« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

清澄庭園(2)

3525

このような広い庭園を個人でお持ちの方も富裕層の中にはいらっしゃるのでしょうね。(^^;

3526

日本庭園、やはり落ち着きます。

3527

灯篭を見ると撮影するのはいつもの事。この灯篭も何回目かの撮影です。

3528

二重橋。(笑)

SONY α6400
Elmar-M 24mm F3.8 ASPH.

2019年10月30日 (水)

清澄庭園

3521
清澄庭園(東京都江東区)

こちら、久しぶりに入園した清澄庭園です。

3520

一部は紀伊國屋文左衛門の屋敷跡だったそうですが。

3522

晴天の日、PLフィルターを使っていなくてもこの青さ。

3523

この日見たスッポンで一番大きかったです。50cmくらいはあったと思います。人影を見ると寄って来ましたので、餌を貰えると思ったのでしょうね。

頭を突いてみようと思い、人差し指を近付けた瞬間「あ! カメではないのだ!」と気がついて止めました。危ない危ない。(笑)

3524

最近、有名どころの公園ではこういうシーンに良く出遭いますね。

SONY α6400
Elmar-M 24mm F3.8 ASPH.

2019年10月29日 (火)

今、隅田川の橋は・・・

3515
清洲橋

隅田川に架かる清洲橋です。

3516

今、隅田川の橋は東京オリンピックに向けて、どの橋も改修工事が行われています。

3517

正直、この辺りへ外国人観光客が果たして来るだろうか・・・という感じは否めないです。

3518

ですが、隅田川下りでどの橋も観光客に見られますから、綺麗にしておきたいのでしょう。

3519

しかし、東京オリンピックのために都民(と国民)の税金、気の遠くなるような金額が注ぎ込まれていますね。その金額(少なくとも国民の税金分)をまるまる被災地の復興に使っていたら・・・と思ってしまうのは私だけ?

SONY α6400
Elmar-M 24mm F3.8 ASPH.

2019年10月28日 (月)

下町散歩

3509

久々に訪れた町でのお散歩写真です。

3510

そう言えば、まだ一度も食した事がない・・・。

3511

「即位の礼」があったばかりですね。平成天皇がこちらの町を訪れたのでしょうか?

3512

3513

可愛い!(^^)

3514

昭和の大横綱。

SONY α6400
Elmar-M 24mm F3.8 ASPH.

2019年10月27日 (日)

王子電気軌道

3505

路地から見る都電荒川線。

敢えて東京さくらトラムとは申しません。(笑)

3506

お馴染み、都電沿線のバラ。

3507

王子電気軌道、良い名称だなぁ・・・。

3508

中井さん、鉄道撮影にライカを使うようになったのですね。M型ライカとレンズ数本、SLとズームレンズ三本を一気買いしたそうで。そのライカを駆使した鉄道写真展を「ゆる鉄画廊」で開催中でした。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 40mm F2.8 STM

2019年10月26日 (土)

下町雰囲気

3501

訪れる事、もう・・・何回目?(^^)

3502

こういう商店街、大好きです!

3503

地元横浜では弘明寺商店街、横浜橋商店街かなぁ・・・。

3504

路地もあるし。(笑)

Canon EOS 5D Mark IV
EF 40mm F2.8 STM

2019年10月25日 (金)

SACDを楽しむ(8)

3482

ロッシーニ/歌劇「セビリャの理髪師」全曲

フィガロ : ヘルマン・プライ(バリトン)
ロジーナ : テレサ・ベルガンサ(メゾソプラノ)
アルマヴィーヴァ伯爵 : ルイジ・アルヴァ(テノール)
バルトロ : エンツォ・ダーラ(バス)
クラウディオ・アバド 指揮
ロンドン交響楽団
アンプロジアン・オペラ・コーラス
ESOTERIC ESSG-90092/93

※ 今日の記事は当初13日か14日に掲載を予定していたのですが、当時その気にならず、今日掲載する事にしました。クラシック音楽にご関心のない方には素通りされるでしょうが。(^^;

「SACDを楽しむ」、なんだかESOTERIC盤が多くなっていますが、やはり良いものが多いので必然とそうなってしまいます。ご容赦。

さて、今日最初はロッシーニの代表的作品である歌劇「セビリャの理髪師」です。フランスの劇作家、ボーマルシェが書いた戯曲をロッシーニがオペラ作品としたものですが、「セビリャの理髪師」は「フィガロの結婚」の前の物語なのです。まぁ、クラシック音楽ファンなら良くご存知とは思いますが。

で、この作品のベスト盤と称して良いと個人的に思っている録音が主役のフィガロをヘルマン・プライが歌い、アバドが指揮している当演奏です。アバドの軽妙な解釈はロッシーニ作品にピッタリで、米RCAにロッシーニの序曲集を録音しているのですが、これも最高! 私にとってロッシーニを聴くならアバド、と言っても過言ではありません。そのくらい素晴らしいロッシーニを聴かせてくれるのです。

そしてフィガロ役はこの方を置いて他におりません。そうです、ヘルマン・プライです。第1幕が始まってアルマヴィーヴァ伯爵が登場した後、軽快な音楽に乗ってフィガロが登場し、アリア「おいらは街の何でも屋」を歌うのですが、「よ! 千両役者!」と声を掛けたくなるほどの名唱です。

以前は国内盤のレコードで楽しんでおりましたが、今はこのESOTERIC盤です。

3483

モーツァルト/歌劇「フィガロの結婚」全曲

フィガロ : ヘルマン・プライ(バリトン)
スザンナ : エディット・マティス(ソプラノ)
アルマヴィーヴァ伯爵 : ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
ロジーナ(伯爵夫人): グンドラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
ケルビーノ : タティアーナ・トロヤノス(メゾソプラノ)
カール・ベーム 指揮
ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団・合唱団
ESOTERIC ESSG-90089/91

「セビリャの理髪師」から数年後のお話しが「フィガロの結婚」です。当然フィガロが主役ですから、ヘルマン・プライが歌わなければなりません。(笑)

純粋に演奏、歌唱(歌手)だけを考えるとウィーン国立歌劇場初の日本引っ越し公演時の演奏(プライのフィガロ、ベーム指揮)になるのですが、レコードの為の録音としては本演奏以上の録音はありません。こちらの演奏も国内盤のレコード、その後CDで楽しんでいましたが、ESOTERIC盤入手後にCDは手放しました。レコードはヘルマン・プライさんにサインを頂いているので、絶対手放せません。(^^)

近年、この作品の舞台上演では現代の設定として演出される事が多いようですが、物語の内容を考慮すると私はどうしてもそうした演出に違和感を感じるのです。

3484

ブラームス/ハンガリー舞曲集(全曲)

クラウディオ・アバド 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ESOTERIC ESSG-90200

ESOTERIC盤リリースに関しての総合責任者である大間知(オーディオメーカー ESOTERIC顧問)さんはアバドがお好みなのでしょうか、アバドの録音が結構多いですね。でも、そのお陰で「セビリャの理髪師」がESOTERIC盤として発売されたのかもしれませんので、有難いですが。

ハンガリー舞曲集なんて一般的に良く聴かれる第5番(演奏会のアンコールとして等)を除けば比較的地味な作品ですが、そうした作品の録音がESOTERIC盤として発売されるくらいですから、やはりご贔屓の指揮者なのでしょう。しかし、そういう事とは関係なく、ウィーン・フィルの素敵な音色で楽しめる演奏です。

3485

ショパン/ピアノ・ソナタ 第2番、第3番 他

マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
ESOTERIC ESSG-90172

現役のピアニストでもっとも私が贔屓にしている方がアルゲリッチさんです。女性とは思えないアグレッシブな打鍵は生演奏を聴いた時、驚愕と同時に大変な感動を受けたものです。しかし、ピアニッシモの表現は実に繊細。本当に素晴らしいピアニストです。

メインレパートリーであるショパンは沢山の録音が残されていますが、ソナタの2曲も名演です。独グラモフォンに録音したソロ作品をすべてESOTERIC盤で出してもらいたいです。(笑)

3486

NIGHT TRAIN

ナイト・トレイン
我が心のジョージア
バグス・グルーヴ
昔はよかったね
自由への賛歌
他 全11曲

オスカー・ピーターソン(ピアノ)
レイ・ブラウン(ベース)
エド・シグペン(ドラムス)
TOWER RECORDS PROZ-1119

このSACDもTOWER RECORDSさんが2018年に本国のアナログ・マスターテープから新規にダイレクトでDSD化しております。世界初SACD化のようです。

私が改めて説明する必要のない、ジャズファンお馴染みの名盤です。オスカー・ピーターソン、レイ・ブラウン、エド・シグペン、黄金のトリオと言って良い、素晴らしいピアノ・トリオを聴く事が出来ます。何度も申していますが、TOWER RECORDSさんは良い仕事をしてくれますね!

2019年10月24日 (木)

街(71)

3498

デジタルカメラでのモノクロ、最近各社ともモノクロモードに力を入れて来ているようですね。

3499

フィルム経験のない方にとってはモノクロって新鮮に感じるのではないかと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

モノクロ映画は見る気がしない、という事を身近の人から言われた事があるのですが、私にとっては衝撃的でした。その理由を訊いてはいないのですが、モノクロ映画に名作が多いのですがねぇ・・・。まぁ、好き嫌いは人それぞれです。

3500

写真の原点、光と陰(影)をどう捉えるかを考える意味ではモノクロ撮影はカラー撮影より或る意味難しいかもしれませんね。

※ 余談ですが、つまらない日本シリーズでしたね。ソフトバンクが4連勝で早くもシリーズが終わってしまったからという意味ではないです。本来なら両リーグの覇者、西武と巨人とで試合をするのが本当の意味での日本一決定戦。

リーグ2位のチームが日本一決定戦に出るのはやはりおかしいです。何のためのリーグ戦なのでしょう。現状、ペナントレースの意味を成していません。今の制度を改めなければ、ますます日本プロ野球の人気は落ちるばかり。巨人戦ですら、地上波の中継は年間数試合しかない事が全てを物語っています。

ちなみに私、嘗ては猛烈なプロ野球ファンでした。今は関心が薄れ、ご贔屓だったチームのメンバーも今は知らない選手ばかり。しかし、現在の日本プロ野球界、大投手、大打者が皆無ですね!

FUJIFILM X-H1
XF 50mm F2 R WR

2019年10月23日 (水)

御茶ノ水駅

3492

御茶ノ水駅、リニューアルが大分進んで来ました。

3493

とは申せ、まだまだ時間は掛かると思います。

FUJIFILM X-H1
XF 35mm F1.4 R

2019年10月22日 (火)

街(70)

3494

台風19号が去った後、一度もカメラを持ち出しておりませんので、しばらくは19号が来る前に撮影した写真が続きます。

3495

富士のACROSモードでのモノクロ撮影です。

3496

厳密にはフィルムのACROSとは違いがありますが、

3497

お気軽にデジタルでACROSの雰囲気を味わえるという事で。(^^)

FUJIFILM X-H1
XF 50mm F2 R WR

2019年10月21日 (月)

街(69)

3488

地下鉄の駅から在来線の駅へと歩いた時、偶々高級住宅街(都内)を通り抜ける事になり、ついでのお気軽写真です。

3489

下手に写真なぞ撮っていて不審者と間違えられても困るので、注意しました。(笑)

3490

横浜でも山手は或る意味、高級住宅街ですが、やはりお大尽様は皆さん高台がお好きなようで。

そう言えば以前、テレビのお散歩番組の中で「お金持ちは高台に住み、下々は低地に住むものだ」と言ってましたが、成る程・・・言い得て妙とはこの事。(^^;

3491

で、間も無く目指す駅に近付きました。

Canon EOS 5D Mark IV
EF 40mm F2.8 STM

2019年10月20日 (日)

台風19号の爪痕

3487_1
2018.10 平和だった時の多摩川河川敷(フィルム撮影)

台風19号は15号以上に大きな爪痕を残して行きました。1都18県で大中小様々な河川の堤防が決壊し、大変な被害になっています。濁流がもの凄い勢いで住宅を破壊、流して行く様子をテレビで見ていました。しかし・・・、

人々が二階のベランダや屋根に上がって救助を待っている様子を見て、私は2011年3月11日の東日本大震災時の津波とオーバーラップしてしまい、涙が止まりませんでした。

震災後、僅か三回ですが、岩手、宮城、福島の三県を訪れ、自分の目で悲惨な様子を見ていますので、また同じような悲劇を見る事になった事に大変なショックを受けました。なので、とても平静に拙ブログを続ける気にはならず、しばらくお休みさせて頂きました。

自宅周辺のハザードマップを見ると拙宅から僅か十数メートル離れた位置から坂道(下り)に沿って「土砂災害警戒区域」に指定されています。過去には小さな土砂崩れもありました。一応、拙宅は対象位置ではないのですが、だからと言って安心は出来ません。

19号が小田原から藤沢、横浜、川崎と通過する際、一番の強風(横浜で43.8mが観測)時に何処から飛んで来たのか、トタン板が窓に当たったくらいで、取り敢えず怪我もなく無事に過ごしております。

被災した方々には申し訳ないのですが、ひとまず拙ブログを再開してみようか・・・という気になりましたので、またよろしくお願い致します。今までと多分変わる事のない記事になるかと思いますが。

2019年10月12日 (土)

四発の轟音

3478
日本貨物航空 B747-8F(JA13KZ)

貨物専用機ですが、日本ではジャンボと呼ばれて親しまれていたボーイング B747の新型機です。

3479

四発独特の轟音を響かせて成田空港のランウェイへとアプローチ。

機体下部の緑色は公園の木々が反射しています。

3480

雨上がりの空も徐々に青色へと変化して来ました。

3481

無事ランディング!

余談ですが、新型ジャンボ機は羽田空港にルフトハンザドイツ航空機が飛来していますので、普通にウォッチング出来ますよ。

※ さて、いよいよ今日、近畿、東海、関東、東北は大変な事になると思います。横浜はどうやら直撃を受けそうです。断水になった事を考え、ミネラルウォーターを買いに行きましたがスーパー他、どのお店も完売でした。開店前に並んだ人たちに買い占められたとの事。ビックリです。どうぞ皆様もご用心くださいませ。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2019年10月11日 (金)

みなとみらいで・・・

3473

地元、みなとみらいでのお散歩写真です。

3474

みなとみらい地区が整備されて何年経ったのか・・・?

3475

久しぶりに来てみたら、こういうものを見ました。

3476

ロック・カフェ。

3477

偶に来てみると新しい発見があったり・・・。

明日の横浜は午後から、先月の15号に続いて超大型台風の直撃を受けます。15号は関東に上陸した台風としては史上最強クラスという事でした。ところが今回の19号は15号を上回る最強台風との事。う〜む・・・。

SONY α6400
Elmar-M 24mm F3.8 ASPH.

2019年10月10日 (木)

GINZA

3469

毎度、お馴染みのところでのお気軽スナップです。

3470

3471

3472

一時、欲しいなぁ・・・と思った事がありましたが、今はまったく。

FUJIFILM X-H1
XF 50mm F2 R WR

2019年10月 9日 (水)

秋の実

3465
子福桜

秋に咲く桜。ジュウガツザクラ(十月桜)と共に、冬桜と呼ばれているようです。

房総半島では台風15号の影響でソメイヨシノが狂い咲きしていますね。

3466
タイワンホトトギス

拙ブログ、定番。(^^;

3467
コムラサキ

秋はいろいろな実が付く季節でもあります。

3468
チカラシバ

そろそろ秋らしい秋を希望。(笑)

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art

2019年10月 8日 (火)

水煙を飛ばして

3463
アトラス航空 B747-400(N405KZ)

エンジンから出ている煙ではありません。水煙です。

雨の日でしたので、滑走路の水溜まりがジェットエンジンに吹き飛ばされているのです。

3464
アトラス航空 B747-400(N499MC)

こちらは雨が止んだ後のため、水煙も薄いですね。

昨晩、池上彰さんのテレビ番組で日航機の羽田沖墜落を採り上げていました。機長が着陸前にエンジン逆噴射の処理を行い、操縦桿を押し下げてしまった事が原因です。現在の飛行機はこの事故があってからは、タッチダウンしないと逆噴射は出来ない仕様になっています。

テレビ東京に残っている映像が流れましたが、生々しいと同時に痛々しかったです。死者24名。墜落した飛行機は着陸進入灯の横で無残な姿に。滑走路まで僅か300mだったのに。

機長の頭の中で、「死ね、死ね!」という意味の言葉が聞こえたから操縦桿を倒したという事です。もちろん精神を病んでいたからで、以後、操縦士の健康管理が厳しくなったとの事ですが、未だに飲酒問題がニュースになっていますね。お酒が好きな人の中には、自分で自分をコントロール出来ない人もいらっしゃいます。

しかし、他人の命を預かる仕事の人がそれでは困りますので。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2019年10月 7日 (月)

秋に咲く

3458
彼岸花

季節は秋のはずなのですが・・・、

3459
ジュウガツザクラ(十月桜)

何故か猛暑日になったり・・・。

3460

暑いのが大の苦手な自分にとっては、正直堪えます。

3461
ススキ

しかし、花々を見ますと、やはり秋はやって来ているのですね。

3462
ヤブラン

新宿御苑での撮影ですが、台風15号が残して行った爪痕は大きかったです。未だに立入禁止が解けない場所が多いのです。普通に歩く事が出来ていたところさえ。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art

2019年10月 6日 (日)

まだまだ・・・

3447

見ても滅多に撮影しないサギ類も、こういう姿は結構美しいですね。

3448

ほぼ夏鳥が南へ渡って行ったものの・・・、

3449

冬鳥はまだまだほとんど見る事はありません。

3450

都内で見られるのは鵜ばかり。(笑)

3451

もっと寒くならないと・・・ね。カモ類も全くと言って良いくらい来ていません。

3452

餌にされる小魚はいい迷惑。

3453

鳥さんが少なくて撮影対象がいないので、頭上を通過する旅客機を撮影したり。(笑)

SONY α6400
FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

2019年10月 5日 (土)

街(68)

3454

初めての街でのお散歩写真です。

3455

自転車、乗ってないなぁ・・・。

3456

飛行機写真!(笑)

3457

安直スナップにAFレンズは最適ですが、偶にはMFレンズでのんびり撮影するのも良いものですね。

Nikon D700
Ai Nikkor 50mm F1.2S

2019年10月 4日 (金)

珍しい?

3441
クサシギ(チドリ目シギ科)

初めて見るクサシギ。公園のネイチャーセンターでカメラの液晶画像を見てもらい判明。イソシギに似ていますが、シギ類はパッと見ではなかなか判別出来ない事が多いです、私は。

3442
アカアシシギ(チドリ目シギ科)

クサシギもアカアシシギも初めて見ました。名前の由来は脚の色の通り。

3443
ホシゴイ(ペリカン目サギ科)

ゴイサギの若鳥時代をホシゴイと言います。若鳥の時はご覧のように一見猛禽かと間違えそうですが、成鳥になるとガラッと姿が変わります。ホシゴイも初めて。

3444
カワセミ(ブッポウソウ目カワセミ科)

もうカワセミを見ても感動がなくなっています。この個体はまだ幼鳥のようで、ひっきりなしにダイブの練習をしていました。

3445

歩いていると、其処彼処に彼岸花が咲き始めていました。ただ、例年より遅いですね、今年は。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

2019年10月 3日 (木)

Dialogue

3446

Dialogue/Miki Imai Sings Yuming Classics

卒業写真
中央フリーウェイ
あの日にかえりたい
やさしさに包まれたなら
青いエアメイル
他 全12曲

今井美樹(歌)
STEREO SOUND SSMS-027(SACDシングルレイヤー)

秋の夜長に女性ヴォーカルは如何でしょうか?

「え!? どうしたの? 今井美樹なんて聴くの?」なんて声が聞こえて来そうですね。(笑)

もう大分前ですが、SMAPの草彅剛さんと今井美樹さんが共演していた連続ドラマを途中から偶々見まして、気品があって綺麗な女優さんだなぁ・・・と感じたのがそのヒロイン役の今井美樹さんだったのです。はい、私は歌手が本業だという事を知らずに見ていました。(^^;

何しろポップス系や演歌といった音楽、歌をまったく聴かないので、当然の事ながら今井美樹さんも存じ上げていなかったのです。しかし、歌手である事を知って、「どういう音楽(歌)を歌っているのだろう?」と思って当時調べました。

ところがタイミング良くドラマが終わってほとんど直後くらいだったか、WOWOWさんでライヴコンサートが放送されるというのでタイマー録画してから見ました。で、そのコンサートの最後に歌われた「PRIDE」という歌に感動しちゃったのです。(^^;

以後、隠れ今井美樹ファンに。(笑)

今日ご紹介するディスクは9月14日、ハイエンド・オーディオ誌を発刊しているステレオサウンド社から発売されたばかりで、同社の企画によるシングルレイヤーのSACDでの独占販売(枚数限定)です。今井美樹さん初のSACDとなるらしいです。

荒井由実/松任谷由実さんの歌をカバーしたアルバムで、元々はCDとして発売されていた音源だと思います。ユニバーサルミュージックの全面協力により、オリジナルマスター(トラックダウンマスター)からソニー・ミュージックスタジオ所属のエンジニア(鈴木浩二氏)がマスタリングをしています。

ちなみに私が知っている曲は僅か4曲だけでした。(^^;
でも、実に素敵なアルバムです。秋の夜長にしっとりと聴くのも良いかと思います。ただ、SACDを再生出来るプレーヤーが必要となりますので、ご注意ください。

◎ 最後に今一度SACDとはどういうメディアであるかという事を簡単にご説明しておきます。SACDとは「Super Audio CD」という正式名称の頭文字で、1999年にソニー、フィリップス両社によって規格された光学ディスク(CDと同サイズ)です。次世代高音質CDとして鳴り物入りで登場したものの、現在まで一部の音楽ファン、オーディオマニアに知られているのみです。

2019年10月 2日 (水)

もうハロウィン?

3438

東京・吉祥寺駅から程近い井の頭公園です。2年前だったか、池の掻い掘りが行われ、外来生物が駆除されたようです。

3439

帰り際、駅に向かう途中で撮影。

3440

え!? もうハロウィン?(笑)

Nikon D700
Ai Nikkor 50mm F1.2S

2019年10月 1日 (火)

アキュフェーズ & タワーレコード試聴会

3436

アキュフェーズさんのSACD/CDプレーヤー全機種を、タワーレコードさんの新作SACDで聴くという試聴会があり、またまた参加して来ました。

タワーレコードさんの新作を聴く事が出来るので、楽しみでした。今回も春に引き続き、タワーレコードさんからSACD担当責任者の方がお見えになり、大変有意義な試聴会でした。試聴機器は以下の通り。

Accuphase
CDプレーヤー : DP-430
SACD/CDプレーヤー : DP-560、DP-750、DP-950 + DC-950
プリアンプ : C-3850
パワーアンプ : A-250 x2
クリーン電源 : PS-1230
スピーカー : 伊SONUS FABER「IL CREMONESE」

試聴に使われたスピーカーはペアで550万円(税別)という、超弩級スピーカー(写真両側)。いや、同社には未だ販売されているか分かりませんが、ペアで2,000万円(重さ302kg)という製品がありましたから、550万円ではさほど驚く事ではないかもしれません。(^^;

最初にチェンバロ(バッハ/イタリア協奏曲)とハーモニカのCDを使い、DP-430とDP-560の音を聴き比べる事から始まりました。DP-430はCD専用機なので、必然とメディアはCDになります。対してDP-560はSACD/CD兼用プレーヤー、価格差を考慮せずともピックアップが違います。DP-430で聴いている分には充分な音色。しかし、DP-560に変わるとやはり上位機ですね、音の奥行き感や響き、低域の深み等で上回ります。仕方ない事です。でも、音の傾向は同じです。

その後、DP-560を使ってジョージ・セルとクリーヴランド管弦楽団によるモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」の第四楽章を、CDとSACDとで聴き比べ。SACDは新規にマスタリングされているそうで、これは興味深かったです。

で、結果は? 微妙なところですね。私にはCDが思いのほか良く感じました。確かにSACDの方は高域が伸びているのですが、これはマスタリング時にイコライザーを弄っているからでは? という感じでした。もし、CDをすでに所持していたら、敢えてSACDに買い換える必要性はないかも・・・というのが正直なところ。

ここで早くもDP-430とDP-560は片付けられてしまいました。(笑)
で、お次はDP-750です。

3437

昨年だったかジャズピアニスト、ビル・エヴァンスの未発表録音(有名なモントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴ直後のスタジオ録音)が二種発売(CD)されているのですが、その音源を新たにTOWER RECORDSさんでリマスタリング仕直し、最近SACDとして発売されました。リマスタリングの監修はオーディオ評論家の和田博己氏。要するに、和田博巳氏好みの音にリマスタリングしているわけです。

その二種の音源は「Another Time」と「Some Other Time」というアルバムタイトルでして、私はe-onkyo musicでハイレゾ音源をそれぞれダウンロード購入し、すでに自宅で楽しんでおりました。

その両アルバムから一曲ずつ再生。放送局がスタジオで録音していますから、音に問題はありません。片方はスタジオにお客を入れてのライヴです。送られて来たマスターから主にベースの響きとドラムスのシンバルに関し少し音を弄ったそうです。DP-750、素晴らしい音ですね!

その後、フィストゥラーリが指揮したチャイコフスキーの「白鳥の湖」やブロムシュテットが指揮したベートーヴェンの交響曲第8番(第四楽章)、マタチッチのブルックナー(スプラフォン原盤)を再生。途中、DP-750(税別120万円)とDP-950+DC-950(税別240万円)とで聴き比べがあり、参加者にどちらの方が良かったか挙手を求められたり。(^^)

さて、私にとってこの日一番の収穫は往年の名指揮者、オットー・クレンペラーが指揮したマーラーの交響曲「大地の歌(英EMI)」のSACDでした。これは4枚のSACDを使って聴き比べ。その4枚は以下の通り。

1. ESOTERIC盤(SACD/CDハイブリッド)
2. 英EMI盤(SACD/CDハイブリッド)
3. 英EMI盤(SACDシングルレイヤー)
4. TOWER RECORDS盤(SACD/CDハイブリッド)

この4枚、すべて微妙に音が違います。しかし、一番興味深かったのは2番と3番の聴き比べです。同じマスタリング音源をCD音源と一緒(上下二層)にハイブリッドにした盤と、SACD音源のみの盤(シングルレイヤー)とでは音に違いが果たしてあるのか?

結果は・・・、メチャクチャ違いました。これはもう圧倒的にシングルレイヤー盤の方が良かったです。この試聴を踏まえ、出来る事なら今後のSACD発売はCD音源とのハイブリッドは止めて、すべてシングルレイヤーで発売してもらいたいと本気で思いました。ハイブリッドにするくらいならワンパッケージにSACDとCDによる2枚組にすれば良いのではと。映画ソフトで昨今、Blu-rayとDVDの2枚をパッケージングしているように。

それと、今回の試聴会で一番驚いた事、それはタワーレコードさんから「SACD/CDハイブリッド盤というのは、SACD(上)とCD(下)それぞれのディスクを糊で貼り合わせているのです。ですから時々ディスクの端に若干糊がはみ出ている事があります(笑)」という説明でした。

私は今まで一枚のディスクを使い、最初にCD層をディスクの底面にレーザー光で記録し、その上にSACD層を記録しているものとずっと思っていました。2枚の円盤を糊で貼り合わせているのでは上下層とも音に良いわけないですよね!

今回の試聴会一番の収穫がこの一件。(笑)
ESOTERIC盤とTOWER RECORDS盤の違いは最高音域の表現に若干違いが。こうした事はプレス工場の違い(アナログレコードと同じ)でも生じるので、これはもう聴き手の好みの範疇でしょう。ところでこのクレンペラーのマーラーですが、途轍もない情報量です。録音は1960年代初期ですが、SACDで聴いた印象は「最新録音です」、と言われても驚かないほどの圧倒的情報量(録音)。

もちろん、その録音の良さを余すところなく再現出来たのは、ソナスファベールの優れたスピーカー、そしてアキュフェーズ製SACDトランスポート(DP-950)とDAコンバーター(DC-950)とのコンビによる組み合わせがあったからこその事。更にはプリアンプとパワーアンプ、アキュフェーズ最上位機の力があった事は言うまでもありません。アキュフェーズ、またまた惚れました。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »