« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

元気だね!

1047

エゾリスにも二箇所で遭えました。(^^)

1048

木々間を、地面を・・・と、すばしっこく動き回るので撮影が大変。(笑)

1049

元気だね!^ - ^

本州ではタイワンリス(外来種)が野に放たれ、それが広く繁殖していますが、エゾリスはタイワンリスより小さくて可愛いです。

1050

エゾリスは北海道のみに生息しています。

1051

冬に備えて木ノ実などを土の中に隠しておくのですが、冬季雪の上からでもその匂いで隠した場所を掘り出すのですから凄い臭覚ですね。

何はともあれ、北の大地に行ったらキツツキとエゾリスに遭わないと行った気がしない。(笑)

Nikon D5600
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年11月29日 (水)

久しぶりのアカゲラ

1043
アカゲラ(キツツキ目キツツキ科)

今年は地元横浜で初めてアカゲラに遭遇しましたが、やはり自分は北の大地で出遭うアカゲラに親近感を持ちます。(^^)

今秋も北の大地でアカゲラに遭えました!

1044

あ、依怙贔屓してはいけませんね。横浜で出遭ったアカゲラに怒られます。(笑)

1045

ただ今年はアカゲラの豊作年(?)だったのか、北の大地のあちこちで出遭う事が出来ました。

1046

いつもお世話になっている旭川のお友だち宅のお庭にもアカゲラがやって来るのです。驚きですよねぇ・・・。

自然環境が東京、横浜とは比べ物にならないのでしょう。

Nikon D5600
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年11月28日 (火)

横浜も秋色

1039
横浜公園にて

秋も深まり、いよいよ晩秋の趣になって来たような気がします。

1040

以上2枚は横浜公園です。横浜スタジアムが入っている公園ですね。

横浜スタジアムが東京オリンピックの野球競技に使われるとかで、以前より少しずつ工事が始められていました。

1041

日本大通りでの撮影です。撮影時、銀杏並木が良い色になっておりました。

そうそう、一生懸命銀杏を拾っていた家族を見掛けました。(^^)

1042

間も無く師走、そう12月ですよ。一年なんて、本当にわけないですね。

FUJIFILM X-Pro2
XF 23mm F2 R WR

2017年11月23日 (木)

両さんは健在

1033
JR亀有駅前にて

漫画誌の連載が終わって両さんの像はどうなったのか?・・・と、気になって亀有駅に降り立ってみました。

1034

いやいや、そのままでした。良かった!(^^)

外国の方たちにも人気のようで。

1035

両さんは永遠です!

Nikon F3
Ai Nikkor 50mm F1.2S
Kodak T-MAX 400

2017年11月22日 (水)

秋色新宿御苑

1027

寒気が南下して、一気に12月下旬の気温になってしまいました。

1028
プリンセス アイコ

この寒さが来る前に訪れた新宿御苑は、徐々に秋本番という感じを受けました。

1029
エーデルワイス

花の写真は久しぶりのような・・・。

1030
ツワブキ

LEICA M(Typ 240)をお借りしてから、スナップ撮影が多くなっていましたからね。

1031
ジュウガツザクラ

新宿御苑でこの時期見られるジュウガツザクラの可憐な花。

1032
タイワンホトトギス

最後はこれも毎年撮影しているタイワンホトトギス。

新宿御苑のモミジは殆どがまだまだ青々していました。でも、この寒さで紅葉も進むかもしれませんね。

Nikon D5600
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

2017年11月21日 (火)

大岡川

1021

久しぶりに横浜の大岡川沿いを歩いた時のお散歩写真です。

1022

私は小学五年生の途中まで、大岡川沿いに住んでおりました。

1023

なので、懐かしさと共に身近な存在の河川なのです。

1024

調べてみると、磯子区にある「氷取沢市民の森」から流れていて、上流域は笹下川と呼ばれているそうな。

1025

京急線「上大岡駅」近くにも流れているのですが、その辺りから上流に向かうと川幅が徐々に細くなって水量も少なくなります。

1026

私は南太田駅近くに住んでいましたので、川幅も水量もある地域でした。

水のある風景に私が惹かれるのは、大岡川が私の根底にあるからなのです。

LEICA M(Typ 240)
Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 VM MC

2017年11月20日 (月)

猛禽

1017
ノスリ(タカ目タカ科)

今日は猛禽類を二種。

1018

最初はノスリです。

1019
オオタカ(タカ目タカ科)

こちらはオオタカの幼鳥です。オオタカとの遭遇はほぼ一年ぶり。なかなか出遭えません。

1020

幼鳥は腹の班が縦ですが、成鳥になるに連れて横班に変わります。

オオタカの飛翔シーンは自分にとって初めての撮影です。

Canon EOS 7D Mark II
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2017年11月19日 (日)

串刺し!?

1014
JALエクスプレス B737-800(JA314J)

イテテテ・・・・o(`ω´ )o

1015
ANA B777-300ER(JA792A)

久々に旅客機の串刺し写真(私的呼び方)です。

1016
AIR DO B767-300(JA601A)

実際にあったら困りますが、東京スカイツリーと飛行機を絡めた写真としてご笑覧ください。

こう見ると、飛行機の大きさの違いがお分かりになるかと。多少のズーミング位置の違いはありますが。

やはり、私は車より飛行機(旅客機)が好み。(笑)

Canon EOS 7D Mark II
EF 70-300mm F4-5.6 IS USM

2017年11月18日 (土)

高級車

1012

車には興味のない私ですが、ここ(日比谷近く)を通る時、目に付きました。(^^)

撮影しようとしたら六十歳前後のご夫婦らしき方が車に寄って来たので撮影は遠慮しようと。

1013

ところが、車の前に立った奥様をご主人らしき人がスマホで記念撮影。で、撮影が終わると車を二人で見ながら談笑して立ち去って行きました。車の持ち主ではなかったようで。(笑)

ではと、私も撮影させて頂きました。(^^;

18日午後 追記 : ロールスロイスは背景のホテルの送迎車でした。

LEICA M(Typ 240)
Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 VM MC

2017年11月17日 (金)

Tokyo Station

1008

今更説明の必要のない東京駅。撮影は九月です。

1009

半袖姿の人がおりますが、今はさすがに冷えて来ましたね。

1010

LEICA M(Typ 240)ですが、ホワイトバランスオート、JPEG撮って出しでも使えるようになりましたね。

1011

DMRやM8ではホワイトバランスオートなんて使い物になりませんでしたから。JPEG撮影も実際の色とはまったく違う事が多く、RAW撮影が当たり前でした。それを考えると、

最近のライカデジタルは進歩している事を実感しました。>Aさん

LEICA M(Typ 240)
Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH.

2017年11月16日 (木)

江ノ電

1004

江ノ電のフィルム撮影です。モノクロで撮るのは久しぶりのような・・・。

1005

撮影日は以前ご紹介した湘南腰越みなとまつりの記事と同日です。

1006

路面電車好きの私としては、一番身近な電車ですね。(^^)

1007

構えてシャッターを切ろうとした瞬間、前に女の子が入って来ちゃいました。

ここは大陸から来た大勢の男女の溜り場みたいになっていますよね。江ノ電が通り過ぎると平気で線路内に入って記念撮影していますし。

PENTAX 645N II
smc PENTAX 67 105mm F2.4
Kodak 400TX

2017年11月15日 (水)

タワーの見える風景

0995

しばらく持ち出していなかったハッセルブラッド。

使ってみると、「やはりハッセルは良いなぁ・・・」と。

0996

被写体はこれまた久しぶりの東京タワーです。あ、展望台には上がっておりませんけど。

0997

芝公園です。

0998

お天気が良かったので、歩いているのがとても清々しかったです。

0999

撮影後、お気に入りのショップでコーヒータイム。(^^)

HASSELBLAD 500C
Zeiss Planar C 80mm F2.8
Kodak 400TX

2017年11月14日 (火)

ヤクティア・エア

0990
ヤクティア・エア Superjet 100(RA-89038)

ヤクティア・エア、聞き慣れないエアラインですよね。

0991

ロシアのヤクーツク航空の旅客機で、ヤクティア・エアは英語読みです。

0992

初めて遭遇したエアラインなので、飛行機好きの私はとても嬉しいです。

0993

いつも事前調べなしでの撮影なので、こうした予期せぬ出遭いが撮影の醍醐味。これは野鳥撮影も同じです。

0994

たまには金属製の鳥さん撮影も楽しいものです。(笑)

Canon EOS 7D Mark II
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

2017年11月13日 (月)

エティハド航空 B787

0916
エティハド航空 B787-9 Dreamliner(A6-BLE)

今度は金属製の鳥さん撮影。(^^)

0917

アラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空です。

0918

エティハド航空のB787-9を初めて撮影出来ました。B787-9はB787-8型機のボディ延長型。全日空さんのB787-9は何度も見ていますし、撮影もしているのですが。

919

今年、更にボディを延長したB787-10がすでにロールアウトしています。全日空さんも発注していまして、2019年から日本の空で見られるようです。

飛行機ファンとしては楽しみです。(^^)

Canon EOS 7D Mark II
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

2017年11月12日 (日)

ミサゴに再遭遇

1000
ミサゴ(タカ目タカ科ミサゴ属)

今シーズン(秋以降)、こちらで初めて野鳥撮影をやって来ました。

運良くミサゴに遭遇し、ラッキーです。ミサゴは春の北海道で出遭って以来なので、嬉しかったです。

1001

魚を狙って急降下するシーンも見られたのですが、私の居た場所からは障害物の影になって水に入る瞬間が見られませんでした。そもそも想定していた出遭いではなかったので、仕方ありません。また今度。

1002
カンムリカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)

カンムリカイツブリです。冬羽ですので、夏羽ほど派手ではないですが。

1003
ハクセキレイ(スズメ目セキレイ科)

ちょこちょこ動き回るハクセキレイ。特に珍しい鳥さんではないですが、今シーズン初遭遇なので撮影しておきました。(^^)

Nikon D5600
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2017年11月11日 (土)

街(6)

0986

0989

0988

0987

LEICA M(Typ 240)
Summilux-R 35mm F1.4

2017年11月10日 (金)

神宮外苑の銀杏並木 2017

0980

神宮外苑の銀杏並木を初めて撮影に訪れたのが三年前。

0981

で、三年ぶりに訪れてみました。まだ、いちょう祭りの開催前ですから、三年前ほどの混雑ではなかったです。

0982

その混雑が嫌なので、少し早めに行ってみたわけです。

0983

しかし、もう大分散っていますね。

0984

ややピントを外しています。ピン山が掴みづらい外付けEVFのせいです・・・と、言い訳をする。(笑)

0985

トランプ大統領が来日中でしたから、警備の警察官の多かった事。沿道には沢山の警察車両とレンタカー(警察が利用)が駐車していました。

警察官の写っている銀杏並木の写真もあるのですが、良い記念になりますね。後年見直した時、「あぁ、あの時は米大統領が来日中だったんだぁ・・・」と。(笑)

LEICA T(Typ 701)
Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH.

2017年11月 9日 (木)

モーツァルト/管楽器のための協奏曲集

0977

フルート協奏曲第1番 K.313
オーボエ協奏曲 K.314
クラリネット協奏曲 K.622
ファゴット協奏曲 K.191
ホルン協奏曲第1番〜第4番 K.412, 417, 447, 495
フルートとハープのための協奏曲 K.299
協奏交響曲 K.297b

ヴェルナー・トリップ(fl)、ゲルハルト・トレチェック(ob)、アルフレート・プリンツ(cl)、ディートマール・ツェーマン(fg)、ギュンター・ヘーグナー(hr)、ヴォルフガング・シュルツ(fl)、ニカノール・サバレタ(hp)、ヴァルター・レーマイヤー(ob)、ペーター・シュミードル(cl)、フリッツ・ファルトゥル(fg)

カール・ベーム 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

独グラモフォン 2740 231(レコード 4枚組)

0978

フルート協奏曲第1番 K.313
フルートとハープのための協奏曲 K.299
オーボエ協奏曲 K.314
クラリネット協奏曲 K.622
ファゴット協奏曲 K.191
協奏交響曲 K.297b

アンドレアス・ブラウ(fl)、ジェイムズ・ゴールウェイ(fl)、フリッツ・ヘルミス(hp)、ローター・コッホ(ob)、カール・ライスター(cl)、ギュンター・ピースク(fg)、カール・シュタインズ(ob)、ヘルベルト・シュタール(cl)、ノルベルト・ハウプトマン(hr)、マンフレット・ブラウン(fg)

ヘルベルト・フォン・カラヤン 指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

独EMI 1C 197 10 2238 3(レコード 3枚組)

0979

ホルン協奏曲第1番〜第4番 K.412, 417, 447, 495

デニス・ブレイン(hr)
ヘルベルト・フォン・カラヤン 指揮
フィルハーモニア管弦楽団

仏EMI 2C 051-00414(レコード)

今日は私の愛聴曲をご紹介させて頂きます。
モーツァルトが管楽器のために書いた協奏曲で、私はこれらの曲が大好きなのです。元々カール・ベームが指揮した4枚組みのレコードをたまに取り出しては聴いておりました。

最近になって自宅の1,000枚を超えるレコードコレクションのうち、約500枚を売却した事はこちらで記事にしております。もっとも大分前にも700枚ほどを売却していましたので、改めて随分とレコードを買っていたものと自分自身驚いています。(笑)

で、その500枚ほどを手放す時に残す、残さないの選別をしている際、カラヤンが指揮した協奏曲集を持っていた事を知ったのです。知ったというより、自分がすっかり忘れていただけなのですが。まぁ、まともに聴いていなかったから忘れていたとも言う。(笑)

カラヤンが指揮した演奏はベルリン・フィル全盛期と申しても良い時期の録音ですから、それぞれソリストとしてもやっていけるほどの技量を持った楽員の妙技を聴けます。中でもカール・ライスターのクラリネットや、ローター・コッホのオーボエは最高です。(^^)

そのコッホが吹くオーボエ協奏曲の第二楽章冒頭、「歌劇/フィガロの結婚」の第二幕冒頭で歌われる伯爵夫人のアリア、「愛の神よ照覧あれ」を思わせるようなしっとりと美しいメロディを、コッホが儚くも美しいという形容がピッタリの演奏を聴かせてくれます。私は背筋がゾクゾクっと来ましたから。

オケの方はカラヤン指揮よりベーム指揮の方が私は好み。ベーム盤はウィーン・フィルの美しい弦楽器の音色を堪能出来ます。ゲルハルト・トレチェックのオーボエも鄙びた音色がこれまた何とも言えない魅力がありますよ。

クラリネット協奏曲を担当しているカール・ライスターについては私が改めて申すまでもなく、実際にソリストとしても活動し、素晴らしい録音(クラリネット五重奏曲他)も残しています。このカラヤンとの演奏でもライスターは素晴らしい演奏をしています。

独グラモフォンのカラヤン盤は木管楽器の協奏曲だけを集めていますので、ホルン協奏曲が収録されていません。しかし、大分古い録音ながらフィルハーモニア管弦楽団の楽員だったデニス・ブレインをソリストとしてホルン協奏曲をEMIに残しています。

実はこの盤も自分は持っていた事を忘れておりまして、今回の選別時に発見しました。(^^;
モノラル録音ですからやや古めかしい音質には感じるものの、鑑賞には何ら問題ありません。当然ですよね、メジャーの会社がスタジオできっちり録音しているのだから。

デニス・ブレインの演奏には惚れ惚れしますね。音色が何より優しくて聴き惚れてしまいます。もちろんベーム盤のギュンター・ヘーグナーも負けず劣らず素晴らしい演奏をしておりますが、どちらかと言えばデニス・ブレインの方がほんの少し好みかな。まぁ、優劣を付けようとする事自体が間違いです。

ホルン協奏曲では私は第1番と第3番がお気に入りで、第1番の第一楽章冒頭、何とも言えない美しいメロディ。その後に登場するギュンター・ヘーグナーのウィンナホルンの響きがこれまた実に美しい!
「美しい」という言葉の連発になりますが、事実なので仕方ない。(笑)

管楽器のためにモーツァルトが書いた曲の中で一番優雅なのが「フルートとハープのための協奏曲」ではないでしょうか。オケが奏でる冒頭の音楽を聴いた瞬間、優雅で豪華な雰囲気を味わえます。モーツァルトにしては絢爛豪華という言葉がお似合いの曲です。

そもそもフルートとハープとで協奏曲が書かれているという非常に珍しい楽器の取り合わせです。しかし、私はこの曲が大好きです。クラシック音楽を格別愛好されていらっしゃらない方も、多分どこかで一度や二度、耳にしているはずです。ただ、作曲者と曲名を知らないだけで。

オケの主題提示が終わった後にフルートとハープが同じ主題で登場するのですが、ここが私は大好きで。ベーム盤で聴けるスペイン出身の名手、ニカノール・サバレタによるハープのソロがまた素晴らしい!

ウィーン・フィル、ベルリン・フィルそれぞれの管楽器奏者がソリストを務める「管楽器のための協奏曲集」ですが、きっと楽しめると思います。調べたらCDでもBOXで、或いは各曲単売もされているようです。音楽がお好きな方、是非どうぞ。

フィルハーモニア管弦楽団のホルン奏者、デニス・ブレイン盤も演奏は素晴らしいですが、モノラル録音だという事だけ今一度申しておきますね。

あぁ・・・モーツァルトは良いなぁ・・・。
やはりモーツァルトの音楽は心を癒してくれます!

2017年11月 8日 (水)

迎賓館

0973
迎賓館(港区元赤坂)

外国の国家元首といった国賓級のお客様をおもてなしする迎賓館に入ってみました。

0974

中にも入りましたが撮影禁止のため、皆様に室内の様子をご覧頂く事は出来ません。

0975

オバマ元大統領を迎えて晩餐が行われた部屋(写真が残っています)や外国の国王を迎えた部屋なども見ましたが、ただただ絶句するのみでした。

もの凄い金額(税金)を掛けているなぁ・・・というのが正直な感想。調度品はもちろんの事、床、壁、天井、照明(シャンデリア)、いやいやキリがありません。(笑)

0976

今まで自分が納めて来た税金全額でカーテン一枚くらいにはなっているのかな?

なんて思っちゃいました。(笑)

FUJIFILM X-Pro2
XF 23mm F2 R WR

2017年11月 7日 (火)

日本橋川クルーズ(2)

0965
日本丸

0966
海王丸

東京湾に出てみると、この日珍しく帆船が二隻桟橋に着岸していますとのアナウンスが。二隻揃うのは大変珍しい事だそうですから、運が良かったのですね。(^^)

0967

船は東京湾から再び隅田川に戻って来ます。

0968

築地大橋です。もちろんまだ開通していません。この先は未だ移転問題で揺れている築地市場ですから。

0969

その築地市場を水面上から眺めます。

0970

永代橋が見えて来ました。船は永代橋の下を通り抜けて日本橋川に入って行きます。

0971

日本橋川では幾つかの橋をくぐりますが、時にはご覧のように頭すれすれに通過しました。(^^;

0972

で、日本橋に到着です。

2時間のクルーズですが、出発が午後2時半でしたからこのシーズン日が短いのと、生憎の曇り空だったのが悔やまれます。でも、遠方からのお友達も楽しんでくれましたし、何より一緒に乗っている自分も充分堪能しました。(^^)

LEICA T(Typ 701)
Summilux-TL 35mm F1.4 ASPH

2017年11月 6日 (月)

日本橋川クルーズ

0959
日本橋川

日本橋から出ているクルーズ船、「日本橋川クルーズ」に乗ってみました。

日本橋の袂から出航するクルーズ船でして、もちろん初めての乗船。昨秋、大阪で道頓堀川クルーズに乗船しましたが、同じようなクルーズ船です。

ただし、こちらは日本橋川をクルーズするだけではありません。隅田川に出て行くのです。(^^)

0960
豊海橋

この橋、以前隅田川テラスを勝鬨橋から浅草の吾妻橋まで歩いた際、この豊海橋を歩いて渡っています。何故なら隅田川テラスは隅田川に注がれている日本橋川の河口でテラスが分断されているからです。

今回はその河口から隅田川に出ています。

ちなみに、吉良上野介の首を討ち取った赤穂四十七士は永代橋を渡った後、この豊海橋を渡って泉岳寺に向かったそうです。

0961

隅田川にクルーズ船が出ました。上流方向には東京スカイツリーが見えます。

0962

隅田川に架かる橋の中でも最も美しいと思われる中央大橋を水面から見ています。

ここからクルーズ船はしばし隅田川を離れ、左手の越中島と石川島公園間の水路に入って行きます。

0963

今春、門前仲町に用事があって出掛けた際、隅田川テラスから石川島公園を抜けて行った時に出遭った帆船「明治丸」です。

今回は水路上から見る事になりました。

0964
ららぽーと豊洲

今、何かと問題になっている豊洲です。豊洲市場はもう少し先の左手。

ここから晴海埠頭を右手に見て、東京湾へと向かいます。

こうしたクルーズ船、乗ってみるとなかなか楽しいものです。(^^)

LEICA T(Typ 701)
Summilux-TL 35mm F1.4 ASPH.

2017年11月 5日 (日)

水元公園の自然

0953

大変広い敷地の水元公園。

0954

樹々からパワーをもらって来ました。(^^)

0955

0956

0957

0958

そして、酸素をたっぷり吸って来ました。^ - ^

Nikon F3
Ai Nikkor 50mm F1.2S
Kodak T-MAX 400

2017年11月 4日 (土)

水元公園

0948
水元公園にて(東京都葛飾区)

初めて訪れた水元公園。寅さんで今や全国区になっている柴又からもそう遠くはありません。

こちらもフィルムカメラ、久々にニコン F3を持ってのお散歩です。

0949

映画では寅さんが子供の頃に遊んだ公園という設定になっていましたね。

0950

桜が満開時の春は人出も多いのでしょう・・・きっと。

とは申せ、この日は休日という事もあって訪れている人が多かったですよ。写真左手ではレンタサイクルが運営されていました。

0951

トンボを見ると撮影したくなる・・・(笑)

0952

行く前、広さは新宿御苑くらいかなぁ・・・と思っていたのですが、とんでもありません。少なく見積もっても新宿御苑の10倍ほどの広さはあると思います。

いや・・・端から端まで歩いたのですが、本当に広かった!(^^;

Nikon F3
Ai Nikkor 50mm F1.2S
Kodak T-MAX 400

2017年11月 3日 (金)

腰越漁港

0944

この日、腰越漁港ではみなとまつりが開催中でした。

0945

出店もそれなりに出ていまして、気温が高かったせいで冷たい飲み物が売れていたようです。

0946

地元の方が多いと思いますが、賑やかでしたよ。お天気にも恵まれましたし。

0947

もちろん漁船はお休みです。(^^)

PENTAX 645N II
smc PENTAX 67 105mm F2.4
Kodak 400TX

2017年11月 2日 (木)

湘南海岸

0941

台風21号による高潮で江の島ヨットハーバーが被害を受ける前の撮影です。

いつもとは違う方向から見る江の島です。

しかし、現像ムラが酷いですね。(^^;

0942

この日は実に平和な海でした。

0943

寒気が来る前の暑い日でしたから、お散歩していると汗が止まらなかった事を思い出します。

さすがにもう30度近い気温の日は来年までお預けでしょうね。

PENTAX 645N II
smc PENTAX 67 105mm F2.4
Kodak 400TX

2017年11月 1日 (水)

境川

0939

珍しく「藤沢駅」から江ノ電に乗車しました。

で、「江ノ島駅」のひとつ手前、「湘南海岸公園駅」で下車し、海岸方向へ歩いていた時の撮影ですが、湘南海岸公園駅で降りたのは初めてです。

0940

この川の名前は「境川」と言います。

東京の町田市から相模湾、江の島の横に注がれています。私は境川というと大和市を連想しちゃいますが。

久しぶりのフィルム撮影です。

お散歩のお供には重いペンタックス645で、レンズはバケペン用の標準レンズを純正マウントアダプターを介して装着しています。

PENTAX 645N II
smc PENTAX 67 105mm F2.4
Kodak 400TX

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »