« 冬休み | トップページ | ジョコンダ・デ・ヴィート »

2019年2月 1日 (金)

2019年 雑談から

2563
LEICA M(Typ 240)
Voigtländer HELIAR classic 75mm F1.8 VM

拙ブログ、昨年暮れから冬休みを取らせて頂きましたが、今日から始める事にしました。
今日は一人雑談。(^^;

○ オリンパス OM-D E-M1X

 皆さんご存知だと思いますが、オリンパスさんから新型機が発表されましたね。フルサイズで言えばニコン D5、キヤノン EOS 1DX Mrak II 相当のカメラになりますが、個人的には・・・あくまで個人的感想になりますけど、オリンパスさん背伸びし過ぎではないかなぁ・・・と。

肝心のセンサーもEVFもE-M1 Mark II と同じようですね。EVF、他社の高級機はすでに約369万画素なのに、未だ約236万画素? あの価格で? という感じを受けます。YouTubeで動画テスト(人物がカメラに向かって小走り)を見ましたけど、結構ピントを外しています。スチルの動体撮影ではどうなのでしょうね?

○ カメラ業界

 昨年度のカメラ売り上げベストテンのような記事をあちこちで見ましたけど、売れているのはやはり基本的には各メーカーのカメラ入門機的機種(レフ機、ミラーレス問わず)が上位になっていますが、当然だと思います。

昨秋は思わぬフルサイズミラーレス戦争が勃発して話題になりましたけど、20万、30万もするカメラを買う物好きなんて、写真撮るのはそれほど好きではないけどカメラそのものが好き(笑)・・・とか、写真撮影が何より好き・・・という人たちしか買いませんよね。

普通はもうスマホ内蔵のカメラ機能(敢えてカメラ機能と申します)で撮れる写真で充分なわけです。誰もが感じているかと思いますが、ハッキリ申してカメラ業界に明るい未来はないですよね。絶対的カメラ人口が右肩下がりになって行く状況で、その減り続けるカメラ人口の中でメーカーはユーザーの奪い合いをするしかないのです。

いずれ、カメラ生産から撤退するメーカーが出るのは間違いない事ですね、残念ながら。それがどのメーカーになるのかまでは分かりませんが。

○ オーディオ業界

 オーディオ業界に関してはもう大分前に終わってしまいました。「え? まだまだ新製品が毎年出ているではないか」と思われる方も少し(笑)はいらっしゃるかもしれませんが。そういった製品は、ハイエンドオーディオと言われる高価格帯が殆どです。入口(CDプレーヤー等)から出口(スピーカー)まで揃えると、失礼ながら地方なら土地付き一戸建てが軽く買えてしまいます。

オーディオフェアに行かれるとお分かりになるかと思いますが、訪れている人たちの年齢は50代以上で占められています。オーディオ誌の評論家と呼ばれる方々もこれまた高齢者ばかりです。雑誌の読者訪問に登場する方たちもすでに現役を引退したような方が多いですよね。この業界も明るい未来はないですね。

どう見てもぼったくり価格だろうと思われるハイエンドオーディオ機器ですら、上記評論家さんたちはヨイショ記事しか書きません。本当は10代、20代といった若い人たちが興味を持ってもらえる機器を開発、販売して行かなければいけないはず。評論家の方たちもそれを支援するのも仕事のうち。だって、今のハイエンドユーザーさんたちはこの先20年も30年もハイエンド機器を買い続けては行けないわけです、年齢的に。(失礼)

◯ クラシック音楽界

 クラシック音楽の聴衆も高世代化していますねぇ。コンサート会場に足を運んでみればこれまた分かりますが、若い人が実に少ないです。欧米のコンサートがBS放送で沢山見られる時代になり、とても重宝していますが、客席にカメラが変わると聴衆は日本以上に若い人が少ないですね。

元旦の夜、ウィーンからの衛星生中継でウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートをテレビで見るのを毎年の楽しみにしていますが、楽友協会大ホールの客席が映し出されると、それはもう富裕層のおじさま、おばさまと見える人たちで占められています。ああいうコンサートこそ安価なチケットで幅広い層に来てもらった方が良いと思うのですが、噂によるとチケットを購入出来る方たちは代々受け継がれているとか。

高騰するクラシック音楽界のチケット代金。外来のオペラ公演なんて・・・行きたくても行けません。クラシック音楽界も富裕層の方たちによる社交の場になりつつあるような気がするのは私の僻みでしょうか?(笑)

○ 漢字を知らない?

 私、興味を持ったカメラやオーディオ関係の評判や不具合を知るために、今までは価格コムの「クチコミ掲示板」を良く見ていました。但し、会員登録していませんから書き込みは出来ませんので、ただ単にコメントを読むだけです。

ちなみに最近はあまりにもレベルの低いやり取り(貶し合い)に嫌気がさし、徐々に見なくなりましたが。そうそう、書き込みをしている人たちの「クチコミ投稿数(件数)」を見て驚愕! 数百でも凄いなぁ・・・と思いますが、数千、数万という人たちがごろごろいるのです。一日一件の書き込みをしても一年で365件。数万件の投稿数の人たち、毎日数十もの書き込みをしているという事?

で、掲示板の書き込みを読んでいて思うのは日本語を知らな過ぎ。また、誤変換・・・というより、そもそも漢字を知らないから誤変換に気が付かないのだと思います。一例として、

内蔵を → 内臓
試聴を → 視聴
連写を → 連射

特に難しい漢字ではないですよね。どういう時に誤った使い方をしているかと申しますと、「手振れ補正内蔵」や「内蔵メモリ」等の表現時に殆どの人が「内臓」と書き込んでいます。カメラやレンズに臓物は入っていませんので。(笑)

ウォークマンなどのポータブルオーディオ機器、或いは据置用のオーディオ機器のクチコミ掲示板では、質問者に対しアドバイスをする方たちが決まって言う言葉、「お店で視聴する事をオススメします」と。この場合、耳で聴く機器、試し聴きですから試聴が正しい使い方ですね。視聴は映像機器の場合に使う方が良いと思います。

三番目はもうお分かりだと思いますが、カメラのクチコミ掲示板でしょっちゅう見るのですが、連続撮影の「連写」が「連射」に。機関銃を撃つのではないですからね。(笑)

難しい漢字ならともかく、やさしい漢字の読み書きが出来ない人が多くなりましたね。後輩たちから私はしょっちゅう「KONDOHさん、この字は何て読むのですか?」と訊かれます。顔色変えずに「ああ、これは◯◯って読むんだよ」と教えていましたが内心、「お前、大学出て何年も経ってないだろ! 何を勉強して来たんだよ!」と憤りを感じています。(笑)

これはひとえに本を読まなくなっているのが大きな原因のひとつだと思うのです。本屋さんが減るわけだ。電子書籍の普及だけが原因ではないです。それと、物心ついた時、すでにパソコンがある事も。パソコンが漢字変換してくれますからね。しかし、正しい漢字を知らないから上述したような間違った使い方をするわけですが。若い世代、関心があるのはゲームだけなのかも? 電車の中でスマホを使ってゲームに熱中している人の多い事、多い事。日本の将来、大丈夫?

初日から長くなりましたが(笑)、独断と偏見の拙ブログ、もう少し続けて行くつもりですので、本年もよろしくお願いします。

« 冬休み | トップページ | ジョコンダ・デ・ヴィート »

コメント

おはようございます。
お久しぶりです。お元気でいらっしゃいましたか。

初っぱなから辛口ですね^^
でも、私も、そうそう、と思いながら読ませていただきました。
最後の漢字は、自分も気を付けないと、と思いましたが^^;

