« 2017年6月 | トップページ

2017年7月22日 (土)

お休みします

本日から月内いっぱい、ブログをお休みさせて頂きます。

八月から再開させて頂く予定ですので、よろしくお願い致します。

2017年7月21日 (金)

日差しを受け

0598

六本木です。今日のお気軽スナップも写真展を見に行った時のものです。もちろん昨日の撮影とは日が違います。

0599

水の流れを見ているだけでも幾らか涼しさを感じました。(笑)

0600

都会は涼しい場所へ直ぐに逃げられるので楽ですね。

0601

しかし、今の季節は私の好きなお散歩写真も長時間は無理。

行きたいところはあるのですが、この暑さでは・・・(;_;)

FUJIFILM X100

2017年7月20日 (木)

写真展の帰りに

0593

先日、品川のキヤノンタワーへ鉄道写真家、猪井貴志さんの写真展「鉄景漁師」を見に行って来ました。50年以上もの長い期間撮影して来た印象深い写真の数々です。

0594

今日のお気軽スナップはキヤノンタワーへの行き帰りに撮影したものです。

0595

こうしたスナップには広角から標準域のレンズを使う事が多いと思います。

0596

使用したレンズは35ミリフルサイズですと標準レンズの50mmなのですが、カメラがAPS-Cセンサーなので75mm相当という中望遠域の画角になっています。

0597

こちらのお花屋さん、何回撮影しているかなぁ?^_^

LEICA T(Typ 701)
Zeiss Planar T* 50mm F2 ZM

2017年7月19日 (水)

アカゲラの番いと

0589
アカゲラ(キツツキ目キツツキ科)

森の中で、アカゲラの番い(つがい)と遭遇しました。

この二羽は一緒に行動していて、♀が枝を次々に渡って行くと、その後を♂が追い掛けて行くという・・・。

もしかしたら、まだ番いではなく、ただ単に♂が♀を追い掛けていたのかもしれませんが、時期的にはそういう時期ではないのですよね・・・。

0590

その♀が木ノ実を食べています。

以上2枚は森の中で暗いため、ISO感度を5000に上げて撮影しています。フィルムでは考えられない感度ですよね。(^^;

0591

こちらのアカゲラは別の場所で撮影しています。

0592

飛び立つ瞬間ですが、シャッタースピードがやや足りなかったです。

お世話になっている旭川のお友達宅、お庭にアカゲラがやって来るのですよ。北の大地では普通にアカゲラを見る事が出来るという・・・何とも羨ましい環境。

一昨日のアオバズクはそのお友達から事前にお知らせ頂き、私が訪れるまでまめに観察して頂いてくれたお陰で撮影出来たのです。感謝感謝。

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年7月18日 (火)

御茶ノ水

L1000283

久々の御茶ノ水。カメラのハイコントラストモノクロモードでの撮影です。

L1000275

L1000278

以上2枚はレンズの絞りは開放。

L1000298

22日にTL2が発売されますので、私のTはもう二世代前のカメラになってしまいますね。まだ、320枚ほどしか撮影していないのに。(笑)

さて、猛暑が続きますが、今年も地域によっては大雨の被害で大変な事になっていますね。地球環境が変わっているという事でしょう。

皆様、どうぞお気をつけくださいませ。

LEICA T(Typ 701)
Summilux-TL 35mm F1.4 ASPH.

2017年7月17日 (月)

アオバズク

0583
アオバズク(フクロウ目フクロウ科)

今回、初めて撮影出来たアオバズクです。日本へは夏鳥として繁殖のために渡って来るようです。

昨年、エゾフクロウがいたお山での撮影、残念ながらエゾフクロウはゴールデンウィーク時も今回もいませんでした。

0584

何となく睨まれているような・・・(^^;

0585

目を瞑りました。

0586

丁度木漏れ日が左目に当たったところを撮影。このカットは前3枚を撮影した翌日の撮影です。

毛色の模様から同じ個体ですね。

0587

こちらは別個体。二羽は夫婦でして、どちらが♂で、どちらが♀かがハッキリ判別出来ません。♀の方が♂より体が大きいのですが・・・。

0588

実はこの二羽の前に巣穴がありまして、雛の様子を親が見守っているところなのです。ところが一羽の雛が何と巣穴から落ちてしまったのです!

