« 私の愛聴盤 第23回 | トップページ | SONY α7R III は飛びモノに使えるか? »

2017年12月18日 (月)

SONY α7R III 買いました!

1140

SONY α7R III を買いました。

私のα7シリーズ購入は、初代α7R(3,600万画素) → α7 II(2,400万画素) → α7R III(4,240万画素) と、通算3台目となります。α7 II でも使っていて不満はそれほどなかったのですが、α7R III の発表後にソニー銀座でデモ機を弄ったのが運の尽き。(笑)

シャッター音の「キレ」に参ってしまいました。前2台のシャッター音は正直好みではなく、ただ単に実用的、或いはユニバーサルマウント的に使える事に重宝していたわけです。

1141
SONY α7R III

しかし今回の α7R III はシャッターユニットが変わったお陰で、スパッと切れるような音が小気味好いです。撮影しているとモチベーションも上がります。(^^)

EVFも更に高画素化(約369万画素)され、倍率も上がってほとんど不満はありません。もう、一眼レフの光学ファインダーよりα7R III のEVFの方が自分にとっては見やすいです。マウントアダプターを介してマニュアルフォーカスをする際、ボタンひとつで拡大出来るお陰もあってピントのピークが実に掴みやすいです。カメラのピーキング設定は必要ありません。私はOFFにしています。

センサー画素数は約4,240万画素ですか。α7 II が約2,400万画素でしたから、一気に増えました。もっとも先代のα7R II からセンサーは変わっていませんので、画素数こそ据え置きですが、私が使っていたα7 II から見れば大幅に増えたわけです。

1142
恵比寿ガーデンプレイスにて(以下同)

1146

思えばキヤノンさんが初めて35ミリフルフレーム(約1,110画素)のセンサーを搭載したEOS 1Dsを発表した直後に、「プロカメラマンのためのデジタルセミナー」を開催したのですが、私はそのセミナーに参加しました。

その時の講師が異口同音に「1,000万画素ともなれば大判(4x5)フィルムの解像度さえも超えています。手ブレにはシビアになりますから、三脚は絶対に必須となります」とおっしゃっていた事を思い出します。

今時、誰も1,000万画素のデジタルカメラが大判フィルムを超える解像度を持っている、なんて言いませんよね? スマホさえ軽く1,000万画素を超えていたりしますから。隔世の感がありますね。大して時は経っていないのに。

1143

α7R III は約4,240万画素です。私はもうこれ以上必要ないと思っています。メカニズムも大幅にアップグレードされましたし、最低でも3年、いや4〜5年は使っていきたいと思っています。

しかし、資金調達のため、今年購入したばかりのカメラやレンズまで手放す事となりました。(≧∇≦)

1147

でもまぁ・・・いろいろありましたが、35ミリフルサイズセンサー搭載カメラはこれで充分だと思います、多分。(^^;

SONY α7R III
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(製品写真以外)

« 私の愛聴盤 第23回 | トップページ | SONY α7R III は飛びモノに使えるか? »

コメント

RIIIですか、よさそうですね、バッテリーも大型化されて安心ですね

おはようございます。
4、5年使っていこうと思えるカメラですか。
良いモノに巡り会えたのですね^^
約4,240万画素・・・すごいですね~。
夜を彩るライトアップが本当にきれいです♪

SONY 7、ずう~っと注目の的であり続けましたが、究極のRⅢになりましたね。
レンズも周辺アダプターもいううことなし。
性能的には、ライカなんか足元にも・・・とは思うものの。
かつて、sonyのデジであまりいい思いが無かったので、まあ、根気よくMとTL2でのんびりとやっていこうと覚悟を決めています。(笑)
.シャッター音に惹かれたというもは、さすが(!)です。(羨)

逝っちゃいましたか(笑)4000万画素オーバーの世界は何が見えるのか...興味シンシンです(*^^*) 作品楽しみです!

roxanne6さん、こんばんは。
α7 IIからは大分進歩している事を実感しております。

koukoさん、こんばんは。
デジタルはしょっちゅう買い換えていましたが、α7R IIIは長く使えそうです。
あ、それでもα7 IIも2年半ほど使っていましたよ。(^^)
画素数が多くなった分、ファイルが大きくなりました。

kurakameさん、こんばんは。
α7シリーズはマウントアダプター遊びで人気のカメラですよね。
しかし、今回のα7R IIIはカメラとしての完成度がかなり高くなりました。
ライカは王道と申しますか、我が道を行く・・・でよろしいのではないかと思います。
LEICA M(Typ 240)を使ってみて、そう感じました。

YOUさん、こんばんは。
いや・・・分かってはおりましたが、ファイルが大きい!(笑)
それでもカメラとしては完成度が高いです。

凄いですね〜
私は、まだα7sのままです^^ゞ
良いのに決まってますが、処理は大変そうですね。

ROCKSさん、こんばんは。
α7シリーズって、自分のメインカメラみたいな感じで使って来ましたからねぇ・・・。
今回は大幅グレードアップです。(^^)
当然ですが、やはり一枚のファイルが大きいです。

α7RIII、おめでとうございます。IIシリーズでもかなりの完成度でしたが、IIIとなって益々完成度が高まっている感じですね。最初のころ、α7シリーズはフランジバックが短いのでマウントアダプターによるオールドレンズ遊びに適しているプラットホームかも、などと思いましたが、今や堂々のシステムカメラに成長しましたね。レンズもツァイスブランドはもちろん、ソニーブランドのレンズも描写にこだわりがあって好みです。

 こんばんは。

 買われたのですね。シャッター音だけでも、大きく違う感じがします。

 ・・・私は、α7RIIIには触れないようにします。
 ・・・もしも、欲しくなったら、困りますので・・・

 私の方は、年末年始に、レンズを購入したいと思っています。キャッシュバックが、一つの誘惑です。

うっちーさん、こんばんは。
おっしゃる通り、α7シリーズはマウントアダプター遊びに最適なミラーレスカメラ。それまでAPS-Cだったミラーレスが、初めてフルフレームとして登場しましたから、オールドレンズファンに大人気となりましたよね。
そういう私もようやくライカRレンズをそのままの画角で使えると喜んだものです。
それまでEOSで使いましたが、35/1.4だけボディのミラーが干渉して使えなかったのです。(笑)
当初レンズシステムの不備を指摘されてましたが、今は高性能のレンズが揃いましたよね。^ - ^

pyosidaさん、こんばんは。
思い切って・・・・逝っちゃいました。(笑)
α7 II、まだまだ使えるのですが、なまじ新型を触ったからいけません。(^^;
pyosidaさんはキャッシュバックのあるレンズですか。
何だろう・・・?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の愛聴盤 第23回 | トップページ | SONY α7R III は飛びモノに使えるか? »