« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

コーラル・プリンセス

2298
コーラル・プリンセス

横浜大さん橋へ初入港した豪華客船。

全長 : 294m
全幅 : 32.2m
定員 : 旅客 1,974名(最大 2,590名)
乗組員 : 900名

2299

カメラに装着していったレンズの選択を誤りました。とにかくデカイ!(笑)

2300

桟橋ギリギリいっぱいの長さでして、35mmレンズでは入りきりませんでした。

2301
象の鼻パーク

撮影には最高のお天気。

SONY α7R III
SAMYANG AF 35mm F2.8 FE

2018年10月30日 (火)

秋の訪れ

2289
ストロベリーアイス

今日は新宿御苑から。ただ、撮影は今月初旬です。

2290
ピース

秋バラが咲き始めの頃でしたが、例年に比べると咲き具合があまり良くないですね。台風の影響かも。

2291

落ち葉だけは例年より早いような。

2292
ヤブラン

2293
タイワンホトトギス

2294
ツユクサ

2295

名前は分かりません。樹木の枝から出ている葉ですが、一部の葉だけこのように赤く色づいています。

2296
蜘蛛の糸

苦手な方、すみません。m(_ _)m

2297
シュウメイギク(秋明菊)

これだけ拙宅で撮影しています。以前、旭川のお友だちから頂いた一本のシュウメイギク(咲き終えています)を指示通り植えたら、一昨年より昨年、昨年よりも今年と花が増え、この秋も沢山の花が咲きました。

Nikon D700
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

2018年10月29日 (月)

キョウジョシギ

2283
キョウジョシギ(チドリ目シギ科)

シギ類とはいえ、嘴が短いキョウジョシギです。

2284

シギにしては短足だし。(^^;

2285

しかし、なかなか目を惹かれる容姿のシギです、私には。

2286

ちなみに名前の由来は「京女が着る衣装」のような羽色から来ているらしいですよ。

2287

確かに心成しか艶やかですね。(^^)

Nikon D500
AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III

2018年10月28日 (日)

池上彰「高校生からわかる原子力」

2288

「高校生からわかる原子力」池上彰 著

株式会社 集英社より刊行(文庫)

27日未明、四国電力伊方原発3号機が再稼働したとのニュースが流れました。東日本大震災時、津波による福島の原発事故が原因で未だに自宅へ戻る事が叶わない多くの人たちがいらっしゃるにも関わらず、原発再稼働。地元では反対する住民が抗議しているようです。

だからという訳ではないのですが、最近私が読んだ本を今日はご紹介します。すっかりテレビでお馴染みになっている池上彰さんが書かれた上記の本です。

世界で唯一、原子爆弾が投下された広島と長崎。その原子爆弾がどういう経緯で製造されたのか。また、その後の原子力がどのように開発、使われているかを実に分かりやすく書かれた本で、私も知らない事ばかりが書かれていました。

第二次世界大戦中、ドイツが先に原子核分裂爆弾を作り出したら大変な事になると危惧したアインシュタインは、そのドイツが敗北する情勢である事を見て、もはや原子爆弾を作り出すべきではないと考え、ルーズベルト大統領に「原子爆弾についてのすべての作業を即時に中止する命令を出して欲しい」との手紙を書いていました。

しかし、ルーズベルト大統領の急死によって、アインシュタインの手紙は大統領の目に触れる事はなかったのです。結果、原子爆弾の開発は進み、とうとう広島、長崎に原子爆弾が投下されてしまいました。

ただ、この本を読んで驚いた事は、日本も原爆を研究していたという事の事実です。何と、1944年7月からは、ウラン濃縮実験が始まっていたとの事。ところが1945年4月の空襲でその実験施設が消失。よって、実験は中止になりました。

日本は同じく原爆を研究していたドイツにウラン鉱石を送るように依頼していましたが、ウランを積んで日本に向かっていたドイツの潜水艦が途中で攻撃を受け沈没したため、日本にウランが届く事はありませんでした。

※ もし、そのウランが日本に無事届いていたら・・・。唯一の原爆被災国と訴えている現在の日本ですが、場合によっては日本が先に原爆を使っていた事も有り得たという事実に私は驚愕しました。

