« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月29日 (水)

私の愛聴盤 第32回

4120

モーツァルト/レクイエム ニ短調 K. 626

1. Introitus(永遠の安息を)〜Kyrie(主よ、憐みたまえ)
2. Dies iræ(怒りの日)
3. Tuba mirum(妙なるラッパの音)
4. Rex tremendæ(みいつの大王)
5. Recordare(憶えたまえ)
6. Confutatis(呪われた者)
7. Lacrimosa(涙の日)
8. Domine Jesu(主イエス・キリスト)
9. Hostias(犠牲と祈りを)
10. Sanctus(聖なるかな)
11. Benedictus(祝福されたまえ)
12. Agnus Dei(神の子羊よ)〜Communio(永遠の光で)

エディット・マティス(ソプラノ)
ユリア・ハマリ(メゾ・ソプラノ)
ヴィエスワフ・オフマン(テノール)
カール・リッダーブッシュ(バス)

カール・ベーム 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン国立歌劇場合唱団

1971年4月 ウィーン、ムジークフェラインザールでの録音

独グラモフォン 2530 143(アナログレコード)廃盤
CDで発売中

新型コロナウイルスに感染して亡くなる方が右肩上がりに増えています。だからレクイエム(死者のためのミサ曲)の紹介?

というわけでは勿論ないです。純粋にモーツァルトの音楽曲として、このレクイエムを長年愛聴して来ています。しかし、つい最近不幸に遭遇した後、改めて「死」という事を考えながら厳粛にこの曲を聴いていました。

と言って私は宗教にはまったく関心がない人間なので、レクイエムで歌われる歌詞(ラテン語)を日本語訳で読んでもピンと来ません。(^^;

純粋に絶対音楽としてこの曲の素晴らしさに魅了されているのです。十代、二十代の頃はどちらかというと宗教曲が苦手でした。ですが、モーツァルトのレクイエムだけは例外だったのです。

で、初めて聴いたのが確か19歳か20歳だったと思います、今日ご紹介するカール・ベーム盤でした。もう、最初からこの曲の美しさに大きな感動を覚えました。

当時、演奏が「ラクリモーサ(涙の日)」のところに来たところで、私は全身に鳥肌が立って来るほどの深い感動に不覚にも涙が出てしまいました。今と違って、まだまだ純粋だったのです。(^^;

モーツァルトの遺作となったこのレクイエムですが、まさに自身へのレクイエムとなったわけです。モーツァルトの自筆はこの「ラクリモーサ」の途中までだったそうで、以後は弟子が補筆されたとの事。

「ラクリモーサ」の冒頭、弦が寂しげに短く上昇と下降を繰り返す中、女性合唱が「Lacrimosa dies illa,(その日は涙あふれる日)」と歌われた時、身体に電流が走りました。もう、ダメでしたねぇ。涙が浮かんで来ました。別に曲が「ラクリモーサ(涙の日)」だったからではないですよ。

「天国的美しさ」という表現がありますが、まさにこの「涙の日」がそうです。そしてウィーン国立歌劇場合唱団、特に女性合唱の美しさは「天国的調べの美しさ」と言って良いと思います。

モーツァルトのレクイエム 、中でも「Dies iræ(怒りの日)」が有名ですが、いつだったかテレビ朝日で放送されている「相棒」をたまたま見ていた時に、この「Dies iræ(怒りの日)」が劇中で流れていた事があります。少々驚きましたが、流れていたシーンにピッタリで「へぇ〜・・・」と思ったものです。

さて、4人のソリストたちも素晴らしい歌唱をしています。特にソプラノのエディット・マティスは実に美しいですね。まさに「天使の声」と形容したいくらい。それとバスのカール・リッダーブッシュも「Tuba mirum(妙なるラッパの音)」でのソロが素晴らしいです。その後の四重唱も絶品。

