« サケ・マスの遡上 | トップページ | オホーツクに沈む »

2018年10月 4日 (木)

羅臼岳

2181

知床半島で一番高い山が羅臼岳です。

遠くから眺めても、近くで見ても、雄大な景色に見惚れますね。

2182

北からはオホーツク海からの上昇気流。南からは太平洋からの上昇気流が。この後、瞬く間に雲に覆われました。

ふたつの上昇気流がぶつかってこの辺りは晴天の時間が短いので、1枚目のようなシーンを見られるのは運が良いと思わないといけません。

自分の場合、今まで晴天の確率は50%ですね。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

« サケ・マスの遡上 | トップページ | オホーツクに沈む »

コメント

おはようございます。
本当に1枚目の青空を背景にした風景に遭遇されたのは運がいいですね。
真夏以降の北海道の空は何となく曇りがちな印象があります。
横浜も寒くなってきましたが、知床はもうかなり冷えてきているのでしょうね。

koukoさん、こんばんは。
私が訪れた時は、歩いていると少し汗ばむくらいでした。
しかし、さすがにもうそういう事はないと思います。
知床峠で晴天に遭うのは運が良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サケ・マスの遡上 | トップページ | オホーツクに沈む »