戦後、原子力の平和利用という名目で、世界各地に原子力発電所が造られました。敗戦国日本は大分遅れはしましたが、やはり日本各地に原子力発電所が造られた事は皆さんご存知の通りです。

日本で原子力の開発を進めた最大の牽引者は太平洋戦争中、海軍将校だった中曽根康弘氏(後の総理大臣)でした。そして、民間人で原子力導入に一番の功績(?)を上げたのが読売新聞社の正力松太郎氏です。

現在のプロ野球にその年最大の功績を挙げた投手に贈られる「正力松太郎賞」の、あの正力松太郎氏でした。詳しい事は本書に書かれていますので。

原発マネーが欲しい地方自治体。原発が設置されている事による、或る種の「迷惑料」として支払われるその金額は莫大なものであります。その恩恵を享受しているのは地元政治家、とも書いてあります。

ロシア(当時はソビエト連邦)がアメリカの後、それほどの時間を経ずに原子爆弾の開発に成功したのは、アメリカがイギリスの科学者に応援を依頼した際、その科学者の中にロシアのスパイがいたからだそうです。こんな事も本を読んで知りました。

福島の原発事故後、日本各地に放射性物質が飛び散り、実際に各地で検出されているにも関わらず、政府は「福島の事故に由来するものではない」、と否定しているそうですが、改めて原発の怖さをこの本で知りました。絶対安全な原子力発電所なんて無いのです。それは歴史が物語っています。

原子力発電所で必ず出て来る「核廃棄物」ですが、すでに発電所の貯蔵所では賄えない量になっています。では、その核廃棄物をどうするか?

それは地中に埋めようとしているのです。今、一番の候補が広い大地を有する「北海道」だそうです。もちろん他県も考慮中ですが、いつも何かあると迷惑を被るのは地方ですね。都心に住む政治家の方達には全く影響のない地を選ぶ訳です。

池上彰さんはこの著書で、いずれこの地球のあらゆる地下は核廃棄物でいっぱいになるとおっしゃっております。人類が開発した原子力で、その人類が核によって滅びる事も現実として有り得るのではないか。正しくSF映画で描かれる事が現実に。そう私はこの本を読んで思いました。

是非、ご一読をお勧めしておきます。

2018年10月27日 (土)

ニコライ堂

2279
ニコライ堂(東京・神田駿河台)

御茶ノ水駅の目の前、ニコライ堂です。

2280

正式名称は「東京復活大聖堂」と言うらしいですが。

2281

無信心の私ですが、神社仏閣や教会は建物に惹かれて良く訪れています。

2282

薄い影の様子に惹かれて撮影した一枚。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8
FUJIFILM PRO 160NS

2018年10月26日 (金)

御茶ノ水駅界隈

2274
御茶ノ水・聖橋にて

五ヶ月ぶりにフィルムを使いました。ハッセルブラッドを持ってのお散歩写真です。

2275

JR御茶ノ水駅はバリアフリー工事が大分前から行われておりますが、かなり進んで来ているように思います。

2276
同・お茶ノ水橋にて

聖橋とは真反対からの撮影です。中央線が入って来ました。

2277

ここからの眺め、思えばいろいろなカメラで撮影しているような。(笑)

2278

空を見上げればうろこ雲のような雲が。空も秋らしくなって来ましたね。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8
FUJIFILM PRO 160NS

2018年10月25日 (木)

カラスだけどカラスではないよ

2269
カワガラス(スズメ目カワガラス科)

私自身、二度目の遭遇となったカワガラス。場所は知床に流れる川です。

2270

実はヒグマを待ち受けていたのですが、現れず。(^^;

代わりに登場したのがカワガラスというわけです。

2271

実はこの場所。まだまだサケやカラフトマスがそれほど遡上して来ていなかったので、場所的には少し早かったようです。

2272

二羽現れたのですが、お分かりになりますか?

