« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月29日 (土)

子ども時代を振り返る

3953

一年ぶりのフィルム撮影。(^^;

小学五年生まで住んでいたところに来てみました。

3954

この公園でよく遊んだものです。

3955

写りが良くないですが、カメラのせいなのか、或いはフィルムのせいなのか?

ちなみに使用したフィルム、期限切れから四年経っています。(^^;

3956

伊勢佐木町通りの一本裏、若葉町通り。

3957

こちらは伊勢佐木町通りでの撮影。

3958

本屋さんの老舗、有隣堂の前。

撮影は昨年暮れです。フィルムのスキャニングをサボってました。(^^;

KONICA EE-MATIC(HEXANON 40mm F2.8)
FUJIFILM NEOPAN 400 PRESTO

2020年2月28日 (金)

春の陽気に誘われ

3948
ヒヨドリ(スズメ目ヒヨドリ科)

寒桜の蜜を吸いにヒヨドリが。

3949

3950

3944
オシドリ(カモ目カモ科)

オシドリがお昼寝中でした。

3945
オオタカ(タカ目タカ科)

そのオシドリたちの真上の木にオオタカが飛んで来て枝に止まったのです。ここでオオタカを見たのはこの時が初めてです。

3946
ハシブトガラス(スズメ目カラス科)

ラブラブ?のハシブトガラス。

3947
シロハラ(スズメ目ヒタキ科)

シロハラを見たのは二年ぶり? いや三年ぶり?

3952

3951

福寿草も見頃を迎えていました。

SONY α7R IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2020年2月27日 (木)

増上寺

3940

徳川家の菩提寺、増上寺に。

3941

3942

3943

何とも不釣り合いな組み合わせ。(^^;

Nikon D600
AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

2020年2月26日 (水)

旋回する姿は

3936

今日は飛行機撮影で、個人的に好きなアングルを掲載。

3937

飛行機がテイクオフし、上昇しながら旋回して行く姿が好きで、このようにずっと追い掛けています。

3938

こちらはAIR DO機。展望デッキなどで撮影している他のカメラマンたちの様子を見ていると、こういうシーンを撮影している方をあまり見ません。

3939

飛行機が小さくなっちゃうと、面白くないのでしょうか?

私は大空に向かって飛んで行く飛行機を見ると、「ああ〜! 乗りたい!」って、いつも思っちゃうのです。(笑)

SONY α7R IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2020年2月25日 (火)

JAL A350を・・・

3930
JAL A350-900(1号機)

羽田空港展望デッキ、久しぶりに行ってみると、

3931
JAL A350-900(2号機)

実に閑散としていました。

3932

中国人観光客の方たちがいないと、こんなに人の数が減るんだと今更ながらに感じました。

3933

第1ターミナル、第2ターミナル問わずです。国際線ターミナルは行ってみませんでしたが。

3934
JAL A350-900(3号機)

JALのエアバス A350を3機見る事が出来ました。

ちなみに機体後部のA350という文字、1号機はレッド、2号機がシルバー、3号機はグリーンです。そして4号機は嵐ジェット塗装機。沖縄便に使われているようです。

3935

第1ターミナルからは富士山が見えていました。

SONY α7R IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2020年2月24日 (月)

レンジャク

3924
キレンジャク(スズメ目レンジャク科)

三年ぶりに出遭ったレンジャクです。

3925

怪獣「ギャオス」はこのレンジャクをモデルにしたのではないかと思っています。(笑)

3926
ヒレンジャク

この時、一羽のキレンジャクと三羽のヒレンジャクとの遭遇でした。

3927

尾の羽色が「緋」か「黄」で呼び分けていますが、種類としてはレンジャクですね。

今にも雨が降りそうだったので、白抜けになってしまったのが残念。レンジャクが一枚目の場所からこちらに移動した理由は・・・、

3928

水を飲みに来たのです。レンジャクは食事を終えた後、必ず水を飲みます。

3929

撮影位置に失敗し、水を飲む瞬間が綺麗に撮れませんでした。残念!

