« ニシオジロビタキ | トップページ | 羽田イルミネーション »

2018年1月29日 (月)

向かって来たのは・・・

1288
ミサゴ(タカ目タカ科)

霞ヶ浦に注ぐ川の河口付近、その土手に立っていたら・・・、

1289

ミサゴがこちらに向かって飛んで来ます。え・え・え!?

まるで撮影してくれ!・・・という感じで。(笑)

1290

ただ、猛烈な北からの強風が吹いており、その強風に煽られて思うように飛べないミサゴ。

1291

ほとんど私の頭上を通過して行ったのですが、私も強風に煽られてミサゴをファインダーから外したり、手ぶれでピントが怪しいコマがありました。撮影直後、カメラの液晶でピントを確認したら、このミサゴは大きな魚を掴んでいるではありませんか!

この後のコマは自分の体が強風に煽られたため、ミサゴが画面端っこになったり、手ぶれでピントがアマかったりで、とても掲載出来る写真になっていません。

このままミサゴは遠くの森の中へと消えて行きました。カラスなど、他の鳥に邪魔されずにゆっくり食事をするためだと思います。

しかし、強烈な北風のせいで体の芯まで冷えました。茨城県、やはり横浜より寒かったです。

SONY α7R III(APS-Cモード)
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

« ニシオジロビタキ | トップページ | 羽田イルミネーション »

コメント

おはようございます。
しっかりお魚をつかんでいますね、貴重なお写真!
空がきれいですね~。寒さが厳しい冬ならではでしょうか。
大空を勇壮に飛ぶ鳥の姿は気持ちがいいですね。
しかし北風の霞ヶ浦、寒そうですね~(>_<)

koukoさん、こんばんは。
空は雲ひとつない澄み切った青空でした。
これであの強風さえ吹いていなければ、寒さもそれほど気にならなかったのですが。
土手を歩いている際、足元が時々よろけましたから。(笑)
このミサゴは帰ろうとした時の出来事でした。
何しろ対岸まで目測で1kmはあるところですから、遠くで魚をゲットしたところなんて分かりません。
なので、こちらに向かって飛んで来たのには驚きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニシオジロビタキ | トップページ | 羽田イルミネーション »