« BLUE NOTE の壁 | トップページ | 運河の光景 »

2020年3月30日 (月)

OO7/トゥモロー・ネバー・ダイ

4052

OO7/トゥモロー・ネバー・ダイ(Tomorrow Never Dies)

 OO7シリーズ第18作 1998年3月公開(日本)

出演 : ピアース・ブロスナン(ボンド)、ジョナサン・プライス、ミシェル・ヨー、リッキー・ジェイ、ゲッツ・オットー、ジュディ・デンチ(M)、デスモンド・リュウェリン(Q)、サマンサ・ボンド(マネーペニー)

主題歌 : シェリル・クロウ
音楽 : デヴィッド・アーノルド
脚本 : ブルース・フィアスティン
監督 : ロジャー・スポティスウッド

満開の桜に思わぬ雪風景。生きている間に一度か二度くらいの絶好の機会! しかし、外出自粛要請。諦めました。

なので昨日は、自宅で映画でも見て過ごすのが良いと。で、久しぶりにピアース・ブロスナンがボンドを演じた作品を見ました。過去、何回か見てはいるのですが。(^^;

ところが、ブロスナンがボンドを演じた作品を拙ブログで採り上げるのは初めてでした。ブロスナンにとっては前作「ゴールデンアイ」に引き続いて自身、二度目のボンド役。ブロスナンのボンド像を確立した作品のように思います。

私、ロジャー・ムーアのボンドがあまり好みではありません。ファンの方、申し訳ありません。ムーアのボンドはコメディタッチで、シリアスなスパイ映画という感じをまったく受けなかったのです。もっとも脚本にも問題がありましたが。ムーアの後にボンド役を演じていたティモシー・ダルトンは結構好みだったのですが、人気がなくて二本で降板してしまいました。

さて、本作のストーリーですが、英国海軍のフリゲート艦が何者かによるGPSの撹乱により、中国領海で沈没。中国のミグ戦闘機による警告を受けたものの、沈没の原因はGPSを操った者による攻撃であった。

沈没の事は公式発表していないにも関わらず、メディア界を牛耳るカーヴァー(ジョナサン・プライス)発行の新聞「トゥモロー」がすっぱ抜きの記事を掲載。フリゲート艦沈没の前に不可思議なGPS電波をMI6のシンガポール支局が受信していたため、Mはボンドをカーヴァーの懐へ送る事に。

ボンド役2本目となったピアース・ブロスナン、コメディタッチ一本で突き進んでいたロジャー・ムーアと違い、ブロスナンは時にユーモアを交えながらも、シリアスな面も充分発揮しています。ショーン・コネリーのボンド像を引き継いでいる感じがします。

歴代のボンド役の中で、アクションシーンが一番下手だったムーアと違い、ブロスナンは身体の動きにも軽快さがあり、或る意味スマートなボンドを演じていますね。

ブロスナンの作品からMを演じる役者さんが女性(ジュディ・デンチ)に変わって面食らってしまったものですが、二本目となった本作品から違和感は大分なくなりました。しかし、Mの秘書、マネーペニー役は初代のロイス・マクスウェルが最高でした。秘書室でのボンドとのコミカルなやり取りは束の間の実に楽しいシーンだったです。^_^

ところで、ロジャー・ムーアの作品以降、敵役の俳優さんに毎回物足りなさを感じているのは私だけなのでしょうかねぇ?
どの俳優さんもある種の「凄み」を感じないのです。本作品のカーヴァーを演じているジョナサン・プライスはその最たる方ですね。ご本人には大変申し訳ないですが。

過去の作品を思い返してみれば、「ドクター・ノオ」のジョセフ・ワイズマン、「ロシアより愛をこめて」のロバート・ショウ、ロッテ・レーニア、「ゴールドフィンガー」のゲルト・フレーべ、「サンダーボール作戦」のアドルフォ・チェリ、「OO7は二度死ぬ」のドナルド・プレザンス、「女王陛下のOO7 」のテリー・サバラスと、皆さん個性的な敵役を演じていましたよね?

最新作「OO7/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の敵役も観る前から「どうなんだろう?」と、疑問を感じる俳優さんですし。ハイ、しょうもない自分です。(笑)

本作品の音楽を担当しているデヴィッド・アーノルドですが、ジョン・バリーのスコアを踏襲していて、OO7シリーズらしさはまぁまぁ感じます(おお、生意気)。それと、シェリル・クロウの主題歌が良いです。

ブロスナンのボンド、未だご覧になっていらっしゃらないようであれば、是非ご覧ください。あ、最近はレンタル屋さんも市中に無くなっているようですね。であれば、ディスクをご購入して。^_^

« BLUE NOTE の壁 | トップページ | 運河の光景 »

コメント

私の007は、クレイグ氏とプロスナン氏です。お二人の作品を見る回数が一番多いかも。あとたった2本しか作品を残さなかったダルトン氏(原作の007に一番近いと言われている)は、もっと観たかったと思います。何はともあれ、いつ見ても外れのない007、どれも大好きです。007といえばアストンマーチンですが、一番好きなのは10作目(007が結婚する!)で登場するDBSです、蛇足ですが^^:

ROCKSさん、こんばんは。
ブロスナンのボンド、お好きなんですね。^_^
クレイグは11月に公開される作品が最後のボンドになるようですが、シリーズはまだ続くのでしょうかねぇ・・・?
ダルトンのボンド、良かったですよね。二本だけだったのは非常に残念でした。
で、ボンドにお似合いの車は、やはりアストン・マーチンですね!
ROCKSさんはDBSですか。私はDB5です。^_^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BLUE NOTE の壁 | トップページ | 運河の光景 »