SONY α7R IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2020年2月23日 (日)

ジンギスカン

3919

都内某所でのお写んぽです。

3920

旭川にはジンギスカンの美味しいお店があります。(^^)

3921

この日はカメラのモノクロモードを使っての撮影。

3922

3923

RICOH GR II

2020年2月22日 (土)

ソレイユの丘

3910
横須賀市営「長井海の手公園・ソレイユの丘」

当初こちらは予定していなかったのですが、急遽予定変更して。

3911

と言いますのは、京急線の「三浦・三崎フリー切符」で三浦半島を訪れたのですが、自由乗車は電車だけと思っていたのです。ところがバスにも乗れる事を電車乗車中に知り、それなら「ソレイユの丘(三崎口駅から路線バス)」もと欲張りまして。(笑)

3912

菜の花畑の中に、何故か向日葵が一輪。蜂が蜜を吸いに来ました。

3913

当然、子どもたちも楽しめるようになっています。

3914

ブッブ〜・・・・♪

3915

トビが低空飛行で来園者の食べ物を狙っています。時には2、3メートルの高さまで降りて来るのです。

3916

観覧車は点検中でした。

3917

菜の花にセッカ(スズメ目セッカ科)という野鳥が入り込んでいます。

3918

そのセッカを撮影しようと、大砲レンズがそこかしこに並んでいました。

ここでセッカが見られる事は知っていましたが、この日は野鳥撮影が目的ではなかったので、望遠レンズは持参していません。

しかし、こうした一般の人が楽しむ場で大砲レンズを三脚に据えてズラっと並ぶのは他の来園者にとって大変迷惑な事と思います。野鳥目的の人しか来ないような場所ならともかく。

Nikon D700
AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

2020年2月21日 (金)

河津桜満開

3904

京急線「三浦海岸駅」から沿線に続く河津桜が見頃を迎えています。

3905
三浦海岸駅前にて

毎年、一度見に行ってみようかな、と思いながらも出掛ける事はありませんでした。

3906

河津桜だけでなく、菜の花もまさに今が見頃。

3907

河津桜のピンク色と菜の花の黄色、色のコントラストが良いですね。

3908

前述したように、行ってみようと思いながら今迄一度も行ってなかったわけですが、今年初めて行って来ました。

3909

三浦海岸駅から三崎口駅方面は、ご覧のように河津桜のトンネルでした。

Nikon D700
AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

2020年2月20日 (木)

街(81)

3899

秋葉原・万世橋から。

3900

3901

3902

3903

秋葉原、違和感を感じる光景。

SONY α7R IV
Zeiss Planar T* 50mm F2 ZM
RAYQURL LM-SαE

2020年2月19日 (水)

街(80)

3888

東京丸の内でのお写んぽです。

3889

こういう撮影はコンデジが最適ですね。

3890

最近、SONY α7R IVですら野鳥撮影以外はAFレンズを付けたいと思わなくなりまして。

3891

ただ、AFは楽ですね。(笑)

3892

丸の内、今様申すまでもなく、やはり典型的オフィス街という事を実感。

RICOH GR II

2020年2月18日 (火)

京急線「産業道路駅」

3893
京急大師線「産業道路駅」

都心から神奈川県の三浦海岸、三崎までを結ぶ京浜急行線で3月14日から、一部駅名の変更があるようです。

産業道路駅 → 大師橋駅(京急川崎駅からの支線、大師線)
花月園前駅 → 花月総持寺駅
仲木戸駅 → 京急東神奈川駅
新逗子駅 → 逗子・葉山駅
羽田国内線ターミナル駅 → 羽田空港第1・第2ターミナル駅
羽田国際線ターミナル駅 → 羽田空港第3ターミナル駅

3894

産業道路駅前、嘗ては線路が一般道(産業道路)にありましたが、路線の地下化が終わりまして、現在旧線路と周辺設備の工事が行われていました。

3895

錆・・・錆・・・(^^)

産業道路駅に来たのは「京浜急行線」シリーズで、ハッセルブラッドによる京急線全駅の撮影のため訪れた時以来でして、もう9年も前の事です。

3896

とにかく周辺の道路は走行する車が多いです。

3897

小雨降る日でして、産業道路駅方向を俯瞰撮影。前の産業道路、車が走行していないように見えますが、渋滞していた車が青信号で走り去った瞬間、車と車の間でパチリと撮影しています。

