に大半を売却ですか。そうした・・・何か切っ掛けがないとなかなか思い切れないものですね。
ブルーのGM1Sは鮮やかなブルーに惹かれたのでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜駅 | トップページ | 鳥なんか撮って・・・ »