« 6100万画素って、どうよ? | トップページ | α7R IV で動きものテスト »

2019年12月16日 (月)

スナップに6100万画素も必要?

3662

フルサイズ 6100万画素、普通は風景写真にもっとも相応しいカメラかもしれません。

3663

今日のようなお気軽スナップ写真に果たして6100万画素も必要なのか?

3664

はい、自問自答しております。(笑)

3665

昨日も記事の中で記しましたが、APS-Cでクロップ撮影しても・・・まだ2600万画素もあるのです。ですから一本の単焦点レンズを二本の単焦点レンズとしても使えます。例えば24mm単焦点を36mm単焦点相当として。

まさにスナップの王道焦点距離とも言われる35mm相当を、もし24mmレンズしか持っていない時にでも急場しのぎとして画角を変えられます。それでも2600万画素ですから画質も充分。

3666

最近まで使っていた α6400(2400万画素)は手放しました。α7R IV をAPS-Cカメラとして使えるわけですから。

野鳥撮影の時はAPS-Cクロップがメインになると思います。その時は軽い100-400mmレンズで。(^^;

ところで、マウントをひとつに絞る事が出来たら、どれだけ幸せになれるのだろうと、いつも思っています。(笑)

SONY α7R IV
Zeiss Planar T* 50mm F2 ZM
RAYQURL LM-SαE

« 6100万画素って、どうよ? | トップページ | α7R IV で動きものテスト »

コメント

KONDOHさん
S1Rはシャッター音がとても静かなのは良かったです、早速コシナのM用21ミリ(M10でも被りが出ます)をつけて仕事前に試写してきました
結果はいずれ報告いたします

roxanne6さん、こんにちは。
店頭で何度か手にしていますが、S1Rは良いですね!
EVFの出来も良いですし。
コシナ 21mm、結果を楽しみにしております。

こんにちは!
ついに6,100万画素の世界に突入ですか〜!
密かに「SL2に行くのかな?」と思ってましたがハズレですね。
手ぶれとかって、やはり気になりますか?
(見た感じは全く心配なさそうですが)

マウントを一つに、、、ニコンを泣く泣くすべて処分(良すぎてこれしか使わなくなる)した結果、EマウントとライカMマウント、あとは中判。
EマウントもZeissに限定しているので^^ゞ 楽です。

ろだごん(時々JIQ)さん、こんばんは。
SONY α7シリーズは第一世代から今回の第四世代まで、ずっと使うようになってしまいました。
やはり動きものを撮影する自分にとって、ミラーレス機はソニーになってしまいます。
SL2の中身はパナ S1Rですから、ブランドに拘らない自分としましては、もし購入するならパナ機になります。実は今回、ソニーとパナで凄く迷いました。
α7R IV、手ぶれはセンサーシフト方式に助けられており、ある程度のスローシャッターでも大丈夫でした。

ROCKSさん、こんばんは。
なかなかマウントをひとつには絞れませんよねぇ・・・(^^;
ROCKSさんはソニー Eマウントとライカ Mマウント、そして中判ですか。
私に比べれば健全ですね。(^^)

 こんばんは。
 APS-Cでクロップ撮影しても、この画素・・・

 魅力的ですね。

fujileica(pyosida)さん、こんばんは。
SONY αシリーズは将来、画素数はどこまで増えるのでしょうね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 6100万画素って、どうよ? | トップページ | α7R IV で動きものテスト »