カール・ベームの指揮もまた素晴らしいです。ゆったりとしたテンポを取り、曲の素晴らしさをじっくり味わう事が出来ます。

是非、多くの方にお聴き頂きたい、名曲名演奏です。

※ 余談ですが、この記事を書き上げた後、NHK-BSプレミアムで26日放送されたテオドール・クルレンツィス指揮、ムジカエテルナ(2017年7月 ザルツブルク音楽祭でのライヴ)の演奏を見(聴き)ました。当時、演奏については賛否両論だったそうですが、なるほど・・・という感想です。ユニークな演奏ではありました。しかし、ソリスト4人と合唱は良かったです。

2020年4月28日 (火)

街(85)

4112

昨日と同じく、地元でのスナップです。

4110

4108

4111

2020年4月27日 (月)

街(84)

4115

地元でのスナップです。

4109

4113

4114

2020年4月26日 (日)

Pointy hat

4107

美英、お馴染みの小学校。ハッセルでのフィルム撮影です。

さて、「ステイホーム週間」です。これは東京都知事の呼び掛けですが、東京以外にお住まいの方々も今年のGWは我慢して家にいましょう。

慶應義塾大学病院で新型コロナウイルス感染以外の疾患で入院予定の患者さん67人(自覚症状は無し)に院内感染を防ぐ意味でPCR検査を実施したら、なんと4人が新型コロナウイルスに感染していたそうです。

67人中4人、およそ6%の確率で新型コロナウイルスに感染していたという、衝撃的事実が大学から発表されています。この6%を東京都民の数、1,400万人(1/31現在)に当て嵌めると84万人がすでに感染しているという事になります。

楽観的意見しか言わない或る感染学専門家曰く、基準の数字が僅か67人なので、6%の数字をそのまま全都民には当て嵌められないとの事。では、半分の3%で考えても42万人になるのですよ!

東京都は未だに検査対象者を絞っていますので、毎日小池都知事から発表されている感染者数を鵜呑みには出来ません。市中には自分が感染している事を知らずにいる人が如何に多いか慶應義塾大学病院の発表で分かります。

朝夕の満員電車、一両に1人、感染者が乗っていてもおかしくないですね。そう、あなたの身体にくっついている隣の人は感染しているかもしれないのですよ。

2020年4月23日 (木)

アメ車

4106

街で見かけた車。往年のアメ車ですね。(^^)

2020年4月22日 (水)

橋梁の京急線

4103

またまた登場、京急線です。(笑)

エアポート急行が通過して行きます。

4104

鉄道が橋梁を渡って行く「鉄道写真」ってよく見掛けますよね。

こちらは4両編成なので、普通ですね。

4105

気が付いたら目の前にキンクロハジロが。(^^)

2020年4月21日 (火)

懐かしい東京都心(笑)

4096

東京都心、平日休日に関わらず、賑やかな日々が戻るのはいつになるのか?

4097

すべて、自粛要請(緊急事態宣言前の要請)が出る前の撮影です。

4098

4099

4100

2020年4月20日 (月)

OO7/カジノ・ロワイヤル

4101

OO7/カジノ・ロワイヤル 1967年12月 日本公開

コロムビア映画配給

- 配役 -
イブリン・トレンブル(OO7): ピーター・セラーズ
ヴェスパー・リンド(OO7): ウルスラ・アンドレス
ジェイムズ・ボンド卿 : デヴィッド・ニーヴン
ル・シッフル : オーソン・ウェルズ
マタ・ボンド : ジョアンナ・プティット
英国特別情報部員(OO7): ダリア・ラビ
ジミー・ボンド(ドクター・ノア): ウディ・アレン
情報部員ミミ(通称レディ・フィオナ): デボラ・カー
マクタリー(M): ジョン・ヒューストン
クーパー(ジェイムズ・ボンド OO7): テレンス・クーパー
マネーペニー : バーバラ・ブーシェ
ミス太腿 : ジャッキー(ジャクリーン)・ビセット

音楽 : バート・バカラック(主題歌 : 恋の面影)
原作 : イアン・フレミング
脚本 : ウルフ・マンキウィッツ 他2名
監督 : ジョン・ヒューストン、ケン・ヒューズ 他2名

OO7シリーズ制作の本家、イオン・プロダクションが携わった映画ではなく、イアン・フレミングの小説で「カジノ・ロワイヤル」の一作だけ映画化権を持っていたコロムビア映画による作品です。

本家作品のような本格的スパイ映画と思って本作品をご覧になったら多分、ガッカリすると思います。私がそうでしたから。(笑)

当初、本作品のプロデューサーはショーン・コネリーにボンド役を打診したものの、コネリーは本家のOO7シリーズ出演に嫌気が差していたため、断られたそうです。そこで思い切って方向転換。本家イオン・プロのOO7シリーズを茶化したようなパロディ映画として制作したようです。

しかし、出演している俳優はオーソン・ウェルズ、デヴィッド・ニーヴンといった当時の一流どころを抜擢。さらに本家シリーズの第1作「OO7/ドクター・ノオ」で衝撃的デビューを果たしたウルスラ・アンドレスがヴェスパー・リンド役で出演。

ストーリーは情報部員を引退して静かな生活を営んでいたジェイムズ・ボンド卿のところへ、英国情報部のM、CIA、KGB、フランス情報部が尋ねて来る。各国の情報部員が行方不明になっているので、ジェイムズ・ボンド卿に出動を要請しに来たわけです。
何者かの攻撃でMが死亡したため、情報部のトップに立ったジェイムズ・ボンド卿はすべての情報部員にジェイムズ・ボンド(OO7)を名乗らせて事件を解決しようと。

スメルシュの幹部、ル・シッフルは組織の金を使い込んだため、イカサマのカジノ賭博で大儲けをし、その金で穴埋めを考えていた。カジノ・ロワイヤルでの勝負の行方は?

4102

原作はソ連(ロシア)のスメルシュ幹部でフランスでの工作員であるル・シッフルは組織の金を使い込みしており、その穴埋めのためフランスのカジノ、ロワイヤルで一攫千金を企んでいる。英国情報部のMはル・シッフルの邪魔をするようボンドに命じる。とまぁ、こうしたプロットでストーリーは進んで行くのですが、映画もその辺りは原作通りという事です。

ちなみに本作品は米コロムビア映画の作品。後年、そのコロムビア映画を買収したのがソニー(ソニー・ピクチャーズ)です。本家イオン・プロのOO7シリーズを配給していた米ユナイト映画は後年、米MGMに買収されました。そしてずっと後にMGMを買収したのがなんとソニーだったのです。

こうした経緯があり、本家イオン・プロが唯一映画化権を持っていなかった「カジノ・ロワイヤル(ダニエル・クレイグ版ボンド)」を第21作として新規に制作、2006年末に公開する事が出来たわけです。

コロムビア映画のドタバタ・パロディ映画の「OO7/カジノ・ロワイヤル」が、正統派作品を作り続けている英イオン・プロの手によって改めて「OO7/カジノ・ロワイヤル」は生まれ変わったのです。

で、イオン・プロはイアン・フレミングのOO7シリーズ処女作である「カジノ・ロワイヤル」の映画化にあたって、第20作迄のシリーズをリセットし、新OO7シリーズとして現在作り続けているわけです。

さて、コロムビア映画による本作品は本家イオン・プロのシリーズとはまったく関係ありませんので、音楽では有名な「ジェイムズ・ボンドのテーマ」は当然の事ながら流れて来ません。しかしながら、音楽を担当したバート・バカラックの手による「恋の面影」は現在までいろいろなミュージシャンによって演奏、歌われています。

ジャズ・ヴォーカリストでピアニストでもあるダイアナ・クラールも「恋の面影」を録音していますね。本作品、映画そのものより音楽で知られているのかも。(^^)

