« SACDを楽しむ(10) | トップページ | 暗黒から光明へ »

2020年5月11日 (月)

ミッション:インポッシブル

4154

「ミッション:インポッシブル」 アメリカ映画

(原題 Mission:impossible)1996年7月 日本公開

パラマウント映画配給

- 配役 -
イーサン・ハント : トム・クルーズ
ジム・フェルプス : ジョン・ヴォイト
クレア・フェルプス : エマニュエル・ベアール
ジャック・ハーモン : エミリオ・エステベス
サラ・デイヴィス : クリスティン・スコット・トーマス
ハンナ・ウイリアムズ : インゲボルガ・ダクネイト
フランツ・クリーガー : ジャン・レノ
ルーサー・スティッケル : ヴィング・レイムス
マックス : ヴァネッサ・レッドグレイヴ

製作 : トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー
音楽 : ダニー・エルフマン
主題曲作曲 : ラロ ・シフリン
脚本 : デヴィッド・コープ、ロバート・タウン
監督 : ブライアン・デ・パルマ

先月だったと思いますが、テレビのチャンネルをリモコン操作で変えていた時、偶然バラエティ番組(番組名と放送局は失念)で「スパイ映画特集」のようなものをやっていたので、途中から見ました。女性司会者の案内でいろいろなスパイ映画の映像を見て、お笑いタレントたちがあれこれ喋っているという。

で、女性司会者が「それではスパイ映画の本家本元、ミッション:インポッシブルをご覧ください」と言ったのです。私は「え!? 本家本元はOO7シリーズでしょう!」と、言ってやりたくなりました。(笑)

そもそも「ミッション:インポッシブル」はOO7シリーズを真似て作られているのですから。番組でも紹介していましたが、元々はテレビドラマとしてアメリカで作られていた「スパイ大作戦(日本放映時の邦題)」がオリジナルで、原題が「Mission:impossible」だったわけです。

「おはよう、フェルプス君」で始まるその「スパイ大作戦」ですが、映画製作に乗り出したトム・クルーズの第一回作品として、オリジナルのタイトルのまま「Mission:impossible」が作られました。

今日ご紹介の作品は第1作ですが、一応全作品のBlu-ray(市販品)を持っています。はい、このシリーズ面白いので、好きです。(^^)

さて、本作のストーリーですが、CIAの極秘部隊 IMF(Impossible Missions Force)のフェルプスが飛行機搭乗中、CAから無理やり映画を見るよう勧められ、その映像カセットを渡される。再生すると「おはよう、フェルプス君」から始まり、プラハのアメリカ大使館からCIA工作員のリストを盗み出そうとしている大使館職員の裏切り行為(リストのコピー)を撮影し、その敵を壊滅するよう指示される。

という事でストーリーは進んで行くのですが、思いも寄らないアクシデントがイーサン・ハントの身に降りかかるのです。映画は快適なテンポで進みますが、「え!?」というどんでん返しが待っています。その結果に、古くからのスパイ大作戦ファンから怒りを買ったそうです。

ところでクライマックスはパリ行きのTGV(フランスの高速列車)が高速走行する中、追って来た敵のヘリコプターがイーサン・ハントによってトンネル内に引き込まれ、そのトンネル内で激しい攻防が繰り広げられる。

そのシーンですが、明らかにCGを駆使して作られた映像という事が分かります。映画そのものは大変面白かったのですが、トンネル内のアクションシーンだけ「ちょっとなぁ・・・」という感想でした。最近の映画、アクションシーンに関しては如何にもCGで作られているという作品が多くなりました。その分、少々リアリティに欠けるという印象は否めません。

出演者の中でイーサン・ハントの取引相手のマックスを演じているヴァネッサ・レッドグレイヴという女優さん、若い頃はお綺麗だったのだろうなぁという感じを受けたので調べてみたら、数々の映画賞を受賞しているイギリス出身のベテラン女優さんだったのですね。恥ずかしながら知りませんでした。「オリエント急行殺人事件」、「大統領の執事の涙」等に出演していました。

お馴染みの軽快な「ミッション:インポッシブルのテーマ」ですが、元々テレビドラマで使われた曲ですね。映画でもそのまま採用していますが、OO7シリーズに「ジェイムズ・ボンドのテーマ」が欠かせないのと同様、ミッション:インポッシブルシリーズにも欠かせません。作曲はラロ・シフリン。ジャズピアニストとして有名ですが、映画音楽もかなりの数手掛けています。クリント・イーストウッド監督もお気に入りですね。

OO7シリーズがイアン・フレミングの原作を離れて以降、最近はミッション:インポッシブルシリーズの方が面白いと思うようになっています。スパイ映画本家、しっかりして頂きたい。ミッション:インポッシブルの次回作は来年公開予定だそうですが、現在コロナの影響でイタリアでのロケが中断しているらしいです。

久しぶりにBlu-rayを取り出して見たのですが、やはり面白かったです。(^^)

« SACDを楽しむ(10) | トップページ | 暗黒から光明へ »

コメント

おはようございます。
「おはよう、ヘルプス君」、懐かしいですね~。
子どもの頃よく見ていました。
それとは別物という感じはしますが、この映画も面白く見た覚えがあります^^
ヴァネッサ・レッドグレイヴは「ジュリア」以来大好きな女優さんです。

koukoさん、こんばんは。
スパイ大作戦、ご覧になっていらっしゃいましたか。
私が見たバラエティ番組では「0011/ナポレオンソロ」も紹介していました。
ヴァネッサ・レッドグレイヴ、お好きな女優さんでしたか。ネットで検索すると、若い時の写真も見る事が出来ました。政治的発言をする方でもあるのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SACDを楽しむ(10) | トップページ | 暗黒から光明へ »