3898

駅ホームでの撮影。9年前はまだ地上ホームでした。

駅前に産業道路が走っているから「産業道路駅」とは、実にユニークな名前でしたね。しかし、その駅名があるのは3月13日まで。

SONY α7R IV
LEICA Elmar-M 24mm F3.8 ASPH.
RAYQURL LM-SαE

2020年2月17日 (月)

神戸山手のミュージシャン

3884

神戸異人館で見掛けたミュージシャンたちです。(^^)

3885

ニャンコも傍で静かに聴いています。

3886

ちょっと横須賀を思い出しました。

3887

神戸も横浜と同じ港町。ジャズは人気の音楽なのでしょうね。

RICOH GR II

2020年2月16日 (日)

野鳥撮影

3873
キクイタダキ(スズメ目キクイタダキ科)

今日の野鳥写真はすべて都内や横浜の公園等で撮影していまして、

3874
ハイタカ(タカ目タカ科)

北海道でなくとも、結構色々な野鳥を見る事が出来ます。

3875
カイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)

ただ、欲を言いますと、いつも同じ鳥さんでは飽きが来てしまうんですね。

3876
アオサギ(ペリカン目サギ科)

ですから偶には一度も、或いは滅多に出遭っていない鳥さんを見たくなります。

3877
アカゲラ(キツツキ目キツツキ科)

アカゲラは北の大地で見るキツツキと思っていましたが、数年前に横浜で一度、先月都内の公園(↑ このアカゲラ)で見る機会がありました。やはりこちらでは珍しいですね。

3878
コガモ(カモ目カモ科)

このコガモは横浜・鶴見川での撮影です。今の時期、普通の河川でもカモ類が見られますね。

ところでつい最近、3年ぶりに出遭った鳥さんを収める事が出来ました。

SONY α7R IV
Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2020年2月15日 (土)

上野の紅葉

3879

え!? 今頃紅葉? と、思わないでください。撮影は昨年12月です。

3880

上野での撮影。

3881

不謹慎なカラスですね、あんなところに止まるとは。

3882

日陰でしたが、なかなか良い色合いでした。

3883

燈籠撮影は定番ですね。(^^;

Nikon D600
AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

2020年2月14日 (金)

両国スナップ

3868

両国駅で下車して、お写んぽした時の写真です。(^^)

3869

3870

隅田川に出ました。

3871

お馴染みの風景ですね。

3872

江戸時代はこんな風景だったのでしょうか?

FUJIFILM X-H1
Zeiss G Biogon T* 28mm F2.8(ライカ Lマウント改)
LEICA L-M RING
RAYQURL LM-FX

2020年2月13日 (木)

相鉄線の都心乗り入れ

3858
相模鉄道(相鉄線)、西谷駅にて

昨年11月30日、神奈川県の県央を走っている相鉄線、念願であった都心乗り入れが開通しました。

JRの貨物路線が通っている「羽沢」を利用しています。新設した「羽沢横浜国大駅」と「西谷駅」とを繋ぎ、JR武蔵小杉駅を経由してJR新宿駅へ。更に埼玉県の川越駅まで乗り入れる事が出来ました。

3859
相鉄線「西谷駅」

で、一度利用してみようと横浜駅から相鉄線に乗って西谷駅へ。ちなみに横浜駅から西谷駅に向かうと、都心方面とは逆方向になります。

↑ この電車に乗りました。相鉄線のホームなのに、来た電車はJRの車輌です。相鉄線とJR線の相互乗り入れですから、当然こういう事もあるわけです。

3860

モハE232、如何にもJRの車輌という事が分かります。

3861
羽沢横浜国大駅

羽沢横浜国大駅までが相鉄線のエリアです。この先はJRのエリアに入りますので、羽沢横浜国大駅で乗務員の交替が行われます。

地下駅である羽沢横浜国大駅を出発すると、JR武蔵小杉駅までノンストップです。走行時間は16分。しばらく地下を走った後、どこで地上に出るのか注意していたら、鶴見駅手前の生麦付近でした。なんと、隣に京急線が並んで来ました。京急線には「生麦駅」があります。