カワガラスは水生昆虫などを餌としていますので、水の中に潜る瞬間も撮影してはいます。

2273

フルサイズではややレンズが短かったですが、このカットは幸い手前に飛んで来ました。最初はこちらを警戒していたのかもしれません。

ふざけたタイトルですね、今日は。
名前にカラスと付いていますけど、あの迷惑なカラスの仲間ではありません。

SONY α7 III
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2018年10月24日 (水)

厩橋風景

2264
隅田川・厩橋にて

やや中途半端なフレーミング。橋にライトアップ用の照明をオリンピック開催までに間に合わせるよう工事が始まるとかで、柵で囲まれてしまっていたのです。

橋の欄干から撮影すると、その柵が画面に入ってしまうため、レンズを上に向けています。

2265

厩橋からの風景は私のお気に入りで、年に数回は訪れています。

2266

この日は前日の予報とは裏腹に、昼過ぎまではご覧のような好天。

2267

これからはお散歩写真しやすい気候になりますね。

2268

ご覧のような現在の姿。しかし、都も国もオリンピックにかける費用は膨大なもののようですね。

昨日の永代橋の写真と今日の写真、撮影日が異なっております。

LEICA M(Typ 240)
Elmar-M 24mm F3.8 ASPH.

2018年10月23日 (火)

永代橋ライトアップ

2261
隅田川・永代橋

大分前から永代橋のライトアップを撮影しよう・・・と思いながら、なかなか機会が作れず、ようやく撮影する事が出来ました。(^^;

2262

屋形船を流し撮り。しかし派手派手な屋形船ですね。

お陰で撮影し甲斐がありました。(^^)

2263

こちらのカットは一枚目より少し前の時間帯。

昨日、中央大橋を掲載しましたが、この日の目的は永代橋のライトアップ撮影でした。

FUJIFILM X-T20
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2018年10月22日 (月)

中央大橋薄暮

2259
隅田川・中央大橋

隅田川で私が一番好きな橋が中央大橋です。

フランスのデザイン会社に依頼してデザインされた橋なので、さすがにモダンで見栄えの良い橋ですね。

2260

隅田川、思い立ってはちょくちょく出掛けています。

やはり川のある風景に私は惹かれます。

FUJIFILM X-T20
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2018年10月21日 (日)

東京さくらトラム

2255

「東京さくらトラム」って、いったい何だ?

と、思われた方もいらっしゃるかもしれません。

2256

都電荒川線の愛称です。昨年4月に命名が決まりました。

2257

しかし、私はやはり「都電荒川線」と呼んだ方が親しみが持てます。

2258

そう思いませんか?

東京オリンピックに向けて考えられたニックネームらしいのですが。

要するに外国からの観光客受けを狙っているようです。

FUJIFILM X-T20
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2018年10月20日 (土)

歌舞伎町

2252
東京・新宿歌舞伎町にて

歌舞伎町のゴジラです。下の「ミッション・インポッシブル」の公開予告看板をご覧になれば撮影した時期がほぼお分かりになるかと。(^^;

2253

新宿ミラノ座が在ったところです。ミラノ座はスクリーンが大きいのでお気に入りの劇場だったのですが・・・。

2254

この景観、如何にも歌舞伎町らしいですが、自分にはまったく用がないところなので、早々に退散。

え? それなら何故行ったのかと?

え・・・ゴジラを撮影するのが目的でした。(^^;

SONY α7R III
Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH.

2018年10月19日 (金)

濤沸湖畔にて

2249
濤沸湖にて(北海道網走市&小清水町)

ラムサール条約に登録されている濤沸湖(とうふつこ)の湖畔での撮影。濤沸湖も汽水湖です。

背景のお山は斜里岳。

2250

お馬さんが放牧されていたので撮影したわけです。

濤沸湖は多くの野鳥が飛来するところとしても有名で、冬季にはオオワシ、オジロワシなども越冬のために飛来しますが、私は未だ冬季にここで野鳥撮影をした事がないのです。

2251

夏の思い出、ハマナスの実がまだ少し残っていました。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年10月18日 (木)

釧網本線「北浜駅」

2245
釧網本線・北浜駅(北海道網走市)

拙ブログでは何度目かの北浜駅です。で、いつも同じアングルの写真。(^^;

2246

オホーツク海沿いを走ったら寄らずにはいられません。(笑)

