« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

CDリッピングのススメ

2984
fidataアプリ、CDジャケット写真表示(iPad)

これは私がファイル再生(音楽データファイル)で愛用しているiPad用アプリ、fidata(I−O・データ機器社提供)でジャズピアニスト、バド・パウエルの名盤「the scene changes」の中の「クレオパトラの夢」を再生しているところです。iPadいっぱいにジャケット写真を表示しています。この曲はテレビCM(製品名は忘れました)にも使われましたね。

2985
dBpoweramp(愛用のCDリッピングソフト)

今時、どなたも音楽CDを劣化なくデータファイルとしてパソコンや外付けHDD(SSD)に取り込み(リッピング)、その音楽ファイルをUSB-DACを通して聴けるのはご存知の事と思います。

上はカール・ベームが指揮したワーグナーの管弦楽曲集のCDをリッピングし終わった画面です。曲名、ジャケット写真をネットから引っ張って来てくれますが、写真が気に入らない場合は自分で貼り付けます。

2986

こちらはビートルズのCDです。音楽CDなら手間を掛けずにそのままCDプレーヤーで聴けば良いではないか、と仰る方もいらっしゃる事と思います。確かにその通りなのです。

個人的な事で恐縮ですが、CDやレコードが増え過ぎ、ひと部屋では足りずにふた部屋となり、おまけにラックに入り切らずに床にまで侵食し、更に部屋の外にまでCDが積み置かれる事態になり、さすがに困った事になりました。以前にも音楽記事の中で書き記しましたが、思い切って大量に処分し始めたのが二年ほど前から。

ようやく部屋の外にはCDが無くなり、床も綺麗に片付きました。何よりCDラックに大きく隙間が出来ましたので。(笑)

2987

NAS(I−O・データ Soundgenic HDL-RA2HF)のmusicフォルダでマイルス・デイヴィスを表示した画面です。

ジャズのCDは残すところ3点になりました。マイルス・デイヴィスのCDはこのようにCBS録音だけリッピングしてあります。

2988

fidataアプリですが、なかなかの優れもので気に入っています。↑これはiPadを横向きにした時の画面です。マイルスの「E.S.P」を再生しています。

2989

こちらはビートルズのフォルダから「LET IT BE」の再生。

リッピングしたCDは思い切って売却しています。勿体ないですが、そうしないといつか自分はCDやレコードの下に埋もれて窒息死しかねないからです。(^^;

ただ、手持ちのCDすべてをリッピングしているわけではありません。リッピングしても、二度と聴く事はないだろうと思われる音源はリッピングせずに売却しています。こういうCDの方が圧倒的に多いのですが。

2990

ファイル再生中、iPadを縦位置にするとご覧のように再生しているCD(データファイル)のみの表示になります。もちろんCDの中の一曲だけ、或いは複数曲を選んで再生する事も出来ます。

なので、縦位置で使うか横位置で使うかは使い手の思いのまま。私は基本、縦位置で使っています。

2991

ジャケット写真を表示したければfidataアプリ左下の小さなジャケット写真アイコンをクリックすると、ご覧のようにCDのブックレット以上の大きさで表示してくれますよ。もっともジャケット写真の大きさはお使いのiPadのサイズによりますが。

↑画面の一番下中央をご注目ください。「WAV 176.4kHz 24bit」と表示されていますよね? 通常の音楽CD(44.1kHz/16bit)からリッピングしていますが、今使っているリッピング・ソフトはリッピング時にアップサンプリング出来るのです。なので、このようにハイレゾ相当の音源にリッピングする事も可能。

気に入っている演奏はアップサンプリングしてリッピングしていますが、ファイル容量はノーマルの4倍くらいに増えますからご注意ください。

2992

これはフォルダを表示した画面です。私はアーティスト名のフォルダを作り、そこへCDのリッピングファイルやネットからダウンロード購入したハイレゾ音源を入れています。ただ、CD一枚しか持っていないアーティストは特にフォルダを作らずに音源そのものがフォルダになっています。もし仮に増えたらアーティスト名のフォルダを作ってファイルを移動すれば良いだけなので。

2993
カール・ベームの23枚組CD BOXをリッピングしました

で、何故CDのリッピングをお薦めするか、ようやく今日の本題に入って行きます。(笑)

結論から先に申しますと、聴きたいCDを入れ替えずに簡単に音楽を聴けるのが最大のメリット。「あのCDの中の、あの一曲を聴きたい」と思ってそのCDをCDプレーヤーに入れて聴いている最中、「そうだ、あっちのCDに入っているあの曲も今日は聴いてみたいな」という時、どうしますか?

一曲聴いたCDをプレーヤーから取り出し、別のCDを入れてリモコンで聴きたい曲の番号を操作します。これ当たり前ですね。ところがCDをリッピングしておけば、こんな煩わしさから解放されるのです。

2994
カラヤンのBOXモノも順次リッピング中

iPadの画面を指先でちょこっと動かすだけで複数枚のCDの、聴きたい部分だけを連続で即再生出来るのです。この便利さを一度味わうと・・・(^^)。

いちいちCDを棚から探し出してあの面倒なプラスティックケースを開け、プレーヤーのトレイにCDを乗せてプレーヤー本体やリモコンを操作するという無駄な時間を好む日本人のなんと多い事か(NHK・森田美由紀アナふう)。(笑)

2995

特にオペラファンならリッピングの使い勝手の良さを享受出来るはず。全曲盤の中の、あの歌手によるあのアリア一曲だけ今日は聴きたい、という事ありませんか? そういう時、直にCDで聴く際は該当のCDを取り出し、何曲目(曲番号)だったか大抵ブックレットで調べる事と思います。

そんな事、リッピングしてあれば意図も容易い事。iPad上で該当曲を指でクリックするだけです。クライバーが指揮した「椿姫」で「乾杯の歌」だけを聴きたいという時も直ぐに再生出来ます。私はこういう事を良くやります。(^^)

そうそう、何もオペラファン、クラシックファンだけでなく、どういうジャンルの音楽ファンでもCDをBOXで購入しても購入当初を過ぎると、聴く機会はそう多くないのでは? その理由はBOXを開けるのが面倒になるからです。ならば、そのBOXのCDをすべてリッピングしてしまえば良いのです。

私はBOXモノをリッピングするようになってからは、一、二回しか聴いていなかった音源を再び聴く事が増えました。これは本当にお薦めします。

以上が、CDのリッピングを私がお薦めする理由です。以下はおまけ。(笑)

2996

或る日、リッピングし終わったCDがかなりの量まとまったので売却しに行ったら、その日は「680円以下の中古CDはすべて100円!」というセールをやっていたのです。床に置かれた段ボール箱を漁っている沢山の人たちにビックリ!

勿論そんな事は知らずにショップに行ったわけですが、持ち込んだCDの査定を待っている間に100円なら・・・と、↑これら13枚のCDを買って帰宅。13枚で計1,300円税込み。(笑)

せっかくCDを減らしたのにまた購入です。しかし、一枚100円ならリッピングしてまた売却すれば良いわけで、レンタル気分で購入しちゃいました。写真上段、ポリーニのベートーヴェン後期ピアノ・ソナタ集は二枚組なので、なんと一枚50円という事に。(^^)

CDはもう余程の事がない限り購入していませんが、これは別。先日、新宿御苑の帰りに旭川のお友だちとTOWER RECORDS新宿店に入ったのですが、私はSACDを2点だけ購入です。CDはリッピング後、売却し、残すのはSACDだけで良いと自分は考えています。

※ 注・・・SACDは著作権保護の観点からリッピングは出来ませんのでご注意を。

2019年5月30日 (木)

新規導入したレンズでしたが・・・

2979

旭川のお友だちと一緒に新宿御苑を歩いたのですが・・・、

2980

いやいや暑い・・・。

2981

私にはすでに真夏。(^^;

2982

何しろ暑さに弱いので・・・(笑)

2983

暑さのせいか、週末とはいえ訪れる人も少なかったです。ほとんど外国からの観光客ばかり。

新規導入したレンズもあまり活躍の場がなかったような・・・。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art

2019年5月29日 (水)

危機一髪のエゾリス

2977
エゾリス(ネズミ目リス科)

エゾリス、札幌と旭川で二回遭遇しました。

新芽をご馳走よろしく次々に食べています・・・が、

2978

実は、以前掲載した母親のキタキツネに捕まる寸前だったのです。

危機一髪、木の上に逃げ果せたエゾリスは、その木の上からキタキツネを見下ろし「ギー! ギー!!」と、怒りまくっていました。(笑)

キタキツネは下からしばらくエゾリスを見上げていましたが、諦めて子どもたちが隠れている巣穴に向かう事に。

「007/危機一発」・・・ではなく、「エゾリス/危機一髪」でした。(^^)

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年5月28日 (火)

街(56)

2972

昨日は横浜。今日は小樽です。

2973

清々しい陽気でした。(^^)

2974

斜光線を捉えてみました。

2975

若いって良いな!(笑)

2976

FUJIFILM X-T20
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2019年5月27日 (月)

街(55)

2967

横浜・馬車道界隈でのスナップ。

2968

ACROSモード、JPEG撮って出しです。

2969

基本、ACROSモノクロモードで撮影するためのカメラであります。

2970

北海道では珍しくズームレンズを使い、カラーで撮影しましたが。

2971

FUJIFILM X-T20
XF 23mm F2 R WR

2019年5月26日 (日)

キビタキが・・・

2961
キビタキ(スズメ目ヒタキ科)

夏鳥の一番手ともいうべきキビタキです。

2962

今年はキビタキの当たり年なのか、都内や横浜でも早くから見られています。

2963

今日のキビタキはすべて北海道で撮影していますが、行く先々でキビタキに出遭いました。

2964

何処にでもいるスズメみたいに普通に見るようになると、感動もイマイチになりますねぇ。(^^;

2965

そのくらいキビタキを良く見ました。

2966

ただ、渡って来たばかりなのか、美しいキビタキのアリアを聞く機会は少なかったですが。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年5月25日 (土)

ミズバショウ・・・ですが

2957

時期遅れのミズバショウです。

2958

葉がすでに大きくなっていて、見栄え的には・・・ですね。(^^;

2959

撮影場所は北大と旭川の二箇所です。

2960

過去に旭川のお友だちの案内でピークを迎えた群生地で絶景を見ているので、まぁこのくらいでも自分的には良しです。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM

2019年5月24日 (金)

札幌の空を見上げれば

2952

歩いていると、気持ち肌寒さを感じる(私には丁度良い気温)札幌の夜、見上げてみれば綺麗な月が。

2953

で、札幌といえば私にとっては路面電車。(笑)

2954

もう、何回撮影しているか自分でも分かりませんが、飽きずに今回も。

2955

すすき野交差点、あれを撮影。

2956

では、どアップで。(^^;

FUJIFILM X-T20
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2019年5月23日 (木)

ばらフェスタ 2019

2944

世界をめぐるローズショー「ばらフェスタ 2019」 於・横浜大さん橋ホール

2945

大さん橋ホールで開催された「ばらフェスタ 2019」というイベントを見て来ました。

2946

大変な人気で、訪れる人の多い事、多い事。

2947

大さん橋には数え切れないほど行っているのに、ホールに入ったのは初めてでした。(^^;

2948

招待券を頂いたので、無料で入りました。(^^;

2949

 自分は興味ないのですが、特設ステージではタカラヅカの方が出演するので、立見席希望の方々がホール入口で早くから並んでいました。

2950

入口を入る時、「え!? バラを見るのに何故、立ち見席なんてあるの?」と思ってしまったのですが、中に入って立ち見席の意味が分かりました。(笑)

2951

ホール内は薄暗いので、ピン甘、手ぶれはご容赦。

LEICA M(Typ 240)
Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 VM MC

2019年5月22日 (水)

大さん橋スナップ

2939

横浜・大さん橋ホールで開催された催し物を見るために出掛けた時のスナップです。

2940

入港した豪華客船を見るために何度も訪れている大さん橋ですが、ホールに入るのはこの時が初めて。

2941

入る前に見慣れた風景を見ながらのちょろスナであります。(^^)

2942

しかし、歩いていると汗ばむ陽気。暑さにからきし弱い自分ですから、これからの季節は花粉時期共々嫌いです。(笑)

2943

お馴染みの場所を俯瞰。

LEICA M(Typ 240)
Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 VM MC

2019年5月21日 (火)

小樽港スナップ

2934

豪華客船を見た後、小樽港でちょろスナをして来ました。

2935

客船見学も、ちょろスナも小樽を訪れた目的ではなかったのですが。

2936

錆・・・。

2937

錆・・・(^^;

2938

西日を受けて。

FUJIFILM X-T20
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

2019年5月20日 (月)

北大のオシドリ

2929
オシドリ(カモ目カモ科)

北海道大学のオシドリです。

2930

あっと・・・行っちゃうのね!(^^;

2931

お休みモードでしたか。

2932

オスメスのカップルではなく、オス同士です。

2933

この後、またご休憩タイムに入りました。(^^)

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年5月19日 (日)

北のチューリップ

2926

今日は北の大地で出遭ったチューリップをご覧ください。

2927

野鳥撮影をしていた時でしたので、機材がまんま野鳥撮影用です。(笑)

2928

横浜ではすでに終わっているチューリップを、北の大地でまた見られたのは幸運でした。

何故か? それは単純に私の一番好きな花がチューリップだからです。(笑)

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年5月18日 (土)

恋の季節

2916
ヤマセミ(ブッポウソウ目カワセミ科)

ヤマセミのカップルと出遭う事が出来ました。実にラッキー!(^^)

良い撮影位置をと思い、少し左に動いたり、右に動いてみたり・・・していたら、

2917

え! マジ!? (^^;

丁度少し右に移動した時だったので、枝被りになってしまった・・・グヤジ〜・・・。

野鳥たちも動物たちも、恋の季節ですからねぇ・・・。

2918

気を取り直してダイビングの様子など。

2919

等倍にしてチェックしてみると、エビのような甲殻類のようです。

2920

この時はお見事な狩でした。

2921

木の枝に戻り、沢山の葉が生い茂る後ろでメスに与えていました。撮影はしているのですが、残念ながら体全体が写っていないのです。

2922

比較的近いところでダイビング!

2923

水の中に飛び込む瞬間のカットですが、ヤマセミの目に注視してください。

2924

上の写真を特大トリミングしました。「瞬膜」を閉じているのがお分かりになると思います。

※注・・・人間には退化してしまった、目を保護する透明、若しくは半透明の膜

2925

水から出て来た時、すでに瞬膜は開いていますね。目に輝きがあります。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年5月17日 (金)

私の愛聴盤 第29回

2913

モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K.219「トルコ風」

アンネ=ゾフィー・ムター(Vnと指揮)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
2005年7月 ロンドン、アビーロード・スタジオでの録音

独グラモフォン PCM 96kHz/24bit ハイレゾ音源

今日は「私の愛聴盤」をご紹介させて頂きます。
私はモーツァルトのヴァイオリン協奏曲が大好きで、中でも第5番がお気に入りです。以前はアルテュール・グリュミオーの演奏で楽しんでおりましたが、最近はこのムターの演奏を繰り返し聴いています。

音源はCD購入ではなく、ハイレゾ音源をダウンロード購入しています。購入時、「え!? ヴァイオリンと指揮?」と、少々疑問に思ったのですが、実際はコンマスがオケをリードしているのでしょうね(多分)。

しかし、こちらの心配をよそに、ソロヴァイオリンとオケの息はピッタリで何も心配要りません。軽快なテンポに乗ってムターは小気味良く弾いていきます。カデンツァでのソロも素晴らしいです。

2914

ヒラリー・ハーン(Vn)
パーヴォ・ヤルヴィ指揮
ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
2012年12月 ブレーメンでの録音

独グラモフォン 479 3956(CD 輸入盤)

当初は一番聴く回数の多いムターの演奏のみを掲載するつもりでしたが、ハーンはムターとは対照的な演奏解釈でして、敢えてご紹介する事にしました。

両者、野球の投手に例えて申しますと、ムターの演奏は速球が武器の投手で、バリバリ速球で押しまくって来ます。対してハーンは変化球を巧みに使って攻めて来る投手という感じです。私はどちらも好きな解釈でして、これがクラシック音楽を聴く醍醐味と思っています。

ジャズはアーティストの即興演奏を楽しむ音楽ですが、クラシックは作曲家が書いた譜面をアーティストがどう読むか、これが面白く、そして興味深いところなのです。是非、どちらもお聴きになって頂きたいです。

2915

イザベル・ファウスト(Vn)
ジョヴァンニ・アントニーニ指揮
イル・ジャルディーノ・アルモニコ
2015年3月、2016年2月 テルデックス・スタジオ(ベルリン)での録音

独ハルモニア・ムンディ HMC 902230.31(CD 輸入盤)

私、実は古楽器による演奏はあまり・・・好きではありません。古楽器ファンには申し訳ないのですが。では、古楽器による演奏のどこが気に入らないのかと申しますと、モダン楽器の演奏に比べた場合の極端なアーティキュレーションの付け方なんです。

具体的に申しますと、(時に性急過ぎる)極端なテンポ設定、極端な強弱、ノンレガート奏法(古楽器の個性に由来しますが)等、どうも付いていけません。まるでこうした演奏方法がバロック時代やハイドン、モーツァルトの時代の演奏様式なのです、と言わんばかり。しかし、バロック時代やハイドン、モーツァルトの時代の演奏を聴いた人はこの地球上に一人としていないのですから(当たり前)。

古楽器の演奏を広めた第一人者はやはりニコラウス・アーノンクールでしょうね。ヴィヴァルディの「四季」で初登場した時はセンセーショナルな話題になりましたから。

で、番外編としてご紹介するファウストの演奏はイタリアの古楽アンサンブルとの演奏なのです。ファウストもガット弦を使用しての演奏。バックの古楽アンサンブルによる演奏は、モダン楽器による管弦楽で聴き慣れているモーツァルトとは全くと言って良いほど違うのですが、ファウストのヴァイオリンを聴く為に何回もCDを聴いていたら、好きになれない古楽演奏も案外聴き慣れてしまうものですね。(^^;

まぁ、バックの演奏はともかく、ファウストの演奏も上記二人とはまた違った魅力を持っています。興味深いのは各楽章のカデンツァ。聴いた事のない演奏だったので調べてみましたら、チェンバロ奏者のアンドレアス・シュタイアーにファウストが懇願して作ってもらったそうです。カデンツァの事はともかく、古楽ファンの方にはお薦め出来る演奏であります。

今日は例外的に3枚もご紹介した「私の愛聴盤」ですが、今日に限っては「私の愛聴曲」と言うべきだったかもしれません。(^^;
尚、ムターとファウスト盤はヴァイオリン協奏曲全集の組み合わせです。

2019年5月16日 (木)

街(54)

2888

ゴールデンウィーク中の港風景を今日は。

2890

大さん橋には客船も入港していました。

2889

ご機嫌の様子。(^^)

2891

雨が多かった今年のゴールデンウィークでしたが、この日は快晴。

2892

歩いていると汗ばむ陽気でした。

史上初の10連休だとテレビで盛んに採り上げていましたが、そう言うあなたたちは休んでいないではないですか、と思いました。(笑)

FUJIFILM X-T20
XF 23mm F2 R WR

2019年5月15日 (水)

子ぎつねコンコン♪

2903

今日はじゃれ合う子どもたちを掲載させて頂きます。

2904

授乳を終えた母ギツネは再び餌探しに出掛けたようです。すると三匹の子どもたちはお互いにじゃれ合って遊び始めたのです。目に尻尾が。(笑)

2905

好奇心旺盛な子ギツネ、枝を噛み始めました。

2906

こちらの子も。(笑)

2907

2908

あどけない様子の子どもたちですが、ちょっとした瞬間に野生の目が伺えます。

2909

ややピン甘ですが、何かに惹かれてこちらの方へ歩いて来たのです。しかし、直ぐにビックリして兄弟のところへ駆け足で戻りました。(笑)

2910

以前、NHKの動物番組で紹介されていましたが、子どもの動物たちは兄弟でじゃれ合いながら狩りの仕方を学んで行くのだとか。

2911

何かに興味を惹かれてじっと見ています。こういうところは子どもらしさを感じますね。

2912

首筋が痒いらしく、犬がするように掻いていました。こういうシーンは動画の方が面白いかも。(^^)

三匹の子どもたち、無事に育ってくれると良いのですが。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年5月14日 (火)

キタキツネの子育て

2893

二年振りにキタキツネの子育てを撮影出来ました。
お母さんが巣穴に向かって声を出すと、中から子どもたちが出て来ました。

2894

お母さんに甘える子どもたち。

2895

子どもは三匹ですが、一番小さい子はお母さんにべったり!

2896

お母さんからお乳をもらう時間です。

2897

と、雲間から一瞬日がさして来まして、キツネ色が鮮やかに光りました。

2898

お母さん、足が邪魔!
この様子が実におかしいです。(^^)

2899

こちらが気になるのか、母親がこちらを警戒。
大丈夫、近付きませんから。

2900

子どもたちを優しく見守る母ギツネ。

2901

お腹いっぱいになった子はまたお母さんに甘えます。

2902

お母さんの尻尾でじゃれ合う子ども。これもおかしかった。(^^)

あ、今日の様子は動物園での撮影ではないですよ。まったくの野生のキタキツネです。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EXTENDER EF 1.4x III

2019年5月13日 (月)

小樽港

2880
小樽運河にて

ゴールデンウィークのお休み、皆様は謳歌しましたでしょうか?
私は仕事と遊び、半分半分でして、例によって北の大地へ。

2881
VIKING ORION号

私が北海道を訪れるのは観光ではないのですが、小樽は少々目的があり、夕方の午後5時頃訪れました。そうしたらなんと、汽笛と共に豪華客船が入港するところだったのです。

2882

もちろん調べて行ったわけではないので、実にラッキーでした!

調べたら、5月6日に東京を出港し、小樽を経由してロシア、アラスカ、バンクーバー(26日到着)までの「北太平洋クルーズ」でした。

2883

和太鼓でクルーズ客を出迎えていました。

2885

クルーズ客が次々下船して来ます。小樽観光でしょうか?

2884

和太鼓の響きを聞いているクルーズ客。

2886

小樽を訪れるのは3回目か、4回目か。あれ? どっちだろう?(笑)

2887

澄み切った青空に碧い海。
思わぬ遭遇にしばし楽しませてもらいました。

FUJIFILM X-T20
XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »