« 大阪の秋葉原 | トップページ | 初夏に開く »

2019年7月15日 (月)

女性ヴォーカル3枚

3160

ダイアナ・クラール/ターン・アップ・ザ・クワイエット

ライク・サムワン・イン・ラヴ
ロマンティックじゃない?
ラヴ
ナイト・アンド・デイ
ムーングロウ
他 全12曲

ダイアナ・クラール(ヴォーカル&ピアノ)
ラッセル・マローン(ギター)
クリスチャン・マクブライド(ベース)
ジェフ・ハミルトン(ドラムス)他

ユニバーサル ミュージック UCCY-9679(CD)

今日はお気に入りの女性ヴォーカルのディスクを3枚ご紹介させて頂きます。先ずはダイアナ・クラールです。このCDは11年ぶりのジャズ・スタンダード・アルバムだそうですが、ボーナス・トラックも含め収められている全12曲、どれも皆素敵な歌唱、演奏です。

「ラヴ」、私のお気にりの曲なんですが、歌だけでなくピアノも冴えていてご機嫌です。バラードからミディアムテンポまで、どの曲も前述したようにダイアナ・クラールのヴォーカルとピアノを楽しめます。

そうそう、3曲に参加しているベースのクリスチャン・マクブライドが素晴らしいですね! 特にオープニングの「ライク・サムワン・イン・ラヴ」なんて最高です。

3161

ホリー・コール/ドント・スモーク・イン・ベッド

アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ
涙を止めないで
テネシー・ワルツ
ケ・セラ・セラ
ドント・スモーク・イン・ベッド
他 全12曲

ホリー・コール(ヴォーカル)
アーロン・デイヴィス(ピアノ)
デヴィッド・ピルチ(ベース、パーカッション)他

STEREO SOUND SSVS-008(SACD/CDハイブリッド)

1993年に発表されたホリー・コールの代表作を、米国キャピトルに保管されているアナログマスターテープからフラットトランスファーでSACD化されたディスクで、ハイエンドオーディオ雑誌を刊行しているステレオサウンド社の企画による独占販売です。

カナダ出身で日本でも人気のホリー・コールですが、このアルバムは録音が良い事も相まって、初発売当時からオーディオ機器をチェックする際のリファレンス・ディスクとしてもオーディオファイルに人気のディスクのようです。確かに音が良いので、聴いていて実に気持ちが良いです。

何故か白人女性ヴォーカリストってハスキーヴォイスの人が多いですが、ホリー・コールもややハスキーな歌声で各曲を表現豊かに歌っています。11曲目の「ケ・セラ・セラ」はドリス・デイの歌唱で有名ですが、まったく別の曲かと思うくらいホリー・コールの歌唱はユニークです。酔っているのかな?と、思うくらい。(^^)

3162

ジェニファー・ウォーンズ/ザ・ハンター

ロック・ユー・ジェントリー
サムホエア, サムバディ
月の想い
ルイジアナの灯り
ザ・ハンター
他 全10曲

ジェニファー・ウォーンズ(ヴォーカル)

BMGビクター BVCP-7442(CD)

ジェニファー・ウォーンズ、ブックレットの解説によると1970年代から活躍している女性シンガーだそうで、映画「愛と青春の旅立ち」の主題歌をジョー・コッカーと一緒に歌い、全米ナンバーワンになった事で一躍有名になったそうですね。

ところが私はその映画を見ていませんし、ポピュラー音楽にもまったく疎いので、私がジェニファー・ウォーンズの名前を知ったのはハイエンドオーディオ雑誌「STEREO SOUND」でしばしばオーディオ機器のテストリポートにこのディスクが使われているのを見て、興味を持ったのです。(^^;

印象的なジャケット写真にも大いに惹かれ、では買ってみようか・・・と、ポピュラー音楽にあまり関心のない私がとうとう手を出してしまったわけです。(笑)

第一印象は「綺麗な声だな」という事。白人女性はハスキーヴォイスが多いと上に書いていますが、ジェニファー・ウォーンズはやや太めですが透き通るような美声です。

太め・・・って、体型ではないですよ。(笑)私はアルバムタイトルになっている「ザ・ハンター」という曲がすっかり気に入ってしまい、この曲は特に繰り返し聴いております。

以上3枚はリッピング(ホリー・コール盤はCD層)してありますが、ディスクは売却していません。手元に置いてあります。女性ヴォーカルがお好きな方、是非お聴きになってみてください。オススメ致します。

« 大阪の秋葉原 | トップページ | 初夏に開く »

コメント

KONDOHさん、こんばんは。
女性ヴォーカルのおすすめCDもクラシックと同じ位、楽しみにしています。
ホリー・コールさんのドント・スモーク・イン・ベッドがSACD化されていたのは知りませんでした。
KONDOHさんの仰るとおり、ドリス・デイさんのケ・セラ・セラとは違いますね。

ななさん、こんばんは。
ホリー・コール、CDをお持ちでしたか。
SACDはステレオサウンド社オリジナル企画による独占販売なので、オーディオ店や通信販売で入手出来ます。私はオーディオショーの時に買いました。
ケ・セラ・セラ、ユニークな歌唱ですよね。^_^
いつもありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪の秋葉原 | トップページ | 初夏に開く »