« 厚岸 | トップページ | 今日はカラーです (^^; »

2018年11月16日 (金)

タンチョウ(丹頂)ファミリー

2376
タンチョウ(ツル目ツル科)

車を走らせている道中、あちこちでタンチョウを良く見掛けましたので、今日はその途中途中で撮影したタンチョウの家族をご覧頂きます。釧路湿原って、大変な広さですからね。

幼鳥はまだ羽色に茶色い部分が残っています。

2377

こちらはまた別の家族です。この幼鳥は一枚目の幼鳥より更に茶色の部分が多く残っています。

で、左側の親鳥の脚をご覧ください、脚環(あしかん)が付けられています。自治体が識別、若しくは生態研究目的で装着したのでしょうね。

2378

ここではタンチョウの後ろに沢山のオオハクチョウが集まっていました。

2379

こちらはまた別の家族。

タンチョウはとても家族の絆が強いと言われています。幼鳥はもう一羽の親(少し離れた左手に居ます)を呼んでいるのかな?

2380

幼鳥さん、親鳥の真似をしているのでしょうか?(笑)

雪の中のタンチョウの方が絵になりますが、時期的に仕方ないですね。

SONY α7R III
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

« 厚岸 | トップページ | 今日はカラーです (^^; »

コメント

おはようございます。
1枚め、良いタイミングのお写真ですね~。まるでポスターのようです。
幼鳥はこんな薄茶色をしているのですね、可愛い^^
オオハクチョウ、すごい数が集まっていますね!

koukoさん、こんばんは。
ありがとうございます。
つがいのタンチョウは、このようにしてお互いの愛を確かめ合っているようです。
首を上に伸ばして、お互い勢いよく鳴き合います。
幼鳥の時期ってこのような羽の色なんですね。それが時間と共に少しずつ白くなって行きます。
オオハクチョウも沢山集まっていました。北の大地らしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 厚岸 | トップページ | 今日はカラーです (^^; »