« 私の愛聴盤 第25回 | トップページ | 原生花園駅 »

2018年11月22日 (木)

神田明神

2391

自身、二度目の訪問となる神田明神。

2392

「神田明神下の平次と申しやす」というセリフが耳に残っています。(笑)

2393

テレビで「銭形平次」を見ていた影響です。

2394

余談ですが、原作となった小説を書いた野村胡堂氏は「あらえびす」というペンネームでもクラシック音楽についての著書を残しています。

氏が購入(輸入)した沢山のSPレコードコレクションからの名曲名演奏について書かれた本で、私も文庫本になったもので読みました。

2395

写真はすべてカメラのACROSモードでの撮って出しです。

FUJIFILM X-T20
XF 27mm F2.8

« 私の愛聴盤 第25回 | トップページ | 原生花園駅 »

コメント

おはようございます。
懐かしいですね「銭形平次」。テレビを見ていた世代ですので^^
ここにも男坂というのがあるのですね。
ACROSモード・・・、なかなかいいですね^^

koukoさん、こんばんは。
銭形平次、好きな時代劇です。(^^)
男坂、愛宕山などにもありますが、二つある急坂の方を男坂と呼ぶらしいですね。緩やかな坂の方は女坂と。
フジのカメラはACROSモードのために買ったようなもので。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の愛聴盤 第25回 | トップページ | 原生花園駅 »