« 明月院 | トップページ | 富士フイルムのカメラ »

2018年9月 8日 (土)

アオバズクの幼鳥

2049
アオバズク(フクロウ目フクロウ科)

アオバズクの幼鳥を撮影出来ました。

幼鳥のエンジェルポーズをタイミング良く撮影出来たのですが、後から拡大して見たら、肝心の顔に小枝が被っていてガックリ!

2050

左は親鳥です。

2051

枝が被って、撮影はしづらいですが、あまり刺激しないよう短時間で撮影は済ませました。

SONY α7R III
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

« 明月院 | トップページ | 富士フイルムのカメラ »

コメント

こんにちは。

まさに青葉のなかのアオバズクですね。

以前に別の鳥を狙って行った先で見つけたので撮ろうとしたら、やはり大変でした。真上を見上げるようになるので三脚は使えないし、ずっと目をつぶっているし、やはり枝カブリばかりになるし・・・。

軽いカメラとレンズのセットでささっと撮影を済ませるのがスマートですし、鳥にもやさしいですね。

ときに昨日までのカメラ名にはRがついてませんが、もしや・・・。^^

ななまるさん、こんばんは。
このアオバズク、親鳥は今年二回目の撮影ですが、幼鳥を撮影出来たのはラッキーです。
昨年撮影した場所はあまり枝被りする事もなく、比較的撮影しやすかったのですが、今回の場所は苦労しました。
ミラーレスは重さの面で機動力の助けになりますね。
Rの付いていないカメラですか? ご想像の通りです。(笑)
明日の記事で少し触れていますが、もう一眼レフの必要性を感じなくなりまして。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明月院 | トップページ | 富士フイルムのカメラ »