« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

横浜港

0876

いつも都内のスナップ写真ばかりですね。

今日は珍しく地元、横浜港の風景です。

0877

調べて行ったわけではなく、たまたま客船が入港していました。

0878

氷川丸、横浜市民にはお馴染みです。

私も久しぶりに撮影したような・・・。

LEICA M(Typ 240)
Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH.

2017年9月29日 (金)

巣鴨

0866

巣鴨でのスナップです。

0867

この日、JR線の都内フリー切符を購入し、山手線に乗車。

0868

普段利用する事のない駅中心に下車し、駅前近辺を歩くという、典型的暇人の所業。(笑)

0869

まぁ、或る意味「乗り鉄」さんになった気分で。

0870

こうしたお散歩写真にはミラーレスカメラやM型カメラが最適ですね。

0871

一眼レフを持ってのお散歩写真はもう・・・であります。(笑)

LEICA M(Typ 240)
Voigtländer NOKTON classic 40mm F1.4 VM MC

2017年9月28日 (木)

浅草寸景

0872

0873

0874

0875

以上2枚、大陸の言語が飛び交っていました。

ACROSモードでの撮影。

FUJIFILM X-Pro2
XF 23mm F2 R WR

2017年9月27日 (水)

神楽坂

0855

神楽坂も表通りは人が多くなりましたね。原宿か?と思わせるほど女性が屯しているところもありますし。

0856

しかし、お散歩写真は裏通りに惹かれる被写体が多いです、私には。

0857

お酒が飲めないので、夜に来た事は一度もありません。(^^;

LEICA M(Typ 240)
Summilux-R 35mm F1.4

2017年9月26日 (火)

根津神社(2)

0862_2

今日も根津神社からです。

0864

一度でも訪れると、今度はツツジ真っ盛りの時に改めて訪れたくなりますね。

0863

使用したレンズ、開放で撮ると何とも個性的な描写。

0865

外国の方が一眼レフカメラで撮影中。

シャッターを切りやすくするためソフトレリーズボタンを購入して装着していたのですが、いつのまにか外れて紛失していた。購入したばかりなのに・・・。
ぐやじ・・・(;_;)

LEICA M(Typ 240)
Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 VM MC

2017年9月25日 (月)

根津神社

0858
文京区・根津神社

ツツジの名所として知られる根津神社。

実は私、今まで一度も訪れた事がなかったのです。なので、今回初めての訪問。

0859

境内は広くて、京都の神社仏閣を思わせる静かな環境ですね。

0860

とても都心に存在する神社とは思えません。

0861

私にとってお約束の狛犬撮影。(^^;

LEICA M(Typ 240)
Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 VM MC

2017年9月24日 (日)

隅田川

0852

或る意味、定期的に通う場所になっている厩橋からの眺め。

0853

この日、台風一過でご覧のような都心とは思えない青空が見られました。

0854

すでにここは、今年何回目だろう・・・?(笑)

ブログに掲載していない日の写真もありますので・・・。この日は別の目的地に向かう際、途中下車で寄ってみたのでした。

LEICA M(Typ 240)
Summilux-R 35mm F1.4

2017年9月23日 (土)

LEICA M に Summilux-R 35mm F1.4

0849
東京・銀座にて

今回はLEICA M(Typ 240)にLEICA Rレンズを装着してのテスト撮影です。

Summilux-R 35mm F1.4をSONY α7シリーズでマウントアダプターを介して使った際、四隅の流れにガッカリしたものです。それは絞っても同じ。

0848

ライカ Rレンズの中でもお気に入りの一本だったのですが、α7シリーズでの結果には「思っていたほど良いレンズではなかったか」なんて事を思ったくらいで。(笑)

0850

で、レンジファインダーカメラですから本来の使い方とは異なりますが、その点には目を瞑ります。一応純正同士の組み合わせで結果は如何に!

