« 京急線、旧駅名 | トップページ | OO7/カジノ・ロワイヤル »

2020年5月 7日 (木)

チャップリンの「街の灯」

4142

 「街の灯(原題 : City Lights)」1931年 アメリカ映画

- 配役 -
浮浪者 : チャールズ・チャップリン
盲目の花売り娘 : ヴァージニア・チェリル
花売り娘の祖母 : フローレンス・リー
街の富豪 : ハリー・マイヤーズ
警官 : ハリー・エイヤース 他

製作、監督、脚本、音楽、編集 : チャールズ・チャップリン

多分、どなたもよくご存知のチャップリンのサイレント映画です。ただ、この作品はサイレントですが、音楽のみ入っています。サイレント映画に拘っていたチャップリンですが、玄人筋ではチャップリンの最高傑作と評されているようです。私もこの作品は大好きです。

私が初めてチャップリンの映画を観たのは大分前、地元横浜の名画座で「チャップリン祭り」といった記念上映があった時で、週替わりで作品を替えての上映でした。観た順番まで覚えておりませんが、この「街の灯」と「ライムライト」、「モダンタイムス」が印象に残っています。

先月からNHK-BSプレミアムで毎週、チャップリンの映画が放送されておりまして、私はタイマー録画し、外出自粛要請なので自宅で見ています。

で、その放送画質ですが、どうやらデジタル修復した映像を放送に使っているようで、どの作品もその見事な高画質に大変感嘆しております。まるでつい最近、モノクロフィルムを使って撮影したのではないかと錯覚するくらい、素晴らしい画質です。古いフィルムに見られる雨が降っているかのような擦り傷が原因のノイズは皆無です。

大雑把にストーリーを記します。遊んでいる子供たちにもからかわれてしまうような街の浮浪者(チャップリン)が、偶然出会った街の花売り娘(ヴァージニア・チェリル)に一目惚れ。ところがその花売り娘は不幸にも盲目だったのです。娘が落とした一輪の花、目が見えないため手のひらで探るように探す花売り娘。

浮浪者がその花を拾って娘に渡してあげると娘は感謝の意味で浮浪者の上着の襟を探して刺してあげます。浮浪者は持っていた小銭を渡すと、娘がお釣りを用意した直後、別の男が車に乗って走り去って行く音を聞き、親切にしてくれた男がお金持ちなんだろうと勘違いしてしまうのです。時代が時代だけに、車に乗れる人は限られていたのだと思います(個人的想像)。

浮浪者はお金が入る毎に花売り娘の為に使います。花売り娘も自分に好意を持ってくれるお金持ちの男(と勘違いしている)が自宅を訪れてくるのを楽しみにしている日々が続きます。やがて、浮浪者は街で出会った泥酔した富豪にもらった大金を娘に渡し、目を手術してくれる医師を紹介。

しかし、浮浪者は無実であるのに強盗容疑で収監されてしまうのです。日は流れ、出所した浮浪者が街を歩いていた或る日、目の手術に成功し、今は花屋を営んでいる嘗ての花売り娘と遭遇する事に。今は目が見えるようになった娘は、自分に手術費用を渡してくれたお金持ちの男が再び訪れてくれるのをひたすら待ち続けています。

なので、目の前に偶然現れた浮浪者がまさかその相手だとは思いません。前にいる浮浪者を気の毒に思い、

4143

娘は浮浪者に花を一輪どうぞと、さらには親切心で小銭を恵んであげる事に。なんという悲劇でしょう!

4144

しかし! 恵んであげようと浮浪者の手に硬貨を握らせてあげた瞬間、目が見えない時に何度も触っていた男の手の感触が今!

そして浮浪者の上着の襟に触れて確信を。

4145

4146

はにかむ浮浪者。そして一言。

4147

4148

・・・・・。

この後、ふたりはどうなったのでしょうか?

※ 今日の画像はNHK-BSPで放送されたものを使わせて頂いております。

« 京急線、旧駅名 | トップページ | OO7/カジノ・ロワイヤル »

コメント

Mr.チャップリンの映画は造り込みが深くて、何度観ても飽きることがありません。この場面は、あの映画で引用されたな〜なんてことが良くあります。
先日のKONDOHさんの提案にあった「007」を昨日より観ています。何十年も続くシリーズだけあり、Dr.NOの時点で映画が出来上がっていた事が良くわかりました。テンポはゆっくりですが、バックに流れるBGMはオーケストラが実際に演奏している為とても心地良く、技術満載の近頃の映画との違いを感じました。

ROCKSさん、こんばんは。
おっしゃる通りですね。チャップリンの作品は造り込みの深さを感じます。
例えばちょっとした人物の絡みでも、念入りに考えてこうなったんだろうなぁ、と思う事しばしばですから。
OO7、つい最近もダニエル・クレイグとロジャー・ムーアの作品を見直しました。^_^
バックの音楽はやはりジョン・バリーでないと、OO7を見た気になりません。(^^;

 最後・・・良いシーンですね。

 ブログのおかげで、少しだけ見ることができました。
 最初のシーン、ボクシング・・・笑ってしまいました。

fujileica(pyosida)さん、こんばんは。
ご覧になられましたか。
ボクシング、おかしいですよね。^_^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京急線、旧駅名 | トップページ | OO7/カジノ・ロワイヤル »