« 雀鷹 | トップページ | 街(22) »

2018年6月 6日 (水)

街(21)

1809

久しぶりに持ち出したニッコールのオールドレンズでスナップした写真を今日はご覧頂きます。

デジ一眼のD800とD800Eを持っていた頃に使って以来だと思います。

1810

1811

1812

1813

1814

ややフレアっぽい描写にオールドレンズらしさを感じますね。

Nikon F3
NIKKOR-H Auto 50mm F2
Kodak SUPER GOLD 400

« 雀鷹 | トップページ | 街(22) »

コメント

おはようございます。
やはりフィルムはいいなぁと感じてしまいました^^
こうした路地を歩くのは写真散歩の楽しみの一つですね^^

こんばんは

昨日のツミ、巣材を運ぶ姿楽しませていただきました。

今日のネガフィルムでの町スナップもよいですね。1枚目の斜めってる構図と、二人の上のぐちゃぐちゃな電線が面白いです。2枚目と6枚目は首都圏というのか関東というのか、私がよく知ってる関西の町ではないなぁというのがホッピーとサワーということばからはっきりわかりますね。初めて東京の飲み屋街を歩いたときに「ホッピー?なんじゃそれ?」と思った記憶がありますし、サワーは関西では「チューハイ」ですから。

3枚目と4枚目はグラフィティに目が行きます。ありていに言えばただの落書きで近隣の人にとってはただの迷惑行為なんでしょうけど、私も街歩きのときは自然と構図に含めてスナップすることが多いです。なんででしょうね?^^;

オールドレンズの描写にネガフィルムの淡い色合いがマッチしてか、現代の町なのに、昔の?、いや昔に見た町のような印象です。

koukoさん、こんばんは。
フィルム、デジタル化してもフィルムらしい柔らかさのような質感は出て来るようです。
スナップといえば路地裏写真が一番面白いです。

ななまるさん、こんばんは。
ツミは初めて撮影しましたが、汗をかきながら撮影した甲斐がありました。(笑)
フィルムでのスナップですが、1枚目は意識的にフレーミングを傾けました。
それと、ぐちゃぐちゃした電線は写欲をそそられるのです。こうした路地を歩くとしょっちゅう見上げている自分がいます。(笑)
ところでサワーとチューハイ、同じものなのですか。私、お酒はまったく飲めませんので、これらは別の飲み物と思っておりました。(^^;
都会は落書きが多いですね。たまに(本当にたまに)センスの良いものも見られますが、やはり迷惑行為に他ならないですよね。そう言いながら、ついつい被写体として見てしまうのですが。(^^;
デジタル写真を見慣れた後にネガカラーの写真を見ると、フィルムの描写の方が自然に感じるのは何故なのでしょうねぇ・・・?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雀鷹 | トップページ | 街(22) »