0851

これは気になっていた四隅の描写を見るための撮影です。普段はほとんどやらないパソコンモニターでの等倍表示で四隅をチェックしました。

あらら・・・、α7シリーズと違い、甘く流れてはいないじゃん(横浜の方言)。テストのため、この日の撮影はボディのレンズ検出はオフにして撮影しています。ですからボディ側での補正は一切ありません。写真も撮って出し。

写真真ん中と四隅のシャープネスを比べたら四隅は若干劣りますが、まったく問題ないレベルです。α7シリーズでマウントアダプターを介して他社のレンズを使うと、周辺描写(色被り含め)がかなり落ちたりする事がありますが、α7のマウント口径やフランジバックが大きなネックになっているのかも。

そういう感想を持った今回のテスト撮影でした。

LEICA M(Typ 240)
Summilux-R 35mm F1.4

2017年9月22日 (金)

街(4)

0835

今日もお散歩写真です。

0836

お散歩写真が目的で出掛ける(はい、暇人です(^^;)時と、用事で出掛けた先で序でに撮影している時とがありますが・・・、

0837

序でと言いながらミラーレスカメラを持参しているのですから、本来の用事より撮影が目的になっているのかも。(爆)

0838

0839

暑い日の一日でした。

LEICA T(Typ 701)
Summilux-TL 35mm F1.4 ASPH.

2017年9月21日 (木)

釧網本線「止別駅」

0830
釧網本線「止別(やむべつ)駅」

止別駅は久しぶりです。

北の大地の澄み切った青い空、都心や横浜では滅多に見られません。

0831

ホーム上から撮影した駅舎です。

0832

まさにローカル線の雰囲気が横溢。

0833

ちなみに釧網本線は、名称の通り釧路〜網走間を走る路線ですが、両駅を結ぶ列車は一日5本しかありません。

0834

駅舎の中にラーメン屋さんが。ここも北浜駅と同じく主に地元の人がお客さんとして食べに来ているようです。

SONY RX100M5

2017年9月20日 (水)

釧網本線「北浜駅」

0840
釧網本線「北浜駅」

釧網本線でもっとも人気の駅ではないかと思います。

0841

北浜駅といえば駅舎の中のこれ・・・ですよね。(^^)

0842

こちらも駅舎の中に飲食店が入っています。地元の方々のようです、お店に入って行きました。

0843

目の前はオホーツク海です。しかし、この青空!
水平線に薄っすら見えるのは知床連山。

0844

残念ながら列車が来る時間帯ではないので、列車を待つ乗客は皆無でした。時刻表を見たら、列車本数が数年前より減っていますね。

ところで、北浜駅が如何に海に接しているかがお分かり頂けると思います。

0845

網走方向を望む。

0846

駅舎の前の花壇で撮影。

以上、SONY RX100M5で撮影。

0847
2011年2月撮影

参考までに6年前に訪れた時の写真を再掲載します。この年は十数年に一度とも言われた、流氷の当たり年。ご覧のようにオホーツクの海は流氷が陸地にまで着岸していまして、この上を歩く事が出来たのですよ。左上に人影が見えますね。

2017年9月19日 (火)

街(3)

0825

駅に向かったら、いなせなお兄さんたちが。

お祭りみたい!

0826

で、ちょこっと見物。

0827

おかめのお姉さんがこちらに手を振りながらカメラ目線をくれました。お返しに私も振ったら、また振ってくれました。サービス満点!(^^)

0828

0829

久しぶりに見たお神輿担ぎ。

自分も子どもの頃、町内のお神輿を担いで、沿道からバケツの水を景気良く掛けられた事を思い出しました。(^^)

台風18号。大変な被害を残して日本列島を縦断して行きましたが、皆様は大丈夫だったでしょうか?

