« クラシックカメラ | トップページ | 子育て »

2018年7月 3日 (火)

グローリー

1962

飛行中、グローリーが見られたので撮影。飛行機に乗っていると、時々見られます。

気象現象のひとつで、太陽光線を背にして自分(この場合は飛行機)の姿が雲や霧に映し出されると、その影の周りに虹のような光輪が見られる事があります。

1963

パッと見、富士山に見えますよね。この山は蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山です。

デジタルズームで撮影していますので少々画像が荒れているのはご容赦。

1964

なんともクラシックな佇まいですね。

1965

1966

さあ、誰でしょう?

« クラシックカメラ | トップページ | 子育て »

コメント

おはようございます。
これ、グローリーって言うんですね!
見たことありますが、写真を撮るようになってからは
出会えなくて、虹の光輪が幻想的ですね!
翼の下から覗く羊蹄山素晴らしいです☆
いつか登ってみたい♪
こう見ると、本当に富士山のようだわ!
北海道っと言えば、クラーク博士ですね(^.^)

こんにちは。
グローリーというのですか、幻想的ですね~。
羊蹄山のお写真は、見た瞬間、富士山かと思ってしまいました^^;
北大構内の空気を思い出しました^^

chocoyan2さん、こんばんは。
正解です。クラーク博士です。簡単過ぎますよね?(笑)
グローリー、飛行機に乗る機会の多い方は一度や二度はご覧になられていらっしゃると思います。
ただ、私みたいにしょっちゅう窓の外を見ていないと、見過ごす事もあるやもしれませんね。(^^;
羊蹄山、富士山そっくりです。
登山がお好きなchocoyan2さんとしましては、やはり登ってみたいと思われるのですね。
私は羊蹄山の麓で8月、雪解け水をペットボトルに入れて飲んだ事があるのですが、冷たくて美味しかったです。

koukoさん、こんばんは。
はい、こういう気象現象をグローリーと申します。
不思議ですよね?
羊蹄山は何度見ても富士山に見えます。
居眠りから覚めて見たら、一瞬富士山と間違えるかも。(笑)
北大構内は本当に良いですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クラシックカメラ | トップページ | 子育て »