« C-3PO ANA JET | トップページ | 富士宮からの眺望 »

2017年3月27日 (月)

子抱き富士

0121

またまた富士山撮影に行って来ました。

今回も富士五湖巡りという感じのコースになりましたが、さすが三月という事で気温も上がって空気中の水蒸気が増えておりますから、真冬の澄んだ空気とは違います。

それでも何処からでも富士山が見えていたので、良しとしないといけませんね。

久々、ハッセルブラッドを持参してのフィルム撮影です。今日は子抱き富士とも呼ばれる、精進湖からの富士山遠望をご覧ください。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Sonnar T* 180mm F4 ZV Classic
FUJIFILM PRO 400H

« C-3PO ANA JET | トップページ | 富士宮からの眺望 »

コメント

おはようございます。
お待ちしておりました、富士山の写真。(^^)
ハッセルをお持ちになったのですね。
四角い構図の真ん中に望遠で大きく切り取った富士山は、貫禄がありますね。
ほどよい粒子感もフィルムの良さを感じます。
まるで絵のようで、お部屋に飾りたくなります。(^^)
参りました。素晴らしいです。勉強になります。m(__)m

今日辺りはまた雪化粧で白くなってるかも...一体、春本番はいつ来るのでしょうね(笑)

おはようございます。
堂々とした、立派な富士山ですね~。
ハッセルの真四角で、よりそう感じられるのかもしれませんね。
水面の様子を拝見すると、何となく水の温度がぬるく感じられます。
春の気配♪
今日はまた冬に戻ってしまいましたが。

Maruさん、こんばんは。
お待たせしました。(笑)
デジカメも持参していましたが、今回はハッセルのフィルム撮影をメインにしました。とは言いながら、撮影枚数は極めて少なかったです。
真四角のカメラは下手に小細工するより、ど真ん中にドーンと被写体を置いた方が印象が大きくなるように思います。
フィルムの粒子、風景撮影にはISO 100のフィルムの方が向いているのですが、冷蔵庫に400のフィルムしかなかったので・・・(^^;
Maruさんもフィルム撮影のチャンスだったですねぇ・・・見送られてしまいましたが。

YOUさん、こんばんは。
昨日今日は冬が戻ってしまいましたね。
埼玉、千葉にまで積雪があったようで。

koukoさん、こんばんは。
小細工せずに、堂々と富士山を真ん中に置きました。
真四角はこういうフレーミングの方が・・・・と思いまして。
富士山周辺、日中は思ったほど寒さを感じませんでした。ですから水温もそこそこあるのでしょうね。
今日は寒かったですねぇ・・・。北風も強かったですし。

こんばんは。
「子抱き富士」という言葉は初めて知りました。手前の山を子供に見立てているわけですね。
真四角の写真は額に入れて飾りたくなるくらい、収まりがいいです。

ビワさん、こんばんは。
手前の大室山を抱いているように見えるところからそう呼ばれております。
富士山は真四角が似合う被写体なのかもしれませんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« C-3PO ANA JET | トップページ | 富士宮からの眺望 »