山を管理している営林署関係の人だと思うのですが、通報によって段ボール箱を持参して駆け付けて来ました。で、しばらく雛の様子を見た後、段ボール箱に雛を入れて立ち去って行きました。多分、専門の獣医さんの元へ運ばれたのだと思います。

落ちた雛も撮影しているのですが、可哀想なので掲載は慎ませて頂きます。巣穴に残っている雛はもぞもぞ動いておりますので、無事巣立って欲しいものです。

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年7月16日 (日)

大雪山旭岳の花

0577
チングルマ

4年前に訪れた時はチングルマの大群生が見られたのですが、今年は少し早かったようです。

もっとも4年前は7月下旬でしたからね。仕方ないです。

0578
エゾノツガザクラ

0579
エゾイソツツジ

0580
エゾコザクラ

0581
キバナシャクナゲ

0582

旭岳の頂上付近です。険しさを感じます。

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年7月15日 (土)

旭岳のギンザンマシコ(2)

0572
ギンザンマシコ♀

撮影していると、「何を撮影しているのですか?」と二度三度尋ねられました。(^^;

0573

「ギンザンマシコという鳥です」と言っても、野鳥に興味がない人にはもちろん分かりません。(笑)

0574

で、「ここでないと見られない鳥なのです」というと大抵の方は驚いてしばし佇んで見つけようとします。(^^)

0575

或るご婦人からは私のカメラを指して「撮影した写真を見せてくれませんか」と。(^^;

赤い♂を拡大してお見せすると、「わ!綺麗!こんな鳥がここにいるんですか!」と、ご婦人もあちこちに目をやっておりました。(^^)

0576

ギンザンマシコ、もちろん旭岳だけで見られる鳥さんではないです。夏は旭岳が有名ですが、他では知床峠でも見られます。

夏は繁殖のために大雪山系にやって来るようです。

いずれにしても、横浜では見られません。(笑)

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年7月14日 (金)

旭岳のギンザンマシコ

0559
ギンザンマシコ♂(スズメ目アトリ科)

夏の旭岳といえば、多くの野鳥ファンが見たいと思う鳥さんがギンザンマシコです。

0560

夏の大雪山系で見られるギンザンマシコ、初めて撮影出来ました。(^^)

0561

初めての遭遇ながら、雌雄両方撮影出来、ラッキーだったです。

0562

ハイマツの実を啄ばみながら、忙しく飛び回っては消えて行きました。

0564

♂は赤いので、なかなか目立ちます。しかし、山ですから自分が思うように動けません。やや距離があって、自分のレンズの焦点距離ではアップの撮影は無理。

0563

それでも見る事が出来て嬉しかったです。

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年7月13日 (木)

ガーデニング

0565

旭川でいつもお世話になっている、私の大切なお友達宅のお庭で撮影した写真を今日はご覧頂きます。

0566
夏椿

冬場は広いお庭も雪に閉ざされておりますが、春から秋にかけてはお邪魔する度に違う花を見る事が出来るのです。

0567
昼顔

ですから、いつも愛情いっぱいに手をかけている事が窺えます。

0568
クレマチス

0569

0570

0571

これだけお隣のお庭に咲いていたラベンダーです。お隣に声をかけて撮影させて頂きました。

カメラもレンズも、そのお友達の機材を借りて撮影しています。

SONY α7 II
Macro-Elmar-R 100mm F4

2017年7月12日 (水)

カムイミンタラ

0555
大雪山旭岳

暑さにからきし弱いので、土曜日から旭川に帰っていました。

0556

で、更に涼を求めて北海道で一番高い山、大雪山旭岳に上がる事に。

0557

タイトルの「カムイミンタラ」って何? 誤変換?

と思われた方、決して誤変換ではありません。

0558
手前、白く点々と見えるのはチングルマ

カムイミンタラとは、アイヌの言葉で「神々の遊ぶ庭」という意味です。旭岳一帯をアイヌの人たちはこう呼んでいたそうです。

ちなみに神とは、「ヒグマ」の事です。ですから、旭岳一帯はヒグマが多く生息する地域という事なのです。

風が実に心地良く、まさに「爽やか」という言葉がピッタリでした。

SONY RX100M5

2017年7月 8日 (土)

お休みのお知らせ

0553

0554
以上、新宿御苑にて撮影

本日より11日(火曜日)まで、ブログをお休みさせて頂きます。

12日(水曜日)からまた再開しますので、よろしくお願い申し上げます。

SONY α7 II
50mm F1.4(SAL50F14)
LA-EA4

2017年7月 7日 (金)

新宿南口にて

0551

この文句に惹かれて撮影しちゃいました。

う〜む・・・・なるほど・・・・と。(^^;

0552

夏日の新宿南口にての撮影でした。

SONY α7 II
50mm F1.4(SAL50F14)
LA-EA4

2017年7月 6日 (木)

待ち合わせて・・・

0545

銀座周辺でのお気軽スナップです。(^^)

0544

0546

0547

0548

0549

0550

カメラのハイコントラストモノクロモードでの撮影。

お飾り用のマスコットカメラ、通算撮影枚数が200枚を通過しました。
2,000枚ではなく、まだ200枚です。(^^;

LEICA T(Typ 701)
Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH.

2017年7月 5日 (水)

エアバス A380

0515
タイ国際航空 A380-800(HS-TUB)

成田空港に行ったら、やはりこの巨大旅客機を見ませんとねぇ・・・。

0516

羽田では見られない飛行機ですから。しかし、ウーパールーパーが飛んで来たみたい。(笑)

0517

でも最近、A380はタイ国際航空機しか見ていないなぁ・・・。タイ国際航空機は関空でも見ていますし。

0518

最初に見たA380はシンガポール航空機でしたが、成田ではエールフランスのA380も見ています。しかし、エールフランスは最近すっかりご無沙汰。

0520

どこのエアラインであろうと、A380には違いないので。(^^)

0522

目の前を通過して行く時の巨大さはこの場所(さくらの山公園)でこそ味わえるのかも。

0519
エールフランス A380-800(F-HPJA)

参考までにエールフランスのA380も掲載しておきます。

Canon EOS 7D Mark II
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

2017年7月 4日 (火)

最近愛用のAMIRON HOME

0553_2
Mac用音楽再生ソフト Audirvana Plus

最近はこのMac用音楽高音質再生ソフトを使って楽しんでいます。マイナーバージョンアップが結構頻繁にありまして、最新のMQAファイルにもすでに対応済み。

昨年五月、ヘッドフォン音楽という記事で、愛用のヘッドフォンを採り上げましたが、その後に買い替えをしています。

深夜、スピーカーから音を出せない時にヘッドフォンで音楽を楽しんでいるわけですが、比較的最近購入した独beyerdynamic製のAMIRON HOME(今年一月の発売)が鳴らす音に痺れております。特に女性ヴォーカルが素晴らしいのです!

購入当初は「あれ?こんなもの?」と思ったのですが、ヘッドフォンやイヤフォンはエージング(鳴らし込み)が必要なオーディオ機器。しばらく使い続けているうちに音が変わって来ました。

その後、松田聖子さんのハイレゾ音源を聴いた時です、まるで唇の動きが見えるような生々しい声にゾクゾクっとしました。(^^;

0555
独beyerdynamic AMIRON HOME

昨年、同じ独beyerdynamicのDT 990 PRO LIMITED EDITIONというヘッドフォンを購入してからジャズやヴォーカルを楽しんでおりましたが、AMIRON HOMEを聴いた後ではもうDT 990は聴けません。音質が2ランク以上は違うと感じました。で、DT 990は売却しました。

0556

Made in Germanyと誇らしげに印字してあります。独beyerdynamicの本社工場でのハンドメイド品らしいです。非常に質感の高い作りをしています。

0557

ヘッドバンドにはアルカンターラマイクロファイバー、イヤーパッドにはマイクロベロアという材質が使われ、実に肌触りが良いのと絶妙な装着感があります。ケーブルは両出しで端子は3.5mmミニという事でバランス接続などのリケーブルに対応しています。

AMIRON HOMEはNEWテスラテクノロジードライバ搭載の開放型。1テスラ(1万ガウス)を超える強力な磁力を使ってのドライバー技術だそうで。

0558

しばらくは付属のアンバランスケーブルで聴いていましたが、その後に純正の4ピンバランスケーブルに交換しました(写真左)。右は一般的なアンバランス接続の標準プラグです。バランス接続により、更なる音質アップがあり、満足満足。(^^)

0559

愛用のUSB-DAC兼ヘッドフォンアンプに接続した様子がこれ。左が4ピンバランス接続、右がアンバランス接続(MDR-Z7)。間の二つは左右3ピン接続のバランス端子です。

ちなみにバランス接続とは業務用などで使われるキャノン(XLR)端子による接続。左右の音が若干混じり合う(クロストーク)アンバランス接続と違い、S/N比に優れ、左右のセパレーションも良くなります。

0554
SONY MDR-Z7

AMIRON HOMEと共に愛用しているもうひとつのヘッドフォンがこれ。こちらも以前愛用していたSONY MDR-MA900からの買い替え。これもエージングで音がランクアップして来ました。

Z7は密閉型で、低域の量がやや多いですね。クラシック音楽のオーケストラものがピッタリです。今まで開放型のヘッドフォンばかりを愛用していましたが、初めて購入した密閉型です。Z7も装着感が良いので長時間聴いていても疲れが来ないのがgood。

こちらもケーブル両出しで、AMIRON HOMEで使っているバランスケーブルが接続出来るので交換してみると、更に音質アップ。元々Z7はバランス接続を想定した音作りをしているらしいので、聴いてみると然もありなんという感じです。

これら2台のヘッドフォン、聴く音楽によって使い分けております。将来的にはゼンハイザーのHD800Sに手を出したいのですが・・・。

0560
SONY NW-WM1A

0561

で、外で愛用するDAPですが、↑とうとうこれを導入しました。化粧箱を開けると・・・こんなふうにパッケージされていました。

このDAP、メーカーが公式に200時間のエージング後に本来の性能を発揮するとアナウンスしていますね。コンデンサが馴染むまで200時間を要すらしいです。

2017年7月 3日 (月)

自由が丘(3)

0533

0534

0536

0535

0537

ここを歩くのは初めてではないですが、妙なところに鳥居がありますよね。

LEICA R9
Summilux-R 35mm F1.4
Kodak T-MAX 400

2017年7月 2日 (日)

自由が丘(2)

0528

0529

0530

0531

0532

自由が丘も路地歩きが楽しいですね。

LEICA R9
Summilux-R 35mm F1.4
Kodak T-MAX 400

2017年7月 1日 (土)

自由が丘

0524

自由が丘も久々ですねぇ・・・。

0523

お花屋さんの前を通るとついつい一枚。(^^)

0525

モノクロフィルムでの撮影も久々です。

0526

0527

しかし、フィルム現像ですが、時間が掛かるようになりましたねぇ・・・。カラー、モノクロ問わず。

LEICA R9
Summilux-R 35mm F1.4
Kodak T-MAX 400

« 2017年6月 | トップページ