« ボーっと撮ってんじゃねーよ! | トップページ | 中華製格安USB-DACに驚愕! »

2019年4月 5日 (金)

SACDを楽しむ(3)

2766
シューベルト/4つの即興曲 D.899 & D.935

マリア・ジョアン・ピリス(p)
ESOTERIC ESSG-90196

シューベルトらしさが横溢している叙情的なこの即興曲集を、じっくりと味わえる演奏です。ブレンデル盤と甲乙付け難いですが、心に染み込んで来るのはピリスさんの方でしょうか。

2767
ヴェルディ/歌劇「オテロ」

マリオ・デル・モナコ(T)
レナータ・テバルディ(S)

ヘルベルト・フォン・カラヤン 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ESOTERIC ESSD-90186/7

後年カラヤンは英EMIに再録音しておりますが、オテロを歌っているカラヤンお気に入りのジョン・ヴィッカースというテノールが私は苦手でして、どちらかを選ぶとしたら迷う事なくこちらの英DECCA盤です。

実はこの「オテロ」も英DECCA盤(アナログレコード)とCD(国内盤)を持っているのに、SACDを購入してしまいました。エソテリックさんのリマスタリングを聴いてみたかったので。(^^;

2768
モーツァルト/ピアノ協奏曲集(第20、21、23、24、25、27番)

エリック・ハイドシェック(p)
アンドレ・ヴァンデルノート 指揮
パリ音楽院管弦楽団
TOWER RECORDS TDSA-77/9

まさかこの演奏がSACDで発売されるとは思ってもいませんでした。私の隠れ愛聴盤でしたので。一般的にはあまり知られていない(?)録音ではないかと思いますが、私はこの中の第23番と第27番の演奏が特にお気に入りです。

第27番はバックハウス盤とハイドシェック盤が個人的なベストツーであります。内田光子さんの演奏も良いですけど、やはりハイドシェックとバックハウス盤の二枚がベスト。

2769
ブルックナー/交響曲第8、9番

カール・シューリヒト 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
英EMI 9 55984 2

この録音もアナログレコードで持っていながらの購入。病気ですね。(笑)
ブルックナーにはウィーン・フィルの響きが相性ピッタリです。

2770
金と銀〜ウィンナ・ワルツ・コンサート

ルドルフ・ケンペ 指揮
ドレスデン・シュターツカペレ
TOWER RECORDS TWSA-1027

これもまさかSACDで出るとは・・・(^^)
大分前にウィンナ・ワルツが私は大好きであると拙ブログに書いた事がありますが、その時にこのケンペが指揮したレハールの「金と銀」をご紹介しています。私はこの一曲を聴くために従来のCDを何度もラックから取り出していましたが、SACD化されて音も一段アップしています。

もちろん他の収録曲も名演ですが、「金と銀」が飛び抜けて良い演奏なのです。ウィリー・ボスコフスキーとウィーン・フィルとの英DECCA盤もお気に入りですが、ケンペ盤は更に上位に位置する名演です。

« ボーっと撮ってんじゃねーよ! | トップページ | 中華製格安USB-DACに驚愕! »

コメント

 こんばんは。

 SACD・・・何度か拝見していますが、ここの所音楽熱があるので、一度聞いてみたくなりました。
 が・・・、まずはレコードプレーヤーということで、TEACのを先ほど申し込みました。

 DENONのと迷ったのですが、私の場合購入は物々交換ですので、仕方がありません。とともに、手持ちの機材が機材ですので、バランスを考えました。

 KONDOHさん、まずは入門機のSACDプレーヤーがあれば、教えて下さい。お願いします。

pyosidaさん、こんにちは。
TEACのレコードプレーヤーをご注文されましたか。楽しみですね。
CDとはまた違った良さがアナログにはありますので。
さて、入門機のSACDプレーヤーという事ですが、以前はSONY製に3万円台の製品があったのですが、現在は生産終了しているようです。残念ですが、中古をお探しして頂くようになります。
SACDは通常のCDとはレーザーの波形が違いますのでピックアップが特殊になるためか、SACDソフトを再生出来るプレーヤーは比較的高価格帯になってしまいます。
何より、一般的にはSACDなんて知られていないですから、購入者はマニアックな人間に限られてしまいます。私とか。(笑)
もっとも今の時代はCDすら知らない世代が沢山いるのです。
で、SACDと同じフォーマット(DSDファイル)を聴く手段としては、今日の私の記事で採り上げているUSB-DAC購入が一番手っ取り早いかもしれません。SACDプレーヤーより遥かに安価ですし。

 こんばんは。

 SACDプレーヤーですが、私の場合は「貧乏人のオーディオ選び」なので、取り敢えず聞ける機材を申し込みました。
 2003年発売のPioneer DVD/SACDプレーヤー DV-S757Aです。

 到着してCDを聴いたら、音がくっきり、そしてまろやかになりました。もうこれだけで満足です。
 
 後はSACDですが、現在物色中です。

pyosidaさん、こんばんは。
つい最近までパイオニアから比較的安価なSACD/CDプレーヤーが販売されていましたが、生産完了になっていました。
同じパイオニア製のユニバーサルプレーヤーをご購入されましたか。
オーディオ機器がどんどん増えておりますね!^_^
楽しんでください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボーっと撮ってんじゃねーよ! | トップページ | 中華製格安USB-DACに驚愕! »