« シャッター交換 | トップページ | 神田川の眺め »

2019年12月22日 (日)

α7R IV と G Biogon 28mm F2.8

3682
APS-Cクロップ(このカットのみ)

鎌倉を歩きました。

3683

ボディはSONY α7R IVですが、レンズは京セラCONTAX用 G Biogon T* 28mm F2.8という、今回も変則な組み合わせ。

私が持っている G Biogon 28mm F2.8 はライカ L スクリューマウントに改造してあります。

3684

ショートフランジバックのビオゴン系広角レンズ、周辺にマゼンタ被りを生じる事が多く、大分前に使ったキヤノンのAPS-Cミラーレス機でも「こんなに・・・」というくらいのマゼンタ被りを生じてました。同じAPS-Cでも富士は問題ないのですが。

フルサイズセンサーは特にマゼンタ被りが出やすく、SONYの第二世代 α7 II 迄はまったくダメでした。LEICA M(Typ 240)でも若干の被りがあります(後継機 M10はまったく被らないそうです)。

3685

しかし、裏面照射型センサーに変わった第三世代 α7R III で、マゼンタ被りは大分改善されました。

で、今回の第四世代 α7R IV ではまったく問題ありません。

3686

鎌倉散歩では、先ず Zeiss G Biogon を試したかったのです。結果オーライでした。

これからは持ち出し回数が増えそうです。(^^)

SONY α7R IV
Zeiss G Biogon T* 28mm F2.8(ライカ Lマウント改)
LEICA L-M RING
RAYQURL LM-SαE

« シャッター交換 | トップページ | 神田川の眺め »

コメント

LマウントGビオゴン、いいですね!
マゼンタ被りは全く無いようで、M10も問題無いとのことで急に欲しくなりました(笑)でも28ミリはGRⅡとエルマリートがあるのでこれ以上増やしても... ただ目の前に並んでたら...^^;

YOUさん、おはようございます。
Gビオゴン、古いレンズですけど・・・。
一時、中古市場では捨て値で売られていましたが、ミラーレス機が出てから一気に人気が出てしまいましたね。
私のは人気が出る前、マウント改造されていた個体が安価に並んでいたので入手していました。
GRとエルマリートをお持ちなら、充分ですね。^_^

 こんにちは。
 
 Lマウント改造の G Biogon T* 28mm F2.8が、問題なく使えるのは良いですね。
 私もLマウント改造の G Biogon T* 28mm F2.8を入手したのですが、資金難で手放してしまいました。

 購入時・・・店の人から、絶対これが掘り出し物ですと・・・言われていたのですが・・・。
 今からすると、後悔しております。

 α7RIV・・・さらに売れそうですね。

こんにちは
CONTAX G Biongon28mmですか。
いいですね。
色はライカと比べてこってり濃厚のようです。

fujileica(pyosida)さん、こんばんは。
G Biogon T* 28mm F2.8、手放されましたか。
でも、ノーマルのG Biogon T* 28mm F2.8なら、これからでも入手機会があると思います。
α7R IVですが、ヨドバシカメラ12月上期の売上ランキングで4位に入っているのですね。驚きです。

yutaさん、こんばんは。
Biogon 28mmはミラーレスカメラが広まってからまた人気が出たようです。

今度これもテストしないといけませんね
今日は重量級の50/f1.4をかついできました

roxanne6さん、おはようございます。
多分、S1系では問題ないと思います。
50/1.4、楽しみです。^_^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シャッター交換 | トップページ | 神田川の眺め »