2247

もうお馴染みの駅舎の中。駅舎の中で営業している飲食店「停車場」も人気です。

私は見た事がないのですが、高倉健さんの映画「網走番外地」では網走駅をこの北浜駅を使って撮影したそうです。撮影時の網走駅がモダン過ぎて映画に相応しくなかったからだそうですが。

ちなみにこの事は、11年前に某旅行社の道東ツアーに参加した際、北浜駅前を通過する時にバスガイドさんの車中ガイドで知りました。(^^)

2248

オホーツク海に一番近い駅としても北浜駅は有名です。

この時、浜辺では釣竿を一人で20本くらい浜に刺して釣りをしていた人がいました。いやいやビックリものでした。(笑)

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年10月17日 (水)

能取湖のサンゴ草

2241
能取湖(北海道網走市)

今日は能取湖(のとろこ、或いはのとりこ)のサンゴ草です。

2242

こちらは旭川のお友達の案内で知った、サンゴ草の群生地。

以前はオホーツク海に繋がっていた汽水湖でしたが、1973年に行われた護岸工事でオホーツク海とは遮断されたため、珍しい海水の湖となっています。

2243

一般にはサンゴ草の名で知られていますが、厚岸草(アッケシソウ)が正式な名前。

2244

訪れた時はややピークを過ぎていたかなぁ・・・という色合いでした。ピーク時はもっと赤い色をしているらしいです。

それでも前回訪れた時よりも量的にも増えていましたし、訪れてみて良かったです。前回は少々悲惨な状態でしたので。

ただ、もう少し海水に浸かっていれば・・・という感じではありました。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年10月16日 (火)

知床斜里駅

2237
釧網本線

「網走行き」が知床斜里駅へ入線して来ました。

ほとんど真逆光での撮影ですが、レンズは破綻なく写し止めてくれました。

2238

知床斜里駅に来たのはこれで何回目になるのか・・・?(^^;

2239

終点「網走駅」に向かって列車は向かって行きました。

2240

知床斜里駅、綺麗ですね。

私が「男はつらいよ 知床慕情」で見た時は「斜里」という駅名でした。駅舎の外装も↑この様子とは全く違います。

その旧斜里駅、竹下景子さんが駅から父親役の三船敏郎さんに電話をかけるシーンに使われていましたが、駅前の様子も今とは全く違っていました。随分と整備されたのですね。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年10月15日 (月)

知床斜里岳

2232

今日は知床連山を形成するお山の一つ、斜里岳をご覧頂きます。

車を走らせている途中、いろいろな角度から見る機会がありましたので、車を止めては撮影。路上に止めても、全くと言って良いほど他に車は通りませんので。

2233

2234

2235

2236

撮影は二日間に及んでいますので、天候の違いがお分かりになるかと。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年10月14日 (日)

街(39)

2226

東京・高円寺にて。

2227

2228

2229

2230

2231

LEICA M(Typ 240)
Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH.

2018年10月13日 (土)

横浜八景島

2220

横浜の八景島でのスナップです。

2221

こちらの地域の人には「八景島シーパラダイス」として有名な場所です。

2222

2223

2224

2225

LEICA M(Typ 240)
7 artisans 50mm F1.1

2018年10月12日 (金)

中標津

2213
北海道標津郡中標津にて

正面の山は武佐岳(標高1,006m)です。

以前から一度、中標津を訪れてみたいと思っていました。山田洋次監督作品に「家族」、「遥かなる山の呼び声」、「男はつらいよ 知床慕情」といった名作がありますが、これらの作品で中標津が舞台として使われているのです。

2214

特に高倉健さんと倍賞千恵子さんが共演された「遥かなる山の呼び声」は中標津が中心です。倍賞千恵子さん演じる民子が亡き夫の残した牧場(酪農)を細々と営んでいるのですが、映画で見たその中標津を一度見たいとずっと思っていたのです。

2215

そうしたら、映画で登場する牧場とそっくりな牧場を道中見つけ、記念に撮影しようと思ったのですが、お仕事をされている方がいらっしゃったので撮影は遠慮しました。

あそこに倍賞千恵子さんが立てば、まさに映画のワンシーン・・・という感じでした。

中標津ですが、走っても走ってもコンビニはおろか、個人店舗ひとつ在りません。山田さんの映画では「離農」を問題視していましたが、自分の目でその環境を見ると、それなりに考えさせられます。

2216
根室中標津空港

一度も利用した事はありませんが、空港に寄ってみました。

2217

展望デッキに出てみたのですが、飛行機の姿はありません。1時間ほど待たないと着陸機がないので、諦めました。

2218

近くには養老牛温泉が在ります。

嘗て、釧網本線の支線として標津線が中標津を通っていましたが、平成元年に廃線となっています。山田さんの映画の中で標津線「上武佐駅」が出て来ます。

2219

ターミナル内に掲げられていた地図を撮影しておきました。

赤い現在地の矢印の直ぐ上に見える釣り針のような細い半島が野付半島です。面白い形をしていますでしょう?

で、その右上の大きな長い島が北方四島のひとつ、国後島です。

※ 「遥かなる山の呼び声」ですが、11月24日夜9時からNHK制作のリメイク作品が放送されます。高倉健さんの役を阿部寛さんが、倍賞千恵子さんの役を常盤貴子さんが演じています。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年10月11日 (木)

野付湾付近で

2209
ダイゼン(チドリ目チドリ科)

野付半島(全長28km)の突端近くに「野付半島ネイチャーセンター」がありました。もちろん知らずに車を走らせていたのですが。

ちなみに野付半島は海流などによって砂が自然に集まって出来た半島らしいです。

で、二階の観察所から目視で見ていたら、シギ類らしい一羽を見つけ、センターの職員さんに「あの鳥は何ですかね?」と指差しながら尋ねると、双眼鏡を覗きながら「ああ、冬羽のダイゼンですね」と。

え? もう冬羽?・・・と。さすが北の大地。車へカメラを取りに行き、撮影。

2210
ビンズイ(スズメ目セキレイ科)

遠くに見えるのはもちろん国後島です。北方四島の一つ、国後島をバックに野鳥を撮影出来ました。

国後島、近くに見えますでしょう・・・?
その距離僅か16kmです。こんな近くに見える島が何故ロシアなの?

2211
アオサギ(ペリカン目サギ科)

さすがにアオサギを見ても嬉しくも何とも・・・。

何処に行っても見ますからねぇ・・・(^^;

2212

野付半島ではタンチョウ、オオハクチョウ、コクガンなど、タンチョウを除く渡りの野鳥たちにとって中継地点として使われ、四季を通していろいろな野鳥が見られるようです。

訪れた日は曇天でイマイチ天候には恵まれませんでしたが、また訪れたくなる半島でした。

SONY α7 III
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2018年10月10日 (水)

野付半島の雄鹿

2204
野付半島にて(北海道標津郡標津町、野付郡別海町)

初めて訪れた野付半島。

エゾジカのオスが「ロシアよ、北方四島を返してくれ!」と言いながら国後島を見つめていました。(笑)

エゾジカの前方に見えている島は国後島(ここから僅か16kmしか離れていません)です。知床半島の羅臼からですと、ほぼ平行に国後島を見る事になりますが、野付半島からは真横から見る位置になります。

2205

理由は分かりませんが、野付半島ではエゾジカのオスが群れを作っていました。

そもそも、何故こんな釣り針のような形をした細長い半島にエゾジカがいるのか、見た瞬間は本当にビックリしました。

2206

車を走らせている道の直ぐ両側は海です。

と、前方にシカの姿が! 車のフロントガラス越しなので、ピントはイマイチですが。

2207

これまた何故だか分かりませんが、半島の付け根付近は標津町で、しばらくすると「別海町」の標識が現れます。

突端に向かって右側が野付湾で、湿地帯はラムサール条約に登録されています。

2208

その湿地帯をエゾジカが駆けていました。水の上を駆けているエゾジカなんてそうそう見る機会はないと思います。この場所ならではかも。

野付半島入口から根室までは僅か90kmしかありません。北海道での90kmなんて、一時間半も掛かりません。この日は根室には行きませんでしたが、広大な北の大地、今回も随分と走りました。

SONY α7 III
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2018年10月 9日 (火)

浜川崎駅

2200
JR南武線「浜川崎駅」

鶴見線から南武線に乗り換え。

こちらは南武線浜川崎支線の「浜川崎駅」ホームです。浜川崎駅〜尻手駅間(僅か4駅)のワンマン運転。

2201

私はこの区間を初めて乗りました。

浜川崎駅、鶴見線も南武線も無人駅です。

2202

尻手駅まで乗り、川崎駅へ逆戻りする面白い路線でした。

逆戻りですが、尻手駅の次は川崎駅なのです。ちなみに尻手駅〜川崎駅間は南武線の本線。

2203

尻手行きの電車が出るまでの間に、貨物列車が二本通過して行きました。

私の住居環境ではJRの貨物列車を見る機会がほとんどないのですが、浜川崎に来ると貨物列車を頻繁に見られる事をこの時知りました。(^^)

SONY α7 III
CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AEJ

2018年10月 8日 (月)

浜川崎

2195
JR鶴見線「浜川崎駅」

鶴見線に乗って、終点「浜川崎駅」に来ました。乗って来た電車は車庫へ入ります。

2196

この駅へ来たのはこれが二回目。

で、これから南武線に乗り換えです。目指すは川崎駅。

2197

こちらが南武線の「浜川崎駅」です。

鶴見線から南武線に乗り換えるには一旦、鶴見線の浜川崎駅改札を出なければなりません。両者の「浜川崎駅」は道を挟んで向かい合っています。

2198

何となくのどかな雰囲気のところです。

2199

鶴見線「鶴見駅行き」が始点の「浜川崎駅」へ入って来ました。

鶴見線は、鶴見駅〜浜川崎駅間の路線ですが、事実上、沿線の企業に勤める人たちの為の路線と言っても過言ではありません。京浜急行線の大師線も似たような路線ですね。

SONY α7 III
CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AEJ

2018年10月 7日 (日)

国道駅

2191
JR鶴見線「国道駅」

久しぶりに国道駅を訪れました。

2192

駅らしくない駅・・・と申して良いのではないかと。

何故なら、乗客が乗り降りする駅なのに、こんな暗いところを歩かせるわけですから。

2193

しかし、それだからこその国道駅なんですが。(笑)

2194

ホームからの撮影です。この電車に乗りました。

鶴見線に乗ったのも随分と久しぶりです。そうそう、ヤシコンのレンズを使うのも久しぶりでした。

SONY α7 III
CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AEJ

2018年10月 6日 (土)

大井町駅前で

2185

今日は北海道をお休みして、都内でのスナップ写真を。

2186

初めての大井町駅前(東京・品川区)です。もちろん大井町駅で下車するのも初めて。

2187

結構賑やかな街ですね。さすが品川区。

2188

しかし、撮影しているのは裏路地。(笑)

2189

幾つもの狭い路地裏に飲食店が軒を連ねているのですね。

2190

こちらは東急大井町駅ホームでの撮影。

※ カメラの撮影モードは以下の通り。

ACROS + Rフィルター
ハイライトトーン -1
グレイン・エフェクト 弱

以上でJPEG撮って出し、リサイズのみです。

FUJIFILM X-T20
XF 50mm F2 R WR

2018年10月 5日 (金)

オホーツクに沈む

2183

オホーツクの海に沈む真っ赤な夕陽。

・・・を見たいのですが、毎回空振りに終わります。(笑)

2184
知床・ウトロ港

「男はつらいよ 知床慕情」にも登場したウトロ港を俯瞰しています。

知床は昼過ぎくらいまで晴天でも、何故か夕方にかけて雲が多くなって来るのです。今日は綺麗な夕陽が見られるかも・・・と思っても、必ず外れます。この日も同じ。

地理的なものが関係しているのかもしれませんね。ただの一度も真っ赤な夕陽がオホーツクの海に沈む様子を見た事がありません。

なので、繰り返し訪れるのですが。(^^;

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年10月 4日 (木)

羅臼岳

2181

知床半島で一番高い山が羅臼岳です。

遠くから眺めても、近くで見ても、雄大な景色に見惚れますね。

2182

北からはオホーツク海からの上昇気流。南からは太平洋からの上昇気流が。この後、瞬く間に雲に覆われました。

ふたつの上昇気流がぶつかってこの辺りは晴天の時間が短いので、1枚目のようなシーンを見られるのは運が良いと思わないといけません。

自分の場合、今まで晴天の確率は50%ですね。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年10月 3日 (水)