水仙で始めるなんて、KONDOHさんらしい気がしました。
また、お写真を楽しみに立ち寄らせていただきます。


koukoさん、こんばんは。
お久しぶりです。(^^;
いや・・・お休みを頂いている間、Macの電源を入れる日がほんの数回でして、ネットからも少し離れていました。
少々・・・リセットです。(笑)
漢字の件、私も自慢出来る人間では有りませんので、今日の記事内容は自分自身を戒める意味もあります。
しばらくブログを続けようと思いますので、よろしくお願い致します。

復活楽しみにしておりました、今年の冬は北海道は大荒れのようですね。
来月雪まつりが終わったころに日帰りの仕事を入れているのですが、例年以上に心配です。
カカクコムはなんだか醜いですねぇ

 ブログ、再開ですね。

 私の場合は、休み中にもかかわらず、お世話になりました。
 M4/3カメラですが、Panasonicは何度も買いましたが、Olympusは買った事がありません。

 ・・・古い話ですが、20万以下のAPS-Cセンサーのカメラが出るまでは、4/3は買いやすいカメラでした。が・・・その後は、やはり購入を避けてしまいました。

 カメラですが、1月にα7RIIを購入して・・・ふと、APS-CのFUJIのミラーレス帰りを感じております。
 フルサイズ、ボディだけならば無理しても買えるのですが、そのあとのレンズが高いですね。

 A4サイズぐらいだと、FUJIのAPS-Cで十分だと思いました。

 オーディオは、限られた予算内で、色々楽しんでいます。評判のいいものだと何だか、1桁2桁違うような気がします。

 クラッシックは、ほとんど生で聞いたことがないので、聞いてみたいと思っています。

 漢字ですが、パソコンなどの変換多用、依存の結果書けなくなってしまいました。
 大袈裟ですが、脳の活性化のために、手書きするよう努力しています。
 難しい字ならともかく、極端なときはカタカナの一部に躓くことさえ起っています。

 大丈夫ではありませんね。
 脳のためには、不便さがいいように思えます。手で、紙をめくる。辞書を引く、宛名、自分の住所も手で書く・・・が、効果的ですね。
 

roxanne6さん、こんばんは。
北海道、当初は雪が例年になく少なかったのですが、その分もまとめてというくらい凄い事になっていますね。
雪まつりの時期に札幌ですか。札幌も大雪に見舞われていますから少々心配ですね。
価格コム掲示板はもう・・・どうしようもないです。まるで小学生の口喧嘩的レベルの低さです。(笑)

pyosidaさん、こんばんは
ブログ、昨年で終わりにしようかと随分迷いました。自分のモチベーションも下がり気味でして。(^^;
M4/3のカメラ、センサーサイズの小ささを活かしたボディを作って頂きたいものです。OM-D E-M1 Mark IIなんてフルサイズ機より大きくて重いなんて、どうなんでしょうねぇ?
人それぞれ考え方は違いますが、私は大きなM4/3機には否定的なんです。

パナソニックさんが海外で正式にフルサイズミラーレスを今日発表しましたが、いずれはM4/3を打ち切ると思います。現状は続けるとは言ってますが、GH5のような動画向きカメラ以外はあまり売れてないようですからね。二つのマウントを続けて行くほど余裕はないと思ってます。

富士のカメラは私もACROSモードで楽しんでおります。軽くて良いですね。レンズ性能が素晴らしいので、正直フルサイズの必要性をあまり感じてはいないのですが・・・、でもフルサイズもあった方がと、実に軟弱です。(笑)

オーディオはそこそこの価格帯でも、今の日本製品は価格以上の性能と音質があります。海外のハイエンド機はガレージメーカー的なところが多いので、あまり信頼は出来ないと思います。私も試聴させて頂いたりする事がありますが、「え!? 嘘でしょ!」と言いたいくらいの製品もあります。オーディオ誌は広告を掲載させてもらってなんぼですからね。(^^;

漢字は普段パソコンを利用していると、日常使うような漢字でも、あれ? という事がありますよね? 私も気をつけるようにしています。(笑)

 KONDOHさん、おはようございます。

 ブログ・・・終わりを考えていたのですね。
 私は妻から、「あなたは、一言、足りないか。一言、多い。」と言われます。そういう性格だと前置きしておきますが・・・

 KONDOHさん、KONDOHさんは律義なので、ブログは毎日書かれます。休むときは、前もって断っています。
 ふと・・・ブログのタイトルを見たら、「KONDOH の自由気ままブログ」です。
 となると、自由気ままに「書く時は書く」「書かない時は、書かない」・・・不定期の方がふさわしいのではないでしょうか。

 私のブログは、様々な役割があります。前日の事を振り返り、短くまとめることで、少し脳のトレーニングになります。文章を打つこと、写真を撮る事もその一環です。
 とともに、家族や知り合いへ・・・「私、まあまあ元気。生きています。」との伝達の役割です。
 内容は余りありませんが、『あれっ、α7R、いつ買ったっけ』・・・ブログで、検索して買ったときを検索、確認したりします。
 昨年の今頃の天候や気温、宇治に行ったのはいつ・・・などなど、検索できる日記の役割もあります。

 KONDOHさんのブログですが、休みの時に、オーディオ関係の用語を入れて検索、その記事を参考にさせてもらいました。
 だから、閉鎖ではなく、継続。ただし、これからは、不定期・・・で良いのではないでしょうか。

 別の方のブログには、新規のが出たら連絡が来るような仕組みがありました。このようなものがあると、便利ですね。

 ・・・Olympusの製品は、消化不良のまま現在に至っています。フルサイズ並みの大きさ、販売価格ではなく、センサー並の大きさ・価格で良いと思っています。

 FUJIは、X-T10にFX18-55mmで夕暮れ時を撮りました。A4にプリントしたものと、α7RIIにFE24-70mmで嵐山を撮ってA4にしました。正直、FUJIの方が、良かったのです。
 α7RII用の単焦点を買うより、FUJIのXF単焦点を買った方がいいかと思っています。

 オーディオは、後はレコードプレーヤーです。ここの所、いろいろ買いすぎなので、ふさわしい時期を考えています。

 Panasonicのフルサイズ、確かSIGMAやLeicaとも協賛だったでしょうか。
 しかし、書かれていたように最近は高額です。私はMFレンズをマウントアダプターで付けたり、MINOLTA-HI-MATICのレンズを改造してつけていますが、それなりの写りです。
 2010年からSONY NEXを使っていますが、そのころ、センサーをフルサイズにして、大きさはあまり変わらないNEX-9の噂がありました。実際RX1R並みのレンズの大きさで、他の焦点距離のレンズもつくような感じ、FUJI X-Pro1のような内蔵ファインダーのNEX-9が理想です。
 これで実売10万以下が希望です。企業なので、利益率重視で、価格が上昇気味ですが、行きつくところはカメラ全体の停滞化が進むのではないでしょうか。
 カメラ好きの中高年者が支えている時は良いですが、これもかなり先が見えてきたようです。

 あっ、何を書くのかわからなくなりましたので、終わります。

pyosidaさん、こんばんは。
お気遣い、ありがとうございます。
毎日に拘らずに・・・、おっしゃる通りなんですよね・・・。今まで毎日更新していましたのでつい・・・つい・・・(笑)
日記のようにブログを使うという事も有りですね。そういうブログも多々ありますので。

富士のカメラの件ですが、A4くらいのプリントでしたらAPS-Cセンサーとフルサイズセンサーの見分けは意外と難しいと思います。フルサイズはもう・・・持っている事の自己満足だと思います。使っている人間がそんな事を言ってはいけませんね。(笑)

しかし、フルサイズはレンズの価格がねぇ・・・。50mm標準レンズが今や高級レンズになっていますよねぇ・・・。パナソニックの50mmも凄いレンズのようで。

レコードプレーヤーは慌てなくても良いと思います。じっくりご検討ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬休み | トップページ | ジョコンダ・デ・ヴィート »