« 街風景 | トップページ | ベートーヴェン生誕250年(4) »

2020年8月29日 (土)

チゴハヤブサの雛たち

4438
チゴハヤブサ(ハヤブサ目ハヤブサ科)

今日の写真は私の撮影ではありません。旭川のお友だちが撮影しております。

4439

夏鳥として北海道と東北北部に飛来してくるチゴハヤブサ。

ハヤブサの仲間ですが、一般的なハヤブサより少し小さい事が和名(稚児隼)の由来です。

4440

北海道などで繁殖し雛が大きくなり、気温が下がって来るとまた南へ帰ります。

雛にトンボやセミなどを餌として与えています。しかし、トンボもセミも成虫としての寿命は実に短いですからいい迷惑。セミなんて地中に2年も3年も潜っていたのに。(^^;

4441

雛たち、親鳥と変わらないほど大きくなっていますね。

今日の写真はセンサーに付いたゴミが写っていますが、撮影の後、オーバーホールに出す事になりましたのでご容赦を。

« 街風景 | トップページ | ベートーヴェン生誕250年(4) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 街風景 | トップページ | ベートーヴェン生誕250年(4) »