LEICA M(Typ 240)
Voigtländer NOKTON classic 40mm F1.4 VM MC

2017年9月18日 (月)

街(2)

0819

素敵な街ですね。(^^)

0820

こちらのカフェ、なかなか良い雰囲気でした。

0821

0822

これは頂けないなぁ・・・と思いながらも撮影してしまいました。

0823

これは私が惹かれる光景です。

0824

そして「錆び」も・・・。あ、「侘び、寂び」ではないですよ。(^^;

LEICA M(Typ 240)
Voigtländer NOKTON classic 40mm F1.4 VM MC

2017年9月17日 (日)

0795

0796

0797

0798

圧倒される光景、某所でのお散歩写真でした。

FUJIFILM X-Pro2
XF 23mm F2 R WR

2017年9月16日 (土)

浅草(2)

0814

この日、やたら浴衣姿の女性を見掛けた浅草でしたが、大きな声で話す言葉は日本語ではありません。

多分、日本で着物が着られるというツアー旅行なのでは・・・と、思いました。どうせなら、歩き方も指導してあげれば良いのに・・・。(^^;

でも、浴衣姿は涼しげで良いですよね。

0815

私は食べ歩き・・・が出来ないんですよね・・・。美味しそうなお煎餅です。

0816

0817

浅草を歩いている人たち、3/4はアジア、欧米からの観光客かもしれません。

0818

そういえば先日どぶ板通りで見掛けたお店と同じ造りのお店が仲見世にもあります。多分、同じ経営者かと。

FUJIFILM X-Pro2
XF 23mm F2 R WR

2017年9月15日 (金)

オーディオ雑談

0805
Accuphase C-200(オーバーホール前)

今日は極めてプライベートなオーディオ雑談です。

11日のポータブルオーディオに関する記事の最後で、「最近自宅ではアナログレコードに凝っています」とコメントしていますが、アキュフェーズのセパレートアンプをオーバーホールした事が切っ掛けなのです。

こうした往年の製品の場合、アキュフェーズさんは「オーバーホール」とは言わず、「総合点検」と言うそうです。パーツによってはすでに無いものもありますからね。

しかし、戻って来た2台のアンプを見てビックリ! これは新品か! と勘違いするくらいパネルやツマミはピッカピカ!(^^)

ベテランエンジニアのSさんにメンテして頂いたのですが、お話しを伺うとパネルやツマミは綺麗に洗浄。基板のハンダはすべてやり直しているそうです。そして一部のパーツを交換。素晴らしい!

0806
Accuphase P-300(オーバーホール前)

プリアンプのC-200とパワーアンプのP-300ですが、この高級アンプは10年程前に同僚が結婚を機にオーディオを手放す事になり、私が譲り受けたものです。その同僚も叔父さんから譲り受けたとの事。

アキュフェーズさんのサイトで発売年を調べると、1973年8月の発売。アキュフェーズブランドの第1号機です。しかし、40年以上も前の製品を今でもメンテしてくれるなんて、驚きですよね。

C-200が155,000円、P-300が195,000円、これが発売時の価格です。今の貨幣価値で見れば普及機の価格ですが、44年前の発売です。今なら優に100万円以上する価格でしょう。

0807
総合点検後のパネル(C-200)

ピッカピカです。で、このアンプが発売された当時のメインソースはもちろんアナログレコード。ご覧の通り、PHONO(レコード)入力は2系統(DISC 1,2)装備されています。

故障していた DISC 1 も修理されましたので、オーディオラックに戻した後に先ずはレコードを聴いたのです。そうしたらまぁ〜・・・実に音が良い。当時の高級アンプ、メインソースであるPHONO入力回路に贅を尽くしているのは当たり前。

感動しちゃいまして、次々とレコードを替え、カートリッジを替えて音楽を楽しむ事になったわけです。困ったのはレコードにこれだけ良い音が入っているなら、レコードプレイヤーをもっと高級なタイプに替えたら・・・と、妄想が重なるばかり。(笑)

0808
DENON DL-103シリーズ

DL-103オリジナル(左上)、DL-103C1(右上)、DL-103S(左下)、DL-103D(右下)と、アナログレコードを聴いているオーディオマニアなら知らぬ人はいない、DENONのDL-103です。DL-103はNHKがレコードを放送用に再生する時に使用した逸品。

