« 黄色い京急線 | トップページ | 秋の訪れ? »

2020年9月 4日 (金)

LUMIX S5

4449
LUMIX DC-S5

「待ち兼ねたぞ武蔵!」・・・と、佐々木小次郎のような気持ちです。(^^)

久々のカメラネタ。

4450

Panasonic LUMIX DC-S5

撮像素子 : 35mmフルサイズ 2,420万画素 ローパスフィルターレス
手ぶれ補正 : Dual I.S.2 5軸 6.5段/BIS 5軸 5段
EVF : 約236万ドット 有機EL
視野率 : 約100% 約0.74倍
背面液晶モニター : 3型 約184万ドット
シャッター : 60〜1/8,000秒(メカシャッター、電子同)
連写撮影 : 最高約7コマ/秒
動画撮影 : [4K] 3840x2160, 59.94p, 200Mbps(4:2:0, 10bit)
質量 : 約714g(バッテリー、SDカード1枚含む)

4451

パナソニック製フルサイズミラーレス機の第二世代が登場です。第二世代とは申せ、昨年発売されたS1とS1Rの下位機種になるわけですが。ただ、オートフォーカスは上位機種より向上しているらしいです。一年半の進化でしょうか。

気になったのがバッテリー。上位機種とは違う新型バッテリーになっているのです。パナさんは機種毎にバッテリーの仕様を変える事が多いのですよね。少なくとも同一シリーズでは統一してもらいたいです。

昨年暮れでした、SONY α7R IV購入時、LUMIX S1レンズキットとどちらにするか随分と迷っていたのです。結果、α7R IVを選んだわけですが、ずっとS1に後ろ髪を引かれる思いでした。今考えると、あの時にS1にしていたら、Macがフリーズして撮影データの消失というアクシデントは無かったかも。(笑)

4452

S1とS1Rで唯一引っかかっていたのは大きさと重さでした。SONY αシリーズと比べると特にその差を感じたものです。

しかし、S5は同社マイクロフォーサーズ機のG9 PROよりコンパクトになりましたからね。今回発表されたS5の仕様でひとつだけ不満だったのはEVFです。上位機種の約576万ドットとは言わないまでも、せめて約368万ドットのEVFを搭載して欲しかったです。まぁ、クラス的にSONY α7 III、CANON EOS RPといったミラーレス機をライバルとして考慮した結果かもしれません。

ですが、テスト機を使った人の談話ではS5のEVFは自然な感じで、約236万ドットでも不満はないとの事。まぁ、上を見ればキリがないですからね。SONY α7R IVの背面液晶モニターなんて、約144万ドットです。最高機種なのに。対してS5は約184万ドット。ソニーさんも他社上位機種のように約210万ドットのモニターを搭載するべきですよね。

ところで、発売と同時にキャッシュバックキャンペーンが始まりますが、最近メーカー問わずこのパターンが多いですね。だったら最初からキャッシュバック分を差し引いて発売してくださいよ、と思う方は多いのでは?

とは申せ、LUMIX S5、早く自分の手で持ってみたいです。都内のショールームまでわざわざ行く気にはならないですし。

余談ですが、オリンパスさんがカメラ部門から撤退する事になりましたが、パナさんも徐々に、本当に徐々にマイクロフォーサーズから退いて行き、数年後にはマイクロフォーサーズを終了するのではないかと思っています。

※ 製品写真はメーカーサイトからお借りしました。

« 黄色い京急線 | トップページ | 秋の訪れ? »

コメント

KONDOHさんS5軽くてよさそうです、いずれS1は廃版かもしれませんが、ファインダーですがLEICA CLと同じですがとても見えが良いのでそれと同じかもしれません。
何かを断捨離して…もありかなぁ

roxanne6さん、こんばんは。
LEICA CLのEVFは良く出来ているのですか。
であればS5も心配要らないかもしれませんね。
roxanne6さんはS1Rですから、もしS5を考えるなら買い増しになると思います。
私も理想はS1Rですが・・・。

 こんばんは。
 昨年の夏ですが、大阪・梅田のpanasonicセンターに、DS-S1を見に行ったことがあります。
 ジョイスティックでAFを合わせるなど、これだと私でも使える・・・と、思いました。

 価格が下がり、少しコンパクト、そして20-60mmのレンズが加わると、空や建物を撮る私には、いいなぁと思ってしまいます。

 現在・・・自分の撮影方法や対象と、今後の体力などを鑑みて、店から返金されたSONY RX1Rの代金を元手に、何か1台かレンズを買いたいと思っています。
 或いは、真空管アンプが良いかもです。

fujileica(pyosida)さん、こんばんは。
梅田のPanasonicセンター、大分前ですが、私も訪れた事があります。
そちらでS1をご覧になられましたか。
大きく重かったと思います。しかし、その分、しっかりとした作りですね。
今度のS5は他社ミラーレス並みの大きさになったようです。
たまたま見た或るユーチューバーが「ゲームチェンジャーになり得るカメラ」と言っておりましたが、さてどうでしょうか?
RX1R、ご返却されたようですね。ブログで拝見していました。
真空管アンプも良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄色い京急線 | トップページ | 秋の訪れ? »