2020年4月19日 (日)

京急線が見える風景

4092

またまた京浜急行を撮影。

4093

4094

4095

2020年4月18日 (土)

大岡川桜風景

4085

横浜・大岡川の桜です。

4086

例年でしたら「桜まつり」が開催され、縁日のように出店が川沿いに出ているのですが・・・。

4087

今年は他所と同じく、新型コロナウイルスの影響で「桜まつり」は中止され、出店も無し。

4088

撮影当日は曇天でした。

4089

4090

4091

2020年4月13日 (月)

OO7/ドクター・ノオ

4084

OO7/ドクター・ノオ(Dr. No)1963年6月 日本公開

1962年 英イオン・プロダクション制作 ユナイト映画配給

出演 : ショーン・コネリー(ボンド)、ジョセフ・ワイズマン、ウルスラ・アンドレス、ジャック・ロード、アンソニー・ドーソン、バーナード・リー(M)、ロイス・マクスウェル(マネー・ペニー)、ピーター・バートン(Q)

音楽 : モンティ・ノーマン、ジョン・バリー
原作 : イアン・フレミング
脚本 : リチャード・メイボーム 他
監督 : テレンス・ヤング

OO7シリーズの第1作ですが、なんと1962年の制作です。半世紀以上も前の作品ですが、今見てもまったく古さを感じません。というより、公開当時は類を見ない斬新な映画だったのではないかと思います。

ちなみに原題は原作のままの「Dr. No(ノー博士)」ですが、日本公開時は「OO7は殺しの番号」でした。当時、ユナイト映画日本支社の社員だった水野晴郎(後の映画評論家)さんは、原題の「ドクター・ノオ」ではスパイ映画としてパンチ力に欠ける、という事で、日本独自のタイトルを考えた(水野晴郎さん談)そうです。

OO(ダブルオー)というナンバー(英国海外秘密情報部、現在のMI6)の情報員は任務遂行時、止むを得ない場合には殺人も認められているライセンス(許可証)を所持。という事で「OO7は殺しの番号」という邦題が付けられたようです。最近の作品は原題を単純にカタカナ表記にする事が多く(最新作も)、水野晴郎さん始め、当時のユナイト映画日本支社の社員さんたちはなかなかオシャレですね。

第2作の原題「ロシアより愛をこめて」も日本公開時は「OO7/危機一発」でした。「一発」は正しくは「一髪」ですが、「髪」も「発」の方が映画の内容に合っているという事で、漢字を変えたらしいです。しかし当時、教育委員会から「字を間違えている」とクレームがあったそうです。(水野晴郎さん談)

さて、本作はお馴染みのガンバレル・シーンから始まります。レンズの絞りを思わせる丸い穴の中(銃口)を人が歩いて来、こちらに向かって銃を撃つ、例のシーンです。第2作からは叩きつけるようなジェイムズ・ボンドのテーマと一緒に始まりますが、第1作の本作品は最初テーマは流れず、銃を撃った後、その銃声の余韻が続く中、突然テーマが、それもサビの部分から始まるオーケストラによって強烈に響き渡ります。

この始まり方もなかなかのオープニングで印象的でした。記念すべき第1作でしたから、当時劇場で観た人たちは印象に残っておられたのでは?
ちなみにこのオープニングで登場した人物はボンドではなく、スタントマンのリーダーが演じています。ボンドがガンバレルシーンに登場するのは第4作の「OO7/サンダーボール作戦」からになります。

物語は米国が打ち上げたロケットが電波によって妨害を受けており、米国の依頼で調べていたジャマイカ支局の英国情報員が秘書と共に何者かに殺害されてしまう。そこでMの命によってボンドがジャマイカに派遣されるわけです。余談ですが、原作者のイアン・フレミングは自身の仕事(英国情報員)を引退した後、ジャマイカに居(ゴールデンアイと命名)を構え、そこでOO7シリーズの小説を書いていました。

