« 知床斜里岳 | トップページ | 能取湖のサンゴ草 »

2018年10月16日 (火)

知床斜里駅

2237
釧網本線

「網走行き」が知床斜里駅へ入線して来ました。

ほとんど真逆光での撮影ですが、レンズは破綻なく写し止めてくれました。

2238

知床斜里駅に来たのはこれで何回目になるのか・・・?(^^;

2239

終点「網走駅」に向かって列車は向かって行きました。

2240

知床斜里駅、綺麗ですね。

私が「男はつらいよ 知床慕情」で見た時は「斜里」という駅名でした。駅舎の外装も↑この様子とは全く違います。

その旧斜里駅、竹下景子さんが駅から父親役の三船敏郎さんに電話をかけるシーンに使われていましたが、駅前の様子も今とは全く違っていました。随分と整備されたのですね。

SONY α7R III
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

« 知床斜里岳 | トップページ | 能取湖のサンゴ草 »

コメント

跨線橋とかは昔のまんまのようですから駅舎だけリニューアルですね、
斜里も観光地といえば観光地ですが、訪れるのはバスが多いんでしょうね

おはようございます。
ほんとに変わりましたよね^^
観光地としてはできるだけきれいにということでしょうが、変わったときは何となく寂しい気持ちがしました。
でも一枚めのお写真にある風景は全く変わらず。
やはりいい景色だなぁと感じてしまいます。
「知床慕情」、シリーズの中でも特に好きな作品です^^

roxanne6さん、こんばんは。
そうでしたか。
確かに駅舎の外装に比べますと跨線橋は少し古さを感じますね。
現在の駅舎はお土産店と同じ屋根となっていますが、あまり人はいないような・・・。

koukoさん、こんばんは。
私は最初に見たのが現在の駅舎ですから、映画の時はどうだったか・・・と見直してみて、あまりの違いに少々ビックリでした。(^^;
調べたら丁度2007年に改装しているのですね。2007年といえば、私が旅行社の道東ツアーに参加した年です。(笑)
「知床旅情」、良い作品ですよね。私もシリーズの中で、大好きな作品です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 知床斜里岳 | トップページ | 能取湖のサンゴ草 »