« 寅さんとさくらさん | トップページ | 葛飾柴又・題経寺 »

2017年6月 6日 (火)

帝釈天参道

0406
東京柴又・帝釈天参道にて

「私、生まれも育ちも葛飾柴又・・・」

お馴染み、寅さんの故郷である柴又訪問。久しぶりです。

0405

久しぶりとは言いながら、何回目の訪問になるのか自分でも分かりません。(^^;

0407

もう、すっかり目に焼き付いている参道の様子ですが、何故か訪れると自分はホッとするのです。

0408

映画で見ている参道は結構広い通りに見えますが、実際は案外こぢんまりしているのですよ。映画での参道風景は広角レンズを使って撮影しているから広く見えるのだと思います。

0409

歩いていると、今にも向こうから寅さんがやって来そうな雰囲気を感じる帝釈天参道です。

0410

こうしたお店に惹かれます。(^^)

0411

帝釈天に来たら「草だんご」ですね。(^^)

高木屋老舗さんの「食べ歩き用草だんご」を賞味しました。食べ歩き用とは申せ、こうして盆に冷たいお茶と一緒に渡してくれました。椅子に座って左手で盆を持ち、右手に持ったカメラで撮影。この草だんご、滅茶苦茶美味しいです!(^^)

ちなみに高木屋老舗さんは映画のロケ隊が来た時、渥美清さんがいつも休憩に使っていた団子屋さんで、先代のおかみさんが渥美さんのお世話をしていました。

Nikon D600
AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

« 寅さんとさくらさん | トップページ | 葛飾柴又・題経寺 »

コメント

おはようございます。
目にするものは、昔ながらの日本の趣のある物ばかりですね。
懐かしさに溢れていて、よいですね~♪
おっしゃる通り、ホッとするような落ち着きを感じます。(^^)
私は、一度だけ、柴又を訪れたことがありますが、
高木屋老舗さんの草だんごを食べてきましたよ。
美味しかったです。(^^)

おはようございます。
おせんべい、駄菓子、氷、草団子・・・、
拝見していて、すぐにでも行きたくなってしまいました^^
参道に並ぶお店も皆懐かしい雰囲気でいいですよね。
以前行ったときに川魚料理のお店が多かったのが印象的でした。
何だか食べ物の話ばかりになってしまいました^^
向こうから寅さんが歩いてきそうな帝釈天の参道、ぜひまた行ってみたいと思います。

こんにちは。
昨日と今日は、寅さんですね(^o^)
柴又駅の別れのシーンは本当に印象深いです。
そこに、さくらさんの像が出来たのですね(*´∇`*)
KONDOHさんの撮られた、寅さんを見送るさくらさんの後ろ姿のお写真は哀愁が感じられて、思わずジーンとしてしまいました(´∇`)
おっしゃる様にどの作品も胸に暖かい感動を残してくれます(´∇`)
帝釈天、お煎餅、高木屋老舗さんの草だんご、
どこを見ても寅さんが浮かびます。
フラッとまた寅さんが帰って来そうです!

Maruさん、こんばんは。
柴又を訪れた際、高木屋老舗さんで草だんごを召し上がりましたか。
美味しいですよね〜〜^_^
帝釈天参道は昔ながらを思わせるお店が多く、歩いていると楽しくなります。
もう、何回目かの訪問ですが。(^^;

koukoさん、こんばんは。
こうした参道って駄菓子屋さん、お団子屋さん、夏はかき氷と、どこも同じようなお店が軒を連ねていますが、やはりこうでなければ・・・という思いがありますね。^_^
川魚料理のお店、実名で映画に登場していますが、私はまだ入った事がありません。(^^;
こちらの参道、何回歩いても楽しいです。^_^

寅さん(^^)、こんばんは。
もう何回目かの訪問ですが、今回はさくらさんの像を見る事が目的でした。(^^;
さくらさんの後ろ姿、つい映画とオーバーラップしてしまいます。
別れのシーンって嫌ですが、寅さんシリーズは山田監督の演出が上手いので、どれも印象に残りますね・・・。
寅さんはもう自宅で見るくらいになってしまいましたが、名作はいつまでも残りますね・・・^_^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寅さんとさくらさん | トップページ | 葛飾柴又・題経寺 »