鶴見駅にも新川崎駅にも停車せず、ひたすら武蔵小杉駅へと走りました。

3862
JR武蔵小杉駅にて

ホームの案内板をご覧ください。左下に「相鉄線直通」の表示がありますね。

3863

ホーム横を東海道新幹線も走っています。

3864

成田エクスプレスも武蔵小杉駅に入って来ます。

3865

コーヒータイムの後、運良く相鉄線の車輌で帰る事が出来ました。

3866

新型車輌は気持ち良いですね。(^^)

3867

平日だったからか、車内はがら空きでした。

従来、相鉄沿線の人たちが都心に向かう場合、終点の横浜駅から他の鉄道(JR線、東横線等)に乗り替えて行く必要があったわけです。今は新宿方面なら相鉄線で行けるようになったのです。

この後、相鉄線は東横線(日吉駅)にも相互乗り入れに向けて鋭意工事中らしいです。開通すると、東海道新幹線の「新横浜駅」にも繋がりますので、利便性が高くなりますね。

SONY α7R IV
LEICA Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH.
RAYQURL LM-SαE

2020年2月12日 (水)

一杯やっか・・・

3853

路地裏の飲み屋街。

3854

3855

3856

表通りへ。

3857

自分はまったく飲めないのに、どういうわけか飲む場所を撮影したくなります。(笑)

Nikon D600
AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

2020年2月11日 (火)

TOKYO STATION

3844

お馴染みの場所からの俯瞰撮影です。

3845

こちらも久しぶりです。

3846

東京駅ホームを。

3847

思いの外、人が少なかったのは、中国の人たち(観光客)がいなかったからでしょうか?

RICOH GR II

2020年2月10日 (月)

神戸三宮スナップ

3848

数年ぶりの神戸元町。

3849

神戸と横浜、同じ港町という事で、似たような街に感じます。

3850

建物のデザインが良いなぁ・・・と思っての一枚。

3851

良い雰囲気。^_^

3852

こういう提灯に惹かれます。(^^;

RICOH GR II

2020年2月 9日 (日)

みなとスナップ

3840

横浜・大さん橋界隈でのスナップです。

3841

撮影はダイヤモンド・プリンセスが香港に寄港していた頃でしょうか?

3842

新型コロナウィルスは大変な騒ぎになっていますが、中国湖北省に接する湖南省では鳥インフルエンザが発症し、1万8千羽のニワトリが殺処分されたと一週間程前に報道されました。

3843

複数のテレビニュース番組でコメンテーターをされている白鴎大学の岡田晴恵(元国立感染症研究所員)さんが、「H5N1」型の鳥インフルエンザは若い世代に感染して、大変死亡率が高いとおっしゃっていました。

続報がないのは、新型コロナウィルスが騒がれている最中、更に大きな騒ぎになる事を恐れ、報道管制が敷かれたのでしょうか?

SONY α7R IV
Canon EF 50mm F1.8 STM
SIGMA MC-11

2020年2月 8日 (土)

奈良・東大寺

3813
南大門

春日大社を後にして、奈良公園の鹿を見ながら東大寺へ。

調べてみたら、春日大社も東大寺も12年振りでした。

3814

歴史を感じますね。

3815

鏡池です。

3816

自画像。(笑)

3817

説明不要の大仏殿。

3818

壮観ですね。

3819

何を見ているのかな?

春日大社も含め、すべてAPS-Cモードでの撮影。

SONY α7R IV
LEICA Elmar-M 24mm F3.8 ASPH.
RAYQURL LM-SαE

2020年2月 7日 (金)

凍てつく朝の姿は

3836
オオハクチョウ(カモ目カモ科)

冬の野鳥、自分の場合ハクチョウは欠かせません。

3837

北の大地の凍てつく早朝、やはり白鳥は絵になると思います。

3838

関東域でもハクチョウは見られますが、やはり越冬で渡って来たハクチョウは北の大地で見ると感動が違います。

Canon EOS 5D Mark IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2020年2月 6日 (木)

羽田新ルート(新宿)

3839
西新宿にて

羽田空港の国際線、来月から年間通して4,000便程増やす計画だそうです。その為、南風の時は現在とはアプローチコースが変更になります。

従来は北風、南風に関わらず房総半島上空(若しくは千葉県北部)を通過するルートでした。南風の時は房総半島を通過後、東京湾を右に旋回し、湾上を左回りに飛んでB(22)コース、或いはCコース(16L)に着陸していました。もちろんD(23)コースも使われていますが。

関西方面から来る飛行機は、愛知県上空手前くらいから一旦太平洋上に進路変更し、伊豆七島上空から房総半島を左手に見ながら大きく左旋回して房総半島上空を横切るコースで羽田空港へアプローチしているのはご存知の事と思います。そんな無駄な飛び方しないで、本州上空を一直線に飛んで来れば距離も燃料も節約出来るのに、と思っている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、関東上空は「横田空域」というものが存在しているのです。太平洋戦争に負けた日本はアメリカ軍に進駐され、旅客機の飛行ルートはすべてアメリカの指示の元に作られていました。

で、未だ残っているのはその「横田空域」というもので、横田基地周辺の空域に関しては、日米地位協定に基づいてアメリカが支配しているのです。したがって日本国内であるのに、日本の旅客機は「横田空域」を避けて離着陸しているわけです。ですから関西方面から飛んで来る旅客機は「横田空域」に入らないよう、一度太平洋上にコースを変えているわけです。

羽田空港、都心方面に向いて離陸(Cコース34R)した飛行機は必ず右に急旋回していますよね? あれは「横田空域」を侵犯しないように急旋回しているわけです。Dコースが出来る前、関西方面に向かう飛行機も右に急旋回して東京湾から浦賀水道上空を急上昇し、相模湾上空から西に向かっていました。現在はDコースから同じコースを取っていますが。

で、羽田国際線増便に向けて日本政府は交渉の末、「横田空域」の一部を通過する許可を得、羽田空港へのアプローチコース変更となったわけです。現在南風の場合、15時から19時に限り、羽田空港への着陸便は新ルートでの試験着陸を行なっています。従来では考えられない埼玉県から都心上空を通るコースです。

中野から新宿や渋谷上空を通過します。冒頭の写真は西新宿上空を通過する旅客機を撮影しています。新宿通過時は、高度900m程のようです。品川上空では450mにまで高度が落ちていますから、結構機体は大きく見えると思います。

都心上空では羽田のAコース(16R)とCコース(16L)へアプローチする飛行機が少し距離を取り、ある程度平行して飛行する事も出来ます。この無駄のない飛行経路を取れる事によって、便数を増やせるのです。

大阪伊丹空港へアプローチ中の旅客機が、大阪駅上空を低空で通過するのと同じような感じで都心上空を通過する事になりました。

2020年2月 5日 (水)

菜の花の向こうに

3831
吾妻山にて(神奈川県中郡二宮町)

菜の花が満開!

3832

富士山遠望・・・というほど遠くはなく、結構近くに見えています。

3833

山頂到着時にはそれほど雲も多くなく、富士山頂も見えていました。

3834

手前の菜の花にはヒヨドリが蜜を吸いにちょこちょこやって来ます。

3835

富士山がすっかり雲に隠れてしまったので、新幹線を撮影しました。どこを走っているかお分かりになりますか?

SONY α7R IV
Canon EF 40mm F2.8 STM
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2020年2月 4日 (火)

春日大社の燈篭

3807

燈籠を見ると撮影したくなるのです。

3808

で・・・、

3809

燈籠写真三連発。(笑)

3810

こちらはお隣の若宮神社。縁結び・・・^_^

3811

神社の朱色はなんとなく良いですね。

3812

至る所で鹿と遭遇。

SONY α7R IV
LEICA Elmar-M 24mm F3.8 ASPH.
RAYQURL LM-SαE

2020年2月 3日 (月)

葉隠の術

3825
トラフズク(フクロウ目フクロウ科)

撮影は日替わりで二回行なっております。

3826

大きな欠伸(あくび)をした瞬間を撮影出来ました。お分かりになりますか?

特徴的な前歯が上顎から見えています。

3827

夜行性ですから、日中はほとんどお眠の状態です。

3828

枝被り、葉被りでなかなか上手く撮らせてくれません。

3829

睡眠中の安全を外敵から確保する為、身を隠しながら眠るわけです。

3830

四羽見られたのですが、初日は一本の木に四羽が。二日目は並んでいる二本の木に二羽ずつ別れて眠っていました。

SONY α7R IV
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA MC-11

2020年2月 2日 (日)

奈良・春日大社

3802

春日大社、一の鳥居。

3803

苔にピントを置いています。

3804

久しぶりの春日大社。年明け間もないので、参拝客も大変多かったです。

3805

JR奈良駅から歩いて行きましたので、結構距離があります。路線バスもあるのですが。

3806

お天気も良く、お散歩がてらに歩くのも良いものです。

SONY α7R IV
LEICA Elmar-M 24mm F3.8 ASPH.
RAYQURL LM-SαE

2020年2月 1日 (土)

SACDを楽しむ(9)

3820

ビゼー/歌劇「カルメン」全曲

カルメン : レオンタイン・プライス(ソプラノ)
ドン・ホセ : フランコ・コレルリ(テノール)
エスカミーリョ : ロバート・メリル(バリトン)
ミカエラ : ミレルラ・フレーニ(ソプラノ)

ヘルベルト・フォン・カラヤン 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン国立歌劇場合唱団
ウィーン少年合唱団
ソニークラシカル SIGC 41-2(SACD専用)

フランスの作曲家、ビゼーの代表作と言ったらオペラ「カルメン」でしょう。クラシック音楽をまったくお聴きにならない方でもカルメンの第一幕への前奏曲は知らず知らずお聞きになっているはずです。最近でもテレビの某社CMのBGMで使われております。

黒人のソプラノ歌手、レオンタイン・プライスがカルメンを歌っているこちらの録音は、ずっと昔に英DECCAが米RCAと提携していた時代に英DECCAが米RCAの為に録音された音源です。録音はジョン・カルショウを筆頭とする英DECCAのチームが担当していました。ですから今でも不足のない音で聴く事が出来ます。

プライスの声質はややクセがありますが、それがカルメンの自由奔放なキャラクターにマッチしていて、なかなか良いと思います。そしてカルメンに翻弄されるドン・ホセを歌うフランコ・コレルリがまた素晴らしいです。如何にもイタリア出身のテノールという感じで、朗々と歌われる高音域が実に感動的です。

3821

ビゼー/歌劇「カルメン」全曲

カルメン : アグネス・バルツァ(メゾ・ソプラノ)
ドン・ホセ : ホセ・カレーラス(テノール)
エスカミーリョ : ホセ・ヴァン・ダム(バリトン)
ミカエラ : カーティア・リッチャレッリ(ソプラノ)

ヘルベルト・フォン・カラヤン 指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
パリ・オペラ座合唱団
シェーネベルク少年合唱団
ESOTERIC ESSG-90212/14

バルツァがカルメン?・・・という印象を受けるカラヤンにとって二度目になる全曲録音です。アグネス・バルツァと言えば、「フィガロの結婚」のケルビーノ、「薔薇の騎士」に於けるオクタヴィアンのイメージ(どちらも素晴らしい)で、所謂芝居でいうところのズボン役がハマり過ぎていますので、若干悪女的イメージのカルメンはどうなの?という思いが。

自分の印象としては危惧した通り、少し清潔的(清純とは言いませんが)なカルメンになっていると思います。カラスとプライスのカルメンが強烈なキャラクターを持っていますので、その二人に比べるとバルツァのカルメンはやや大人しいかな・・・という感じです。カラヤンがどういう意図でメゾ・ソプラノのバルツァをカルメンに据えたのかは分かりませんが。

ホセ役は全盛期のカレーラスが美声を聞かせてくれます。何よりカラヤンの指揮が両録音とも素晴らしいです。プレートルに比べるとやや落ち着いたテンポを取り、前奏曲や間奏曲を単独に抜き出しても良いくらいで。

※ カラヤン は上記二点のレコード録音とは別に映像作品も残しており、その映像ではレオンタイン・プライスと同じく黒人歌手のグレース・バンブリーをカルメンに抜擢しています。

3822

ビゼー/歌劇「カルメン」全曲

カルメン : マリア・カラス(ソプラノ)
ドン・ホセ : ニコライ・ゲッダ(テノール)
エスカミーリョ : ロベール・マサール(バリトン)
ミカエラ : アンドレア・ギオー(ソプラノ)

ジョルジュ・プレートル 指揮
パリ・オペラ座管弦楽団
ルネ・デュクロ合唱団
ワーナー クラシックス WPCS-12955

好き嫌いは別として、往年の歴史的名ソプラノ歌手と言って良いのではないかと思われる、マリア・カラスのカルメンです。カルメン全曲盤と言えば、先ず最初に挙げられるのがカラスのカルメンではないでしょうか?

私はマリア・カラスのファンとは言えませんが、日本ではご年配のオペラファンに熱狂的とも言って良いファンの方が大勢いらっしゃるようです。カラスが歌うレパートリーはリリックからドラマティックにまで及び、ソプラノ歌手として多才な声質を持っておりますが、白状しますと私はそれほど聴き込んではおりません。

しかし、このカルメンは良いですね。自由奔放で浮気症のキャラクター、カルメンにピッタリ。カラスに詳しいオペラファンからすると、この録音時は既にピークを過ぎていた時代の録音、と評しているようですが、私には充分満足出来る録音です。まさに、「カラスのカルメン」を聴くべき名盤だと思います。

3824

ヴェルディ/レクイエム、オペラ合唱曲集

カーティア・リッチャレッリ(ソプラノ)
シャーリー・ヴァーレット(メゾ・ソプラノ)
プラシド・ドミンゴ(テノール)
ニコライ・ギャウロフ(バス)

クラウディオ・アバド 指揮
ミラノ・スカラ座管弦楽団
ミラノ・スカラ座合唱団
ESOTERIC ESSG-90151/2

イタリア出身の指揮者、アバドにしたら当然の事ながらヴェルディはもっとも身近な作曲家だと思います。オペラにも名録音が残されておりますが、今日ご紹介するSACDはオペラではなくレクイエムの録音。

オケと合唱団はイタリアオペラの殿堂、ミラノ・スカラ座ですから、俗に言う本場ものによる録音です。^_^

ヴェルディのレクイエムと言えば「怒りの日」が有名で、レコード録音としては録音エンジニアの腕の見せどころ。オーディオマニアの方からしてもご自慢のオーディオ装置で鳴らしたい音源ではないでしょうか?(笑)

ただ、当録音はオーディオマニアにご満足頂ける「音」ではないように思います。もちろん録音が悪いという事ではありません。打楽器がやや遠く聞こえるので、「迫力」という意味で他の優秀録音に負けるのでは?

しかし、純粋にヴェルディのレクイエムを優れた音楽作品として聴いて頂きたい名演奏であります。

3823

ベートーヴェン /交響曲第5番「運命」ハ短調、第7番 イ長調

カルロス・クライバー 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ESOTERIC ESSG-90190

ドイツプレスのレコード(オリジナル盤)も持っているのですが、購入当初聴いた時はイマイチ好みに合いませんでした。であるのにも関わらず本SACDを購入してしまったという・・・(笑)

ところが、このSACDを聴いてみたら「あれ? クライバーの運命って、こんなに良かった?」と、少々驚きが。オリジナル盤のレコードと、リマスタリングされたSACDとの音の違いが印象を変えたのか?

そう思ってSACDを聴いた後、随分と久しぶりにレコードを取り出して聴いてみたら、やはり良い演奏だ、と。確かに音の聞こえ方に両者(レコードとSACD)若干の違いはありましたけど。思うに歳を重ね、感受性や自分の好みが微妙に変化している事、これがレコード入手時との印象の違いに表れていたのでしょう。

第7番も名演です。ちなみにレコードは一枚にそれぞれ一曲のみで、たっぷり余裕を持ってカッティングされております。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »