« ニコン D850 初撮り(3) | トップページ | Canon EF 400mm F5.6L USM »

2018年3月 4日 (日)

CP+ 2018

Img_0084
SONY FE 400mm F2.8 モックアップ

今年も「CP+ 2018」に行って来ました。

開催に合わせて各社から様々なニューモデルが発表されましたので、なかなか盛況のようです。数年前には初日に大雪が重なって大変でしたが、今年も前夜からの荒天(豪雨・強風)でどうなるかと思っていましたが、雨は朝方で止みましたので無事開催に。

今回私が最初に見たのはソニーさんから発表されたα7 IIIです。ミラーレスαシリーズのベーシックモデルとの事ですが、数年前だったらフラッグシップモデルと称しても良いカメラだと思います。それがベーシックモデルですから、これから対抗機種を出して来ると思われるC社N社にとって、脅威となるモデルではないかと感じています。

人物撮影がメインの人にとってはソニーさんの売りの一つでもある「瞳AF」機能に驚かされます。いやいやこの機能を使って家族写真を撮る人は楽でしょうねぇ・・・。カメラが瞳にピントを勝手に合わせてくれるのですから。

Img_0086
中野耕志さん(ニコン)

各社のトークショーで見て良かったと思えたのは第一番にニコンブースの中野耕志(野鳥、航空機)さん、それとキヤノンブースの長根広和(鉄道)さんでした。

Img_0087

中野耕志さんの「WINGS 〜D850・D500で捉える、翼あるものたち〜」は前半に野鳥写真、後半に航空機写真というプログラム。どれも本当に素晴らしい写真を見せて頂く事が出来ました。

Img_0089

ご自身が申しておりましたが、500mm F4が標準レンズという事で、他の焦点距離は置いて行く事があっても500mmは外せないと。

当然でしょうね、野鳥撮影に500mmは必須のレンズです。

Img_0090

基本、この機材を大小二つのバッグ(ザックとウエストバッグ)に入れて移動するとの事。スイス空軍の演習を標高3,000m近い山へ上がって撮影(スチルと動画)した写真は圧巻でした。スイスの空も綺麗でしたねぇ・・・。

私の同行者も中野耕志さんの写真に感動していたようです。(^^)

何より、私はニッコール500mm F4Eの描写の素晴らしさに感動! とんでもない解像度ですね。無理とは思いながら、何とかしてあのレンズを手にしてみたいと、本気で思うくらいの描写でした。

500mmで野鳥を撮影してみたい!

Img_0094
中井精也さん(ニコン)

Img_0096

中井精也さんのトークショーはいつもの通りです。あのキャラクターですから人気があるのも分かります。

しかし、今回同じ鉄道写真ではキヤノンブースの長根広和さんの『EOSで撮る「鉄道瞬景」の世界』が良かったです。同じ鉄道写真家でも中井精也さんとは目指す方向が違うという印象を受けました。

長根広和さんの撮られた写真は、「努力しなければ良い写真は撮れない」という事を改めて実感させてくれるものでした。思い描くイメージ通りの写真が撮れるまで、何度も通う。拙い写真ばかり撮っている私ですが日々そういう事を思っていますので、長根さんの撮られた写真を拝見して自分の考えが間違いではない事を実感した次第。生意気ですが。

各社のニューモデルにはα7 III以外ほとんど触っていません。なんたってどのモデルも行列ですから。並ぶのが嫌いですからね、自分は。慌てなくてもそのうち店頭やショールームで弄れるので。

興味を持ったトークショーだけ見て終わりにしました。そうそう、キヤノンの米美知子さんのトークショーは凄い人気ですね。というより、熱烈なるおじさんたちのファンが押し寄せているという感じでした。後ろからちょこっと様子を見たら、カメラを持ったおじさんたちは米さんばかり撮影しています。米さんが撮影した写真はどうでも良いみたい。(笑)

CP+ 2018は今日までの開催です。お近くでお時間のある方はお出掛けになってみては?

※ ニコンブースの中野耕志さんと中井精也さんはSNSなどネットに撮影写真をあげて頂いて構いませんと、事前のアナウンスがありました事を申し添えておきます。

« ニコン D850 初撮り(3) | トップページ | Canon EF 400mm F5.6L USM »

コメント

 こんにちは。

 CP+ 2018・・・首都圏は良いですね。カメラのサービスセンターと言い、環境が恵まれていると感じます。

 こちら大阪では、昔々学生時代に百貨店で、年に一度のカメラショーがありよく出かけていました。
 全メーカーのカタログを貰い、(買ったのかもしれません)、新製品のカメラに触り、中古のカメラの出物を見るのが楽しかったです。

 最近は、カタログだけですが、このような催し・・・一度は行ってみたいです。

 ・・・私も並ぶのは苦手です。
 と共に、自分もおじさんですが、カメラ好きのおじさんのタイプ・・・どうも敬遠気味です。

pyosidaさん、こんばんは。
CP+が横浜で開催されるようになりましてからは、地元の私としては行きやすくなってラッキーと思っております。
都内開催の時は毎年行く事はありませんでしたから。
今年はソニーのブースが一番人が多いように感じました。やはりα7 IIIが注目されているのでしょう。キヤノンは例年に比して寂しい感じを受けました。ハイアマチュア以上の人たちに興味を惹くモデルがなかったですからね。
そのキヤノン、今後はミラーレスカメラを積極的に開発する事を発表していますね。一眼レフは年々シェアを下げているからのようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニコン D850 初撮り(3) | トップページ | Canon EF 400mm F5.6L USM »