サケ・マスの遡上

2176

今年もサケ、カラフトマスの遡上を見て来ました。

2177

このカットは河口付近での撮影。打ち上げられた羅臼昆布が沢山。

2178

川を遡上して行くわけですが、傷だらけになりながらの命がけ。

見ていると感動します。

2179

無事役目が済んだのか、それともその前に命果てたのか・・・。

2180

山側からヒグマが降りて来ます。しかし、昨年も今年も私は空振り。しばらく待機していたのですが。

本気でヒグマを撮影しようと思ったら、一日中粘らないと無理でしょうね。何しろ待つ事が嫌いな性格ですから。(笑)

来年こそは粘ってみますかねぇ・・・。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年10月 2日 (火)

国後島遠望

2172
北海道・羅臼町にて

今年も知床峠を越えて、羅臼を訪れました。

2173

北方四島の一つ、国後島(くなしりとう)が綺麗に見えています。正面のお山が国後島で一番高い「羅臼山」です。海は根室海峡。

夏にはクジラやシャチが見られる事で観光船が人気ですね。一昨年、私も観光船から野生のシャチを見る事が出来ました。

2174

河口付近では釣り人を多く見ます。遡上して来るサケが狙いですね。川での釣りは法を侵しますので、皆さん河口付近に集まっています。

この河口からサケやカラフトマスが遡上して来ます。当然、そのサケ・マスを目当てにヒグマが山から降りて来るわけですが。

2175

オジロワシを見付けました。(笑)

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2018年10月 1日 (月)

知床・フレペの滝

2164
知床・フレペの滝にて

実は先週、北海道に行ってました。いつもであればブログをお休みさせて頂くのですが、7月途中から8月いっぱい休みましたので、今回は一週間分の記事を予約アップロードしておきました。

今回は知床が中心。

2165
フレペの滝

これがフレペの滝です。このように流れる水は白糸の滝のよう。冒頭写真の右側にこの滝があります。

水量が少なく、乙女の涙のようだと別名「乙女の涙」とも呼ばれているようですよ。ロマンチックですねぇ・・・(^^)

時間帯は午前10時過ぎで、滝が日陰に入って少々見づらいですね。

2166

滝を撮影したところから周りこみ、滝の上辺りから撮影したのがこのカット。

断崖絶壁と申しても過言ではない場所です。撮影している自分の足元先からは崖になります。

しかし紺碧のオホーツク海にスカイブルー、絶景かな絶景かな・・・という感じです。

2167

フレペの滝に出るにはこの原生林の中を歩かなければなりません。遊歩道が設けられていますが、大人二人がやっとすれ違う事が出来るくらいの細い道です。

2168

森の中をようやく抜けるとこの景色!

で、さらに歩いて行くと、断崖絶壁で最高の眺望が見られるわけです。

ちなみに山田洋次監督作品「男はつらいよ 知床慕情」で獣医役の三船敏郎さんがスナックのママ役の淡路恵子さんに愛の告白をするシーンはこの辺りで撮られたらしいですよ。

2169

入り口にはこの掲示板が。ヒグマが出ていますね。このようにヒグマが生息しているところを歩くわけですから、最新の注意が必要です。

昨年もここに来たのですが、その時はヒグマが出没したという事で遊歩道が閉鎖されていて入れなかったのです。今回は入れましたので、素晴らしい絶景を見る事が出来ました。(^^)v

2170

ヒグマを見掛けたらこの左手にある事務所に報告をします。多分、そうなると遊歩道は閉鎖になるのだと思います。

しかしこの10年ほど、回数は自分でも分からないほど春夏秋冬知床に来ていますが、私は今だにヒグマを見た事がありません。余程ヒグマに嫌われているようで。(爆)

2171

仕方ないので、このヒグマを撮影して来ました。(笑)

余談ですが、ラジオやテレビでは北海道電力さんからのメッセージスポットが頻繁に流れていました。内容は「無理のない節電をお願いします」というものでした。当然ですね。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »