« Merry Christmas!! | トップページ | 谷根千 »

2017年12月26日 (火)

α7R III でカワセミを狙ってみる

1185
カワセミ(ブッポウソウ目カワセミ科)

先日は飛んで来たノスリを追い掛けた写真を掲載しましたが、後日、久しぶりにカワセミのダイビングをSONY α7R III で狙ってみました。

小魚目差して池の中にダイブ。水中から出て来たところからのカットになります。嘴に魚を咥えていないので、失敗したようです。

ご覧のようにピントは大甘です。α7R III に装着しているレンズがソニー純正ではないのと、おまけにマウントアダプターを介しているためか、オートフォーカスの初動が少し遅いです。止むを得ないですかねぇ・・・。

シャッターは切るものの、初動の遅さからジャスピンで撮影出来ていません。ノスリの時も捉えるまでに少し時間が掛かっていましたから。

1186

しかし、それでも一旦標的(もちろんこの場合カワセミですが)を捉えると、カメラのオートフォーカスはカワセミの素早さにも負けずに追って行くのには私も少々驚きました!

1187

多分、純正のFE 100-400mmだったら最初のコマからピントは来ていたかもしれない、そう思わせるカメラのオートフォーカス性能です。

もう、α7シリーズ第二世代のモデルとは雲泥の性能差だと思います。センサーこそ据え置きでしたが、完全なるフルモデルチェンジですね。

倍率が上がり、総画素数も増えたEVFですが、こうした動きモノを撮影する時はフレームレートを倍の120fpsにして撮影しています。普段はノーマルの60fpsで充分なので。EVFは本当に進化していますね。

撮影カットはこの先もあるのですが、今日は動きモノ撮影の作例として三枚掲載してみました。返す返すも一枚目のピンアマが残念です。その前のカットは完全ピンボケ。まぁしかし、カメラの検証が目的でしたからね。

1188

こちらはおまけ。最初の三枚と同じ公園内とはいえ、撮影場所が違います。野鳥撮影を終え、駅に向かって車も通る道端を歩いていた時に偶然見付けたカワセミです。「え!? こんなところにカワセミ?」という驚きが。距離にして4〜5mというところでしょうか。いや、3〜4mかな?(笑)

私が撮影中、小さい子どもさんを連れたお母さんが歩いて来まして、「○○ちゃん、ほら見て、カワセミよ!」と言いながら指差しをした途端、飛んで行ってしまいました。(笑)

SONY α7R III
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

« Merry Christmas!! | トップページ | 谷根千 »

コメント

おはようございます。
カワセミの青い色は本当にきれいですね。
ピントが来なかったのは撮影された方としては残念だと思いますが、
拝見しているこちらは十分に楽しめました^^
道ばたでカワセミに遭遇にも驚きました。
そのエリアはカワセミが多いのでしょうね。

koukoさん、こんばんは。
カワセミは本当に綺麗な鳥さんですよね。
飛んでいる時も、コバルトブルーの色がとても鮮やかです。
こちらの公園は二度目でして、野鳥撮影で訪れたのは初めてです。
東京西部の公園でして、以前訪れた時に、比較的近い距離でカワセミが見られる事を知りました。
でも、カワセミはもう大分前に散々やりましたので、その後も行ってませんでした。
しかし今回、カメラの動体テストをするにあたって、この公園を思い出したわけです。
撮影中、二羽のカワセミを見ました。雌雄なので、カップルかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Merry Christmas!! | トップページ | 谷根千 »