一作品(カジノロワイヤル)を除くすべての小説の映画化権を取得したイオン・プロダクションですが、最初の映画という事もあって制作費はそれほど多くなかったのでしょう、比較的こじんまりとしたOO7という感じを受けます。

しかし、ショーン・コネリー演じるジェイムズ・ボンド像を見る者に強烈なイメージを与えた作品で、しばらくはボンド=コネリーという絶対的な組み合わせになったわけです。

そして、お馴染みの「Bond, James Bond」というセリフは本作品から聞かれます。会員制クラブのカジノで美人相手に勝負しているシーン、トランプカードによる勝負はボンドの一人勝ち。相手の美人が名前を尋ねると、初めてスクリーンにボンドの顔が映り、「Bond, James Bond」と答えるのです。う〜ん、なんという見事な演出。(^^)

後にボンド・ガールと呼ばれるようになったボンドの相手役の女性、ハニー・ライダーを演じるのはウルスラ・アンドレス。海からハニーが登場するシーンはもうすっかり有名ですね。そうそう、第20作「OO7/ダイ・アナザー・デイ」で本作品のオマージュとして同じようなシーンがあります。そこではハル・ベリーが海から登場します。

ボンドが使う拳銃はワルサー PPKという事はOO7シリーズファンならどなたもご存知ですが、そのワルサー PPKを与えられるのも本作品です。それまでボンドは小型のベレッタを使っていましたが、ベレッタは婦人用で威力が弱いという事でブースロイド少佐(次作以降のQ)から換えるよう言われるのです。

毎回登場するボンドの上司Mの部屋ですが、あれはセットではなく、イオン・プロダクションの実際の事務所を使って撮影されていたそうです。多分、当初は制作費節約のためだったのでしょうね。(^^)

そのMの部屋に入る前、秘書室でマネーペニーとボンドの掛け合いがこのシリーズのひとつのお楽しみで、タキシード姿で現れたボンドにマネーペニーが顔を寄せながら、

マネーペニー「こんな格好でデートに誘われた事はないわ」
ボンド「誘いたいよ。でも君は政府の所有物だ。手は出せないよ」
マネーペニー「見え透いた言い訳だけど」

と、毎回ユーモアとウィットに富んだ会話が見られます。(^^)

敵役のノオ博士を演じるのはジョセフ・ワイズマンという役者さん。なんとも不気味な雰囲気を醸し出していて、第1作の敵役としてお見事でした。捕らえたボンドと食事をしている最中、ボンドが酒瓶を持って暴れようとすると、

ノオ博士「それはドン・ペリニョンの'55年物だ」
ボンド「'53年の方が上さ」

緊迫した中にもちょっとしたユーモアが。その後、

ノオ博士「我々の力を誇示するのさ」
ボンド「我々の? じゃ、東側に雇われてるのか?」
ノオ博士「東も西もない。愚か者ばかりだ、スペクターだよ」

ノオ博士「対諜報活動 テロ 復讐 搾取を専門とするエリート組織だ」

という事で、以後「スペクター」と名乗る国際的犯罪組織がボンドの敵となるわけです。

外出自粛要請ですから、自宅で映画(Blu-ray等)でも見て過ごすのも一興かと。(^^)

2020年4月12日 (日)

京急線、春うらら

4063

京急線を撮影しました。

桜と菜の花を入れて、春らしさを出してみたつもり。(笑)

右手のソメイヨシノが満開になった頃を見計らって、ここへ。

4064

お山から俯瞰。ここならウイルスに関係なく安心して独り占めの撮影が出来ます。勿論、撮影は緊急事態宣言が発せられる前ですよ。以前撮影した時、菜の花はなかったのですが、今年久しぶりに行ってみたら菜の花が。

で、一応秘密の場所。(^^;

あ、どなたにもご迷惑掛ける場所ではないですよ。撮影位置は極めて安全なところです。

2020年4月11日 (土)

武蔵小山

4081

林試の森公園から武蔵小山駅(東急目黒線)へ向かう道すがらでの撮影。

4082

4083

ごちゃごちゃした電線に惹かれるおかしな自分。(笑)

2020年4月10日 (金)

林試の森公園

4077
林試の森公園(東京・品川区、目黒区)

初めて訪れた「林試の森公園」でのお写んぽです。

訪れたのは先月。

4078

池にはカモやカメさんが。野鳥たちの囀りが心地良かったです。

4079

「林試(りんし)」は嘗ての林業試験場から来ています。場所柄、いろいろな樹木を見る事が出来ます。

4080

広い場所で、大人も子どもも休日を過ごせる公園でした。

2020年4月 9日 (木)

春はチューリップ

4065

今日も横浜公園のチューリップを。

4066

他県の方々は横浜公園って何処? と思われるかもしれませんね。横浜スタジアムの在る場所です。

4067

白いチューリップは清楚に感じます。

4068

小さい人工池にて。

4069

恒例の「横浜パレード(横浜開港記念港まつり)」も中止になりました。

4070

経済破綻がいろいろ言われていますが、それも生きていればこそです。幾らお金を持っていても、感染がもとで急死しては意味がないでしょう。先ずは感染を広めない事が最優先ですね。

そして、何よりも命が大事!

2020年4月 8日 (水)

横浜公園のチューリップ

4071

毎年の楽しみ、横浜公園のチューリップを撮影しました。

4072

残っていた枝垂れ桜、チューリップを背景にして。

4073

14万本のチューリップ、見応えがあります。

4074

ここでチューリップの壮観な様子を見ると、春が来たんだなぁ・・・という思いが。

4075

これで疎ましい新型コロナウイルス騒ぎさえ無ければ、ですね。

4076

緊急事態宣言が発せられました。今日からは今迄のように太平楽に街並みスナップを楽しむ事は出来ません。

なので、拙ブログは写真については基本、これまで撮影していたものを掲載する事になると思います。記事としては音楽、映画関係が増えるかもしれません。

皆様もコロナ感染には充分にご注意を!

2020年4月 7日 (火)

春らしく

4061

保土ヶ谷公園で見つけた春の花。

4060

新型コロナウイルスの事をしばし忘れられました。

4062

春の花で真っ先に思い浮かぶのは、私はチューリップです!

2020年4月 6日 (月)

桜 2020

4054
(神奈川県立保土ヶ谷公園にて)

桜を撮影しました。

4055

しかし、昨年まで私が毎年訪れているところ(東京・千鳥ヶ淵、新宿御苑)はこの時期ですから、自重しました。もっとも都営の新宿御苑は閉められていますが。

で、地元での桜撮影です。

4056

野球場の照明灯を敢えて入れながら撮影。

保土ヶ谷公園と言えば、地元の人間なら誰もが保土ヶ谷球場の在るところ、と思うはず。甲子園出場を夢見て、高校野球の県予選が開催されている球場になります。

4057

「三密」の場所ではないので、安心してゆったりと桜鑑賞です。

4058

綺麗なソメイヨシノを見られました。(^^)

4059

今年は桜撮影を諦めていたのですが、地元に在るではないか・・・と思い出し、保土ヶ谷公園で楽しみました。

2020年4月 1日 (水)

青ガエル

4048

渋谷駅、ハチ公前広場の東横線旧車両。通称「青ガエル」と呼ばれていたこの車両が間もなく撤去されるという事です。

4049

副都心線からJR山手線に乗り換えるため地上に出た際、撮影しておきました。

4050

しかし、誰もがスマホを見ている。(^^;

4051

渋谷の混雑、外出自粛要請が出た先週末の様子をテレビニュースで見ましたが、さすがに少なかったですね。もっとも雪も降りましたし。

撮影日はオリンピックの開催延期が発表される前です。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »