« 四発の轟音 | トップページ | 街(69) »

2019年10月20日 (日)

台風19号の爪痕

3487_1
2018.10 平和だった時の多摩川河川敷(フィルム撮影)

台風19号は15号以上に大きな爪痕を残して行きました。1都18県で大中小様々な河川の堤防が決壊し、大変な被害になっています。濁流がもの凄い勢いで住宅を破壊、流して行く様子をテレビで見ていました。しかし・・・、

人々が二階のベランダや屋根に上がって救助を待っている様子を見て、私は2011年3月11日の東日本大震災時の津波とオーバーラップしてしまい、涙が止まりませんでした。

震災後、僅か三回ですが、岩手、宮城、福島の三県を訪れ、自分の目で悲惨な様子を見ていますので、また同じような悲劇を見る事になった事に大変なショックを受けました。なので、とても平静に拙ブログを続ける気にはならず、しばらくお休みさせて頂きました。

自宅周辺のハザードマップを見ると拙宅から僅か十数メートル離れた位置から坂道(下り)に沿って「土砂災害警戒区域」に指定されています。過去には小さな土砂崩れもありました。一応、拙宅は対象位置ではないのですが、だからと言って安心は出来ません。

19号が小田原から藤沢、横浜、川崎と通過する際、一番の強風(横浜で43.8mが観測)時に何処から飛んで来たのか、トタン板が窓に当たったくらいで、取り敢えず怪我もなく無事に過ごしております。

被災した方々には申し訳ないのですが、ひとまず拙ブログを再開してみようか・・・という気になりましたので、またよろしくお願い致します。今までと多分変わる事のない記事になるかと思いますが。

« 四発の轟音 | トップページ | 街(69) »

コメント

おはようございます
ブログを長くお休みされていましたので、被災されたのではないかと心配しておりました。
ご無事でよかったです。

おはようございます。日本中、KONDOHさんと同じ気持ちですよ。
毎年のように繰り返される(というか、これからも続く)自然災害に対し、この国はなんと無策で冷たい事か。民の竈に例えるなら、燃やす薪どころかその竃まで失い、食料を提供してくれる畑まで全て失った人たちがたくさんいるのに、今の日本は何かを手に入れるために、10%の税金が必要になる。
私の所は何も起きなかったけれど、人ごとでは無いです。

おはようございます。横浜も水害の被害は多く報じられていましたがご自宅はいかがでしたか?
昔から水を制するものは政治を制する。という格言がありますが歴から学ぶとROOSさんがコメントされたように自然災害とは言え大臣の白けて答弁はあまりにも政治は無関心ですね。
信州のりんご園にかってお世話になりました被害をうけられています。
丹精こめて育てられて米や野菜そして果実等農家の方々の悲しみを思うと心が痛みますが、なすすべきことができない悔しさのみが残ります。災害列島の宿命だといいきれないですね。

Maruさん、こんばんは。
ご心配頂きまして、本当にありがとうございます。m(_ _)m
なんとか、大きな被害もなく過ごせました。
休んだ理由は本文にある通りでして、自分の気持ちが落ち込んだせいであります。
ブログも続ける事に致しましたので、またよろしくお願いします。

ROCKSさん、こんばんは。
おっしゃる通りですね、こうした大きな災害は地球温暖化が進んだ今は、毎年繰り返されるのでしょう、残念ながら。
10%の税金も有効利用してくれるなら良いのですが、今の日本政府には何ひとつ期待出来ないですからねぇ・・・。
ROCKSさんがお住まいの地域も比較的台風の影響が多いところだと思います。昨年夏の西日本豪雨では大きな被害を受けましたですからねぇ・・・。

tokiwaiさん、こんばんは。
ありがとうございます。幸い拙宅は大きな被害を受ける事はありませんでした。強いて言えばちょこっと・・・というくらいです。水害を受けた地域に比べれば・・・であります。
おっしゃるように今回もアホな大臣が考えられない発言をしていました。どうも日本の大臣という職に就く人はまともな人がいないという事ですね。
信州のリンゴ園、大変な被害ですよね。果たして来年、花開き、実がつくのでしょうか?
日々精魂込めて農作物を作っている農家の方のお気持ちを考えると、言葉がありません。
来年もまたどこかで被害を受けるのではないかと思うと・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 四発の轟音 | トップページ | 街(69) »