下の2個は友人との物々交換で入手しているのですが、オリジナルDL-103の振動系をより軽量化し、コンプライアンスを大きくして軽針圧化した製品。上2個の推奨針圧が2.5gなのに対してDL-103Sは1.8g、DL-103Dは1.5gです。

写真撮影ではレンズを替えると描写が変わるように、カートリッジを替えると音が変わるのです。今、手元に17個ものカートリッジが有りますが、これは少し異常かも。(笑)

0809
MCカートリッジ用昇圧トランス

アキュフェーズのアンプが戻って来てからは接続ケーブルにお金を費やしています。トランスからプリアンプへのPHONOケーブルはオヤイデ電気製に買い替えました(右の青いケーブル)。今までは入出力ともFR製のケーブルでした。入力だけ短いFR製のケーブルを残しています。

この昇圧トランスも古いので買い替えを検討中。

0810

この漆黒色のアナログレコード、CDと違って存在感がありますよね。

0811

ターンテーブルに載っているレコードのジャケットはこれです。カラヤン指揮ウィーン・フィルによるチャイコフスキーの「悲愴(1946〜49年録音)」で、英コロンビア盤。オリジナル盤だと思います。時代を感じさせるジャケットデザインですね。

クラシックレコードのオリジナル盤、初期盤ブームが来る遥か前に入手しており、確か千円そこそこだったと思います。^_^

0812
Pioneer U-05

以前ご紹介した事のあるパイオニア製のUSB-DAC兼ヘッドフォンアンプの背面です。アナログ出力はアンバランスケーブルのSAEC(金色のブラグ)だけを使っていました。

ところが、せっかくバランス出力があるのだから使わなければ勿体ないと思い、Zonotone(ゾノトーン)のバランスケーブル(SAECの両側、太い端子)にしてみたらビックリ! まるでスピーカーを交換したくらいの音の変化(勿論良い変化です)。U-05は入力から出力までバランス回路ですから、これが本来の性能発揮だったのかも。

すっかりZonotoneに心酔し、Blu-ray Discレコーダーからのデジタル出力もZonotoneの同軸ケーブル(COAXIAL)にしちゃいました。更にはスピーカーケーブルまで。(笑)

右端の音楽用USBケーブル(PCオーディオ用)はオヤイデ電気製です。プリアンプとパワーアンプの接続ケーブルは今までオーディオテクニカ製(PCOCC線)を使っていたのですが、これもオヤイデ電気製に替えました。テクニカ製は高域にやや華やかな音質を持っていたのですが、オヤイデ電気製に替えたらその点が抑えられ、より自分好みの音に変わり、満足な買い物でした。

0813

これらはBlu-ray Audio Discでして、映像は入っていません。要するにハイレゾ音源が収められたBlu-ray Discなのです。こんなの一部のマニア(私のような(^^;)にしか売れないのでしょうね、某サイトで投げ売り(1枚1,000円)されていたのでこの2枚だけ購入しました。もう、CDにしろ、Blu-rayにしろ、ディスクを増やしたくないので。(笑)

再生方法はPanasonic製Blu-ray Discレコーダーのデジタル出力から、上記パイオニア製USB-DACのデジタル入力へZonotoneのデジタルケーブルで繋ぎ、USB-DACからは写真の通りZonotoneのバランスケーブルを使ってアンプに出力しています。が・・・、

本来ならOPPO製UDP-205(UHD 4K対応)のようなBlu-ray Disc専用プレイヤーで再生するのがベターだと思います。

とまぁ・・・現在の私の音楽鑑賞環境、自宅ではアナログレコードとハイレゾ音源を。外ではそのハイレゾ音源とCDをリッピングした音源等をポータブルオーディオで楽しんでいます。音楽は素晴らしい!

最後に某CDショップのコピーを使わせて頂きます。

NO MUSIC, NO LIFE.

2017年9月14日 (木)

アメ横

0799

久々のアメヤ横丁。

0800

大変な喧騒です、相変わらず。

0801

中国人(多分、観光客)が陳列してある魚を次々に指で押しているところに遭遇。

お店のおじさんが、「ダメだよ! 触っちゃぁ! 売り物なんだからよぉ!」と、怒鳴っていました。そうしたら、その中国の人が中国語で言い返していました。もちろん、何を言ってたのかは分かりません。(^^;

0802

ですが、中国語で客寄せをしていたお店もありましたから、今は大陸からの観光客がお金を落としていってくれるのでしょうね、アメ横も。

0803

こうしたお店も中国語が氾濫していました。

0804

生鮮品、やはり安いですね。
お店の人が「値切ってよぉ〜・・・」と声を掛けていましたが。(笑)

JPEG撮って出しですが、やはりM240の発色はやや派手目かもしれません。特に赤系が。

LEICA M(Typ 240)
Voigtländer NOKTON classic 40mm F1.4 VM MC

2017年9月13日 (水)

東京復活大聖堂(ニコライ堂)

0791

御茶ノ水のニコライ堂です。

0792

0793

0794

現在は国の重要文化財に指定されているようです。

写真はJPEG撮って出しで、リサイズのみ。

LEICA T(Typ 701)
Summilux-TL 35mm F1.4 ASPH.

2017年9月12日 (火)

浅草

0785

雷門は修復中でした。

0786

外国人観光客にとって、日本の観光地の中で一番人気は浅草だそうですね。

0787

この日はカラーでの撮影は一枚もなし。

0789

今でしょ!

そういえば「ハゲてねぇし!」という文句の入ったTシャツも見ました。某女性議員のあの暴言を皮肉ったわけですね。(笑)

0790

もし使えるならこのお札、欲しい!(^^;

カメラのフィルムシミュレーション、ACROS + Rフィルターで撮影しています。

FUJIFILM X-Pro2
XF 23mm F2 R WR

2017年9月11日 (月)

SONY NW-WM1A について

0771
SONY NW-WM1A

昨今のオーディオ業界は携帯DAP(デジタルオーディオプレイヤー)を中心とするポータブルオーディオと、装置一式を揃えるとそれこそ「ン千万円」になり兼ねないハイエンドオーディオとに二分されているようですが、現状はポータブルオーディオの人気が圧倒的。秋葉原のイヤフォン専門ショップなんて音楽ファンでごった返しています。

対して同じ秋葉原の老舗オーディオ専門店はいつ行ってもお客さんが居ません。大丈夫なのかと、余計な心配をしてしまいます。

ハイエンドオーディオなんて現状日本と大陸の富裕層を相手にした商売ですから、一般庶民は相手にされていません。しかし、どう見てもぼったくり商売にしか見えません。買えない者の僻みですが。(笑)

その点、ポータブルオーディオの世界は小学生、中学生だって少しお金を貯金すれば誰でも手にする事が出来る音楽用機器です。

私のDAP遍歴はSONYウォークマンから今年正月、ONKYOのDAP(Android OS内蔵)に買い替えしたのですが、どうも私はAndroid OSが好きになれず、ONKYOから上記写真のSONYウォークマンの高級タイプに最近買い替えています。

0772

で、このDAPはメーカーが正式に一定時間以上のエージングが必要と謳っています。この写真の通り、200時間を超えたあたりから本来の性能が発揮出来るとの事。

現在私が所有するこのDAPの使用時間は約120時間(記録されています)ほどです。まだまだですね。(笑)

もちろん寝ている間も動作させておけば200時間はフル充電〜放電が十数回で済んでしまいます。しかし私はそれをしていません。少しずつ音が変化していくのを聴きながら楽しんでいます。

0773

イヤフォン、ヘッドフォンの入力端子はふたつ。右は一般的な3.5mmアンバランスのミニ端子。左は昨年新たに規格された4.4mm径5極のバランス端子。DAPのバランス端子は2.5mm径4極が普及しているのですが。

WM1A、背面はシボ加工されたレザーが貼られておりまして、これがもう・・・手触り最高です。でも、私は普段シリコンケースに入れて使っているので、レザーの感触は味わえません。(笑)

0774

写真左の端子が新規格4.4mm径のバランス端子で、以前ご紹介した愛用のヘッドフォン、SONY MDR-Z7をこれにリケーブルしています。キンバーケーブルを使ったSONY純正(MUC-B20SB1)です。

NW-WM1Aですが、直挿しでもハイインピーダンスのZ7をドライブする出力がある事にびっくり。これがまた愛用の据え置き型ヘッドフォンアンプを通した音と遜色ないのです。

0775

今まで愛用していたイヤフォンでは外の騒音が耳に付きますので、遮音性が良いと言われる米SHURE製のイヤフォンを買い増ししようと店頭で数本聴き比べをし、結果「SE215スペシャルエディション」を購入。SHURE製の中では比較的安価な製品ですが、飛行機や列車に乗っている時限定の使い方なので、そこそこの値段で音が好みのものを物色した次第。

いざ使ってみたら、これがクラシック音楽も結構聴ける音なので、購入して良かったとほくそ笑んでいます。飛行機の中では煩いエンジン音がほとんど聞こえて来ません。なかなかの遮音性。

0776

旭川に向かう飛行機の中で早速使いました。イヤフォンの耳への掛け方は、ポータブルオーディオ愛用者なら誰もが知っている所謂シュア掛けのタイプ。シュア掛けとはケーブルを耳の上から後ろへと、耳に引っ掛ける様にしてイヤフォンを安定させるのです。これがまた装着感最高!

200時間のエージングが必要との事ですが、使い始めの時からすでに音の良さに感動したものです。しかしその後、エージングを重ねているうちに確かに音の変化が感じられ、使い始めた時より明らかに音は良くなって来ています。

バランス接続で聴くとDSDファイルのネイティブ再生(最大11.2MHz)が出来ます。一般的にDAPではPCM変換されてしまうDSDをネイティブで聴く事が出来るのはグッドです。もちろん他メーカーにもネイティブ再生出来る機種はありますが。

旅行時、そして撮影に出掛ける時のお供として、今自分にとって欠かせない音楽機器となっております。

ちなみに上級機にNW-WM1Zという黄金色のモデルがありますが、こちらはヨドバシ価格約32万円(10日現在)です。(^^;

私のブラックモデルよりさらに音が良いらしいです。聴き比べて欲しくなると困るので私は聴いていませんが。(笑)

ところで、最近自宅ではアナログレコードに凝っています。(^^)

2017年9月10日 (日)

根室海峡のイシイルカ

0777

昨秋に続いて、羅臼港からのクルーズ船に乗り、クジラウォッチングに出た時の写真です。

しかし、見られるのはイシイルカばかり。

0778

昨秋は予想もしなかったシャチに遭遇して歓喜したものですが、今回はクジラがお目当て。

0779

なかなかクジラとは遭遇しません。沖合をクルージングするのですが・・・。

船長曰く、「皆さん、これだけイルカを見られるのも珍しいんですよ! 見られない時はサッパリなんですから!」と、しきりに説明していましたが、目指すクジラが見られない事への慰めのように聞こえるのが寂しい。(^^;

0780

イシイルカの波しぶきだけはそこかしこで見られました。

0781

他のクルーズ船からの無線でツチクジラを発見したとの事で、そちらへ向かいます。見える背ビレはイルカです。

0782

しかし、船が近づくとクジラは直ぐに潜ってしまったとの事。これがそのクジラらしい(笑)のですが、私にはクジラなのかイルカなのか判別がつきません。(^^;

0783

その後、船上でツチクジラの案内がありました。

根室海峡にはマッコウクジラがやって来る事もあるそうですよ。

0784

目指すクジラになかなか遭遇しませんでしたので、暇潰しにこんな撮影などもしていました。(笑)

まぁ、自然界相手の事ですから、空振りは仕方ありません。八月は時期的にも良くなかったのかも。また挑戦します。

Canon EOS 7D Mark II
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

2017年9月 9日 (土)

テレエルマーをM240で

0739

135mmレンズをライカ M型カメラで使う場合、ブライトフレームはとても小さくなりますので、フレーミングがしにくくなりますね。

0740

それを承知で、敢えてEVFを使わずにM240で撮影してみました。

0741

ライカ M型カメラで135mmレンズを使うのは、自分にとって初めてです。入手以来、SONY α7 II とライカ Tで使っただけなので。

0742

いざ使ってみれば、何とかなるものですね。当たり前か・・・(^^;

0743

カメラのモノクロモードで撮影しています。

0744
Leitz Tele-Elmar-M 135mm F4

さて、今回使用したレンズは昨年二月に江ノ島のチューリップを撮影した時にご紹介済みですが、一万数千円という価格ながら純正フード付きで新品同様に近い状態。レンズも綺麗。なので、とても良い巡り合いでした。(^^)

LEICA M(Typ 240)
Leitz Tele-Elmar-M 135mm F4

2017年9月 8日 (金)

横須賀どぶ板通り(2)

0765

今日もどぶ板通りから。カメラを持ち替えてのモノクロ写真です。

0766

昨日と同じところ。行き帰りで撮影しています。(^^;

0767

0768

0769

画面左端、「蝦夷鹿、ヒグマあります」と書かれています。横須賀でエゾジカやヒグマのステーキが出ているとは。(^^;

0770

横須賀のベースに縁の深い著名人の手形が幾つか見られます。と申しても歩道です。

LEICA T(Typ 701)
Summilux-TL 35mm F1.4 ASPH.

2017年9月 7日 (木)

横須賀どぶ板通り

0759
どぶ板通りにて

今日は横須賀の「どぶ板通り」でのスナップ写真です。久しぶりに歩きました。

0760

歩いていると、さすがにアメリカ人の方たちとすれ違いますね。

0761

どぶ板通りでは有名なお店。お店の前にある駐車場には行列が出来ていました。

0762

第7艦隊バーガーというこのタワー型のバーガーですが、値段を見てびっくり!

5,200(税抜き)ですって! 誰が食べるんだろう・・・?(^^;

0763

イテテテテテテ〜・・・・!!

0764

魅力的な女性がいたのでモデルになってもらいました。(^^)

LEICA M(Typ 240)
Zeiss Planar T* 50mm F2 ZM

2017年9月 6日 (水)

北の風景(2)

0753
サロベツ原野

今日は夏休み、北の大地をドライブしていた時に見た(撮影した)風景を数枚。

原野の向こうに、雲さえなければ利尻島が見えていたはずなのです。

0754
サロマ湖(常呂郡佐呂間町)

海ではありません。夕陽が絶景と言われているサロマ湖です。ちょうど日が傾いていた時間帯だったのですが、残念ながら落ちる方向に厚い雲が湧いているので諦めて車を走らせました。

0755
常呂町

サロマ湖から網走方面に向かう途中で見たソバ畑です。

0756
能取湖

以前、拙ブログでもご紹介した事がある赤い色したサンゴ草の群落が見られる湖です。

0757
北見市

こうした田園風景に出遭うと思わず車を止めてしまいます。

0758

このロールが見える風景、北の大地らしくて良いですねぇ・・・。

SONY RX100M5

2017年9月 5日 (火)

LEICA Tの夜景は

0749

M240と一緒に、ミラーレスカメラのTも持参していました。

身近からの感想ですが、M240よりTの方が色が自然、との事。一度同じ被写体を同条件で比較してみますか。

0750

この日、M240をメインに撮影しておりましたので、Tの方は撮影枚数がそれほど多くないのです。

0751

Aさんからお借りしているM240ですが、お借りした時点で通算撮影枚数の少なさ(700枚強)に驚いたのですが、私のTもまだ500枚に達していません。(笑)

0752

マスコットカメラとして観賞用に飾っていたTですが、今は二世代前のモデルになりましたし、最近は持ち出してどんどん使っています。純正レンズが安く手に入った事も切っ掛けですが。

LEICA T(Typ 701)
Summilux-TL 35mm F1.4 ASPH.

2017年9月 4日 (月)

ライカ M240で夜景撮影

0745
横浜・大さん橋にて

ライカ M240を夜景撮影に使ってみました。

M型のようなレンジファインダーカメラ、普通はストリートスナップに使われる事が多いと思います。自分もそうですし。

0746

大さん橋に今年初入港して以来、時々入港している大型客船「スーパースター・ヴァーゴ」をまだ一度も見ていなかったという事もあって、M240を携えて出掛けてみました。

0747

風が涼しくてとても気持ちが良かったです。

0748

久々、夜の撮影でしたが、汗を掻き掻きでなかったのが何より。(笑)

撮影ファイルのオリジナルはどれもとてもシャープに描写されているのですが、縮小するとやはり画質劣化があるので、せっかくご覧頂くのにそれが残念。

LEICA M(Typ 240)
Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH.

2017年9月 3日 (日)

盛夏に・・・

0735

北海道でしばらく涼しい思いをして来たので、横浜に帰って来てからの蒸し暑さがかなり堪えています(贅沢)。(^^;

この二日間ばかり、生気が蘇るような涼しい陽気が続きましたけど。

0736

都心は上からの直射日光だけでなく、下からの照り返しも結構なものですから、お散歩写真も長い時間は無理ですね。

それでも木陰に入ると多少ホッとします。

0737

何となく生気の感じられない人間模様。(^^;

0738

白がアクセントに感じられて(惹かれて)、撮影した一枚です。

気怠さを感じた東京西新宿でした。

ACROS+Rフィルターモードでの撮影です。

FUJIFILM X-Pro2
XF 23mm F2 R WR

2017年9月 2日 (土)

北の風景

0732
北海道・網走港にて

知床連山を遠くに見ながら、夕暮れ時の風景を楽しみました。

何回となく見ている風景ですが、何回見ても素晴らしい・・・お気に入りの風景であります。

0733
知床・プユニ岬

そしてこちらは翌日の朝に撮影しています。知床峠に向う途中、ウトロ港を見下ろしています。

ここも通る度に車を止め、綺麗な風景に見惚れてしまいます。

0734
羅臼岳遠望

知床側から見る羅臼岳です。雄大ですよねぇ・・・。

今日は自分のお気に入り風景をご覧頂きました。

SONY RX100M5

2017年9月 1日 (金)

オホーツク紋別空港

0726
オホーツク紋別空港

宗谷岬から網走(約5時間)方面へとオホーツク海沿いを走っていると、途中の道路標識に右矢印で「紋別空港」と出ていました。

0727

宗谷岬を出発して直ぐに稚内空港の標識もあったのですが、稚内空港はそのうち降りる事もあるだろうと、寄らずに車を走らせました。

0728

しかし、紋別空港は自分が利用する事は今後もないだろうと思い、寄る事にしたのです。

道路を右折したら直ぐ目の前にターミナルビルが見えるではないですか。ですから本当に海沿いの空港になります。

0729

展望デッキに出てみましたが、飛行機はありません。2時間も前に羽田行きが出てしまっています。

というより、紋別空港は現在1日1便しかありません。全日空さんが羽田 - 紋別の往復をしています。

0730

ご覧の通り、誰一人おりません。空港職員さんが一人いるだけ。

0731

調べてみたら、年間の利用者は僅か55,789人(2012年度調べ)です。運営はとても厳しいですね。鉄道も廃止路線が進んでおりますし、私のように自由気ままに旅している者は幸せな(贅沢な)事だと思います。

SONY RX100M5

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »